CLASSICSでの入荷は久々の雪柄スウェット

カヲルです。

 

朝晩などは、けっこう寒くなってきました。

 

 

冬はもうすぐ。

 

というわけで。

 

本日の御紹介。

 

 

 

WHITESVILLE

 

「SNOW PATTERN SWEAT」

 

 

 

 

 

 

通称・雪柄

 

と呼ばれる柄です。

 

正式には「ノルディック柄」などと呼ばれる柄でありますが

 

ノルディックには、北欧という意味があり

 

まさに北欧のスカンジナビア半島などのあたりで着られていたセーターや、ラグなどの柄の事を

 

そう呼びます。

 

雪の結晶や、トナカイ、白熊などなどなど・・・・・

 

雪の結晶や、木の柄などは、フェア島という場所の先住民の家紋?のようなものだったりもしますし、

 

まさに北欧と言えばコレ・・・・というイメージの柄が多いです。

 

と、雪柄などの細かい歴史などを辿ると、これまた奥の深い話になりますが

 

現在40歳代以上の年齢の方などは

 

近年では、古着・ビンテージブームが最も一般的であった

 

1990年代のファッションの中で、

 

雪柄のスウェットと言えば、強烈な印象をお持ちの方も少なくないはず。。。。

 

私も90年代を高校生、古着屋の店員として過ごしましたが、

 

当時は雪柄の良さも全くわからず、何が良いのかわからないまま、

 

数万円もする雪柄のスウェットを買ったりしました。。。

 

物自体も少なかったし、憧れる柄のひとつであると思います。

 

ビンテージのスウェットの中では、確実に雪柄無くしてはスウェットを語れないほどの柄であり、

 

過去の古着ブームの代表的な柄であり、定番の柄のひとつであると思います。

 

今回の入荷は

 

フロントジッパーのタイプ(¥19800+TAX)と、

 

IMG_0362.JPGIMG_0367.JPG

(BLACK)

 

 

 

IMG_0370.JPGIMG_0373.JPG

(RED)

 

 

クルーネック(¥18800+TAX)のタイプ。

 

IMG_0377.JPG

IMG_0379.JPG

(BLACK)

 

 

 

IMG_0381.JPG

IMG_0384.JPG

(RED)

 

当然の事ながら、

 

実際に存在するビンテージの色・柄を復刻したスウェットであり

 

その生地感なども、ビンテージの生地感を再現しているモデル。

 

IMG_0364.JPGIMG_0372.JPG

 

雪柄のスウェットも、その種類などによって

 

模様の種類はもちろん、柄の入り方なども違います。

 

今回入荷の柄は上の画像の柄ですが、

 

雪柄スウェットの多くが

 

IMG_0365.JPG

 

こんな感じで、

 

通常のスウェットに後からプリントしました!という感じではなく、

 

この柄を入れる為に、複雑なカット・縫製をしています。

 

IMG_0369.JPG

 

今回のスウェットも、この白い部分をはめ込んでいるような形で作られていて、

 

そこはめ込んだ部分にプリントを施しています。

 

IMG_0374.JPG

 

そして、ジッパーのモデルに関しては

 

IMG_0366.JPG

 

アメリカ製のジッパーも使っていたりと

 

ビンテージの復刻という点もですが、

 

服としても、良き物に仕上がっています。

 

これからの時期、

 

スウェットや、セーターなどを使う事が多くなります。

 

完全に寒くなりきる前に、

 

是々非々!!

 

IMG_0375.JPG

 

 

 

通販はこちら↓↓↓

 

RED

BLACK

 

 

RED(ZIP)

BLACK(ZIP)

 

IMG_0382.JPG


SIERRA/ 4WAY MOUNTAIN FATIGUE PARKA〜シェラブログ・その2〜

カヲルです。

 

 

実は前回のシェラのブログですが。

 

2部構成。

 

今回のブログがその第二部。

 

第一部を読んでない方は

 

 

こちら。

 

 

では、今回のご紹介は、前回のようにミリタリーバージョンのシェラではなく

 

「コラボバージョン」とでもいうべき代物であります。

 

シェラについては、前回もお話していますが

 

今回、お話しなければいけない、

 

シェラとのコラボブランドが、このブランド。。。。。

 

 

 

「LAST CHANCE」

 

この、有刺鉄線のブランドロゴなどでも有名だったのですが

 

1991年に、アメリカのコロラド州発祥のブランドです。

 

90年代を代表するアウトドアブランドのひとつでありますが、

 

割と最近、その名前を聞かないと思っていたらば、

 

なんと2003年にブランドが消滅。。。。

 

そして、2018年にブランドが復活。。。。

 

実は20年ちょいと前には、ジャンキークラシックスでも入荷していたブランドでもあります。

 

90年代前半頃には、まだマイナーであったエクストリームスポーツに向けた商品などを開発していた

 

あるジャンルでは草分け的なブランドでもあります。

 

 

この、ブランドを象徴する「有刺鉄線」。。。。

 

これには「困難を乗り越える」「限界を超える」などの意味が込められているそう。

 

一度のブランド消滅という状態から、そのままの名前で復活という点で言えば

 

「困難を乗り越える」という、ブランドのコンセプトと合ってます。

 

 

と、更にシェラの説明は前ブログでもお話したので、ここではしませんが・・・・・

 

 

そのLAST CHANCEと

 

70年代のアウトドアブランドの雄であり、

 

いまだにアメカジ、アメリカン・アウトドアの誇るシェラの

 

奇跡のコラボレートなのであります。

 

こちら!

 

IMG_0317.JPG

 

一見、見た目は通常のモデルの変わらないように見えますが。。。。。

 

さて。ディティールを見てみましょう。

 

まず、このジャケットの最も大きな特徴であります。

 

このライニング。

 

IMG_0311.JPG

 

ただライニングとして付いているのではなく、

 

4WAYという文字が名前に入っているように、

 

付けたり、取り外したりして4通りで着る事が出来ます。

 

 

1、アウターシェル1枚で着ても良し。

 

IMG_0318.JPG

 

IMG_0314.JPG

 

 

2、ライニング装着して着ても良し。


IMG_0300.JPG

 

IMG_0311.JPG

 

3、ライニングをベストとして着ても良し。

 

IMG_0323.JPGIMG_0324.JPG

 

 

4、ベストを反対側のモコモコ面を表にして着ても良し。

 

IMG_0330.JPGIMG_0337.JPG

 

これがいちばん大きな特徴でありますが、

 

IMG_0315.JPG

 

60:40の生地ではなく、

 

65:35という絶妙な感じです。

 

他にも特徴がたくさんあり、

 

IMG_0308.JPG

 

通常は、ジャケットの内側に付いているウエスト部分のドローコードですが

 

このモデルはライニングを付けるという想定のモデルなので

 

外側に付いています。

 

実際に、多用するようなディティールではないのですが

 

防風、防寒として見た時は、非常に重要なディティールのひとつでもあります。

 

IMG_0303.JPG

 

あと、このディティール。

 

後ろから見ると説明がしやすい。

 

出てますよね。ラインニングが。

 

はみ出てます。

 

が、ただハミ出ているわけではないのです。

 

このモデルがあくまでも、「SIERRA×LAST CHANCE」というところなのです。

 

IMG_0306.JPG

 

これ。

 

IMG_0264.JPG

 

このタグが見えるようになっている仕様。

 

あと、

 

IMG_0307.JPG

 

ブランドのイメージでもある、有刺鉄線の柄も見えるようにとデザインされた長さなのです。

 

そして、このライニングを外して着てみると

 

IMG_0322.JPG

 

こんな感じ。

 

IMG_0328.JPG

 

着丈が長めなので、ダブルジッパー仕様になっています。

 

IMG_0325.JPG

 

スナップボタン付きのパッチポケットを装備

 

& そのスナップボタンにあるロゴは・・・・・

 

IMG_0327.JPG

 

LAST CHANCEのブランドネームかと思いきや、

 

SIERRAのロゴ。

 

ジャケットだけでなく、取り外したライナーでもコラボ感が味わえます。

 

そしてモコモコ面は・・・・・・

 

IMG_0331.JPG

 

こんな感じ。

 

ジッパー下部分は、これでマックス下まで下げている状態。

 

前下部分は割れているんですよ。

 

割れてるから、着丈長くても大丈夫なのですよ。

 

IMG_0332.JPG

 

そして、ジッパーの両サイドは

 

IMG_0333.JPG

 

先ほども少しお話しましたが、

 

LAST CHANCEのトレードマークの有刺鉄線のテープ。

 

これも冒頭でお話しましたが、

 

さすがエクストリームスポーツに携わっていたブランドですから、

 

負担のかかるジッパーも、この両サイドのテープで補強をしている意味もあります。

 

アウトドアブランドにもあるディティールでもあります。

 

IMG_0336.JPG

 

ポケットは、スラッシュポケット。

 

ここにもテープがあります。

 

そしてポケットの中の写真は無いのですが、

 

中も毛足の短いフワフワの生地を使っているので、

 

ハンドウォーマーとしての効果も抜群です。

 

 

¥48000+TAX

 

 

通販は以下であります。

 

 

4WAY MOUNTAIN PARKA

 

 

OLIVE (MILITALY)

 

TAN (MILITALY)

 

 


MILITALY・SIERRA〜シェラブログ・その1〜

カヲルです。

 

さすが秋。

 

1週間ごとにその週の気候・気温が違う。

 

1か月前は、どんな格好をしていたかを考えたら、

 

それはそれは恐ろしくなります。

 

というわけでして。

 

本日の御紹介は、満を持して

 

 

「SIERRA DESIGNS」

 

このブランド。

1965年に誕生しました。
シェラの創始者の2人。
過去に海で遭難を経験。
そしてその時に、人の死を目にします。
その中で、命の大切さというものを感じ、
その経験をもとに生み出したのが
IMG_0215.JPG
IMG_0211.JPG
このマウンテンパーカーなのです。
そして、このマウンテンパーカー(以降、マウンパ)。
大きな特徴は「素材」。
コットン60%、ナイロン40%の組み合わせ、
俗に言う「60/40(ろくよん)」ってやつです。

 

IMG_0259.JPG

 

横糸コットン60%、経糸ナイロン40%という絶妙な配分は

 

コットンの性質(暖かさと、水分を含むと膨張するという性質)

 

と、

 

ナイロンの性質(濡れても乾きやすく、風を通さない、摩擦などに強いなど)

 

の、両方の素材の性質を併せ持つ生地なのです。

 

この6:4の生地は、雨などで生地が濡れると

 

コットンが膨張して、生地を密にしてくれるので

 

防風・防水性が上がるという代物。。。。。

 

旧世代のハイテク素材でもあり、

 

実際の遭難経験に基づいたアイテム・・・・

 

というよりも「道具(ギア)」であります。

 

そして、お題にあります通り

 

通常のシェラデザインのマウンテンパーカではありません。

 

ミリタリーバージョンのマウンテンパーカなのです。

 

 

このミリタリーバージョンのシェラ・マウンパが

 

通常のバージョンと、何がどう違うのか・・・・・・

 

 

まずは、この色。

 

通常ラインでは見かけない色と、

 

同じく、そのライニングの色。

 

シンプルであり、アースカラーを基調としています。

 

今回入荷したのは、

 

 

 

オリーブドラブ

 

IMG_0276.JPGIMG_0285.JPG

 

 

タン

 

IMG_0293.JPGIMG_0299.JPG

 

オリーブ、タン、共にシェラには存在する色名ですが

 

若干、色身など違います。

 

そして、各部分にも

 

通常のタイプとの違いがあって。。。。。

 

まず、見た目でわかる大きな特徴としては

 

このタグ。

 

IMG_0206.JPG

 

通常のシェラデザインだと、もう少しカラフルで

 

山などの絵が刺繍されているものだったり。

 

そしてこれも大きなデザインの特徴、

 

IMG_0213.JPGIMG_0217.JPG

 

左腕部分に、ご覧のようなパッチが付きます。

 

実際に見ると、あー付いてるね!とわかりますが、

 

何も言われないと意外と気が付かない人も居ます。

 

それはボディーの色と同色である為です。

 

アメリカ製ならば、ここ思いっきりトリコロールとかでカラフルにやりそうなもんですが、

 

そこはあくまでもミリタリーラインのシリーズですから。

 

同色の星条旗パッチが付いているわけなのです。

 

 

他の部分もミリタリーラインならではの

 

無駄を省いたデザイン。

 

60:40のタグのデザインも同じく、

 

IMG_0291.JPG

 

こんな感じで、無駄を一切省いたデザイン。

 

細かい部分もちょいちょいパーツなども違っていて

 

IMG_0288.JPG

 

この引手が付いているのと、

 

ジッパー自体も通常のモデルよりも大型のジッパーが付いています。

 

フードなどのアジャスターのストッパーなども

 

通常は丸型の革を使用していますが、

 

IMG_0309.JPG

 

プラスチックのストッパーが付いています。

 

IMG_0292.JPG

 

この仕様では、今後二度と展開しない可能性の高いマウンパです。

 

IMG_0284.JPG

 

着方としては、ワンサイズ大き目にして

 

袖の長い部分などを袖口のマジックテープで留める着方。

 

IMG_0286.JPG

 

この着方だと、長いシーズンを着る事が出来ます。

 

インナーにセーターや、フリースなどを着込む事も出来ますし、

 

長袖Tシャツなど薄手の物を着る事も出来ます。

 

この着方だと、腕を大きく動かした時に

 

突っ張る感じがない!

 

あとは、ジャストサイズで着る着方。

 

これはそのまま、シルエットが出ます。

 

こっちの方が通常の着方になるのだろうという感じです。

 

IMG_0296.JPGIMG_0295.JPG

 

IMG_0293.JPG

 

 

というわけでして。

 

 

 

¥48000+TAX

 

 

是々非々にオススメです。

 

 

通販はこちら↓↓↓

 

OLIVE

 

TAN

 

 

その2へ続く☟

 

 

こちら。

 

 


271回目キヨ!!(港商商会 "RADIO GROUP MOBILE"×"LIGHTNING&POLAR BEAR"の話)

こんにちは。

 

271回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

さて、今回紹介する商品、

 

待ちに待ち焦がれていた方もいるのではないでしょうか??

 

東洋エンタープライズ55周年スカジャンに続いて、

 

これまたスペシャルなスカジャンが入荷。

 

IMG_0229.JPG

 

IMG_0225.JPG

 

👆

REVERSIBLE

👇

 

IMG_0233.JPG

 

IMG_0230.JPG

 

 

港商商会 

 

 

"RADIO GROUP MOBILE"

 

 

×

 

 

"LIGHTNING&POLAR BEAR"

 

 

アラスカ柄で港商商会ネーム。

 

まさに超スペシャル♡

 

さらに、今回!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

IMG_0257.JPG

 

 

ジャンキーだけの生別注!!!!!!!!!!!!!!

 

 

別珍の生!!!!!

 

 

もう、デッドストックのような佇まい。

 

最高です。

 

生地感は特に店頭にて触って頂ければ分かるかと。。。♡

 

IMG_0258.JPG

 

(☝1枚のVINTAGEと全く同じ柄)

 

そして、今回のスカジャン。

 

両面とも別珍。

 

両面別珍なのも、アラスカ柄だからこそ!!

 

そして、このスカジャン、ミリタリー感も強い。

 

IMG_0246.JPG

 

IMG_0239.JPG

 

そう、アラスカのエルメンドルフ空軍基地に駐屯していた、

 

第6981アメリカ空軍通信保安部隊からのカスタムオーダーを受け、作られたスーベニアジャケット。

 

IMG_0238.JPG

 

襟付きタイプ。うん、ウルトラレアです。

 

IMG_0242.JPG

 

両腕に、犬ぞり。

 

一匹一匹、顔の形が違います。

 

(180cm 68圈SIZE 大 [L] 着用)

 

 

 

IMG_0234.JPG

 

IMG_0237.JPG

 

IMG_0236.JPG

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

続いて、裏面は、

 

IMG_0256.JPG

 

IMG_0254.JPG

 

IMG_0252.JPG

 

前面と後ろ面は、稲妻と白熊。

 

また、龍、虎、鷹、とはまた違った迫力があります。

 

横ぶりのミシンで、刺繍を施しているからこそ、

 

より繊細に躍動感溢れているかと思います。

 

(180cm 68圈SIZE 大 [L] )

 

IMG_0250.JPG

 

IMG_0251.JPG

 

IMG_0248.JPG

 

さあ、今年の秋冬スペシャルスカジャン。

 

 

 

皆さん、是非捕獲しに来て下さい!!!!!!!!!

 

 

 

SIZE 小 中 大 特大 特々大

 

 

お値段

 

 

¥89000+TAX

 

 

通販はこちら。

 

 

 

 


270回目キヨ!!(TAILORTOYO ACETATE QUILTED SOUVENIR JACKET "MOUTAIN GOAT"×"EAGLE"の話)

こんにちは。

 

270回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

さて、スカジャンのお時間です。

 

まずは、こちらをご覧ください。

 

 

IMG_0133.JPG

 

IMG_0134.JPG

 

IMG_0136.JPG

 

IMG_0135.JPG

 

 

TAILORTOYO

 

 

ACETATE QUILTED SOUVENIR JACKET

 

 

"MOUTAIN GOAT"×"EAGLE"

 

 

今回、アラスカ柄のスカジャンになります。

 

スカジャンの中でも、分けられている

 

 

IMG_0143.JPG

 

 

 

アラスカ柄。

 

 

スカジャンの中でも絶大な人気を誇ります。

 

アラスカは、米国最後の辺境の地と称され、アメリカ国内で最大の面積を誇る州であります。

 

そして、VINTAGEのアラスカのスカジャンは主にアラスカの米軍基地から依頼を受け作られております。

 

そう、

 

 

今回のスカジャンは1950年代後期に、

 

 

港商商会がアラスカ米軍基地に納品したスカジャンであります。

 

 

時代を超えて蘇ったというワケであります。

 

IMG_0141.JPG

 

レアな、シロイワヤギの柄。

 

siroiwa-yagi2.aWM.jpg

 

ph_01.jpg

 

マウンテンゴートとも呼ばれています。

 

名前にヤギと入っていますが実はウシ科だとか。

 

IMG_0142.JPG

 

そっくりですね。

 

IMG_0138.JPG

 

IMG_0146.JPG

 

前面は白クマ。

 

IMG_0144.JPG

 

ブラック×ホワイトのコンビ。

 

良い配色。

 

そして、裏面が

 

IMG_0152.JPG

 

海氷の上空を舞う鷹。

 

IMG_0154.JPG

 

凛々しい、顔してます。

 

IMG_0156.JPG

 

ネイビー×グリーンのコンビ。

 

スカジャンらしい配色。

 

IMG_0157.JPG

 

前面は先ほどと同じく白熊。

 

改めて、着画がこちら。

 

(180cm 68圈SIZE L 着用)

 

IMG_0139.JPG

 

IMG_0137.JPG

 

IMG_0150.JPG

 

IMG_0148.JPG

 

中綿入りタイプなので、

 

キルティングステッチが片面に入り、また表情も変わってきます。

 

広大な自然が育んだ珍しい動物やアラスカの文化が刺繍されているのが、

 

アラスカ柄。

 

スカジャン初めてですって方にもおすすめ!!!!

 

気になる、

 

お値段

 

 

¥49000+TAX

 

 

SIZE S M L XL

 

通販はこちら。

 

 


FREE LAND "12oz. BLUE DENIM WORK APRON"

カヲルです。

 

 

本日のブログは、ちょっと異色。

 

題名を見ても、

 

何の事だか、わからない方も多いのではないかと思います。

 

要するに、

 

 

「エプロン」

 

 

なのです。

 

たまーに、ごく稀にですが、

 

メーカーがエプロンを作ります。

 

しかし、それを店で入荷する事はほとんどありませんでした。

 

そして今回。

 

世の家事をするアメカジ好き男性や、奥様、ご婦人方、

 

そして、車やバイクをいじくる方、洗車などする方の為、

 

今回はエプロンを入荷しました。

 

IMG_0090.JPG

 

しかも、ビンテージブランドの実名復刻

 

 

「FREE LAND」

 

先ほど、たまにメーカーが作る・・・・と言いましたが

 

実際に古着なんかでは、ビンテージのエプロンというのは

 

けっこうあります。

 

 

実際に古い写真などを見てみると

 

 

労働者たちがエプロンを着けて仕事をしている写真がたくさんあります。

 

珍しい写真ではなく、普通にエプロンをつけて仕事をしている人たちが多かったという事であります。

 

主に、鉄工所、ハンマースミスなどにも多かったのですが、

 

幅広い労働者に愛用されていたエプロンであります。

 

生地は、デニムはもちろん、

 

ダック生地、生成りなどなど、

 

色だけではなく、その形も様々な形があり、

 

その仕事内容によって、色々な形の物が使われていたようです。

 

ゆえに、

 

古着好きの中には

 

VINTAGEのエプロン集めている人たちもけっこう居ます。

 

IMG_0091.JPGIMG_0093.JPG

 

IMG_0094.JPG

 

IMG_0095.JPG

 

今回のフリーランドのエプロンは、生地の配置がクレイジーになっています。

 

IMG_0096.JPG

 

胸ポケットも

 

IMG_0097.JPG

 

こんな感じで下部分が縫製されていない仕様だったり。

 

ワークシャツにもあるディティールですが、

 

容量いっぱいに入れても

 

体に干渉しない仕様です。

 

まあ、そんなに入れないでしょうけども。

 

IMG_0099.JPG

 

このサイドの端は

 

IMG_0100.JPG

 

ミミ仕様になっていたりと、

 

細かい部分も面白い。

 

IMG_0098.JPG

 

トップの部分も直線ではなく、

 

首ヒモを通す部分は上にせりあがっています。

 

 

実際に、店頭入荷は

 

 

4枚

 

 

通販にもUP予定ではありますが、

 

これけっこう即完売の予感がしますので、

 

是々非々にお急ぎ下さいませね。

 

 

¥12800+TAX

 

 

通販はこちら。

 

 

 

 


269回目キヨ!!(FILSONから新シリーズ〜後編〜)

では、後編いきます。

 

 

前半読んでない方☟

 

 

こちら♡

 

 

 

改めて、後編で紹介する商品はまずこちら。
 

 

CCF DOUBLE LAYER WORK PANTS

 

 

IMG_0064.JPG

 

IMG_0066.JPG

 

BLACK

 

IMG_0067.JPG

 

IMG_0069.JPG

 

BEIGE

 

さあ、先ほど同様着画と共にディティール紹介。

 

(168cm 68圈SIZE W32着用)

 

IMG_0010.JPG

 

IMG_0019.JPG

 

IMG_0011.JPG

 

シルエットは

 

太ももなんかは太めですが、裾にかけて細くなっています。

 

もちろん、

 

MADE IN CANADA。

 

IMG_0016.JPG

 

12ozの屈強なキャンバス生地。

 

IMG_0014.JPG

 

IMG_0015.JPG

 

ジッパータイプで、CCF刻印入りのドーナツボタン。

 

IMG_0017.JPG

 

ダブルステッチタイプ。

 

IMG_0018.JPG

 

ここ!!

 

前面と後ろ面、生地が2枚使われています。

 

質実剛健とはこの事!!

 

IMG_0020.JPG

 

大き目のフラップ付きバックポケットはよりギア感があってカッコよいです。

 

IMG_0008.JPG

 

IMG_0021.JPG

 

BEIGE

 

IMG_0022.JPG

 

IMG_0025.JPG

 

BLACK

 

どちらも、普段使いでも気軽に履けちゃいます。

 

お値段

 

 

¥19000+TAX

 

 

SIZE 30 32 34 36

 

通販はこちら。

 

BEIGE

 

BLACK

 

続いてはこちら。

 

 

CCF UTILITY CANVAS PANTS

 

 

IMG_0075.JPG

 

IMG_0076.JPG

 

MOSS GREEN

 

IMG_0074.JPG

 

IMG_0070.JPG

 

BLACK

 

では、こちらも着画と共にディティールを見ていきます。

 

(168cm 68圈SIZE W32)

 

IMG_0030.JPG

 

IMG_0032.JPG

 

シルエットは、

 

股上少し浅目で、太ももから裾にかけて太くなっています。

 

そして、

 

MADE IN CANADA。

 

こちらは前面のみ、ダブルニータイプ。

 

IMG_0039.JPG

 

肉厚なキャンバス生地。

 

トリプルステッチ。

 

IMG_0038.JPG

 

ハンマーループ。

 

IMG_0043.JPG

 

補強の剥き出しリベット。

 

IMG_0048.JPG

 

刻印もバッチリ。

 

IMG_0045.JPG

 

ツールポケット。

 

BLACKはこんな感じ。

 

IMG_0049.JPG

 

IMG_0053.JPG

 

気になる、

 

お値段

 

 

¥16000+TAX

 

SIZE 30 32 34 36

 

 

通販はこちら。

 

BLACK

 

MOSSGREEN


そう、今回のパンツ2型(全4本)共、

 

シルエットも含めて有りそうで無かったワークパンツになっています。

 

狙うべし。

 

 

 

そして、ラスト!!!!!

 

 

CCF CHORE COAT

 

 

(180cm 68圈SIZE M )

 

IMG_9992.JPG

 

BEIGE

 

IMG_0003.JPG

 

DARK NAVY

 

IMG_9997.JPG

 

12ozのキャンバス生地を使った、シンプルな3ポケットタイプ。

 

IMG_9994.JPG

 

IMG_9998.JPG

 

全てボタンはスナップボタン。

 

手袋をつけたままでも、ボタンを取り外ししやすいようになっています。

 

もちろん、このワークコートも、

 

MADE IN CANADA。

 

IMG_9989.JPG

 

IMG_9991.JPG

 

BEIGE

 

IMG_0002.JPG

 

IMG_0004.JPG

 

着丈も長すぎず、短すぎずのボックス型のシルエット。

 

肩はラグランスリーブになっています。

 

お値段

 

 

¥21000+TAX

 

 

SIZE S M L XL

 

通販はこちら。

 

BEIGE

 

DARK NAVY

 

いかがでしたか??

 

CCFシリーズ、正直お買い得かと思います。

 

普段のアメカジに1つや2つ、入れて頂くとまた面白いかなと思います。

 

本格的ワークウェアライン、

 

CCFを手に入れるチャンス!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

さあ、早い物勝ちです。


269回目キヨ!!(FILSONから新シリーズ〜前編〜)

こんにちは。

 

269回目ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。

 

さて、今回紹介する商品はまず、ブランド、、

 

 

FILSON

 

 

「どうせ持つならいいものを、最上のものを」創業者Clinton C.FILSON

 

フィルソンは1897年、

 

ワシントン州シアトルでゴールドラッシュに挑む為のアウトドアクロージングメーカーとして設立された。

 

金の採掘という、衣類とっては劣悪極まりない環境で酷使されるために、

 

最上の天然素材と一切の妥協のない設計・縫製でウェアの生産を開始し、

 

やがてアラスカや北西部で働く男達にとって、

 

FILSONのマークは信頼と同義語であるとまで言われるようになった。

 

アメリカの森林警備隊、木こり、ハンター、そして冒険家など、

 

厳しい環境の中での真のクオリティを必要とする人々に愛され続け、、

 

更にはアメリカの空軍、陸軍のスタッフ用としても一部使用されている。

 

 

そんなフィルソンから、日本では今まで展開していなかった新シリーズ。

 

 

event-9714380.jpg

 

 

その名も、CCF!!!(創業者の名前から)

 

 

(CCFシリーズは元々アメリカでは展開されていました)

 

 

8eb9dcdf2a81760652756a146657dc98.jpg

 

 

働く男達ために作られた作業服のシリーズ。

 

 

まさに、ファッションではなくギアであれという言葉にピッタリかと。

 

ジャンキークラシックスの方々は大好物。。。ボクも含めて♡

 

今回は、型で言うと、

 

6型!!!!!!

 

まさに、CCFフェスティバル。

 

ではまず、初めに紹介するのがこちら。

 

 

CCF CREWNECK SWEATSHIRT

 

 

(180cm 68圈SIZE M 着用)

 

IMG_9923.JPG

 

BLACK

 

コットン×ポリエステルの、

 

ほど良く厚みのあるSWEAT。

 

IMG_9924.JPG

 

左裾部分にはCCFのタグが付きます。

 

少し大き目のシルエットなので、主観では有りますが、

 

普段のサイズよりワンサイズ落として着るのが良いかと思います

 

身幅もしっかりあるので、ラフに着れます。

 

IMG_9922.JPG

 

裏起毛しているので、保温性もバッチリ。

 

お値段

 

 

¥13000+TAX

 

 

SIZE XS S M L

 

 

通販はこちら。

 

 


さて、続いては、

 

 

CCF PULLOVER HOODED SWEAT SHIRT

 

 

(180cm 68圈SIZE M 着用)

 

IMG_9925.JPG

 

BLACK

 

IMG_9929.JPG

 

NAVY

 

IMG_9933.JPG

 

MUSTARD

 

IMG_9927.JPG

 

BLACK

 

IMG_9935.JPG

 

MUSTARD

 

大き目のカンガルーポケットは、

 

ハンドウォーマーの役割にもなっています。(チラリとCCFのタグが付いてる♡)

 

パーカーも同じく普段使いにも、アウトドアとしても充分即戦力。

 

 

お値段

 

 

¥14500+TAX

 

 

BLACK SIZE XS S M L 

 

通販はこちら。

 

NAVY SIZE XS S M L 

 

通販はこちら。

 

MASTARD SIZE XS S M L

 

通販はこちら。

 

前編最後は、こちら。

 

 

CCF ARCTIC DOWN PARKA

 

(180cm 68圈SIZE M )

 

IMG_9938.JPG

 

 

IMG_9942.JPG

 

BLACK

 

今回この、ダウン、

 

MADE IN CANADAであります。

 

アウトドア物で、アメリカ製もそうなんですが、

 

カナダ製も貴重かと思います。

 

さて、CCFシリーズのダウンと言う事で、

 

ギア感たっぷりのディティール紹介していきたいと思います。

 

IMG_9948.JPG

 

IMG_9947.JPG

 

IMG_9945.JPG

 

ボディはガシッとしたキャンバス生地。

 

フィルソンの代名詞でもあります。

 

所々に、補強用のリベットが打ち込まれています。

 

ハンドウォーマーの役割にもなるポケットも、

 

もちろん付いています。

 

IMG_9963.JPG

 

IMG_9965.JPG

 

保温性向上でもある、内リブも♡

 

IMG_9956.JPG

 

ダブルジッパー仕様。

 

これは、使いやすい。

 

IMG_9958.JPG

 

IMG_9962.JPG

 

スマホなんかも入る、内ポケもついています。

 

ダウンもパンパンに入っています。冬なんてへっちゃらかと。

 

IMG_9966.JPG

 

フードを外すと、また雰囲気も変わります。

 

IMG_9968.JPG

 

背中のプリーツも見逃し運動性を高めてくれます。

 

そして、気になるお値段が、

 

 

¥54500+TAX

 

 

SIZE S M

 

 

通販はこちら

 

 

てことで、

 

 

 

後編に続きます☟

 

 

 

こちら♡

 

 

 

 

 


| 1/244PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.