WESCO!!CUSTOM BOSS!!BLACK!!

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

気付けばもう12月も中盤!

 

まさかの1年がもう終わろうとしていますね!

 

30過ぎてからの1年はすごく早いよ!

 

って言われてましたけど、

 

ホントに早い...

 

自分も32歳になり、

 

なんだかんだジャンキーにきて10年になりました。

 

こんな調子で今度は20年経っちゃうのでしょうね (笑)

 

30代の中堅らしく、

 

出来る男を目指して精進していきます!!

 

引き続き常連様方、各メーカー様、

 

今後とも宜しくお願い致します!!!

 

それでは本日御紹介のアイテムなのですが、

 

IMG_2891.JPG

 

WESCO

 

CUSTOM BOSS 

 

ということでWESCOオーダーへの道シリーズ!!

 

この冬に向けてオーダーしていたウエスコが入荷してまいりました!!

 

待ったかいがあっただけあって、

 

オーナー様にも満足して頂けました!!

 

この手に入れた瞬間は何とも言えない快感なんですよね。

 

オーダーじゃなきゃ得られない満足感というか充実感というか、

 

これが欲しくてオーダーされる方も多くいらっしゃいます (笑)

 

私も含めてですが (笑)

 

IMG_2892.JPG

 

今回のこのモデルはハイトカットしています!!

 

なのでハイトは9インチ!!

 

IMG_2893.JPG

 

面白さとカスタム感を求めての2ストラップ!!

 

シャフトの可動域を広げるという本来の意味もありますが、

 

そこはカスタム感出るのとかっこよさも兼ね備えた仕様ですから、

 

この仕様にしたくなる気持ちは非常によく分かる!!

 

私もボスを作る時は絶対に2ストラップにします。

 

IMG_2894.JPG

 

バックルはエロさと嫌らしさも兼ね備えた24金メッキ!!

 

ピッカピカ!!

 

IMG_2895.JPG

 

IMG_2896.JPG

 

つま先はボストゥ!!

 

ボッテリしたこのワーク感を求めるなら、

 

やっぱこれっすね!!

 

IMG_2897.JPG

 

IMG_2898.JPG

 

ミッドソールはゴツさ重視のダブルミッド!!

 

重厚感を求めるならこの仕様は外せない!!

 

IMG_2899.JPG

 

IMG_2900.JPG

 

ステッチは標準のホワイト&ブラウン!!

 

定番だからこその安定感!!

 

よりカスタム感を出したい方は、

 

こちらもいじるのをオススメします!!

 

IMG_2903.JPG

 

ライニングなし!!

 

ここは付ける付けないはお好み!!

 

ライニングを入れるメリットはもちろんありますけど、

 

必ず入れた方がいいって事もありませんのでね。

 

IMG_2902.JPG

 

ソールはビブラムの#430ソール!!

 

これが意外と削れなくて、

 

泥道でも噛んでくれるのでオススメ!!

 

もちろんお好みはあるんでしょうけど、

 

どうしようか悩んでいたらこちらを使ってみてください!!

 

IMG_3255.JPG

 

履いてもらいました!!

 

見た目はこれぞボス!!

 

でもよーく見るとカスタム入って―る!!

 

これが実にいい!!

 

それにしても、

 

前にも同じこと言ってたわ。

 

ボキャブラリーの少ない男ですみません。

 

IMG_3252.JPG

 

今回のオーダーをしてくれたりょう君!!(右)

 

こんな悪そうな見た目なのに凄くマジメ (笑)

 

左にいるのはいつも一緒に来てくれる、はるき君!!

 

脱ぐと凄いんです。キン肉マンです (笑)

 

2人ともいつもホントにありがとう!!

 

IMG_3253.JPG

 

2人が来るといつもこの調子です。

 

悪ふざけしたり、くだらない話したり、ラジバンダリ。(死語)

 

めっちゃ楽しい時間を過ごさせて頂いてます!!

 

さあ!次はどんなの欲しくなるかな!

 

また欲しくなったらいつでも言ってちょうだい!!

 

IMG_2904.JPG

 

それでは最後に仕様と金額を記載します。

 

BOSS 9inc・・・・・・¥101800−

 

BLACKLEATHER・・・・・・・・¥0−

 

2ストラップ・・・・・・¥5000−

 

24金メッキバックル・・・・・¥8000−(2ストラップの場合)

 

ダブルミッドソール・・・・・・・¥8000−

 

ボストゥ・・・・・・・・・・・・¥0−

 

ホワイト&ブラウン・・・・・・・¥0−

 

#430ソール・・・・・・・・・・・¥0−

 

コバ(ブラウン)・・・・・・・・・¥0−

 

 

合計・・・・・・・・・・¥122800−

 

こうなりました!!

 

良い収まり具合!!

 

どうカスタムするかによって、

 

値段は変動しますので、

 

オーダーの際は当店の各スタッフに、

 

遠慮なくご相談ください!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様のオーダーをお待ちしています!!!

 

 

 


37回目キヨ!!(BUZZRICKSON'S GOLD TIGER PANTS TYPE供

 

こんにちは!!37回目ブログ書かかせて頂きます!!キヨです!!

 

早速、今日は少し長くなりそうなので紹介します!!

 

IMG_3184.JPG

 

IMG_3196.JPG

 

BUZZRICKSON'S GOLD TIGER PANTS TYPE

 

きました!!!  

 

タイガーカモ!!タイガーストライプ!!

 

呼び名は様々です!!虎の模様に似ていることからきています!!

 

そして、品番の横にJKの印字が!!そう、生別注です!!未洗い!!デッドストックの様な佇まい!!

 

これはヤバいです!!

 

IMG_3194.JPG

 

そして、このゴールドタイガーカモ!!格好良いです!!

 

 

 

 

 

迷彩といったら、様々ですよね、、、沢山あります!!

 

タイガーカモは、その迷彩の中でも人気があります!!

 

歴史も面白い!!

 

ベトナム戦争時(60年代)に多く使われていました!!

 

タイガーカモは米軍が使っていたのではなく、元々南ベトナム政府軍が使用しており、

 

そのデザインの良さ(身を隠すのに適していた)にアメリカ軍の主に特殊部隊が現地市販されている物も買い、着ていました!!

 

その中には日本製の物もあったみたいです!!一度、沖縄製のタイガーカモ私もみたことあります(笑) 

 

生地にプリントするのは東京で、ジッパーとかは大阪で付けて縫製は沖縄でなど全面的にアメリカ軍に向けて作っていました!!

 

アメリカで作って、ベトナムに送るより、日本で作ってベトナムに送る方が速い!!

 

しかーーーし、タイガーカモ自体インドシア紛争時、

 

フランス軍が着ていたものリザードパターン迷彩がルーツだと言われています!!

 

そうなんです、フランス軍が置いて行ったリザードパターン迷彩を譲り受け使っていましたが、

 

やがて在庫も無くなり、リザードパターン迷彩をベースに製作したのがタイガーカモの始まり!!

 

 

☝リザードパターン迷彩

 

確かに似ています!!

 

タイガーカモの柄は大きく7パターンあるみたいです!!

 

ローカルメイドの物を含めると正直、何種類かわかりません!!(笑)

 

そして、今回のゴールドタイガーは絶大な人気を誇る柄です!!

 

ゴールドタイガーは1966年〜69年の間で使われていたものです!!

 

ヴィンテージでもなかなか見かけないゴールドタイガー!!

 

ディティールを見てみましょう!!

 

IMG_3182.JPG

 

IMG_3183.JPG

 

US−S(アメリカ人のS)と言った意味で、A−S(アジア人のS)というものも存在します!!

 

IMG_3195.JPG

 

ボタンフライ!!

 

IMG_3185.JPG

 

生地はコットンツイル!!経年変化するともっとやれてきます!!未洗いなので色がバキバキ!!

 

IMG_3193.JPG

 

中は、オレンジカラーのコットンツイル!!

 

ロールアップして、穿くとアクセントになります!!

 

IMG_3187.JPG

 

スラッシュポケット!!

 

IMG_3189.JPG

 

左太もも付近、マチ付きのポケットにー、小さなシュガレットポケット!!

 

IMG_3190.JPG

 

右太もも付近にも!!

 

IMG_3188.JPG

 

アジャスター付き!!ウエスト調節可能!!後ろもマチ付きの大きなポケット!!

 

好きな太さで穿けそうです!!

 

沢山収納できます!!

 

着画がこちら!!!

 

(180cm 72圈SIZE M NONWASH 着用)

 

IMG_3204.JPG

 

IMG_3203.JPG

 

IMG_3207.JPG

 

程よい、太さです!!色味が良く!!この漢臭い感じが好きです!!

 

タイガーカモ、穿きにくいなんて思っている方いるかもしれませんが、、、、

 

上は柄物とかではなく、シンプルなものであわせるのがオススメではあります!!このように!!!!

 

IMG_3210.JPG

 

IMG_3209.JPG

 

BROWNSBEACHとの相性なんて、バツグンに良い!!!

 

IMG_3213.JPG

 

ストームライダーにも、もちろん合っています!!

 

ゴールドタイガーはスタイルの幅も広がると思います!!

 

もちろん、足元はスニーカーでラフに穿いたり、ブーツで鉄板の漢スタイルなんてのも良し!!

 

そうなんです、、、

 

お値段が

 

 

 

¥16800+TAX  かなりお買い得、、、、、、

 

 

 

SIZE S M  L XL

 

 

 

是非店頭でお待ちしています!!

 

通販はこちら。

 


名品「#8875」

カヲルです。

 

 

本日、12月14日(旧暦)は

 

赤穂義士討入の日で御座います。

 

 

実は先日、芝高輪の泉岳寺まで行ってきましたが、

 

義士祭(本日)があるので、その準備などでバタバタしていました。

 

とはいえ、義士たちの墓にはたくさんの人が線香を手向けていました。

 

私も全ての墓に線香をあげてきましたが、

 

なんせ墓の数がたくさんあるので・・・・・

 

最初の方にばんばん線香あげてたら、最後の方に足りなくなりそうでヒヤヒヤしました。

 

 

というわけで、討入の本日のブログは、

 

20180927_2436332.jpg

 

REDWINGで御座います。

 

皆様は、アメカジにおいて

 

永遠不滅であるブーツとは??と聞かれて、

 

何を思い浮かべますか???

 

私は、迷わずこのモデルを思い浮かべます。

 

IMG_3171.JPG

 

#8875

 

(思い浮かべる品番は#875ですが・・・・赤茶のセッターという事です。)

 

と同時に、レッドウイングのセッターと言えば、

 

やはり赤茶。

 

IMG_3173.JPG

 

このブーツで御座います。

 

この赤茶と言えば

 

#8877が最近限定で発売しましたが、

 

 

これです。

 

これが記憶に新しいとは思いますが。

 

 

そもそも、アイリッシュセッター。

 

1950年前半、

 

ヤブとか、湿地とか、ゴツゴツした岩場などでのハンティング用のブーツとして

 

発売されました。

 

足への衝撃などをクレープソールのクッション性でカバーして、

 

その素材の効果として、足音がしない、しにくいソールを装備しているという、

 

まさにハンティングの為に作られたブーツです。

 

rwstr (1).jpg

が、しかし。

 

このブログでも、ハンティングブーツでした、スポーツシューズでした・・・・等等の

 

お話というのはした事も多々で御座いますが、

 

実はこのブーツ。

 

当時のワーク系アイテムにありがちなのですが、

 

「元元は、OOの為に作られた物ですが、他の職種の人にも人気が出ちゃいました系」

 

と言いますか。

 

ワークパンツが、壊れにくいという事でカウボーイに人気になってしまった・・・・等等のような

 

状態というのがありまして。

 

このハンティングブーツも例外でなく。

 

rwstr (3).jpg

 

写真は、NYにあるエンパイア・ステイト・ビルディングなのですが。。。。

 

 

rwstr (2).jpg

 

建設中はこんな感じだったようで・・・・・

 

もー、頭おかしい。怖くないのか???と思うような写真がたくさん。

 

で、こんな感じの建設現場で働く人たちの中で、

 

高所で働く時に、ブーツのヒール部分が引っ掛かるので

 

靴底の真っ平(まったいら)なブーツというのが

 

非常に重宝したようです。

 

今ではクレープソールのような真っ平なソールは珍しくもないのですが、

 

当時はブーツと言えば、ヒールが付いているものしかなく

 

真っ平なソールが付いている物は非常に珍しい物でした。

 

その後、6インチ丈の、

 

今の875のモデルが加わり

 

1950年代の、アメリカ高度経済発展に伴って

 

労働者たちに大人気になったというわけなのですが。

 

 

元々1950年代から続いていた、赤茶のセッター。

 

元々はそこまで赤っぽくなかったのですが、

 

時代を追うごとに赤くなっていきまして。。。。。

 

 

アメリカでは好評ではなく・・・・(おそらく不評でもなかったんだと思いますよ。)

 

反して日本では、その赤茶が大好評。

 

私も1990年ぐらいに、真っ赤なセッター買いました。

 

が、そこはやはりアメリカのブランド。

 

アメリカ人の本意を尊重しますよね。

 

1995年には、アメリカ本国の意向もあって

 

赤茶の革が廃止になり、初期の革の色に近いオレンジっぽい革に変更になります。

 

 

が、そこは当時レッドウイングブームだった日本。

 

どうしても赤茶が欲しい・・・・

 

ということで誕生したのが、#8875、#8877でした。

 

 

#8875は現在まで続いていますが、

 

#8877は、2000年代の前半に生産終了となりました・・・・・・

 

 

って事で、赤茶の#8877の赤茶が限定で発売された・・・・というわけです。

 

 

 

ともあれ、#8875。

 

IMG_3180.JPG

 

赤茶であり、

 

IMG_3172.JPG

 

BOXも、当時の白いダンボールベース。

 

20180927_2436339.jpg

 

タグも、

 

80年代ぐらいの犬タグに変更になりました。

 

IMG_3178.JPGIMG_3176.JPG

 

IMG_3175.JPG

 

細かい作りなども、

 

50年代の発売当初と大きく変わらないというのも、

 

魅力のひとつでしょう。

 

アメカジ、アメカジと言いますが、

 

時代によってアメカジの定義?というのは、

 

少しずつ変わっていると思います。

 

もちろん、他の何でもそうなんだと思います。

 

がしかし。

 

その中でも不変的なアイテムというのが、いくつもあります。

 

この6インチの、

 

赤茶の、

 

餃子(モカシンの事を、餃子って呼ぶの懐かしくない??)になってる、

 

この8875(875)。

 

IMG_3173.JPG

 

もちろん、言うまでもなく

 

アメリカ製の他のワークブーツは最高に良い。

 

お世辞抜きで、最高だと思います。

 

がしかし、

 

最高の物が、

 

必ずしも 1つだけとは限らないのです。

 

その最高のブーツの中のひとつが、

 

まさにこのブーツなのは間違いないと思います。

 

¥36900+TAX

 

THE・アメカジ。

 

これなくして、アメカジとは言わない。

 

 

是非是非。

 

IMG_3167.JPG

 


BUZZ RICKSON'S-C.P.O SHIRTS and MORE

カヲルです。

 

 

ついに寒いのがやってきました。

 

本格的な冬で御座います。

 

ヘヴィなアウターの季節、本格到来で御座います。

 

 

しかし、本日の紹介はヘヴィアウターでは御座いません。

 

ミリタリーウェアにおけるアメカジという物の中では、

 

トップ5に入るであろう定番中の定番。

 

それは

 

「C.P.Oシャツ」

 

通称、CPO。

 

正式名称は

 

「Chief Petty Officer Shirts」

 

で御座います。

 

チーフ・ペティー・オフィサー。

 

とは何ぞやというと。

 

日本語で言うところの

 

「曹長」

 

で御座います。

 

アメリカ軍での階級は

 

上から

 

元帥

大将

中将

少将

准将

五等准尉

(以下、四等,三等、二等、一等)

で、ここから下に曹長クラス

一等軍曹

(以下、二等、三等)

伍長

兵卒

(特技兵、上等兵、一等兵、二等兵と続く)

 

・・・・・・・・・・・となります。(ザっとですけど。)

 

その曹長の人たちが選ぶ事を許されたフランネルシャツ(こないだのブログのネタにリンクしてる。)が

 

CPOシャツであります。

 

IMG_3147.JPGIMG_3150.JPG

 

 

このライトウェイトで、圧縮されたウールのシャツは

 

保温性や、多少濡れても大丈夫というシャツ。

 

要するに、薄手で、目の詰まった、ウールシャツ・・・・であります。

 

IMG_3157.JPG

 

 

で、今回紹介のバズリクソンズのCPOシャツですが。

 

片ポケ、フラップ付きのモデル。

 

IMG_3155.JPG

 

そして 裾脇はマチ仕様。

 

IMG_3156.JPG

 

そして、これが面白い特徴でありますが、

 

IMG_3153.JPG

 

この袖口。

 

両方右袖口仕様なのです。

 

某漫画のJ・ガイOみたいだ!(わかる人にはわかる。)

 

このディティールも、当時の生産状況などが垣間見られるディティールであります。

 

 

アメリカ海軍においては、

 

このCPOシャツは細かい仕様と年代のわかっていない部分が存在するのですが、

 

30年代などにはチンストラップ付きのCPOシャツも存在していたり。。。。

 

ミリタリーのアイテムは、詳細がわかっていない物も多くて、

 

そこがまた、興味深い部分でもあります。

 

 

アメカジ的なお話をすると・・・・・・・・

 

CPOシャツ、

 

IMG_3149.JPGIMG_3151.JPG

 

 

まー 合わせが良い。

 

PANTSで言えば、ジーンズにも良し。

 

チノパンなどにも良し。

 

シンプルなシャツだけに、合わせやすいのは見た目通りであります。

 

シンプルであり、

 

定番であり、

 

そして合わせが良いという・・・・・・・・

 

まさに言う事無しの王道アイテムであります。

 

 

 

 

そして、

 

こんな物も存在するんです。

 

IMG_3158.JPGIMG_3161.JPG

 

 

色を見ると、U.S.ARMYの物にしか見えないのでありますが、

 

タグ(ミスルペック)を見ると、驚きであります。

 

IMG_3169.JPG

 

U.S.NAVYの文字が見えます。

 

 

 

このシャツ。

 

1950年代の、

 

ごくごく僅かな期間にだけ採用されていたカーキ色のフライトシャツであります。

 

ポケットの形などは

 

先ほどのCPOシャツと同じ。

 

そしてポケットは両胸に配してあります。

 

IMG_3159.JPG

 

IMG_3165.JPG

 

 

タグも、これまた改めてよく見てみると

 

フライトジャケットのそれに似ている。

 

黒地に、ゴールドの刺繍であります。

 

IMG_3169.JPG

 

 

アメカジ的観点で見た時にも、

 

こちらもネイビーのCPOと同じく、

 

ひと目でおわかりの通り

 

ドシンプルなので、

 

色合いも相まって、これが合わせやすい。

 

IMG_3160.JPG

 

 

ウールシャツといえば、なんの変哲もないウールシャツでありますから

 

何という事もないのですが

 

シンプルさ、質実剛健な感じがまさに名品の香り。

 

 

というわけでして。

 

双方¥19000+TAXで御座います。

 

通販も是非是非、ご利用くだされ。

 

 

 

CPO

 

BUAERO SHIRTS

 

 

 

 


チェッカレッリから最高にカッコいいダウンジャケット!!

IMG_3118.JPG

 

みなさん、こんにちは!イトウです!!

 

12月も中盤に差し掛かろうとしています!

 

そして気温もグングン低くなってきて、

 

めちゃめちゃ寒くなってまいりました!!

 

そんな時に欲しくなるのが、

 

やっぱりホッカホカなアウター!!

 

その中でも保温性で最強なのが、

 

ダウンジャケット!!

 

というわけでして、

 

ホッカホカダウンジャケットがやってきましたよ!!

 

IMG_3091.JPG

 

MANIFATTURA CECCARELLI

 

FISHERMAN PARKA

 

とんでもない迫力!!

 

フィッシャーマンと名付けられたこちらのダウン!!

 

海の男が着用することを前提に考えられているので、

 

非常に使える仕様がてんこ盛り!!

 

ですがそこは元フィルソンを手掛けていたブランド!!

 

ワークアウトドアなところもしっかりと取り入れておるのです!!

 

IMG_3073.JPG

 

ダウンはもちろん最高品質のグースダウン!!

 

ダウンはイタリア・ミナルディ社のダウンを採用!!

 

こちらは7度の洗浄をすることによって、

 

より高品質のダウンを選別!!

 

その中でも一番いい物を使っています!!

 

付属してるこのダウンは、

 

その一番いい物を使っているよっていう証明の為のもの!!

 

IMG_3069.JPG

 

そのダウンがこのようにビッシリと詰まっています!!

 

なのでまあ暖かいです!!

 

バツグンの保温性!!

 

IMG_3067.JPG

 

IMG_3068.JPG

 

内側の両サイドにはポケットが!!

 

IMG_3070.JPG

 

袖はスナップで調節可能になっていて、

 

ギュッと閉めてしまえば風の侵入を防ぎます!!

 

IMG_3072.JPG

 

しかも裏側はこのようにフリースが貼ってあります!!

 

なのでホッカホカ!!

 

IMG_3062.JPG

 

IMG_3063.JPG

 

前はジップの開閉式になっていて、

 

かつ前立て付きのスナップボタンも!!

 

より防風性を高めるための仕様です!!

 

IMG_3064.JPG

 

ジッパーは使いやすいダブルジッパー!!

 

IMG_3065.JPG

 

なのでこのように用途によって開閉してあげれば、

 

座ったり動いたりするときに引っかかるような事がありません!!

 

ノンストレス!!

 

ストレスフリーな仕様ってなわけですな!!

 

ストレス社会に生きる私たちに優しい仕様 (笑)

 

IMG_3060.JPG

 

IMG_3061.JPG

 

ポッケは上部と下部に分かれていて、

 

下部はかなり大型のポケット!!

 

しかもマチ付きなので、

 

見た目以上に大容量です!!

 

上部のポッケはハンティングジャケットなどに見られる、

 

座った際にも手を突っ込める仕様のヤツです!!

 

ディテール的にもこのポッケはカッコイイヤツですよね!!

 

私はこのポッケ好きです (笑)

 

IMG_3075.JPG

 

腕はラグランスリーブなので、

 

肩にかかるツッパリ感もなし!!

 

ここもストレスフリー!!

 

実際着用したまま結構動き回ること前提の作り込みですからね!!

 

やはりラグランになるだけで可動域が全然違ってきます!!

 

だからこういうとこは重要なのです!!

 

IMG_3077.JPG

 

IMG_3076.JPG

 

背中と腰の部分に、

 

このようにジッパーで開閉できるポケットがあります!!

 

IMG_3080.JPG

 

中は他のポッケと違って撥水性の強いポリナイロン生地に!!

 

おそらく濡れた小物や服を突っ込んでも大丈夫なように、

 

この生地にしているのでしょう!!

 

本来のアウトドアジャケットであれば、

 

ここに獲物を入れてーみたいな用途になりますが、

 

今回のはあくまでもフィッシャーマンですからね!!

 

IMG_3084.JPG

 

フードはリアルコヨーテ!!

 

ガチで御座います!!

 

でもフワフワですんごくきもてぃー。

 

IMG_3083.JPG

 

コヨーテ部分は、

 

手前に折り込めるようになっていて、

 

補強のステッチが入っています!!

 

IMG_3085.JPG

 

 

ガッツリ閉めるとこうなります!!

 

IMG_3112.JPG

 

そしてこうなります。

 

不審者の完成でございます。

 

事案ですね。

 

通知きちゃう。

 

IMG_3087.JPG

 

IMG_3088.JPG

 

腰にはドローコード!!

 

これで自分の体形に合わせて調節も可能!!

 

かつ閉める事によってここでも防風性を高める事が出来ちゃいます!!

 

下からの風の侵入をシャットアウト!!

 

んーよくできてる。

 

IMG_3082.JPG

 

そして今回の一番すごいところがこの生地!!

 

ワックスコットンではあるのですが

 

通常のワックスコットンとは全く異なります!!

 

従来のワックスコットンは表面にコーティングするように、

 

染み込ませて完成となりますが、

 

このジャケットに使われている生地は、

 

糸自体ワックスコーティングしたモノ

 

を使っているのです!!

 

つまり1本1本の糸がワックスでコーティングされていて、

 

その糸を高密度に編みこむことによって、

 

今回の生地が出来上がるワケです!!

 

これが実は新素材ということでして、

 

今までは出来なかったみたいです。

 

ワックスコーティングされた糸をつむぐための機械なんて、

 

本来あるワケないですからね。

 

そりゃ簡単にできるワケないんです。

 

それをなんとかして作り上げたってんだからホントに凄い。

 

そしてもう一つすごいのが、

 

ワックスコットンなのに、

 

洗濯OK!!

 

糸自体をコーティングしてるもんだから、

 

洗濯してもワックスが取れないみたいなのです。

 

そしてワックスを入れなおす必要もなし!!

 

まあすんげえ生地なわけですよ!!

 

そしてワックスコットン特有の、

 

撥水性も非常に高い!!

 

さらに、

 

デニムのような経年変化も楽しめる!!

 

っていうね!!

 

これ間違いなく皆さん好きなヤツです!!

 

IMG_3104.JPG

 

IMG_3109.JPG

 

IMG_3116.JPG

 

IMG_3094.JPG

 

※176cm、サイズ40着用

 

めちゃめちゃに良い色!!

 

デニムとも合います!!

 

閉めても良し、

 

開けても良し!!

 

もうお好きな着方で着てください!!

 

IMG_3108.JPG

 

IMG_3105.JPG

 

今回入荷のこちら!!

 

1着のみの超限定入荷となっています!!

 

サイズは40Lサイズ!!

 

着れる方だけになってしまうのが申し訳ありませんが、

 

こういう良いダウンは中々ありません!!

 

ぜひ着てみてください!!

 

IMG_3121.JPG

 

お値段は

 

¥135000−+TAX

 

いいお値段しますが、

 

最高峰のダウンを求めだすと、

 

このお値段でも正直安い方です。

 

このモデルですら、

 

このクオリティかつイタリア製な事も考えると、

 

ホントに安い!!

 

次回同じモデルが出るとも限らないので、

 

ぜひ狙ってください!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!

 

 


36回目キヨ!!(Lee101Bの話)

 

こんにちは!!36回目ブログ書かせて頂きますキヨです!!

 

またまた、この前休日で鎌倉に行ってきました!!(笑)もちろん、食べ歩きで、、(笑)

 

美味しい物が沢山あるんですよ!!もう、ここいって次ここみたいなルートできちゃってます(笑)

 

そして、初めて裏小町通りに行きました!!

 

ホント、旨そうな匂いがするお店ばっかりで、やっと店が決まりました!!お着いた空間のカフェでした!!

 

そこで、ハンバーグランチセットを頼みました!!ハンバーグに自家製のデミグラスソースがかかって、上に半熟の目玉焼き

 

がのった一品!!めちゃくちゃ美味しくて感動しました!!柔らかくジューシーなハンバーグ!!最高でした!!

 

また、行こうと思います!!

 

さてさて、今回紹介するアイテムは題名にもありますが、

 

Leeの101B(ボタンフライ)の紹介です!!

 

IMG_3013.JPG

 

皆さんご存知、アメリカの三大デニムブランドの1つ!!

 

今回のは、1954年モデル!!!

 

元々、食品や雑貨、洋服のカタログでの販売会社でした!!そして、なにかしらの理由で洋服だけを作る会社になり!!

 

ジーンズやカバーオール、デニムジャケットなどなど沢山出てきます!!

 

この、54年モデルの特徴は、

 

IMG_3041.JPG

 

IMG_3023.JPG

 

この、ボタンの刻印LeeRIDERS

 

Leeはカウボーイたちやワークウマン達に向けて作っていました!!

 

今回のはLee RIDERS!!そう!バイカー達に向けて作っています!!

 

新しくなるにつれてやはり、Leeもその時代にあったモノを作っています!!

 

しかし、この時代ジーンズを穿くのはやはりワーカーやカウボーイたちばかり、ファッションとしてではなかったのです!!

 

街着として、穿くのはスラックスなどが一般的、ジーンズを穿いているとしたら街の不良たちぐらいでした!!

 

 

この、理由なき反抗のジェームズディーンの様に!!

 

ちなみに、ジェームズディーンが履いていたLeeも50sのオリジナルです!!

 

プライベートでも履いていたみたいです!!それだけ、愛していたんですね!!

 

IMG_3022.JPG

 

IMG_3038.JPG

 

Leeのポケット、よく見ますね!!レイジーステッチ!!

 

他のジーンズと比べると外側に付けられています!!

 

70sあたりから、他のジーンズと一緒にで中央にきます!!

 

何故、外側についているかと言うと、馬やバイクにまたがっている時、ポケットから物を取り出すい様にするため!!

 

中には、補強用の当て布も付いています!!

 

IMG_3035.JPG

 

IMG_3036.JPG

 

そして、やはりデニムジャケット同様リベットが少ない!!

 

バータックですね!!落馬や、バイクから落ちたときなど怪我のリスクを減らすため!!

 

IMG_3021.JPG

 

 

今回のモデル通称

 

センター黒タグ!!

 

IMG_3033.JPG

 

IMG_3040.JPG

 

革パッチ、ピスネームはLeeの刻印のみ!!

 

そして、織りですね!!知っている方も多いと思います!!

 

IMG_3032.JPG

 

左綾ですね!!縦落ちしやすいです!!そして、この黒味!!いい色落ちすること間違いなし!!

 

ちなみに、リーバイスは右綾です!!

 

IMG_3031.JPG

 

もちろん、耳付き!!両耳です!!

 

なんて、いっても一番私の好きな所Lee特有のシルエットです!!

 

(180cm 72圈SIZE30 NONWASH 着用)

 

IMG_3049.JPG

 

股下が深い!!腰回りにゆとりがある!!

 

IMG_3048.JPG

 

IMG_3046.JPG

 

後から、見えるこの面大好きです!!

 

IMG_3045.JPG

 

ガシガシ履き込んで、育てたいですね!!

 

 

そして、こちらお値段!!

 

 

¥19000+TAX

 

SIZE 28 29 30 31 32 33 34 36

 

 

通販は後日!!気になる方は是非店頭まで!!

 

 

 

 

 


ネルシャツのすすめ。

カヲルです。

 

 

こないだまでは20℃、湿度も高く。

 

今現在は最高気温10℃弱、湿度も40%など。。。。。。

 

札幌などでは、前日との差が18℃あった日もあったとかなんとか・・・・・

 

しかしながら、暦はもう12月も半ば。

 

もうこれから暖かい日が来るのではないか・・・・など思っている必要はないかと思われます。

 

秋冬物になってから、

 

ブログにUPしていないアイテムというのは無いものか・・・と考えていましたが。

 

これについては、あまり詳しく掘り下げた事がないと思った物がありました。

 

IMG_3010.JPG

 

お題目にもあります通り、

 

ネルシャツです。

 

 

私的な思い出では

 

90年代、BBCAPに、スウェット、ジーンズ、ネルシャツ、足元は赤茶セッター・・・・・

 

IMG_3012.JPG

 

などがネルシャツと言うと思い浮かぶ光景ですが、

 

実際には流行云々ではなくもっともっと前から、

 

アメカジの定番であります。

 

 

はたまた、

 

ミュージシャンが着ていたり、

 

映画では俳優さんが着ていたりと、

 

洋服として見た時にも定番であろうというシャツ。

 

例えば

 

 

NIRVANAのカートコバーンや、

 

 

 

昔のPVやライブから現在に至るまで、

 

けっこうネルシャツ着てるイメージの強い

 

GUN'S ’N ROSESのW.アクセルローズ、

 

 

映画でも様々な映画に登場はしていますが、

 

正確にはネルシャツではないのですが、

 

 

ケビンコスナーのパーフェクトワールドの

 

このチェックな感じがネルシャツの印象です。

 

 

私自身、店頭でもネルシャツ着てるだけで

 

今日はゴリゴリのアメカジだねーと言われるほどに、

 

アメカジの印象が強い、そのネルシャツ。

 

そもそも、ネルシャツとは何ぞやというお話ですが。

 

 

ちょっとネルシャツの事を知っている方や、

 

アパレルのスタッフさんたちならば、

 

ネル=フランネルの略語・・・・と思っている方が多数と思います。

 

まあ・・・・略語ではありますが。

 

が、

 

ここで言うフランネルというのは

 

毛織物。つまりは主に羊毛で作られた物を指します。

 

 

 

そしてまた一方、ここでお話するネルシャツのネルというのは、綿織物を起毛した物。

 

フランネルというのは、羊毛の織物を起毛した物。

 

コットンか、ウールか。。。。。

 

それが違い。

 

なので、細かく言ってしまうと

 

フランネルは羊毛、

 

コットン製の物は、コットンフランネルと呼ぶのが正しいそう。(綿ネルなどともいう。)

 

実際に、フランネルの事を調べていくと

 

毛織物と言っている人もいたり、

 

毛織物と、綿の物もある・・・と書いていたり。。。。

 

 

なので、フランネルと言うと毛織物、

 

ネルと言うと、コットンという。

 

そんな印象でしょう。

 

もっと違う名前にしたらいいのに。。。ややこしい。。。。と思いましたよね??

 

けど、私、アメリカ居た時に

 

現地の人に何度も「ネルシャツ、ネルシャツ、ネェルシャァートゥ!!!」と

 

めっちゃ頑張って発音良くして、ネルシャツと言っても

 

誰もわからなかったのですが、

 

それも当然。。。

 

なぜにネルシャツはコットンか。

 

それは、ネルという言葉が和製英語だからなのです。

 

明治時代に、欧米人が着ていたフランネルシャツを真似て作った織物で、

 

和歌山県で開発されて、

 

表面が起毛しているので「毛出し木綿」などと呼ばれていたそう。。。。

 

そこで、フランネルの語尾をとって、ネルと名付けたそう。

 

(フラノというのも、日本での略称であります。)

 

たしかに、いまだに毛出し木綿とかだと

 

ちょっと微妙な感じだし、良かったんでしょう。その名前で。

 

 

アメリカでは、西部開拓時代に

 

温暖な地域ではなく、

 

東部などの寒い地方で畜産業などをしていた人たちがフランネルのシャツを着用していたそう。

 

ネルシャツ=アメカジ のようなイメージがついたのは、

 

まだテレビが普及しきっていなかった時代に、

 

西部劇などの映画で、役者さんたちが着ている衣装の影響で

 

ネルシャツが普及したというのが通説。

 

 

しかしながら、フランネルという生地の事を色々と調べてみたのですが

 

これまた色々と皆、言っている事が違う。。。。。

 

というわけでして、

 

私はその色々な説の中でも、自分の感覚で解釈してお話し致しましたので

 

細かいニュアンスの違いは、御割愛願います。。。。

 

 

何しろ・・・・そんなこんなという、

 

あまりネルシャツの事、深く知らないですもんね、普通。。。。

 

 

 

 

 

しかしながら、ネルシャツという物が

 

アメカジの定番アイテムというのは、

 

いつの時代も曲げられない事実なのであります。

 

 

 

私たちも、店頭でネルシャツを着ているかというと、

 

実はそんなに着ていないと思います。

 

そのせいもあってか、

 

クラシックスではネルシャツを着ているお客さんをそんなに見かけない気します。

 

 

 

というわけでして。

 

しばらく、ネルシャツ着てないなー・・・・

 

もしくは、ネルシャツ買ってないなー・・・・・

 

という方。

 

サイズ欠けなどもありつつも、

 

ネルシャツおすすめで御座いますよ!

 

のブログで御座います。

 

 

とりあえず、ひととおり

 

店にある柄をご覧に入れましょう!

 

IMG_3009.JPGIMG_3008.JPGIMG_3007.JPGIMG_3006.JPGIMG_3005.JPGIMG_3003.JPGIMG_3002.JPGIMG_3001.JPGIMG_3000.JPGIMG_2999.JPGIMG_2998.JPGIMG_2996.JPGIMG_2995.JPGIMG_2994.JPGIMG_2993.JPGIMG_2992.JPGIMG_2991.JPGIMG_2990.JPGIMG_2989.JPG

 

以上で御座います。

 

とは言いつつも、

 

ここには載せてないネルシャツや、

 

ウールシャツなどもあるので、

 

是非是非、見においでやす。

 

 

 

 


35回目キヨ!!

 

こんにちは、35回目ブログ書かせて頂きます!!キヨです!!

 

今日から、気温がさらに下がってくるみたいで、

 

冬のアイテムが欲しい!!

 

なんて方が多いのではないでしょうか??

 

そんな、方々にピッタリなアイテム!!

 

こちら!!

 

IMG_2847.JPG

 

Dapper's

 

この、アイコンにもなっている、キャスケット!!!

 

そう、皆さん大好きキャスケットの紹介です!!

 

IMG_2864.JPG

 

BLACK(NEPCHECK)

 

IMG_2856.JPG

 

BURGUNDY(NEPCHECK)

 

IMG_2849.JPG

 

GREEN BEIGE(WINDOWPANE)

 

IMG_2843.JPG

 

CHARCOAL(WINDOWPANE)

 

MW TypeGM Casquette LOT 1293

 

2種類でそれぞれ2色ずつです!!!

 

素材はウール混です!!秋冬にピッタリの素材です!!

 

それぞれの、アップの柄は!!

 

BLACK(NEPCHECK)

 

IMG_2865.JPG

 

BURGUNDY(NEPCHECK)

 

IMG_2858.JPG

 

GREEN BEIGE(WINDOWPANE)

 

IMG_2850.JPG

 

CHARCOAL(WINDOWPANE)

 

IMG_2844.JPG

 

それぞれ、かなり好配色の柄です!!この手の、キャスケットは何個持っててもいいですよね!!

 

ワークスタイルには当然、幅広く使えます!!

 

40年代に出ていた、

 

ゼネラルモータース(アメリカの自動車メーカー)のエンジニアが

 

実際に被っていたものを忠実に再現したものです!!

 

 

☝歴史の長い、アメリカでもかなり有名なゼネラルモータース!!通称GM!!

 

IMG_2845.JPG

 

そして、ダッパ―ズで良く見る大きめの天ボタン!!全て、手付けです!!

 

IMG_2852.JPG

 

型くずれを防ぐ、バイアステープ!!8パネル!!個人的に一番好きです!!

 

IMG_2853.JPG

 

牛革の柔らかいテープ!!汗吸ってくれます!!

 

キャスケットの魅力はやっぱり、自分の好きな被り方で被れる事もあると思います!!

 

一番ボリュームがでるトップの所を少し右に寄せて被ったりなどなど、、、

 

被り方に正解はありません!!

 

そして、多くのキャスケットを世に出しているダッパーズ!!

 

形がメチャクチャいいです!!

 

IMG_2873.JPG

 

BLACK(NEPCHECK)

 

IMG_2875.JPG

 

BURGUNDY(NEPCHECK)

 

IMG_2874.JPG

 

GREEN BEIGE(WINDOWPANE)

 

IMG_2872.JPG

 

CHARCOAL(WINDOWPANE)

 

どうですか!!!!!

 

どれも、欲しくなっちゃいますよね!!(笑)

 

こちら、なんとお値段、

 

 

¥8200+TAX

 

 

かなり、お手頃なお値段だと思います!!

 

是非、店頭で手に取って被ってみてください、

 


| 1/181PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.