246回目キヨ!!(WAREHOUSE S1001XX-25TH 1946MODEL&1001XX-25TH 1950MODELの話)

こんにちは。

 

246回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

今日紹介する新作商品はこちら。

 

IMG_8283.JPG

 

 

WAREHOUSE S1001XX-25TH 1946MODEL

 

 

&

 

 

1001XX-25TH 1950MODEL

 

 

アメカジの基礎になるアイテム。

 

それこそジーンズだと私は思います。

 

ボクもそうなんですが、やはり持っているパンツの中で最も多いのがジーンズ。

 

それくらい、欲しくなるし持っていて損はないものであります。

 

そんな中、WAREHOUSEから、

 

25周年限定ジーンズが2型ジャンキークラシックスに入荷してまして、

 

今日はその2型をそれぞれ比べながら紹介していきたいと、思います。

 

全貌がこちら。

 

IMG_8309.JPG

 

IMG_8307.JPG

 

IMG_8284.JPG

 

 

S1001XX-25TH 1946MODEL

 

 

IMG_8311.JPG

 

IMG_8314.JPG

 

IMG_8285.JPG

 

 

1001XX-25TH 1950MODEL

 

 

一見何が違うんだ??と思った方々コレを見てください。

 

IMG_8292.JPG

 

IMG_8293.JPG

 

 

左が1946MODEL

右が1950MODEL

 

1946MODELNEW生地であるWW競妊縫

 

1950MODELバナーデニム

 

になります。

 

1946MODELの方がやや黒味が強い印象です。

 

もちろん、どちらもNONWASHですので、

 

ノリを落とすところから楽しんで頂けます。

 

IMG_8286.JPG

 

1946MODELはオールイエローステッチで、

 

IMG_8287.JPG

 

1950MODELは、オレンジステッチイエローステッチの2色使い、

 

通称レインボーステッチ。

 

ポケットの形状も違うのもポイントです。

 

IMG_8288.JPG

 

1946MODELのベルトループ。

 

IMG_8289.JPG

 

1950MODELのベルトループ。

 

それぞれ、センターに配置されたループですが、

 

1946MODELは大戦仕様の名残である太めで、メインの身生地と同じデニムを使用

 

1950MODELはベルトループにライトオンスの生地が使われています。

 

IMG_8316.JPG

 

左が1946MODEL

右が1950MODEL

 

コインポケットは、1946MODELも大戦モデル以降のものなので、リベットは打たれており、

 

IMG_8370.JPG

 

生地の方向はヨコ使いなので、耳(セルビッチ)が使われます。

 

対して、1950MODELは生地をタテにとっているので、シンプルですが、穿きこみ、洗い込むと見事な縦皺が出てきます。

 

IMG_8367.JPG

 

アタリが強く出ると言う事です。

 

IMG_8330.JPG

 

1946MODELのリベット。無刻印や小さめのブランドネーム刻印。

 

IMG_8329.JPG

 

1950MODELのリベット。1946MODELと比べてブランドネーム刻印が大きめ。

 

年代の特徴を細かく再現してくれています。

 

IMG_8295.JPG

 

左が1946MODEL

右が1950MODEL

 

サイドステッチは1946MODELの方が長め。

 

IMG_8336.JPG

 

IMG_8338.JPG

 

☝1946MODEL

 

IMG_8337.JPG

 

IMG_8343.JPG

 

☝1950MODEL

 

1946MODELはよりVステッチが鋭角で、トップボタン裏はドーム型。

 

1950MODELはトップボタン裏はフラット。

 

IMG_8344.JPG

 

☝1946MODEL

 

IMG_8345.JPG

 

☝1950MODEL

 

隠しリベットは1946MODELは大戦リベットが使用され裏カン。

 

1950MODELは銅製無垢の隠しリベットで、25周年刻印が入ります。

 

では、改めてシルエットが、こちら。

 

(180cm 68圈SIZE 29 NONWASH)

 

IMG_8353.JPG

IMG_8356.JPG

 

IMG_8357.JPG

 

 

1946MODEL

 

 

IMG_8346.JPG

 

IMG_8348.JPG

 

IMG_8350.JPG

 

 

1950MODEL

 

 

シルエットは、1946MODELの方が股深めで、太めのシルエット。

 

1950MODELは1946MODELと比べると細めです。

 

それぞれの良さが、出てます。

 

さてここで、スペシャル着画コーナー。

 

常連のスズキさん、サトウさんの1946MODEL着画がこちら。

 

IMG_8300.JPG

 

IMG_8298.JPG

 

IMG_8304.JPG

 

IMG_8306.JPG

 

お手本の様なジーンズスタイル。

 

最高にカッコ良いです。

 

良かったら皆さんも参考にしてみてください。

 

お値段

 

1946MODEL ¥25000+TAX

 

 

通販はこちら。

 

 

1950MODEL ¥23000+TAX

 

 

通販はこちら。

 

 

1001XX

 

 

置いても、

 

 

裏返しても、

 

 

穿いても、

 

 

脱いでも、

 

 

洗っても、

 

 

干しても、

 

 

乾いても、

 

 

全ての箇所に表情がある。

 

 

そんなジーンズが1001XXでありたいと思います。

 

 

これまでも

 

 

これからも

 

 

BY WAREHOUSE

 

 

  • -

245回目キヨ!!(WESCO CUSTOMER'S ORDERの話)

こんにちは。

 

245回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

今日はお客様のWESCOの紹介であります。

 

IMG_8268.JPG

 

気になっていた方も多いのではないでしょうか??

 

 

なんと、今回アメリカバイソンレザーであります。

 

 

IMG_8272.JPG

 

それが、こちら。

 

きたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

 

待ちに待ったアメリカバイソンレザー。

 

アメリカバイソンレザーで、

 

ジョンヘンリークラシック!!!!

 

もう、変態的(もちろん良き意味で)

 

キレイ目の短靴に漢臭さ満載のアメリカバイソン。

 

ですが、雰囲気は最高にカッコ良い仕上がり。

 

ディティールを見ていきます。

 

IMG_8262.JPG

 

シボ感が最高。

 

革も柔らかいのでもの凄く履きやすいです。

 

その他ディティールを見ていきます。

 

IMG_8264.JPG

 

ヘビーステッチ → WHITE ¥0

 

ライトステッチ → WHITE ¥4500−

 

ライトステッチをWHITEに変更してより統一感が出ています。

 

ミッドソールはシングル。コバはブラウンに。 ¥0

 

スマートな印象に仕上がっています。

 

ソールはビブラム#700 ¥0

 

IMG_8260.JPG

 

トゥはMPトゥで芯無し。 ¥0

 

うん、間違いなくカッコ良いです。

 

IMG_8261.JPG

 

ブラウンナイロンレース ¥0

 

アイレットはブラスに変更。¥0

 

ガッチリと、まとまっています。

 

ライニングは、

 

IMG_8273.JPG

 

プラチナ ¥0

 

アメリカバイソンレザーとのコントラストが良き。

 

そして、今回オーダーしたのが、野毛の帝王こと、、

 

カトウさん。

 

IMG_8258.JPG

 

IMG_8254.JPG

 

IMG_8259.JPG

 

オーダーする時から、迷わず一択の

 

ジョンヘンリークラシックでアメリカバイソンレザーとおっしゃっており、

 

オーダーの事を話している時のギラギラとしている、その目つきはアメリカバイソンそのものでした。

 

 

 

改めてまとめますと、

 

 

John Henley Classic     ¥83800ー

 

アメリカバイソン    ¥13000ー

 

ライトステッチ変更      ¥4500ー

 

シングルミッドソール      ¥8000ー

 

MPトゥ           ¥0ー

 

コバ(ブラウン)       ¥0ー

 

ソール#700        ¥0ー

 

レザーライニング(プラチナ) ¥0ー

 

アイレット(ブラス)       ¥0−

 

レース(ブラウンナイロンレース) ¥0−

 

 

TOTAL ¥101300+TAX

 

 

アメリカバイソンも今のところ継続して、オーダーを受け付けていますが、

 

 

いつオーダー締め切りになるか分かりません。

 

 

なので、少しでもピンと来た方、オーダーしたいって方、

 

 

店頭にて是非受け付けておりますので、お待ちしております。


私のオススメのアレ。

梅雨、意外と好き。

 

カヲルです。

 

 

 

もはや、7月になってしまいますが・・・・・

 

 

服屋さんというのは、

 

7月、8月ともなると

 

新作の入荷が少なくなっていきます。

 

ゆえにこの時期に別注をしたり、おもしろいアイテムを仕込んでいたりする事もあるのですが。。。。。。。

 

1か月前ともなると、入荷が毎日、数種類あったりもするので、

 

ブログだ、通販だ、もちろん来店しても

 

1週間前と、1週間後では、店内が変わってしまうほどに

 

新入荷がありますが、

 

いろんな意味で、これからの時期は

 

注目すべき時期でもあります。

 

それは先にお話した別注などの事もありますし、

 

新作入荷の目まぐるしさを離れて、

 

じっくりと、ゆっくりと、店内にある商品を吟味できる時期でもあります。

 

当然ながら、今年入荷の新作などもまだまだ店内にはありますので、

 

そうゆう「商品」をゆーっくり見れる時期。

 

 

 

インスタグラムや、フェイスブックなどでも

 

商品を紹介。。。。。というのはやっていますが、

 

濃い紹介・・・・・というのは難しいのが現状であります。

 

 

というわけで、この時期。

 

クラシックス恒例でありますが、

 

ちょいちょいとスタッフ個人が気に入っているハワイアンシャツなどを紹介する

 

「私のオススメ」的なブログをUPしていきます。(不定期だけども。)

 

IMG_9285.JPG

 

というわけでして。

 

本日の私、カヲルのオススメ。

 

「雷神」

 

IMG_9296.JPGIMG_9292.JPGIMG_9294.JPG

 

 

この雷神。

 

 

俵屋宗達の「風神雷神図屏風」の

 

向かって左側の雷神の柄であります。

 

 

そもそも、この雷神。

 

 

学問の神様でも有名であります、

 

この「菅原道真公」でありますが、

 

学問の神様である反面、

 

崇徳天皇

 

 

 

平将門

 

 

と並び、

 

日本三大怨霊のひとりでもあります。

 

この菅原道真公が死して雷神になったという話もあります。

 

 

そもそもの雷神は神道における雷の神様なのですが、

 

よく時代劇とかでも、

 

何か良くない事があると

 

「クワバラ・・・クワバラ・・・」って言うの聞いた事ありますよね??

 

あれってのが、

 

菅原道真公の怨霊が、都に雷を落として被害を出していた時に

 

道真公の領地である桑原(クワバラ)には雷が落ちなかった・・・・という事で、

 

クワバラ、クワバラ・・・・なのです。

 

 

雷の神様・・・・といえば、

 

日本以外にも

 

 

この方が有名です。

 

北欧神話最強の戦神「トール」です。

 

ミョルニル(別名・トールハンマー)を持ち戦う最強の戦神。

 

北欧では、雷のゴロゴロ・・・・って音が、

 

トールの戦車(2匹のヤギに引かれている)の走る音・・・・・と言われているそうで。。。。。

 

時代や、場所が違っても、

 

雷様・・・・というのは、最強であり、最恐でもあり、

 

誰も立ち向かえない力の象徴なのだと思います。

 

 

そして、私のオススメの今回のハワイアンシャツ。

 

雷神ですが。

 

そんな最恐の雷さまの柄のハワイアンシャツなのであります。

 

 

・・・・・・・・・というか、柄の良さ、シャツ自体の良さというのは

 

もはや言わずもがな・・・・という感じでありますからね。

 

自己満足のネタとして、背景をお話し致しました。

 

IMG_9286.JPG

 

パーツの説明というのは、そこまで激レアなパーツは無いものの、

 

安定感が良い作り。

 

柄のメインの雷神は

 

IMG_9287.JPG

 

顔のおどろおどろしさや、

 

IMG_9288.JPG

 

この筋骨隆々とした描写、

 

IMG_9289.JPG

 

髪の毛の細かい線、

 

IMG_9290.JPG

 

背景の擦れた感じなどなどなど・・・・・・・・

 

柄の雰囲気は言うまでもなく最高であります。

 

シャツ自体のインパクト、繊細な部分、安定感などなど・・・・

 

最高のハワイアンシャツでありながらも、

 

なぜかマニアうけ率の方が高め・・・・

 

和柄のハワイアンシャツの中では

 

かなり珍しい部類の柄になりますからね。

 

そこはマニアックですから。

 

実際の著名な日本画家や版画家の絵が作品になっているハワイアンシャツは

 

何気に珍しいのです。

 

以上が私のオススメハワイアンシャツ、その壱であります。

 

というわけでして。

 

まだ真夏の到来は少しだけ先になりそうですが。

 

是非に、注目で御座います。

 

 

 

↓通販は以下であります↓

 

    GOLD

 

    GREEN

 

    NAVY

 


〜通販の銀行振込支払いをご希望の方〜

〜通販の銀行振込支払いをご希望の方へのお願い〜

 

毎度有難うございます

 

通販御利用の方で

 

銀行振込支払いをご希望の方へのお願いであります

 

 

当店ホームページにもあります通り

 

こちら

 

御注文から7日間以内のお支払いとあります

 

 

いろいろと理由がある場合は仕方ないので

 

7日間が過ぎた方には

 

メールにてご連絡をさせて頂いておりますが

 

返信も無しなどの

 

・・・・・・要するにバックレする方が多くなっております

 

(何かの理由で支払いが遅れるなどありましたら、遠慮なくお電話・メールして頂ければ大丈夫です。)

 

 

 

現在、送料も無料なので

 

気軽にポチっとやってしまう!というのはよくわかるのですが

 

やはりキャンセルしたい・・・・となった場合は

 

お手数ですが、メールか電話でキャンセルの連絡をしていただくよう

 

お願い致します

 

 

 

無断・無言キャンセルの場合

 

今後、通販をご利用の際

 

ジャンキー関連店舗での通販をお断りさせていただく事になってしまいますので

 

(我々もそれはしたくないのです。当然ながら。)

 

どうか、ご協力お願い致します

 

 

 

 

 

 


244回目キヨ!!(THEH.W.DOG&CO TRUCKER-CAMOの話)

こんにちは。

 

244回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

では、早速ですが、今日紹介する新作商品はこちら。

 

IMG_8239.JPG

 

 

THE H.W.DOG&CO TRUCKER-CAMO

 

 

やってきました、新作のHWDOG。

 

クラシックスでも大人気のトラッカーキャップ。

 

新柄が入荷しました。

 

 

IMG_8248.JPG

 

 

CAMO (ウッドランド迷彩)

 

 

IMG_8252.JPG

 

コットン100%のツイル生地を使用。

 

ガシガシに使い込んでいくとかなり深みのあるのキャップになります。

 

IMG_8240.JPG

 

 

CAMOは1つ1つキャップによって柄の入り方が全て違います。

 

 

それも面白いところの1つ。

 

ディティールは、他のトラッカーキャップと同じく、

 

IMG_8249.JPG

 

IMG_8250.JPG

 

ツバ裏のチェーンステッチ。

 

1970年代にベースを置いて作っているので、縫製ミシンも1970年代のものを使用。

 

IMG_8251.JPG

 

裏を見ると、

 

6枚剥ぎタイプ。

 

さらに、

 

前部分は生地が2枚使いになっています。

 

より型くずれしずらい仕様になっています。

 

では、着画がこちら。

 

IMG_8232.JPG

 

IMG_8233.JPG

 

IMG_8234.JPG

 

IMG_8235.JPG

 

IMG_8237.JPG

 

アロハシャツにも、ワークシャツにも、プリントTEEシャツにも、

 

バッチリ合います。

 

CAMO柄+トラッカーキャップ、

 

もう最高です。

 

通年で被れるスグレモノ。

 

 

 

お値段

 

 

¥9000+TAX

 

 

SIZE FREE

 

 

集え!!トラッカーキャップを愛する者たち♡

 

 

通販はこちら。

 

 


243回目キヨ!!(POSTOVERALL’S NEW MAKER SHORTSの話)

こんにちは。

 

243回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

では、早速紹介する新作商品はこちら。

 

 

IMG_8218.JPG

 

IMG_8219.JPG

 

 

POSTOVERALL’S NEW MAKER SHORTS

 

 


IMG_8213.JPG

 

やってきた。ポストオーバーオールズ。

 

今回はSHORTS。

 

やはり、唯一無二であるポストオーバーオールズ。

 

さあ、ディティールを見ていきます。

 

まず、生地。

 


IMG_8223.JPG

 

ツルッとした夏にピッタリ生地。

 

コットン100%とは、良い意味で思えない生地感です。

 

IMG_8209.JPG

 

そして、細めのヘリンボーン織り。

 

履き込んでいくとより、味が出てきます。

 

ポストオーバーオールズでは、FINEHERINGBONEと呼ばれる生地です。

 

IMG_8212.JPG

 

IMG_8214.JPG

 

チノ×ペインターを合体させたようなディティール。有りそうで無いパンツです。

 

IMG_8211.JPG

 

IMG_8215.JPG

 

トップボタンはネームの刻印入りで、ジッパータイプ。

 

では、早速履いてみました。

 

(180cm 68圈SIZE S )

 

IMG_8204.JPG

 

IMG_8205.JPG

 

IMG_8206.JPG

 

 

(普段自分は、ジャストでW31のパンツを履いています。)

 

シルエットは、太すぎず細すぎずで、

 

レングスも長すぎず短すぎずの、

 

かなり履きやすい形。

 

アロハでも、ワークシャツでも、

 

ブーツでも、スニーカーでも、サンダルでも、

 

バッチリハマるショーツ。

 

 

店頭で生で見て、履いてもらうとより良さが伝わるかと思います。

 

 

 

お値段

 

 

¥24800+TAX

 

 

SIZE S M L 

 

 

通販はこちら。

 

 


242回目キヨ!!(DUKEKAHANAMOKU "DUKE’S SHELL" S/S ALOHA SHIRTSの話)

242回目ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。

 

夏がやってきた!!

 

アロハシャツ!!!

 

そんな、今にピッタリなアロハシャツ。

 

それが、こちら。

 

 

 

BLACK

 

 

OFFWHITE

 

 

BROWN

 

 

DUKEKAHANAMOKU

 

 

"DUKE’S SHELL" S/S ALOHA SHIRTS

 

 

IMG_8167.JPG

 

アロハシャツとしても、数々の名作を世に残してきた、

 

デュークカハナモク!!

 

b8967ca05b5a337642560f9fe121f0b9.jpg

 

デュークカハナモク、本人も着用している、DUKE’S SHELL!!

 

時は1950年代。

 

まさに、第二次世界大戦後、米国全土でハワイアンファッションの流行が巻き起こる。

 

ひとつのきっかけは先住ハワイ人の血を引くオリンピック金メダリストのデュークカハナモク。

 

ハワイの観光大使として全米の主要都市を巡ったことで、一躍有名になりました。

 

(やはり当時オリンピックで活躍したデュークカハナモク。その名を知らない者はいなかったと思います。)

 

アカデミー賞を受賞した映画”地上より永遠に”

 

にも登場するデュークカハナモクのアロハシャツ。

 

ハワイの存在とイメージを全米へ、そして世界へ知らしめた。

 

 

 

今回、新色登場、それがこちら。


IMG_8171.JPG

 

 

BLACK×PINK

 

 

通称黒ピンと呼ばれるもの。

 

めちゃくちゃカッコ良い。

 

そして、

 

IMG_8180.JPG

 

 

 

WHITE×NAVY

 

 

爽やかな配色。

 

かなり合わせやすいかと。

 

IMG_8176.JPG

 

 

 

BROWN×WHITE

 

 

大人の色気漂う配色。

 

渋いとでも、言っておきましょう。

 

改めまして、着画がこちら。

 

(180cm 68圈SIZE L )

 

IMG_8169.JPG

 

IMG_8170.JPG

 

BLACK

 

IMG_8178.JPG

 

IMG_8179.JPG

 

OFFWHITE

 

IMG_8175.JPG

 

IMG_8174.JPG

 

BROWN

 

 

常夏にハマるアロハシャツGETしてください。

 

 

 

お値段

 

 

¥19800+TAX

 

 

 

BLACK     S L XL   通販はこちら

 

 

OFFWHITE  S M L XL 通販はこちら

 

 

BROWN     S L XL 通販はこちら

 

 


”THE EAGLE HAS LANDED”〜2020〜

元・ケーキ屋。

 

カヲルです。

 

 

 

サンサーフ・スペシャルエディション。

 

今回は、このブランド。

 

IMG_8129.JPG

 

 

ムサシヤに関しては、もはや何度もお話もさせて頂いているので

 

ここは詳しい説明は省略。

 

いや、本当はいろいろとお話したいのですが。

 

ビンテージハワイアンシャツのブランドの中では、

 

知らない人が居ないほどの有名ブランドのひとつであります。

 

数々の名作ハワイアンシャツも生み出しているブランドであります。

 

 

で。

 

今回、ご紹介のハワイアンシャツですが。

 

その名、

 

「THE EAGLE HAS LANDED」

 

IMG_8111.JPG

(BLUE)

 

 

IMG_8120.JPG

(BROWN)

 

 

 

その名の通り、

 

「鷲(わし)が、大空から舞い降りたとこ」

 

で、あります。

 

実際、鷲ってあまり地面に降りているイメージはないものの、

 

獲物を捕獲した時などは、当然と言えば当然ですが

 

地面に降りて食ったりするようで。

 

まあ・・・・鷲も鳥ですからね。

 

地面ぐらい降り立つ事もあるでしょう。

 

がしかし、

 

 

こんな感じか、

 

 

 

こんな感じのイメージはありますよね。

 

鷹と鷲の、生物上の分類ってのは違いが無い・・・・・って、何かで読んだ事あったけども、

 

どうなんでしょ??

 

知ってる人居たら、教えてくだされ。

 

 

しかしながら、この柄。

 

IMG_8135.JPG

 

IMG_8130.JPG

 

IMG_8136.JPG

 

IMG_8131.JPG

 

IMG_8138.JPG

 

IMG_8134.JPG

 

IMG_8132.JPG

 

IMG_8133.JPG

 

IMG_8137.JPG

 

 

細部までも、迫力がすごいでしょ。

 

元々、このての猛禽類って

 

目付きも怖いし、迫力もあるもんですけども、

 

その羽の質感、体の模様などなど含めて、

 

何しろ絵になる。

 

実際に

 

 

このような日本画の題材としても扱われる事が多いのですが、

 

昔から鷹、鷲への憧れのようなものは、

 

日本人に強くあったのでしょう。

 

そりゃ、ハワイアンシャツになれば

 

見栄えが悪いわけがない。

 

 

さて。

 

このハワイアンは、その柄以外にも

 

ちょいちょい特徴が、

 

他のハワイアンシャツとは違ったりするポイントも多く。

 

 

 

 

 

まずは、これ。

 

ポケットです。

 

IMG_8125.JPG

 

 

なんとなく・・・・実際に見るともっとよくわかるんですけども。。。。。

 

大きいでしょ。ポケット。

 

そう。

 

ポケットでかいの。

 

んで、

 

IMG_8126.JPG

 

 

何気にペンポケット付いてる。。。。。

 

って、当時の人、

 

このシャツにペンポケット必要????

 

って、なりますが。(私はなったけども。)

 

その、「なんで???」って特徴があるのは、

 

ハワイアンシャツに限らず、ビンテージウェアの醍醐味でもありますよね。

 

まず、面白い。(興味深いと言うのか。)

 

 

 

そして、ボタン。

 

IMG_8127.JPG

 

 

その素材、

 

黒蝶貝。

 

通常、ハワイアンシャツについているボタンのイメージ。

 

白蝶貝や、真竹、樹脂ボタンなどなど。。。。

 

が、多いと思いますが、

 

黒蝶貝やら、アワビの貝殻ボタンなどは、

 

これけっこう珍しい仕様。

 

 

 

和柄のハワイアンシャツの中では、

 

龍、虎、そして鷹という、

 

おそらく人気モチーフTOP3である事は

 

間違いなく、

 

そして言うまでもなく

 

ブランドなどによっても、鷹の描かれ方や

 

その構図なども違うというのが面白い。

 

IMG_8160.JPGIMG_8166.JPG

 

IMG_8153.JPGIMG_8157.JPG

 

IMG_8162.JPGIMG_8154.JPG

 

 

というわけで。

 

今回のハワイアンシャツにて、

 

2020年のSUNSURF・SPECIAL EDITIONは

 

打ち止めとなります。

 

皆様、カタログをご覧になったとか、持っていて見ている。。。。という方が多いと思うので、

 

もう知っているという方も多いとは思うのですが。

 

打ち止めとなります。

 

最初の方に入荷したスペシャルエディションなどは、色、サイズなど完売しているものも

 

多くなってきてはいますが、

 

もう役者は出揃っておりますよ。

 

というわけで、まだ何かを待つ理由はなくなりましたからね、

 

あとは是々非々に、店頭にお急ぎあれ。

 

 

 

通販はこちら↓

 

 

BROWN

 

BLUE

 


| 1/237PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.