WESCO!!CUSTOM ROMEO!!

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

遂に夏も終わろうとしていますね。以前に比べるとだいぶ暑さも和らいできて過ごしやすくなってきました。

 

当店でも続々と秋冬物が入荷してきていますのでそういう季節になってきたんだなぁと実感しています。

 

でですね、そんな暑い夏の時期は中々履けなかった物ってあると思います。

 

ジーンズ、ブーツなんかがそうですね。

 

中にはジーンズとブーツは外せないからと、そのスタイルを貫く人もいます。

 

素直にすごすぎるなぁと思いながらやっぱりそのスタイルはめちゃめちゃカッコイイので触発されて僕自身も履いたりしますが、

 

結局暑くて次の日にはやめてしまうという豆腐メンタルな僕。

 

でもジーンズもブーツも何故か暑いと分かっていながら履きたくなる。

 

こうも常に身に付けたくなるアイテムって中々ないですよね。

 

結局のところ、最高にカッコイイアイテムだからでしょうね。

 

ホントに変な呪いにでも掛かってんじゃないかってくらい、いくつも欲しくなるアイテムです。

 

こうして書いてると欲しくなってくるので本題にいきます。

 

んで、本題はそのいくつも欲しくなるブーツのお話。

 

またもご紹介したくなるWESCOが入荷してきたので仕様や金額の部分を交えながらご紹介させて頂きます。

 

blog20160829 (2).JPG

 

じゃん!

 

今回はロメオ!!

 

これまたシブいロメオですねー。

 

ロメオはフルミッドソールとそうでないモデルがあるのですがこちらはフルミッドソールモデルです。

 

フルミッドタイプはベースの金額が¥71800−

 

blog20160829 (5).JPG

 

これがフルミッドソールタイプです。

 

ここが通常ですとミッドソールが付かないタイプになるんです。

 

なのでだいぶ薄くなります。

 

ゴツさも欲しいとのご要望でしたので今回はこちらのタイプになっています。

 

blog20160829 (6).JPG

 

ソール部分。

 

こちらは#232ソールを装備。

 

#700や#430なども付けられるんですがやはり短靴なのでバランスを加味してこのソールにしました。

 

厚みが出過ぎないところがこのソールの良いところですね。

 

こちらにするとチャージが掛かるので¥1500−

 

blog20160829 (8).JPG

 

blog20160829 (10).JPG

 

お次はステッチです。

 

ステッチは特に変更もしていませんので通常の白と茶色のステッチにしています。

 

なのでノーチャージ。

 

blog20160829 (9).JPG

 

トゥの形。

 

ロメオの場合はボストゥとMPトゥの選択が可能です。

 

今回はボストゥ。

 

ちょっとシャープなイメージにしたい方はMPトゥがオススメです。

 

こちらもノーチャージ。

 

blog20160829 (7).JPG

 

ちょっと分かりずらくて申し訳ないです。

 

こちらはレザーライニングです。

 

ロメオに関しては表で使えるレザーを裏側にも使用できます。

 

かなり限られたモデルでしかこういった事は出来ないのでお得感あります。

 

しかもレザーライニングは標準装備となっているのでお値段も掛かりません。

 

なんともお得な仕様変更。

 

今回は表と同じレザーにしました。

 

ここを違うタイプにするのも面白そうですけど統一感が欲しいとのことでしたのでこの仕様です。

 

そしてこちらはノーチャージ。

 

blog20160829 (11).JPG

 

そして最大の見せ場でもあるレザー!

 

こちらはブラウンドメインレザーという光沢の強いレザーです。

 

クロムエクセルレザーをイメージして頂ければだいぶ雰囲気近いです。

 

これまたツヤッツヤになっちゃうヤツで経年変化するとものすんごくかっこよくなります。

 

自分が今欲しいと思ってるのがこのレザーを使ったやつです。

 

こちらはチャージが掛かるので¥10000−

 

とまあこんなところですかね。

 

シンプルですがシンプルゆえのカッコ良さがありますね!

 

こういうのが飽きが来なくて気付いたらずーっと履いちゃうヤツなんですよねー。

 

たまんないっす。

 

blog20160829 (3).JPG

 

みなさんも涼しくなったら絶対に履きたくなるブーツいかがですか?

 

既製品の良さもありますがやっぱりカスタムオーダーした物はなんとも言えない満足感と充実感が得られますよ!!

 

では最後に今回オーダーするにあたって掛かった費用を記載します。

 

 

ROMEO(ロメオ)FULL MID SOLE model・・・・・・・・・・・¥71800−

 

BROWN DOMAIN LEATHER・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥10000−

 

#232SOLE・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥1500−

 

ステッチカラー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥0−

 

LEATHER LINING(標準装備)・・・・・・・・・・・・・・・・・¥0−

 

トゥの変更・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥0−

 

 

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥83300−

 

となりました!

 

んー本来ならチャージが掛かるところが掛かってないので意外とお安く済みましたね!

 

ぜひ今後の参考にしてください!

 

写真NGでしたけどご協力くださったW様!ありがとうございました!!

 

またお待ちしてますね!!

 

んでは今回はこの辺で。

 

皆様のオーダーお待ちしています。ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


BUZZ RICKSON'S TIGER STRIPE VEST CIVILIAN MODEL

カヲルです。

 

 

秋冬物の入荷が始まっているというのは、

 

ちょいちょいお話していますが。

 

今回のご紹介のアイテムも、それ。

 

2016年秋冬の新作です。

 

 

20160827tgcamov (1).JPG

 

20160827tgcamov (3).JPG

 

20160827tgcamov (4).JPG

 

タイガーストライプカモのベストです。

 

このモデル。

 

実際には存在しないモデルなんですが・・・・

 

とはいえ、

 

このカモ柄が使用されて年代の出来事としては、

 

誰もがベトナム戦を連想すると思いますが。

 

その通り。

 

このモデルも、

 

先に「実在しない」と言い切りましたが

 

あながち、そうとも言い切れない理由があるんです。

 

この当時、

 

軍服として使用されていた、使用されなくなった

 

タイガーカモ(だけでなく、その他の生地)などを

 

現地のテイラーに持っていって、

 

自分だけの洋服に作り直して、

 

オリジナルとして着る。

 

というのが流行っていたのです。

 

なので、この時代のビンテージウェアなんかを見ると

 

実際のミリタリーではないけども、

 

完全にミリタリーの生地の服が、

 

多々存在するのも事実なんです。

 

なので、

 

実際に想像しうる服のデザインなんて、

 

シャツだとか、ジャケットだとか、パンツだとか・・・・

 

そんなもんだと思います。

 

なので、こんなベストがあっても、

 

全くおかしくないんです。

 

というわけで。

 

詳細をちょいと見てみましょう。

 

 

20160827tgcamov (5).JPG

 

フロントジッパー。

 

コンマティックジッパーが付いてます。

 

画像でもわかる通り、

 

引手の部分には、馬革の引手が付いてます。

 

 

で。

 

20160827tgcamov (6).JPG

 

ジッパーのテープはコットン製。

 

ここも大きなポイントになりますね。

 

 

20160827tgcamov (7).JPG

 

ボディー部分には

 

フラップ付きのポケットが両サイドに配置されます。

 

このポケット、

 

完全にL-2シリーズのポケットの形と同じ。

 

このタイガーカモのシリーズで、

 

L-2Bのモデルも今期バズから出ているので、

 

それも意識した作りなのかもしれません。

 

 

で。

 

20160827tgcamov (8).JPG

 

腰部分には、

 

スナップボタンのアジャスターが付いています。

 

インナーとして着る場合や、

 

アウターとして着る時にはジャケットとの隙間を埋める為に

 

こんなアジャスターあったらだいぶ使いやすいはず。

 

 

20160827tgcamov (9).JPG

 

そして、ジッパーを開けてみると

 

20160827tgcamov (10).JPG

 

こんな感じで、

 

20160827tgcamov (11).JPG

 

インナーポケットが付いています。

 

片側だけの画像ですが、

 

当然、両サイドに付いています。

 

 

20160827tgcamov (12).JPG

 

お話は変わりますが。

 

こんな感じで

 

皆様お馴染み

 

L-2。

 

これも毎年展開しているようなド定番モデルなのですが。

 

こんなジャケットと合わせても良いんです。

 

インナーではなく、

 

20160827tgcamov (13).JPG

 

L-2の上に。

 

 

今期のカタログでは、

 

MA-1の上にベストを羽織っていますが、

 

L-2や、MA-1などの上に着ても

 

腕が窮屈にならない仕様なんです。

 

なので、

 

スウェットパーカーの上に着ても、

 

窮屈にならずに着れるのです。

 

そして

 

画像じゃわからないのですが、

 

薄く中綿が入っています。

 

バイクとかで使う以外だと、

 

真夏の時期の使用は難しいですが、

 

ちょい涼しくなってきたら

 

着れそう。

 

 

¥19800+tax

 

 

スカジャンなどの入荷も始まってますが、

 

この辺も どうかお見逃しなく!

 

 

 


TAILOR東洋 ACETATE SUKAの話し

 

こんにちは。

 

ドバシです豚豚豚

 

8月もそろそろ終わり、、

 

とゆうことは夏もそろそろ終わり、、

 

ヒグラシが虚しく鳴きはじめたそんな季節ですが、、、

 

今日とかまだ暑いっすね^^笑

ちょっと安心しました!

 

さあしかし、

秋の準備を始めないと!

いいモノはすぐ無くなっちゃいますyo!!

 

今年の秋にピッタリの商品入荷しましたので

ザックリご紹介です!!!!

 

P8265045.JPG

 

TAILOR TOYO ACETATE SUKA JACKET

 

です!

 

"DORAGON x JAPAN MAP"

 

P8265021.JPG

 

 

P8265022.JPG

 

 

P8265023.JPG

 

 

P8265024.JPG

 

表面は龍で統一された漢のジャケット。

 

なんともヘタウマな龍が堪らないっすね!!

 

そして裏面↓

 

P8265025.JPG

 

 

P8265026.JPG

 

 

P8265027.JPG

 

 

P8265028.JPG

 

星条旗が絡みついたジャパンマップ、

鷹と龍の組み合わせもオーソドックスですが渋い!!

 

個人的に鷹は好きなデザインです!!

 

"JAPAN MAP x BLACK DORAGON"

 

P8265029.JPG

 

 

P8265030.JPG

 

 

P8265031.JPG

 

 

P8265032.JPG

 

ネイビーが眩しいッ!!

やっぱりこの色合いはアメリカくさい。

いい配色です!!

 

からの裏面↓

 

P8265033.JPG

 

 

P8265034.JPG

 


P8265035.JPG

 

 

P8265036.JPG


まるで漆黒のダークネスドラゴンが混沌の闇を纏いてラグナロクの終焉を告げに来たかのような形相。

 

厨ニな僕にはピッタリです。

 

"WHITE TIGER x EAGLE DORAGON"

 

P8265037.JPG

 

 

P8265038.JPG

 

 

P8265039.JPG

 

 

P8265040.JPG

 

黒で統一されたボディに迫力満点な白虎です。

これも厨ニ心を、、、

 

それはさておき、スカジャンのカッコ良さって、

 

この「ダサカッコよさ」

 

なんだと思います。

 

では裏面↓

 

P8265041.JPG

 

 

P8265042.JPG

 

 

P8265043.JPG

 

 

P8265044.JPG

 

このイエローの感じも、

 

チノパンももちろん、濃紺のジーンズとバッチリ合ってくれそうです!

 

以上、三種類でございます。

実はもう1つも入荷していたんですが、

 

もう全サイズ完売してしまいました。。

 

全て¥42000+TAX

 

となってます!!

 

欲しい柄がある方はお急ぎを。

 

全て通販にも記載しておりますので是非こちらも↓↓↓

 

http://item-classics.shop-pro.jp/

 

それでは、

皆様のお越しを心よりお待ちしております!!

 

 

 


JOB MASTER!! その3!!

まいど!!

 

なんか秋物入ってきたと思ったらまたクソ暑くなってきた〜💦

 

そりゃそうか、まだ8月だもんね💦

 

夏物、まだまだありまっせ〜ww

 

かと思えば〜、

 

今が旬のスカジャンも早くも欠けてるサイズも出てきてるのでお早めに押さえてください!!

 

 

さて、少し恒例になってきた

 

「WESCO オーダーへの道」。

 

また新たなお客様オーダーが上がりましたのでご紹介させていただきます!!

 

blog0727 (11).JPG

JOB MASTER!!

 

最近BOSSばかりでなく、レースアップもまた人気が出てまいりました!

 

blog0727 (12).JPG

JOB MASTER   LACE TO TOE!

 

Height 6inch。

 

まず、ハイト6インチのジョブマスターのベースで¥88800。

 

そしてレザーはBurlap Explorer¥11500。

 

このバーラップのレザーをRough outとして使用しています。

 

ラフアウトにすることはノーチャージです。

 

blog0727 (15).JPG

ソールはクレープソールの#1010。

 

こちらは¥1500。

 

blog0727 (16).JPG

レースの仕様は上でも書きましたがLACE TO TOE。

 

オーソドックスなJOB MASTERのモデルです。

 

blog0727 (17).JPG

そして注目すべきはステッチカラー!

 

こちらのJOB MASTERは

 

ヘビーステッチをソール部、アッパー部共にKing Blueに。

 

ソール部、¥5000。

 

アッパー部、¥5000。

 

さらにライトウエイトステッチがShoe REDに。

 

こちらは¥7500になります。

 

blog0727 (18).JPG

アイレットカラーも変更されています!

 

なんとNavy!

 

こいつが意外とカッコイイ!!

 

ネイビーのアイレットはHeight 8 inchまでは¥10000です。

 

ちなみに Height 9 inchからは¥12000です。

 

blog0727 (13).JPG

ミッドソールはシングル。

 

これはノーチャージ。

 

バーラップレザーだとコバの仕上げはDo Not Inkになります。

 

レザーよりも濃い色での仕上げは出来ないことになっています。

 

もちろんノーチャージ。

 

blog0727 (14).JPG

つま先部分はプラスチックトゥの入ったBoss ToeのLastです。

 

これも一番オーソドックスだと思います。

 

 

と、言った感じのこのカスタムオーダー!!

 

いかがでしたか?!

 

ここでざっとおさらいしてみましょう!!

 

 

JOB MASTER "6Height.....88800

 

Burlap Explorer.....11500

 

#1010sole.....1500

 

Heavy stitching upper.....5000

 

Heavy stitching sole.....5000

 

Light stitching.....7500

 

Eyelets Navy.....10000

 

TOTAL.....129300 +TAX

 

 

はい!!

 

こうなります!!

 

うまく自分色にカスタムできてるし、プライスもほどほどに押さえられてる仕様かな、と!

 

blog0727 (19).JPG

もちろんフォルスタンやギャランティーカードも!!

 

やっぱ箱開けた時の感動はオーダーならではだと思います!!

 

ぜひみなさまも参考にしていただき、色々と相談しにきてください!!

 

そして、ガッツリとオーダーかましてやってください♡

 

P7274524.JPG

今回のJOB MASTERはサイトー選手でした!!

 

P7274522.JPG

ナイスオーダーだね!!

 

うん♡

 

 

 


TALOR TOYO VIETNAM JACKET

カヲルです。

 

 

インスタなどでご存知の方もいらっしゃると思いますが。

 

テイラー東洋の

 

20160821vietjkt (2).JPG

 

この文字を見るとピンときますね。

 

20160821vietjkt (3).JPG

 

そうです。

 

VIETNAM JACKET 通称ベトジャンが入荷しました。

 

柄は2柄あるのですが、

 

まずは

 

ベトナムジャケットというものが

 

どうゆうものなのか。。。。

 

 

ジャン繋がりでは、

 

みなさんご存知スカジャンがありますね。

 

太平洋戦争終結後の日本で、

 

駐留していたアメリカ軍の兵士向けに

 

お土産品として販売、製作されたジャケットの事なのは

 

皆様ご存知かと思います。

 

今でもそうですが、

 

アメリカ海軍の基地が横須賀にありますが。

 

そこの付近のお土産屋さんや、

 

米兵にオーダーされて、

 

ジャケットなどに刺繍されたものなので、

 

ヨコスカ・ジャンパー

  ↓

スカジャン

 

となっていくわけなんですが。。。。

 

年代的には1950年代がメインです。

 

 

そして。

 

今回ご紹介のベトジャン。

 

ベトナム・ジャケット

   ↓

ベトジャン

 

って事です。

 

その名前の通り、

 

ベトナム戦争当時に、

 

ベトナムに出兵していた米軍へ

 

お土産品として売っていたものや、

 

使用しなくなった寝袋や、パラシュートの生地を使って

 

ジャケットを作って、それに刺繍したものが

 

ベトジャンになるわけです。

 

なので、

 

スカジャンよりも少し遅れて

 

1960年代から70年代がメインなのです。

 

20160821vietjkt (1).jpg

 

ストレイキャッツの写真ですが。

 

一番左の人。リー・ロッカー。

 

が着ているのが、ベトジャン。

 

ってな感じで、ミュージシャンが着ていたりもします。

 

こんな感じで、

 

20160821vietjkt (6).JPG

 

私が着ているのが、

 

今回紹介するテイラー東洋のベトジャンです。

 

この柄はMAP柄というタイプ。

 

ベトジャンでは、このマップ柄が定番の柄です。

 

前は

 

20160821vietjkt (14).JPG

 

福の刺繍と、虎の顔。

 

これも ザ・ベトジャンというデザインです。

 

そして腕には

 

 

龍の刺繍。

 

刺繍としては

 

スカジャンの刺繍よりも

 

まあ・・・・ハッキリ言ってしまうと

 

下手。。。。

 

日本の刺繍の職人さんの技術が高いだけなんですけども、

 

なんとも、この下手な感じが

 

ベトジャンの人気の大きな理由のひとつでもあります。

 

で、下手と言えば・・・・・

 

もうひとつの柄。

 

20160821vietjkt (23).JPG

 

トラ・・・なの・・・???

 

顔デカイけども!!!

 

20160821vietjkt (33).JPG

 

やっぱり角度を変えてもデカイ!!!(顔が)

 

この柄はあまり見かけない柄なんですが、

 

正直、この柄が最高に良いと思います。(個人的に。)

 

で、前が

 

20160821vietjkt (34).JPG

 

これ。

 

ベトナムのマップと、

 

アメリカ海兵隊の工兵部隊SEA−BEESのスコードロン刺繍。

 

&龍。

 

ものすごい贅沢。

 

あと、ベトジャンと言えば

 

これ。

 

20160821vietjkt (18).JPG

 

この袖のボタン。

 

古銭ボタン。

 

別に、本物の古銭じゃありません。

 

古銭をモチーフにデザインされたボタンの事を

 

古銭ボタンって言うんです。

 

 

というわけで。

 

¥32000+tax

 

とりあえず。

 

着てる写真、

 

たくさん撮ったんで、

 

見てください。

 

20160821vietjkt (21).JPG

 

20160821vietjkt (20).JPG

 

20160821vietjkt (19).JPG

 

20160821vietjkt (12).JPG

 

20160821vietjkt (11).JPG

 

 

20160821vietjkt (25).JPG

 

さあ。

 

秋はすぐそこ。

 

でもないけど、

 

秋物はもう入荷してきてますよ!

 

ってか、

 

20160821vietjkt (7).JPG

 

ものすごく暑い・・・・・・

 

 


港商 Special Edition

カヲルです。

 

まだまだ暑い。

 

けど、

 

そろそろ服屋さんってのは、

 

秋冬物の入荷や、入荷情報など

 

あるんです。

 

 

で。

 

入荷してきました。

 

スカジャン。

 

 

「港商スペシャルエディション」

 

20160820iwojimask (26).JPG

 

です。

 

今回のデザインは

 

この絵、みなさんご存知と思いますが。

 

20160820iwojimask (14).JPG

 

「MARINE PHOTO SQDN」

 

この絵。

 

元の写真は

 

20160820iwojimask (1).jpg

 

これです。

 

この画像と比べてみても

 

そのまんまの刺繍になってますよね。

 

このスカジャン。

 

スカジャンなので、

 

当然の如く両面に刺繍がありますが。

 

さっきの

 

20160820iwojimask (14).JPG

 

この面じゃない方に、

 

20160820iwojimask (24).JPG

 

こっち面。

 

「VMJ-1」

 

って刺繍ありますよね。

 

これ、アメリカ海兵隊の写真偵察部隊の部隊名称。

 

朝鮮戦争後の1954年〜1958年まで

 

日本の厚木基地を拠点にして活動していた部隊なのです。

 

そのVMJ-1の部隊でカスタムオーダーをされたものを復刻した

 

まさにスペシャルエディションなんです。

 

 

それでは。

 

両面を見てみましょう。

 

まずは別珍の面。

 

20160820iwojimask (9).JPG

 

20160820iwojimask (13).JPG

 

 

 

20160820iwojimask (10).JPG

 

20160820iwojimask (14).JPG

 

って感じ。

 

 

そして裏面。

 

20160820iwojimask (18).JPG

 

20160820iwojimask (20).JPG

 

 

20160820iwojimask (19).JPG

 

20160820iwojimask (24).JPG

 

ってな感じ。

 

ジャケットの刺繍の意味って

 

後からくっついてくる(と言えば失礼になってしまうかもですが)ものでもあって。

 

実際には、ベースの色や、刺繍のデザインが良ければそれで良いとは思います。

 

とはいえ。

 

意味の深い柄だと思います。

 

 

で。

 

細かいディティールでは、

 

ここがオススメポイント。

 

20160820iwojimask (11).JPG

 

この、袖の龍。

 

これって普通に龍だなーって感じる方も多いと思いますが。

 

他のスカジャンの龍を見て比べるとわかります。

 

通常は横から見た龍の構図が多いんですが、

 

この龍は真上から見た龍なんです。

 

 

あと、リブはこんな感じなんですが。。。

 

20160820iwojimask (21).JPG

 

黒の面のリブは黒。

 

で、

 

20160820iwojimask (22).JPG

 

別珍の面(ネイビー)の方のリブは

 

ボディーと同じネイビーなんです。

 

 

 

 

そして今回の、このブログ。

 

スペシャルエディションのスカジャンについて

 

ちょいと説明してみようかと思います。

 

まずは生地。

 

そもそも、スペシャルエディションのスカジャン、

 

1950年代のスカジャンを完全復刻しているので、

 

生地の打ち込みがものすごく甘いんです。

 

要するに、デリケート。

 

ボディの染めも当時と同じく顔料染料で染められているのです。

 

(現在のスカジャンなんかのほとんどは、反応染料ってので染められてる。)

 

なので、

 

色も均一じゃないし、色落ち、色焼けなどなどが

 

スカジャン本体に起こります。

 

 

リブに関しても。

 

当時と同じ機械のような、古い機械で織っているために

 

手作業で編んでます。

 

縮みやすいわ、伸びやすいわで、なんとも忙しいリブなんですが

 

これまた、虫に食われやすいという(防虫加工などしていない)

 

なんとも儚い生地になっとります。

 

 

あと、これ。

 

20160820iwojimask (25).JPG

 

ジッパー。

 

このジッパーも

 

50年以上前のファスナーの機械を整備し直して再稼働させたものを使って

 

作ってるんですよ。

 

なので、今の高性能のファスナーってより、

 

むしろ、高性能になる前のファスナーなので、

 

今のジッパーと同じようにひょいひょいと上げ下げしちゃう事が出来ないジッパー。

 

これもまた今の世の中では、非常に珍しい物なんです。

 

 

このジャケット自体が、

 

それこそビンテージその物のような感じなんですよ。

 

 

さあ。秋冬はまだちょいと先のお話なんですが。

 

店頭に無くなってからじゃもう遅い。

 

¥69000+tax

 

これがブログに載ると、すぐ無くなるんだわー・・・・うへへ。

 

 

20160820iwojimask (7).JPG

 

こうゆうのを着てみると、

 

秋冬が

 

待ち遠しいねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 


BUFFALO TRACKS BEADS RING

カヲルです。

 

バッファロートラックスから

 

ビーズリング入荷。

 

20160819btrng (1).JPG

 

今回のべースの色は

 

ネイビーと、ナチュラル。

 

20160819btrng (2).JPG

 

20160819btrng (3).JPG

 

20160819btrng (4).JPG

 

20160819btrng (5).JPG

 

20160819btrng (6).JPG

 

20160819btrng (7).JPG

 

20160819btrng (8).JPG

 

以上、7個入荷です。

 

¥6000+tax

 

も入荷するとすぐ完売するので、

 

お急ぎあれ!

 

 


DAPPER'S Pleate Front Classic Work Jacket

カヲルです。

 

夏真っ盛り。

 

が。しかし。

 

 

去年の夏の事を覚えているでしょうか。

 

去年の夏、

 

8月20日を過ぎたらもうけっこう涼しかったんですよ。

 

ただ、今年はおそらく去年よりは全然暑いでしょうけども。

 

まだまだハワイアンシャツなど大活躍なほどに暑いと思われます。。。。

 

とは言え。

 

服屋さんってのは、

 

1ヶ月〜2ヶ月ほど早く、

 

例えば、

 

3月ぐらいになったら、夏物を店頭に出す。

 

9月ぐらいになったら、冬物を店頭に出す。

 

っていう感じで、

 

先、先の気候で動くものなのです。

 

で。

 

9月ぐらいになったら・・・・と書きましたけども、

 

もうあと2週間経ったら、9月です。

 

という事は。。。。

 

そろそろ秋物などの事も考えても良い頃。。。。

 

 

ってなわけで。

 

本日はこれ。

 

ダッパーズの

 

20160818dps (4).JPG

 

「Pleate Front Classic Work Jacket」

 

色が3色あって。

 

20160818dps (12).JPG

 

ブラック。

 

 

 

20160818dps (11).JPG

 

インディゴ。

 

 

 

 

20160818dps (16).JPG

 

ホワイト。

 

 

 

って3色なんですが。

 

こうして見てみると、

 

特に何がどうって事もないジージャン??カバーオール??

 

に見えるでしょ。

 

これをズームアップにしていくと。。。。。

 

まずは

 

20160818dps (1).JPG

 

フロントボタンは、これ。

 

1950年代よりも古い年代のビンテージに見られるボタンのひとつ。

 

この年代のボタンを使っているという事は、

 

このジャケットが1920年代〜1930年代ぐらいの古い年代のジャケットを

 

モチーフにしている事がわかります。

 

 

20160818dps (11).JPG

 

もう一度、この写真を見てください。

 

よく見ると、色々と気がつくポイントはあるとは思いますが。

 

なんかおかしい・・・って思うポイント。

 

そう。

 

胸??にあるべきポケットが、胸にない。

 

ちょっと下の方にあるのがわかります。

 

そして このポケットをアップにしてみると

 

20160818dps (6).JPG

 

これ。

 

20160818dps (7).JPG

 

リベットはUFOリベット。

 

アダムスキー型UFOの形に似てるからそう言われるんでしょけども、

 

私にはアルミの灰皿にしか見えません。

 

で、

 

このポケットの形。

 

これが何気にすごい。

 

20160818dps (15).JPG

 

片側の下部分だけ、欠けているタイプ。

 

古い年代のワークジャケットやベストなんかには

 

たまーにあるディティールなんです。

 

何をもって、この形にしているのかは

 

ちょいと正確な事はわかりませんが、

 

体の中心の方の角が欠けているところを見ると、

 

物を持ち運びしたり、何かしたときに擦れる事で

 

角の部分はステッチがほつれやすいんだと思います。

 

こうゆうディティールは、

 

古いワークウェアの醍醐味です。

 

 

20160818dps (3).JPG

 

あと、フロントボタン部分。

 

さきほどお話した通り、

 

ボタンは古い年代の形ですが、

 

着目すべきは、その横。

 

横のプリーツ部分。

 

20160818dps (5).JPG

 

プリーツを留めているステッチが

 

このイナズマステッチ。

 

「Z」です。

 

これも面白い特徴。

 

 

20160818dps (9).JPG

 

あと、この背中。

 

腰の部分にはバックシンチ付いてるんですが、

 

ここもポイントがあります。

 

ここ。

 

20160818dps (8).JPG

 

このストラップを縫い付けている部分、

 

この三角のカットの角度。

 

ここがこんなに鋭い角度なパターンって、

 

あんまし無い、珍しい特徴。

 

そしてここにもUFOリベット打ち込んであります。

 

 

まあまあ。

 

細かいディティールはいろいろとあるんですが、

 

重要なのは 着たらカッコイイのかってところです。

 

このジャケット自体は

 

ワークジャケット(カバーオール)全盛の時代に

 

ジージャンのような着丈のジャケットを作りました!

 

という感じだったんでしょう。

 

シルエットは、まさにそのまま。

 

「カバーオール+ジージャン」というような形をしているんです。

 

しかし、それは実際に着てみてのお楽しみという事にしときましょ。

 

 

さて。

 

着てみました。

 

3色を。

 

20160818dpsc (2).JPG

 

20160818dpsc (1).JPG

 

 

 

20160818dpsc (3).JPG

 

20160818dpsc (4).JPG

 

 

 

 

20160818dpsc (5).JPG

 

20160818dpsc (7).JPG

 

 

遠目で見ると、普通にジージャン。

 

けど、着てみるとわかります。

 

ジージャンと何かが違います。

 

 

 

そして、このジャケット。

 

実は3ピース。

 

「ジャケット、ベスト、パンツ」

 

ってのはよくありますが。

 

+ハットがあって。

 

4ピース仕様。

 

実際はそれぞれで着てもカッコ良いとは思いますが。。。。。

 

 

やはり 着たいなら、

 

20160818dpsc (8).JPG

 

20160818dpsc (11).JPG

 

20160818dpsc (12).JPG

 

そう。

 

完全体。

 

20160818dpsc (13).JPG

 

こんな感じでも良いんじゃないのかい。

 

 

見てくれ。

 

20160818dpsc (14).JPG

 

この短く太い、道産子(馬)のような脚。

 

 

20160818dpsc (16).JPG

 

このハリセンボン(魚)のようにパンパンだけでなく

 

カッチカチに膨らんだこのお腹。

 

 

20160818dpsc (17).JPG

 

そして、なにしろ 逝っちゃってるこの顔面+ヒゲ。

 

 

漢(おとこ)なら、

 

こんなのも良いんじゃないのかい?

 

 

 

Check

| 1/105PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.