FLANNEL CHECK PULLOVER SHIRT

カヲルです。

 

秋冬物の入荷がハンパない。

 

ブログも通販も、

 

天手古舞ですが。

 

そんな今日は、息抜き感。

 

これ。

 

IMG_0158.JPG

 

これまで、シュガーケーン・ライトのアイテムは

 

全く無いわけではありませんが、

 

そんなに入荷する事がなかったのです。

 

CLASSICS。

 

しかしながら、やはり良き物に目を向けるという点でいえば

 

この辺も外せないアイテムでもありますから、

 

これからもちょいちょいと入荷していきます。

 

というわけで、

 

本日はこれ。

 

IMG_0174.JPG

 

 

「FLANNEL CHECK PULLOVER SHIRT」

 

なんの変哲もないネル生地のプルオーバーのシャツなのですが。

 

よくよく見てみると、非常に面白いシャツでもあります。

 

生地自体、

 

ちょいとヘビー。

 

で、

 

シュガーケーンライトでは、今まで展開のなかったプルオーバーのシャツ。

 

IMG_0165.JPG

 

 

このシャツ。

 

よく見てみると、

 

マチ付きの仕様で、

 

IMG_0164.JPG

 

 

よくよくシャツ自体の特徴、

 

形というよりも、

 

そのポケットなどの特徴を見てみると、

 

IMG_0161.JPG

 

 

気が付く人は、もう気が付いている。

 

そう。

 

ミリタリーのシャツの型からインスパイアされて作られています。

 

ワークウェア+ミリタリーウェアな感じであります。

 

IMG_0163.JPG

 

 

 

実際に着てみると、

 

やはりそんな小難しいシャツではなく。

 

柄もそうですが、

 

そもそも難しそうじゃない。

 

ネルシャツの着方とそう変わらず。

 

が、プルオーバー。

 

ボタンも猫目ボタンで、雰囲気良し。

 

IMG_0160.JPGIMG_0166.JPGIMG_0162.JPG

 

そこは通常の前開きのシャツに比べると、

 

持っている率が格段に低いであろうプルオーバーのシャツ。

 

持っていて、損なしなアイテムであります。

 

 

そして。

 

このモデル。

 

品番にご注目。

 

IMG_0159.JPG

 

そう。

 

まごうことなき、JK品番。

 

そう。

 

未洗い別注モデルで御座います。

 

IMG_0172.JPGIMG_0175.JPGIMG_0177.JPGIMG_0178.JPG

 

 

無論、ジーンズ、チノ、オーバーオールまで、

 

何にでも合うというのは確実です。

 

 

ちょっと面白いシャツ。

 

是非。

 

 

 

 


ミスターフリーダムからきちゃった!!ハドソンジャケット!!

IMG_0179.JPG

 

みなさん、こんにちは!イトウです!

 

朝、集合写真を撮る際の一コマ。

 

こうして本日出勤しているスタッフを撮影しています。

 

ちょっとした裏側事情でした (笑)

 

さて!

 

本日御紹介するのは上の写真でも着ているこれ!!

 

IMG_0101.JPG

 

IMG_0108.JPG

 

MFSC(SURPLUS)

 

"HUDSON"JACKET

 

30’sのアウトドアジャケットがオリジナルとなったこちら!!

 

そこにミリタリーのアカデミーコートのテイストも取り入れてデザインされた、

 

クリストフ渾身の1着!!

 

 

※元となったヴィンテージのハドソンジャケット

 

本物はこんな生地なんですねー!

 

ブランケット生地を使ったジャケットってとこでしょう。

 

この生地を使ったヴィンテージは結構存在するのですが、

 

このディテールのタイプはなかなかありません!!

 

なんで、

 

このモデル自体がめちゃめちゃレアなモデル!!

 

(検索してもこのタイプは見つかりませんでした)

 

IMG_0111.JPG

 

オリジナルと同様に下腹部はジッパー仕様になっています!!

 

IMG_0110.JPG

 

ジッパーはタロンジッパー!!

 

IMG_0113.JPG

 

IMG_0116.JPG

 

このボタンとジッパーが半々になっているディテールってのが、

 

実に面白いですね!!

 

こんなの考えようと思うと中々に考え付かないと思います。

 

基本的には脱がずに、

 

かつ動かしやすいというコンセプトで作られたのでしょうね。

 

元がアウトドアだからこうなったのでしょうか!

 

IMG_0134.JPG

 

ボタンは高級なナットボタン!!

 

IMG_0128.JPG

 

大型のスラッシュポケットに、

 

IMG_0127.JPG

 

絞りの調節が可能な袖!

 

IMG_0135.JPG

 

IMG_0136.JPG

 

IMG_0141.JPG

 

裏のパイピングはインディゴテープがビッシリ!!

 

こんなところにまでこだわりがきちゃってます!!

 

クリストフの得意技ですね (笑)

 

IMG_0144.JPG

 

フードはジッパーで開閉可能に!!

 

IMG_0145.JPG

 

閉めるとこんな感じになります!!

 

これどっちにしてもかっちょいいやつですね!!

 

IMG_0151.JPG

 

このジャケットの特徴がさらにここ!!

 

この両端のスナップボタンと、

 

IMG_0152.JPG

 

フードの両端にあるスナップボタン!!

 

これをくっ付けると...

 

IMG_0153.JPG

 

こんな感じに!!

 

さらにコイツを折り込むと...!!

 

IMG_0155.JPG

 

IMG_0157.JPG

 

あら不思議!!

 

襟付きのジャケットに早変わり!!

 

こんなディテールも搭載してます!!

 

IMG_0154.JPG

 

IMG_0156.JPG

 

だいぶ印象が変わりますねー!!

 

着る洋服に合わせて、

 

フードを出しても閉まってもオッケー!!

 

色々な着方が出来ちゃうので、

 

これは絶対に使えますね!!

 

IMG_0149.JPG

 

IMG_0150.JPG

 

ちなみにここの襟の生地、

 

NOS(New Old Stock)!!

 

つまり新品のデッドストック!!

 

当て生地でこんな贅沢な生地を使っちゃってます!!

 

ちょうど折り込んだ時に、

 

ここの生地がキレイに出るように計算した作りになってるのが、

 

またいやらしい (笑)

 

IMG_0181.JPG

 

IMG_0189.JPG

 

※176cm、サイズXL着用

 

着てみました!!

 

シルエットは細め!!

 

コートというよりはやっぱりジャケット!!

 

下に着こんだ着方をするなら、

 

ボクのようにワンサイズアップの着方がオススメです!!

 

IMG_0182.JPG

 

IMG_0190.JPG

 

IMG_0191.JPG

 

ちなみにフードで着るとこんな印象に。

 

こっちで着るのも全然ありですね!!

 

IMG_0198.JPG

 

IMG_0197.JPG

 

IMG_0195.JPG

 

こちらが折り込んだ襟バージョン!!

 

この着方もカジュアルさが少し抜けて、

 

普通のメルトンジャケットの雰囲気に!!

 

これもいいですねー!!

 

IMG_0185.JPG

 

ジッパーを開けてサラッと着るのも◎

 

下に着用しているアイテムをチラ見せするのもカッコイイです!!

 

ベストや薄手のジャケットを着用でチョイ見せしたくなりますね!!

 

IMG_0183.JPG

 

さーていかがでしたか!?

 

こんな変化のするアウターは無いと思いますよ!!

 

無くならないうちにぜひとも狙いに来てください!!

 

サイズは

 

S、M、L、XL、XXL(大きいサイズも!)

 

お値段は

 

¥65000−+TAX

 

となります!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 

 

 

 

 


H.W.DOG&Co × JUNKY CLASSICS「Kalifornia」という名のCAP。

カヲルです。

 

そろそろ秋冬物をGETというのはもちろんなのですが。

 

CAPの別注のお知らせで御座います。

 

と、その前に。

 

またまた前置きで御座います。

 

皆様。

 

映画は好きですか??

 

私は普通です。

 

が、3ヶ月に1回ぐらいは映画に行くのと、

 

月々1000円ぐらいで、映画見放題(ほとんどアニメしか観てないけど。)とか入ってるから、

 

まあまあ好きなのかもしれません。

 

そして私は、実は、

 

とんでもない影響野郎なのですが。

 

何に、そして誰に影響されてんのか、全くわからない人に影響されるので、

 

誰にも気がつかれないのですが。

 

私は昔昔、とある理由で

 

長期アメリカに居た事がありました。

 

その時に、ドハマりした映画がありました。

 

そして、ド影響された映画。

 

kfrna (9).jpg

 

ブラッドピット主演の「Kalifornia」

 

ロードムービーって言えばそうなんでしょうけども、

 

何しろおっかない映画です。

 

実際、アメリカでこんな映画観ちゃったもんだから、

 

コンビニ(アメリカだと、コンビニってのがあまりなくて、ガソリンスタンドがコンビニみたいな感じ。)の

 

トイレとか入る時は、まじで怖かったです。。。

 

映画観た事ない方、オススメです。

 

(が、ちょいと暴力的なシーンも多めなのでお子様とかいる方は、

 

居ない時にひとりで観てくだされ。)

 

この映画で、

 

ブラッドピット扮するアーリーがしている格好・・・・

 

karifor (2).jpg

 

ピンクの霜降りのリンガーネックティーシャツ、

 

やっすいワークシャツ、

 

ディッキーズぽいワークパンツ(だぼだぼの。)、

 

ボロボロのワークブーツなどなど・・・・

 

そのまんま真似して、中途半端に髪の毛も伸ばして、

 

ふらふらとショッピングモール歩いたりしてました。。。。

 

私はその当時、日本人はおろか、アメリカ人さえ居なかった片田舎に住んでいたので、

 

周囲の人は、変な汚い格好したアジア人がフラフラ歩いてるので、

 

さぞ気持ち悪かったでしょう・・・・

 

ちなみに、その映画の中でアーリーがOOした人がつけている指輪を

 

指ごと切って盗む的な描写があるんですけども、

 

そのリングも、そのまんま似ている物を現地の質屋で見つけてGETするほどハマっていたんですけども、

 

ひとつだけ、見つけられなかったアイテムがありました。

 

それが、

 

kfrna (1).jpg

 

このキャップ。

 

アメリカの南北戦争の南軍の旗。

 

通称「サザンフラッグ」

 

 

アメリカの国内最大の戦争です。

 

日本で言うところの幕末の新政府軍VS旧幕府軍のあれや、

 

関ヶ原の合戦のような、国を二分する戦争です。

 

南軍があれば、北軍がありますが。

 

その南軍の旗。

 

上の画像の左側に見えますね。

 

この旗のパッチが貼ってあるキャップが、

 

あるようで、どうしても見つからなかった!

 

(その後、日本に帰ってきてから見つけて買いましたが。)

 

 

そして今回。

 

我が店舗ではお馴染み、

 

H.W.DOG&Coに別注しました。

 

さあ。

 

これですよ。

 

kfrna (8).JPG

 

今や、どこの店も、誰もしないであろう、

 

この別注感。

 

今の流行などを150%ぐらい無視したと言っても過言ではない、

 

このキャップ。

 

もちろんボディはH.W.DOGのデニムキャップ。

 

kfrna (5).JPG

 

デニムゆえに、使用感なども期待できます。

 

実際の映画の中でアーリーがかぶっていたキャップは、

 

もっと安ぽい、どうでも良いようなキャップであるのは間違いないと思いますが、

 

そこはやはり別注。

 

しかもH.W.DOGに別注ですから、

 

良いボディを使いたくなるのは当然です。

 

というわけで、良きボディで

 

アーリーのキャップを作りました。

 

「復刻」という物ではないのが、

 

クラシックスの別注の良さと思います。

 

kfrna (3).JPG

 

ツバ部分のステッチはチェーンステッチ。

 

&10本のステッチが入っています。

 

kfrna (4).JPG

 

アジャスタはプチプチ。

 

これもそうですが、

 

同じくHWDOGのトラッカーキャップと同じ仕様。

 

ゆえに形も最高に良いのです。

 

kfrna (7).JPG

 

裏部分は、バイアステープはヘリンボーン生地。

 

補強ゆえの強靭な仕様です。

 

kfrna (6).JPG

 

パッチも、言わずもがな

 

シッカリした仕様。

 

通常、この南軍のパッチは、

 

探してどこにも売ってないというわけじゃないんでしょうけども、

 

このパッチは世界中、どこを探しても買えません。

 

というのも、

 

このキャップは、パッチも型から全てをHWDOGに

 

ゼロから作ってもらってます。

 

ゆえに買えるのは世界でクラシックスだけ。

 

細かい仕様はもはや完璧なので、

 

これは実物をご覧になって欲しい。

 

最高の出来です。

 

 

kfrna (10).jpg

 

実際、最高のシチュエーションは

 

この映画を観て、おー!ってなって、

 

このキャップを実際見て、

 

作りいいなー!さすが!ってなってもらうのが最高なのですが、

 

(キャップ買ってから映画観ても、けっこう、おーってなるはず。)

 

このキャップ自体の良さを体感して頂けたら

 

なにしろ嬉しいと思います。

 

で。。。。。

 

かぶってみました。

 

IMG_9615.JPGIMG_9616.JPG

 

この、ブラッドピットとのギャップに驚きですが。

 

同じ人類とは思えない。我ながら。

 

というのは置いといて。

 

写真のように、ツバ真っ直ぐでかぶってもらっても良し、

 

IMG_9617.JPG

 

IMG_9618.JPG

 

本当ならばもっとツバ折りたいところですが。。

 

こんな感じで折ってかぶっても良し。

 

IMG_9619.JPG

 

今はこれ、新品の状態ですからね、

 

仕様感も何もないですけど、

 

これ、使用感出たら最高と思います。

 

 

そして、私。

 

とりあえず、1回洗ってみましたが。

 

 

けっこう感じ変わります。

 

しかしながら、

 

洗わないも、それはその雰囲気の良さがあります。

 

洗うも、それはその雰囲気の良さがあります。

 

そこはもう完璧に、好みの問題であります。

 

 

 

 

kfrna (10).jpg

 

超悪役でありながらも、なぜだかカッコイイ・・・・というか。。。。。

 

それはおそらく、ブラッドピットがカッコイイからなんでしょうけども。

 

というよりも、

 

こうゆう別注やるところが、

 

クラシックスっぽいでしょ??

 

うへへ。

 

¥12800+tax

 

来店される、あなたも。

 

遠方から通販される、あなたも。

 

今だから、これ!

 

是非是非!

 

 

通販はこちら。


RED WINGの店舗限定が来る。

カヲルです。

 

秋めいてますね。

 

秋。もうそろそろ秋。

 

 

決して恒例ではないのですが。

 

秋と言えば、レッドウイングの店舗限定モデル、

 

もしくは、

 

店舗限定+完全受注生産モデルの到来の季節。

 

 

そして今年も出るのです。

 

明日、土曜日(何時に入荷かまでは、不明なのですが。)

 

クラシックスに入荷する2モデル。

 

 

この2モデル。

 

正直言いますと。

 

レッドウイングの方からは情報開示OKになってはいるのですが、

 

写真などがないので、

 

店舗用の資料の写真と文章だけでご勘弁頂きたいのですが。

 

 

というわけでして。

 

 

#9269

 

「90's STYLE LOW STRAP, ROUGHOUT ENGINEER BOOTS」

 

その名の通り、1990年代に出ていたモデルの復刻。

 

がしかし、変更点もありますが、それは後ほど。

 

そもそもこのモデル。

 

#8268というエンジニアがありまして。

 

1991年に発売されました。

 

このモデル、#2268(ブラックのエンジニアブーツ)の革違いバージョンとして誕生したのですが、

 

ジーンズを穿いた時に、裾からストラップ部分が見えた方が良いという意見があり、

 

そこでこのモデルはアンクルストラップの位置がやや下の方についているのです。

 

このストラップの仕様は2003年まで続きますが、

 

その後は以前の位置に戻されました。

 

ある意味、幻のディティール。

 

この#9269で再び採用されています。

 

そして、一番大きな特徴が、その革にあります。

 

1990年以前のような、ちょいと色の濃い、毛足の長いラフアウトを使用。

 

そして今回。

 

今回今回うるさいですが。

 

ブルハイドのラフアウトを使用。

 

通常、牛というと ひとくくり、牛ですが。

 

牛にもたくさんの革の種類があるのです。

 

牛の革って、食肉の副産物でもあります。

 

よく使われるカーフ、カウ、ステア、ヘファーなどは

 

生後7か月から22か月ぐらいまでのそれぞれ雄、雌の牛。

 

ブルハイドとは、生後10年以上で、去勢されていない雄の牛。

 

長年生きているという事と、去勢されていないという事で、

 

その皮は硬く、分厚いのです。

 

つまり。

 

今回の#9269。

 

「色濃いめ。毛足長め。革厚め。」

 

というわけなので御座います。

 

¥50800+TAX

 

 

 

で。

 

#8877で御座います。

 

 

このモデル。

 

今から約20年前の1996年に誕生。

 

ようするに。

 

赤みの強い茶色の#877なのです。

 

ご存知の方は多いと思いますが、

 

この赤みの強い茶色が変更となり、オレンジかかった茶色になっていくのですが。

 

1996年から2000年代前半までという短い期間だけ製造されていた#8877。

 

が、今回復活なのです。

 

 

タグに関しては少しだけ当時のデザインよりも古いものを復刻しているのですが、

 

その他のディティールは、発売当時の1996年の物を再現したもの。

 

そりゃ、当時と同じ品番ですからね。

 

言うまでもなく、革も良い。

 

そして#8877。

 

完全受注生産ゆえ、今回1回きりの入荷になります。

 

後がない状態!

 

 

という感じで御座います。

 

以上の2種類。

 

うちも大量に入荷はしてくるものの、

 

発売前からの反響もかなり大きい。

 

反響を考えると、発売直後に完売するサイズは出る模様。

 

今回は、申し訳ないのですが

 

店舗先行販売とさせて頂きますので、

 

通販掲載できる時には、サイズの欠品が出ています。(これ、間違いなく出てます。)

 

ので、店舗に足を運べる方は、

 

是非、お急ぎあれ。

 

 

そして、この数十分後。

 

もうひとつのブログが公開されます。

 

そちらは発売した瞬間から、通販も掲載されますので

 

遠方の方も是非是非!

 

 


Sugar Cane LightからVELVET OPEN SHIRT!!こいつはシブい!!

まいど!!

 

イワサワです。

 

あ〜シャツ羽織りたい!

 

ってな気候ですね(*´з`)

 

食欲もハンパない。

 

IMG_2959.jpg

横浜元町に来たならオススメのランチ焼肉!!

 

IMG_2960.jpg

CLASSICSから徒歩30秒!!

 

「牛三郎」

 

めっちゃ美味しい焼肉定食が980円から食べられるので最高す!!

 

ぜひ秋冬モノの買い物、そして「牛三郎」のコースで元町に(*´з`)

 

 

さて、お腹もいっぱいになったところで(逆に飯テロw)

 

今回のスペシャルなアイテム。

 

ブランドはこちらでございます!

 

IMG_3057.jpg

SUGAR CANE Light

 

CLASSICSでは今まであまり取扱いが多くなかったと思いますが、

 

何を隠そう、

 

SUGAR CANE Light

 

めちゃめちゃ良いファブリックでモノを作っております!!

 

では、どんなモノか!?

 

IMG_3051.jpg

なんと、

 

IMG_3058.jpg

COTTON 50%、RAYON 50% のベルベットのオープンシャツ!!

 

IMG_3047.jpg

ネイビー、

 

IMG_3053.jpg

ブラックの2色!!

 

シルエットはCLASSICSお得意のボックスシャツ!!

 

IMG_3134.jpg

着丈感も良く、非常に着やすいカタチ。

 

万能なヤツなんです。

 

IMG_3056.jpg

毛足の長いベルベット!

 

この起毛感はなにしろカッコイイ!!

 

 

ここで少しマメ知識。

 

スカジャンなどにも使われ、お馴染みの別珍。

 

IMG_3059.jpg

 

この別珍とベルベット、非常に表情が似ていますが実は別物。

 

別珍はループに織られた生地(パイル地)の中央を切って出来る起毛生地。

 

そしてベルベットは2枚合わせになる生地の間にパイルになる部分を作り、

 

その間を切り起毛させ同時に2枚の生地を作ります。

 

似てはいるけど別物だと理解して着てもらえたらまた楽しいかと(*^^)v

 

IMG_3050.jpg

レーヨンコットンの素材なので独特な光沢感もアリ。

 

高級感漂うちょいエロなシャツ♡

 

IMG_3048.jpg

織りネームもシンプル。

 

IMG_3055.jpg

やっぱりリジット、そう!

 

生別注!!

 

ガッツリJK品番ついてます!!

 

独特な高級感も漂うこのシャツ、

 

IMG_3049.jpg

SUGAR CANE Light

VELVET OPEN SHIRT

 

¥12800 +TAX

 

 

でございます!!

 

 

ところでベルベットのシャツ、

 

着たらどんな感じになるのか!?

 

IMG_3140.jpg

こんなです 草

 

ホントにカタチの良いボックスシャツ。

 

IMG_3138.jpg

ベルベット特有の光沢感が雰囲気の良さに拍車をかけてます!

 

IMG_3135.jpg

デニムでもチノでも合います!!

 

 

そしてこんなの他で見ないでしょ!?

 

おひとつワードローブに入れてみては♡

 

 

 

通販ページはこちら。

 

他にも秋冬物入荷多数なので、

 

併せてご覧くだされ。

 

 

 

 


USNのブランケットのアレ。

カヲルです。

 

 

ミリタリージャケットってありますよね。

 

いきなりですけども。

 

ミリタリー系アイテムの中では、

 

特に服屋さんなんかでは、一番メジャーなものが

 

ミリタリージャケットであると思います。

 

時代背景など考えれば、

 

それこそ戦争で使われたり、戦争で使う事を目的として開発された物です。

 

そう。

 

こんな物騒な物・・・・となるのが、世の道徳観なんだと思いますが。

 

そこをもってしても、

 

なぜにミリタリーアイテムというものは、

 

人を惹きつけ続けるのか。

 

それにはちゃんとした理由があります。

 

 

「機能性重視&そこに付随する見た目の良さ。」

 

 

なんだと思います。

 

それこそ、人の生死を直接的に左右する物でもありますから、

 

機能性に手抜きがないと言えば、そこが魅力にもなるのかもしれません。

 

 

で。

 

 

ミリタリーの中で有名なのは、ミリタリージャケットなどの服なんだと思いますが、

 

それだけじゃーない。

 

 

前置き長めの私ですが。

 

今日もそこそこ長かったでしょ。

 

 

というわけで、本日紹介なのが

 

このベスト。

 

 

 

アウトドアなんかでも、ベストというのは重宝される物ではありますが、

 

そうなると、究極のアウトドアとも言えるミリタリーアイテムに

 

ベストがよく使われるのも当然。

 

 

と思いきや。

 

 

このベストは、実際には存在しない物。

 

その証拠に、

 

バズリクソンズの中でも、

 

今回紹介のこのベストは、

 

「AVIATION」シリーズ。

 

ミリタリージャケットってのは、

 

実際には民間の企業などが軍の依頼を受けて作っていたのですが、

 

その企業が、軍用のジャケットなどをカスタムして、

 

民間人用に作った物を

 

民間モデルなどと呼ぶのですが。

 

このシリーズも、実際に存在するミリタリーのモデルなどを

 

バズリクソンズの英知を以てカスタムし、

 

民間バージョンとして作ったというシリーズ。

 

 

先にもお話した通りですが、

 

ベスト。

 

このベストを、

 

U.S.NAVYの医療用ブランケットの完全復刻の生地で作ったというのが、

 

今回紹介のベストなのです。

 

 

実際に1940年代あたりに、

 

アメリカ海軍の医療用として使われていたブランケットなのですが、

 

このブランケットには、

 

前期型という物と、

 

後期型という物が存在します。

 

前期型は

 

 

この U.S.NAVY の文字が刺繍。

 

1940年代のモデルがそれに当たります。

 

そして、後期型というのは

 

1950年代以降のモデルで、

 

U.S.NAVYの文字がステンシルだったり、プリントだったりになります。

 

どう考えても、刺繍よりはプリントなどの方が生産性が良いからなのです。

 

 

ビンテージ市場でも人気のあるこのブランケット。

 

を忠実に復刻して、

 

それでベストを作ったというモデル。

 

 

ブランケット本体の素材感や、見た目などなどは

 

申し分なく。

 

プラス、

 

 

ジッパーにはMA-1のDタイプなどで使われるモデル、

 

クラウンのCCジッパーを使用。

 

 

個人的に、このジッパーが使われているというのが

 

ものすごく大きなポイントになっているんだと思います。

 

なにしろ、生地のゴツさにも負けないジッパーがついているというのが良い。

 

 

そして何しろ、

 

このベスト。

 

リバーシブル。

 

であるがゆえに、

 

当然ジッパーもリバーシブル仕様。

 

 

表面が白い方。

 

で、

 

 

ネイビーの方が裏面。

 

U.S.NAVYの刺繍は裏面のみ。

 

表面の白い方だけ見れば、

 

まさかこれがミリタリーのファブリックで、

 

しかもゴツいジッパーなんか付いちゃって・・・・と思いますが、

 

そのギャップがこれまた最高。

 

 

そして、このベスト。

 

表面と、裏面のポケットの付き方も

 

それぞれ別。

 

 

表面はパッチポケット。

 

 

 

裏面はスラッシュポケット。

 

 

表面、裏面と言いましたが・・・・

 

カタログでは、大きい写真が白い面という事で、

 

表面・・・と呼んでいますが、

 

どちらの面が表でも良いんだと思います。

 

お好みで。

 

そして私は私物ではかなり大きめを着ているのですが、

 

ブログの着画という事で、

 

ジャストめのサイズをば。

 

(けど、実際には大きく着ても、ジャストで着ても、

 

これがなかなか良い感じではあるので、これもお好みで。)

 

IMG_0040.JPGIMG_0043.JPGIMG_0041.JPGIMG_0044.JPGIMG_0046.JPGIMG_0049.JPG

IMG_0045.JPGIMG_0047.JPG

 

168cm サイズ38を着用で御座います。

 

 

 

これ言うと、他のベスト売れなくなると困るんですけども・・・・

 

今年の冬、最高のベストだと思います。(あくまで個人の感想。)

 

是非、是非、私のオススメをご堪能頂きたい!

 

 

通販はこちらから。

 

 

 


12回目清武弘光!!

 

こんにちは!!

 

12回目書かせていただきます!!

 

ジャンキークラシックスでは、今新作商品がガンガン入荷しています!!

 

なるべく、SNSで紹介するようにしているのですが忙しい時には更新できない場合もあります!!

 

是非とも店頭に見にいらしてください!!早い物勝ちですので!!

 

さてさて、今回紹介するアイテムはこちら!!!

 

IMG_9977.JPG

 

うちではお馴染み、フルカウント!!

 

IMG_9978.JPG

 

来ました、来ました!!JC品番!!

 

ジャンキークラシックスだけの未洗いモデル!!

 

IMG_9979.JPG

 

IMG_9980.JPG

 

3730 SWEAT CARDIGAN

 

カーディガンはサラッと羽織れちゃうすぐれもの!!

 

「50s スウェット...」の画像検索結果

 

元ネタは、50年代のカーディガンをベースに作っています!!

 

スッキリとしたシルエット!!

 

首元も開き過ぎず程よい!!

 

IMG_9981.JPG

 

IMG_9982.JPG

 

リブなどは色も違く、絶妙です!!

 

ちょっと、ムラ感があります!!これにはちゃんとした理由があります!!

 

今回、このカーディガンを作るにあたって究極の着心地をコンセプトに作っています!!

 

こちら、和歌山県で100年近く稼働している小寸の吊り編み機で作られています!!

 

大正時代にニット生地の量産を可能にした吊り編み機がヨーロッパから日本へと渡ってきたことが始まりで、

 

その当時からすればかなり革新的だったこの機械で、

 

いち早く生地の生産に取り組んだ場所のひとつが和歌山県であったので100年も続いているのです!!

 

日本人の飽くなき探求心、古き良き物を大事にする気持ちが表れています!!

 

 

 

やはり、時代の流れはあるもので、あらたに1980年頃シンカー機が登場します!!

 

シンカー機は、吊り編み機が1m編むのに1時間ほどかかるのに対して、同じ時間で24mも編み上げてしまうほどの性能差。

 

その生産効率の良さから多くの工場がシンカーに乗り換えて、吊り編み機は衰退していきました!!

 

スピードのみならず多色の糸を使って編める仕様や機械自体のメンテナンスのしやすさ、なによりコストの削減など多くの点で大量

 

生産時代にマッチしたシンカー機!!

 

だがしかし、吊り編み機ならではの風合い、何度洗っても伸びない、着心地の良さこれは唯一無二!!

 

職人さんの加減でギチギチの硬い生地、柔らかい生地にできるみたいです!!

 

現行のシンカー機では絶対に出来ません!!なにより、温もりを感じますね!!

 

今回のカーディガンは究極の着心地をコンセプトに作っているのでかなり柔らかいです!

 

あえて、起毛かけず抜き糸を表に出すことで表情が豊かになっています!!

 

早速、着てみました!!

 

IMG_9991.JPG

 

IMG_9994.JPG

 

IMG_9996.JPG

 

シルエットもすごく良く、袖のリブは折り曲げてもよさそうです!!

 

これは、秋大活躍してくれそうです!!カーディガン着たことないなんて方にもオススメです!!

 

こちら、お値段

 

 

 

 

 

¥19800+TAX

 

 

 

 

通販はこちら

 

 

 

 

 

 

 


待ってましたのウエスコ!!カスタムジョブマスター!!

みなさん、こんにちは!イトウです!

 

ちょっと久々のウエスコブログ!!

 

コイツを作ったオーナーさんは最近良いバイク買ったらしく、

 

それに合わせて使いたいなんてことも言っていたので、

 

実に良いタイミング!!

 

それでは見てもらいましょう!!

 

IMG_7857.JPG

 

WESCO

 

CUSTOM JOB MASTER

 

んあぁい!!

 

というわけでこんなの作っちゃいました!!

 

これをオーダーする時なんかは、

 

全くの勢い (笑)

 

なんだったらまだ作る予定でもなかったんですが、

 

こういうの欲しいんだよねー。

 

って画像のモデルに近いヤツをポロッと話したら、

 

それ!めっちゃいい!

 

それでオーダーしたいっす!!てかします!!

 

みたいな流れで急遽オーダー (笑)

 

分かんないもんですねー。

 

でもおかげさまで良いの作れた!!

 

IMG_7864.JPG

 

ハイトは8インチ!!

 

レザーは経年変化の激しいバーラップラフアウト!!

 

そしてレーシングパターンはレギュラー!!

 

もうシンプルにカッコいいヤツです!!

 

IMG_7869.JPG

 

このケバケバ感がラフアウトの特徴!!

 

潰れるとこは潰れて、

 

毛羽立つところはガンガン毛が立ちます!!

 

履き込みてぇー!!

 

IMG_7870.JPG

 

つま先はバブルトゥ!!

 

ドンドン反り上がってくる仕様です!!

 

IMG_7868.JPG

 

アイレットはニッケル!!

 

酸化してくるの楽しみですね!!

 

IMG_7872.JPG

 

ソールはビブラム100ソール!!

 

堅牢なソールといえばやっぱこれね!!

 

IMG_7871.JPG

 

ミッドソールはシングルミッド!!

 

ボク個人もシングルは好きな仕様なので良い!!

 

100ソールとのバランスも◎

 

コバは変化の楽しめるナチュラルにしています!!

 

IMG_7859.JPG

 

IMG_7862.JPG

 

ステッチカラーは、

 

どちらもレギュラーカラーのホワイト×ブラウン!!

 

IMG_7875.JPG

 

もちろんファルスタンもバーラップ!!

 

付ける付けないは個人の好みですね。

 

IMG_7873.JPG

 

通常ならトラヒモになるところを黒のナイロンに変更!!

 

こんなところも最初に変えちゃうのもありですよ!!

 

自分のイメージに合わせて是非ともオーダーしましょう!!

 

それでは最後に仕様の御紹介をしていきます!!

 

(値段の記載がないところは無料です)

 

※8インチジョブマスター ¥89800−

 

※バーラップレザー ¥9000−

 

※ニッケルアイレット ¥4800−

 

※ステッチ ホワイト×ブラウン 

 

※シングルミッドソール 

 

※ビブラム100ソール 

 

※コバナチュラル

 

※黒ナイロンレースに変更

 

※バブルトゥ

 

合計 ¥103600−

 

以上!!

 

シンプルにカスタムしていたので、

 

そこまで金額も掛かっていません!!

 

もっと細かくいじりたい人は、

 

ここからさらに色々とカスタムは可能ですので、

 

ぜひ参考にしてください!!

 

もちろんこのモデルで!!

 

っていうのも大歓迎!!

 

ブログ見ましたって言ってくれると分かりやすいですね。

 

IMG_7874.JPG

 

ゆうじ!!

 

いつもありがとさーん!!

 

ガンガン使い込んで経年変化させてちょー!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様のオーダーお待ちしています!!!

 

 

 

 


| 1/172PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.