92回目キヨ!!(MFSC MADE IN USA NOS CROSSHATCH DENIM &NOS NATURAL TWILLの話)

 

こんにちは。92回目、ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

いやあ〜暑いですねぇ。

 

そんな、暑さにも負けない新作アイテムを今日は紹介します。(笑)

 

少し前に、入荷しました!!こちら!!!!

 

IMG_7585.JPG

 

IMG_7586.JPG

 

IMG_7584.JPG

 

IMG_7550.JPG

 

 

MFSC MADE IN USA

 

 

NOS CROSSHATCH DENIM

 

 

 

 

NOS NATURAL TWILL

 

 

名前にもある通り、NOS

 

紛れもなくそれぞれデッドストックの生地を使ったショーツ!!

 

そして、今回スタッフ私物のワンウォッシュと共に紹介したいと思います。

 

IMG_7590.JPG

 

上スタッフ私物ONEWASH

下NONWASH

 

IMG_7591.JPG

上スタッフ私物ONEWASH

下NONWASH

 

写真でも分かる色の違い。ONEWASHでこうも変化するなんて最高です。

 

IMG_7589.JPG

 

やはり比べると少し青みが強くなってますね。洗いかけて、クシャっとなってるのも堪らなく良い。

 

IMG_7596.JPG

スタッフ私物ONEWASH

 

NOS DENIMなので、ガシガシ洗い込むと色落ちして、アタリが付いてきます。

 

IMG_7547.JPG

 

上スタッフ私物ONEWASH

下NONWASH

 

 

IMG_7548.JPG

 

上スタッフ私物ONEWASH

下NONWASH

 

生成りのショーツ。

 

元々、生地にネップ感があり、

 

ONEWASHかけることで雰囲気もさらに良くなってます。

 

IMG_7566.JPG

 

IMG_7555.JPG

 

スタッフ私物ONEWASH

 

 

写真でもわかる、このムラ感。

 

デッドストックの生成りのツイルってとこもかなりポイント

 

そして、この2つのショーツのディティールをスタッフ私物のONEWASHの写真で紹介していきます。

 

IMG_7556.JPG

 

IMG_7594.JPG

 

まず、ボタンはナットボタン。

 

すごーーく硬くて、

 

よくレザージャケットなんかにも使われたりする程であります。

 

高級ボタンでもあります。妥協無しの作り。

 

IMG_7595.JPG

 

IMG_7558.JPG

 

中の、ストライプのスレーキもNOSの生地を使っています。

 

IMG_7599.JPG

 

IMG_7561.JPG

 

シンチバック付きですので、ある程度サイズ調節も可能。

 

IMG_7563.JPG

 

IMG_7564.JPG

 

スラッシュポケットと小さ目のポケットも完備。

 

スマートなショーツになっております。

 

では、早速ですが、着画はこちら☟

 

(176cm 80圈SIZE 38 ONEWASH)

 

IMG_7570.JPG

 

IMG_7571.JPG

 

IMG_7573.JPG

 

今回のショーツ、短靴なんかとも相性が良く、

 

特にデニムは王道ですので合わせやすいです。

 

シルエット的に、ジャストで穿いても、少しゆとりもって履いても格好良いと思います。

 

IMG_7574.JPG

 

IMG_7577.JPG

 

IMG_7580.JPG

 

タックインしても、これまた良い。

 

アイビーっぽい雰囲気がありますね。

 

生成りもおさえてて欲しいショーツです。

 

もちろん、NONWASHで販売してますので、がっつり洗って穿いちゃってください。

 

ショーツの時期到来!!

 

IMG_7578.JPG

 

NOSショーツ是非、2本共、いっちゃってください!!!!

 

 

お値段

 

¥22800+TAX

 

 

NOS CROSSHATCH DENIM 通販はこちら

 

 

NOS NATURAL TWILL 通販はこちら

 

 


91回目キヨ!!(INCEPTION HOSEHIDE BAGの話)

 

こんにちは!!

 

91回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

本日、紹介するITEMはこちらぁ〜〜!!!

 

IMG_7544.JPG

 

INCEPTION SHOULDER BAG

 

IMG_7533.JPG

 

INCEPTION BANANA BAG

 

IMG_7545.JPG

 

INCEPTION MESSENGER BAG

 

☝こちらのメッセンジャーバックは以前も入荷しました。

 

即完売となっていたアイテムであります。詳しくはこちら

 

さてさて、ホースハイド祭りで御座います。(笑)

 

早速、残りの2つを紹介していきます。

 

IMG_7522.JPG

 

SHOULDER BAG

 

ホースハイドを全面に使った贅沢なバッグ。

 

IMG_7520.JPG

 

BROWNとBLACKの2色になりまして、

 

ちなみに、BLACKは茶芯であります。

 

IMG_7525.JPG

 

IMG_7523.JPG

 

前のフラップはホースバットと言われる革を使っています。

 

2種類の馬革を使用しているのも嬉しいところ。

 

ホースバットは馬の腰からお尻の一部にかけた部分の革であります。

 

厚めで使い込むにつれて独特の風合いになってくるのが特徴であります。

 

IMG_7524.JPG

 

IMG_7529.JPG

 

携帯も楽々入っちゃう。すぐにモノを取り出したり入れたりできるので、なにかと便利そう。

 

IMG_7528.JPG

 

中は、8号帆布!!いわゆる、キャンバス生地ですね。

 

IMG_7526.JPG

 

そして、こちらタロンジッパー!!

 

アメカジ好きは、タロン好き。(笑)

 

IMG_7530.JPG

 

パーツは全てブラス。このフックの付け根の部分、回転するので、かなりボディバックとしては有難い仕様。

 

IMG_7539.JPG

 

☝BLACK

 

IMG_7540.JPG

 

☝BROWN

 

お値段

 

¥39000+TAX

 

続いてはこちら、

 

IMG_7511.JPG

 

BANANA BAG

 

シンプルなバナナバック。

 

IMG_7516.JPG

 

IMG_7515.JPG

 

先ほど同様、ホースハイドを全面に使っており、、もちろんブラックは茶芯。

 

IMG_7514.JPG

 

金属パーツはブラスで、このストラップの留められている革はホースパッド!!

 

IMG_7518.JPG

 

IMG_7517.JPG

 

収納もバッチリ!!

 

IMG_7535.JPG

 

IMG_7537.JPG

 

バナナバック、体のフィット感が凄く良い。

 

ノンストレスであります。

 

こちら、お値段

 

¥39000+TAX

 

ちょいと、出かける時にサクッと持っていけるBAG!!!

 

これは、是非手に入れて下さい。

 

店頭にてお待ちしております!!

 

 


90回目キヨ!!(SUNSURF SPECIAL EDITION "DEMON On Japan Beauty"の話)

 

こんにちは。

 

90回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

ハワイアンの季節到来であります。

 

徐々にスペシャルハワイアンも入荷してきまして、今回第2弾であります。

 

IMG_7454.JPG

 

こちら!!!!

 

IMG_7458.JPG

 

パカッ!!(笑)

 

IMG_7464.JPG

 

IMG_7473.JPG

 

 

SUNSURF SPECIAL EDITION

 

 

"DEMON On Japan Beauty"

 

IMG_7465.JPG

 

紛れもなく、和柄です。

 

そしてこの、実名復刻のハワイアンの年代は1950s後期になります。雰囲気バツグン。

 

タグには、

 

IMG_7461.JPG

 

YOKOHAMA JAPANとも記されております。

 

では、少しお話を、、

 

当時、大手商社だった東光貿易という会社が日本にありまして、

 

元々、輸出用の生地を扱う商社でした。

 

しかし、1950年代後期になると、日本での縫製が盛んになり、シャツとして仕立てて輸出する機会が増えていきました。

 

☝太陽の季節

 

日本で縫製が盛んになった理由として、日本人の衣服の変化

 

日本で縫製を頼んだ方が綺麗で安く仕立ててくれるなどの理由がありました。

 

そして、東光貿易は横浜港周辺に縫製工場を建てました。

 

なので、当時多くのアロハシャツが横浜からハワイへと送られていました。

 

シャツを仕立てたあとネームタグなんかも必要になってきますよね??

 

IMG_7462.JPG

 

それで、できたのがサン・ブラザーズ&カンパニーであります。

 

今回のハワイアン、、

 

IMG_7474.JPG

 

一番の注目は、この般若。

 

IMG_7475.JPG

 

般若自体、いろんな意味があります、、、

 

人間の欲情の深さから鬼に変じるぞっといった戒めの意味や、

 

全ての事物や道理を明らかに見抜く深い智慧の意味もあります。

 

良い意味でありまする。

 

しかしながら、この般若をアロハシャツに落とし込むとゆうのは、かなり斬新だと思います。

 

絶妙なバランスがとれています。

 

手長猿や、能面のハワイアンなんかも出していたサン・ブラザーズ&カンパニー!!

 

コレクタブルなシャツをいくつも残しています。

 

IMG_7466.JPG

 

パキッと色が出てる蝶。

 

IMG_7468.JPG

 

夜を照らす行灯(あんどん)、日本らしい柄です。

 

IMG_7476.JPG

 

もちろん、縮緬のレーヨン。

 

IMG_7472.JPG

 

そして、ボタンは貝ボタン。アワビを使っているのも珍しい。

 

ベージュっぽい色で光沢感もあり、これまた良い。

 

じゃあ、実際に着てみるとどんな感じなのか??

 

こんな感じであります。

 

(176cm 80圈SIZE L)

 

IMG_7488.JPG

 

IMG_7495.JPG

 

IMG_7497.JPG

 

渋いです。

 

これぞ、漢のアロハシャツ!!!!

 

今年のハワイアンスペシャルも、見逃し厳禁です!!

 

 

お値段

 

¥24000+TAX

 

SIZE S M L XL

 

通販はこちら!!

 

気になる方、是非店頭にてお待ちしてます。

 

 

 

 

 

 

完売必須でありますよ。

 

 

 

 


89回目キヨ!!(Dapper's Classical 3/4 Sleeve Work Shirts LOT1313の話)

 

こんにちは。

 

89回目、ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

 

わたくし、マーベルが好きでして、、、、(笑)

 

アベンジャーズ、もちろん観に行きました。

 

ネタバレしちゃうとあれなので詳しくは言いませんが、

 

皆さん、是非映画館で見るべしであります。

 

さて、今日の新作商品はこちら。

 

IMG_7418.JPG

 

 

Dapper's

 

 

Classical 3/4 Sleeve Work Shirts  LOT1313

 

 

ダッパーズの新作であります。

 

30sのワークシャツをべースに再構築した物を、七分袖シャツに落とし込みました。

 

IMG_7430.JPG

 

七分袖なので、春先から秋口まで着用できます。

 

IMG_7420.JPG

 

IMG_7431.JPG

 

ネップ感のあるストライプの生地。

 

この生地がこれまた凄く良い。

 

バシバシ着込んでガシガシ洗い込みたくなっちゃう生地であります。

 

IMG_7428.JPG

 

襟は少し小振りで、、、

 

IMG_7429.JPG

 

チンストラップ付き。

 

そして、もうお気づきの方も多いと思いますが、、

 

IMG_7415.JPG

 

ツヤツヤの貝ボタン。

 

高級感があって良い。

 

IMG_7422.JPG

 

IMG_7424.JPG

 

脇下には補強布を使った、ベンチレーションもしっかり付いています。

 

IMG_7419.JPG

 

マチ付きで、空環仕上げ。

 

IMG_7435.JPG

 

IMG_7436.JPG

 

捲ると、ユニオンチケットもあります。

 

IMG_7438.JPG

 

IMG_7414.JPG

 

プルオーバーのシャツにあとから付けたような感じのボタンが付いています。

 

少しずらして、付けられたボタン。

 

当時、タックインしてシャツを着る事が多く。

 

タックインした後、中でずれたり、

 

しないように付いています。

 

これまた、アクセントになってすごーーーーく格好良い。

 

IMG_7434.JPG

 

着丈も丁度良い長さで、裾もラウンドしてるのでショーツなんかとも相性良し。

 

実際に着てみるとこんな感じ、、

 

(180cm 68圈SIZE M NONWASH)

 

IMG_7441.JPG

 

IMG_7444.JPG

 

IMG_7446.JPG

 

IMG_7443.JPG

 

ザックリ腕まくって着ても良いと思います。

 

七分袖自体、あまりアメカジのメーカーでも出していない所です。

 

是非GETしてほしいシャツ。

 

お値段

 

 

¥17500+TAX

 

 

 

SIZE 36 38 40

 

 

 

 

通販はこちら


2019年一発目のサンサーフスペシャル!!バックパネルがキタ――(゚∀゚)――!!

みなさん、こんにちは!イトウです!

 

ついにサンサーフスペシャル一発目が入荷してまいりました!!

 

IMG_7398.JPG

 

IMG_7399.JPG

 

SUNSURF SPECIALEDITION

 

"Hukilau"

 

ヴィンテージハワイアンの中でも、

 

特に希少価値が高いと言われているバックパネル!!

 

そして今回のこの柄は、

 

サンサーフとしても復刻柄!!

 

貴重なヴィンテージを参考に、

 

忠実に作りこんできました!!

 

IMG_7386.JPG

 

IMG_7384.JPG

 

RED

 

IMG_7382.JPG

 

IMG_7383.JPG

 

BLACK

 

ホントはグリーンも店頭でご用意していたのですが、

 

完売になってしまいました。

 

なので、

 

ご紹介するのはこの2色となります!!

 

IMG_7393.JPG

 

IMG_7395.JPG

 

カヌーに乗り、

 

フキラウと呼ばれる地引網を使ったハワイの伝統漁法を描いたこの作品!!

 

IMG_7394.JPG

 

IMG_7397.JPG

 

このドヤ顔が印象的 (笑)

 

そして漁がメインの柄だけあって、

 

IMG_7390.JPG

 

IMG_7391.JPG

 

IMG_7388.JPG

 

IMG_7387.JPG

 

襟や胸のポケットは魚がメインとなっています!!

 

こちらの魚も、もちろんハワイの魚。

 

IMG_7392.JPG

 

ボタンはココナッツボタンを猫目タイプにしたもの!

 

加工にも手間暇かけております!!

 

IMG_7389.JPG

 

実名ネームのタグ!!

 

こういった部分も妥協はしません!!

 

IMG_7400.JPG

 

IMG_7402.JPG

 

この生地感伝わりますか?

 

ちょっと縦落ちしてるかのような織り目が見えると思います!

 

この生地はホップサックという生地で、

 

リネンレーヨンを織り交ぜた生地!!

 

ごわっとした質感が特徴です!!

 

個人的にこの生地感は結構好きでして、

 

シャツとしての迫力がレーヨンよりも強い気がします!!

 

レーヨンならではのドレープ感もとても好きなんですけど、

 

こういうゴワゴワした生地はやっぱりいいですね!!

 

IMG_7380.JPG

 

IMG_7381.JPG

 

IMG_7376.JPG

 

IMG_7377.JPG

 

176センチ・80キロ XLサイズ着用

 

今回のこのモデルはちょっと小さめ!!

 

普段はLサイズを着用するボクですが、

 

これはXLでちょうどいい!!

 

IMG_7378.JPG

 

IMG_7379.JPG

 

IMG_7374.JPG

 

IMG_7375.JPG

 

レーヨンではないこのホップサックならではの迫力!!

 

ぜひ堪能してください!!

 

サイズは

 

S、M、L、XL

 

お値段は

 

19000−+TAX

 

となります!!

 

サイズが揃ってないところもありますので、

 

素早くサイズチェックするなら、

 

アイテムリストを参照です!!!

 

下記から通販にも飛べますのでぜひご利用ください!!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 

通販はこちらからどうぞ!

 

BLACK

 

RED

 


5月19日(日)の営業時間につきまして。

5月19日(日)は、

 

都合により18:00閉店とさせて頂きます。

 

誠に申し訳御座いません、

 

日曜の夜にご来店の予定のあった方にはご迷惑をおかけしますが

 

宜しくお願い致します。

 

 


日本の職人技〜LEATHER SANDALの巻〜

カヲルです。

 

先日、とはいえちょっと前ですけども・・・・

 

 

映画・キングダム、観てきました。

 

良かったか、イマイチだったかは、ここでは書きませんが

 

良かったです。(結局書く。)

 

キングダム大好き人間は世の中にたくさんいると思いますが

 

私もなかなかのキングダム大好き人間を自負しております。

 

フィギュアなど、お店に寄付して良いという方がいらっしゃりましたら、

 

お店に飾らせて頂きますので、どしどし寄付御座れ♡

 

(ずうずうしい。)

 

というわけでして。。。。

 

商品のお話に入っていきたいと思いますが・・・・・・・・

 

 

ここ日本には、はるか昔から

 

OO職人・・・・というのがたくさんいます。(OO師ともいう。)

 

各国にも、素晴らしい職人、手先の器用な集団はおりますが...

 

それこそ冒頭でお話したキングダムの時代にも、

 

中国などは歴史の厚みが違いますからね、素晴らしい職人たちもたくさんいたと思います。

 

もちろんヨーロッパや、その他の世界各国には、今現在も素晴らしい職人たちが居て、

 

その伝統や、技術を受け継いでいるのでしょう。

 

しかしながら、

 

日本という世界の中で言うと小さな小さな島国は、大陸とは違う感性があるのだと思います。

 

やっぱし、日本の職人技というのは独特ですもんね。

 

 

 

金沢などにある金箔を使った蒔絵、漆器などや、

 

 

 

日本に代表される職人のひとつである、刀鍛冶(写真は河内國平さん)や、

 

 

 

近いところで言うと、

 

箱根の寄木細工とかもそうでしょうし、

 

 

朱漆塗紺糸威桶側二枚胴具足(しゅうるしぬりこんいとおどしおけがわにまいどうぐそく)

 

この前の大河ドラマでも有名な、井伊の赤鬼こと

 

井伊直政の天衝脇建の兜は有名ですが、

 

これもまた甲冑師という職人が作っている物です。

 

そして今、その血は日本人の中に脈々と受け継がれているのも確かです。

 

その証拠に、スペースシャトルなどの素材や機械の部品などにも、

 

日本製の物がたくさん使われています。

 

しかもそれは、日本の大企業の物ではなく、

 

小さな町工場レベルの物だったりもします。

 

それこそ、小さい工場にも職人がいる証拠でもあります。

 

我々がコンセプトとして掲げているアメリカ製も言うまでもなく素晴らしいですが、

 

これまた日本の職人技とは違い、大量生産時代のカッコよさ・・・という感じ。

 

我々の好むアメリカ製は、ラフさ、重厚さ、というのを味としてとらえることの出来る物。

 

 

我々、アメカジショップという立場的にはアメリカ製がベストと思います。

 

もちろん、アメリカン・カジュアル=アメカジなわけですから、

 

アメリカ製の物が良いというのは良くわかる理論であります。

 

が、

 

日本人には、日本人が作った物の方が合う物もたくさんあるのです。

 

まあ・・・アメカジ、アメカジ言ってても、こうゆうショップはもちろん、

 

ジャンキーでは日本製の商品が大半を占めていると思いますし、

 

アメカジだぜー!ってアメリカ製だけしか肯定しない人たちに限って

 

スイス製のロレッ〇スしてんじゃねーかよ、イタリア製だ、フランス製だの商品身に着けてんじゃねーかよ!!

 

って感じだったりしますが、実際にはイタリア製だ、フランス製も最高でありますからね、

 

それはここでは置いといて。。。。

 

日本製が良い物だというのは(もちろん全てではないですよ??)、まぎれもない事実であって、

 

誰も否定できない物であります。

 

その証拠に、アメリカ製、日本製・・・・というのを店では展開しているわけなのです。

 

アメリカ製、アメリカ製と言っても、日本製の方が良い!!って物もたくさんありますし、

 

どちらが絶対に良い!!!なんて事は、絶対にありえないんですよ。

 

ひとつの何かを見てみる時、

 

日本製、アメリカ製はもちろん何かを選ぶポイントにもなりますが、

 

どちらの方が絶対良いなんて事は、議論の余地もなく

 

絶対にありえない事。

 

アメリカ製なら何でも良いのか??って話になってしまいますからね。

 

良き物は良いという事実がそこにあるだけ。

 

なので、アメカジにおいて同じ物を見た時に

 

アメリカ製は良いけども、日本製はダメでしょ。

 

なんて事は、有り得ないし、

 

アメリカ製を棚に上げて、日本製をバカにするような事は

 

当然あり得ないわけです。

 

だって、どちらも良い物は良いんだから。

 

しかしながら、言論も思想も自由でありますからね。

 

何を思っても、言っても自由とは思いますが、

 

他を否定して、自分を上げる・・・・という事だけは、

 

特にショップの人間がしてはいけない事ですよね・・・・

 

 

話は逸れましたが・・・・・

 

実際に、手作りの良さという道を追求していて、

 

日々精進している人を、私は見ていますし、知っています。

 

そんな職人のひとりが

 

BUFFALO TRACKSの鈴木さん。

 

いつでも鈴木さんの顔の写真持ってるわけじゃないので(持ってたら怖い。)

 

顔の写真は今は載せられないですが、

 

たまに店に納品や、お客さんのオーダーを直接聞きにきてくださる時があって

 

お店で会った事がある人もいると思います。

 

いまも縫製のほとんどを手縫いでやっています。

 

レザー小物をメインで展開しているのは言うまでもないブランドですが、

 

数年前から、とある熟練の靴職人の元で、靴作りを学び

 

今ではバッファロートラックスの商品ラインナップの中には

 

「靴(履物)」というジャンルを確立しています。

 

そんな信用のおけるJAPANESE職人のひとりである鈴木さんにお願いした今作。

 

・・・・まあ・・・前作も、前前作もですが。

 

 

BUFFALO TRACKS × CLASSICS

 

ORIGINAL LEATHER SANDAL Ver.3

 

IMG_6760.JPG

 

ORIGINAL LEATHER SANDALですが、

 

2017年、2018年と、レザーや仕様を変えてやってきましたが

 

2019年の今回も、別革・別仕様も新しいモデルを。

 

オリジナルサンダル・バージョン3。

 

バージョン3と言えば、個人的に

 

 

仮面ライダーV3。

 

ご存知、仮面ライダーバージョン3。

 

というわけで、今回の別注のサンダル。

 

オリジナルサンダル・V3と名付けます。

 

 

 

今回、このサンダル。

 

IMG_6779.JPG

 

(現在は、ソックス履いて履いてますが、それでも良いでしょうし、

夏は裸足で履いても、もちろん良い。むしろ裸足が最高。と思います。)

 

ポイントがいくつかあります。

 

其の壱。

 

まずは、その革。

 

IMG_6764.JPG

 

 

イタリアに、トスカーナ州という場所があります。

 

 

大自然もあり、

 

都市もあり。

 

イタリア中部にあるこの場所、州都はフィレンツェ。

 

ルネッサンスの中心になった場所でもあります。

 

ミケランジェロや、レオナルドダヴィンチも、このトスカーナ地方の人。

 

そんな場所なのですが。

 

昔昔から、この場所に伝わる革の鞣しの製法があります。

 

それが バケッタ製法と呼ばれる製法。

 

植物のタンニンで時間をかけて染み込ませて、

 

染み込ませながら鞣していく製法。

 

 

 

鞣しの過程や、方法などを知らない人の方が多いとは思いますが、

 

相当な手間、労力、時間のかかる作業の為、

 

受け継ぐ職人がかなり少なく、減少している為に、

 

バケッタ製法で作られた革の供給がかなり少なく、

 

希少な革なのです。

 

そして、この革は

 

その詳細な製法が公になっていないという、

 

これまたレア革であります。

 

 

 

そして、この革の名

 

トスカーノ・リーショ。

 

☆エイジングの豊かさ。

 

☆希少性の高さ。

 

☆手触りの良さ。

 

☆オイルが抜けずらく、お手入れ要らず。

 

という特徴があります。

 

 

 

そして

 

其の弐。

 

そして、その形。

 

IMG_6769.JPG

 

上から見ると、ちょいと四角い形をしています。

 

別注をするに当たり、

 

何かしらからのインスピレーションというのを受けるものなのですが(私は。)

 

前回のV2、前々回のV1は、

 

実は、飲み屋さんなどのトイレによくある、便所サンダル(表現悪いけども!)。。。

 

世の中に、かくあるサンダルの中でも、

 

おそらく超がつくほどのロングセラーなサンダルのひとつだと思うのです。

 

(酒飲まないくせに、飲み屋の話をしました。)

 

あのタイプって。

 

ちょっと、つっかけて履くにはすごく良い感じ。。。。

 

それにインスパイアされたのがV1、V2だったのです。

 

しかしながら、あれらはブーツの木型を使用したもので

 

サンダルの木型ではなかったのです。

 

が、今回。

 

サンダルの木型を使用して、

 

インスパイアされたその物とは、こちら。

 

 

好角家(要するに相撲好き)な私。

 

力士の履物といえば

 

やはり雪駄。

 

ジャパニーズ・トラディショナル・履物

 

で御座います。

 

というわけでして、雪駄にインスパイアされて完成したのでありますが、

 

鼻緒仕様ではなく、

 

前回までのモデルの仕様よりも

 

甲の部分を幅(奥行)を長い仕様にしました。

 

 

 

 

 

というわけで、

 

其の参。

 

細かい仕様の変更です。

 

先ほどのお話にもありましたが、

 

甲の部分の奥行を深くしたのですが。

 

IMG_6764.JPG

 

これにより、足(甲)に触れる部分の面積が大きくなり、

 

よりフィット感が出るという仕様。

 

IMG_6772.JPG

 

 

そして、ソール。

 

前回までは、ビルケンシュトックのソールを付けていましたが、

 

今回のV3からは、

 

IMG_6767.JPG

 

ご覧のように。

 

VIBRAMのソールを使用。

 

この方がよりラフな印象になります。

 

履き感は、ビルケンのソールに似ています。

 

 

 

そして、もうひとつ。

 

このミッドソールです。

 

IMG_6766.JPG

 

ダブルミッドソール仕様。

 

今回は、前回までのモデルに比べると

 

サンダル感が薄くなっています。

 

ミッドソール仕様なので、重さも少しズシっとくる感じ。

 

 

 

軽くて、柔らかいサンダルを求めている方には

 

確実に不向きであります、このモデル。

 

 

しかしながら、先にもお話ししました通りなのですが、

 

トスカーノ・リーショという革の最大の良さである、

 

経年変化と、革のなじみの良さというのが

 

いちばんのウリでありますからね。

 

夏の日差しでジリジリに焼いて、

 

経年変化を楽しんでやって頂けましたら、

 

これ幸いに存じまする。

 

IMG_6770.JPG

 

IMG_6777.JPGIMG_6780.JPG

 

店頭には、サイズが7、8、9、10の1足ずつになり、

 

店頭にないサイズは、随時オーダーをしていますが

 

製作に2週間を要するため、店頭に無い場合もあります。

 

そんな時には、我々サイズを見ますので、

 

そこで注文するという感じになりますので、ご了承くださいませ。

 

まあ、そこも職人の手作りならではと言う感じ!と、ご了承いただけたら幸いです。

 

¥30000+TAX

 

 

基本的に、通販はせず

 

店頭販売のみとなりますが、

 

ご相談には応じますので、

 

遠方の方は是非、お電話でご相談くださいませ。

 

(近場の方は、お店に来て実物を見た方が早いと思います!)

 

 

というわけでして。

 

 

是非!

 

 

 


88回目キヨ!!(MFSC SURPLUS RAYON BOWLER SHIRTの話)

 

こんにちは。88回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

夏はもう目の前ですね。

 

んならば、早速新作商品を紹介していきます。

 

IMG_7353.JPG

 

クラシックスでもお馴染みのミスターフリーダムから、、、、、、

 

 

 

IMG_7333.JPG

 

IMG_7344.JPG

 

IMG_7345.JPG

 

IMG_7352.JPG

 

 

MFSC SURPLUS RAYON BOWLER SHIRT

 

 

 

春夏活躍するシャツの1つと言ったら、そう!!

 

 

ボウリングシャツであります。

 

ベースは40年代のボウリングシャツになります。

 

当時、皆それぞれオリジナルの刺繍を施したユニフォームを着ていました。

 

なので、いろんなボウリングシャツが存在しまして。

 

今回注目すべきは、、

 

IMG_7343.JPG

 

IMG_7349.JPG

 

裾。スソ!!!!!

 

ラウンドしてらあ。。。。

 

ここが滅茶苦茶良い。

 

ボウリングシャツ=裾がスクエアになっているイメージなので、

 

かなり新鮮。

 

しかしながら、かなり合わせやすい仕様。

 

ショーツなんかと相性が良い。

 

印象が全然違います。

 

ボウリングシャツ、苦手な方も好きになる事、間違いなし。

 

IMG_7336.JPG

 

IMG_7347.JPG

 

もちろん、素材はレーヨン

 

肌触りも良く、気持ち良い。

 

そして、刺繍。

 

フリーダムオリジナルのデザイン。

 

IMG_7334.JPG

 

IMG_7346.JPG

 

MF7161

 

MISTER FREEDOM

 

7161は、ミスターフリーダムストアの番地になります。

 

バックは、

 

IMG_7341.JPG

 

IMG_7351.JPG

 

MFをデニムジャケットとパンツを着た人の腕と足で文字っています。

 

絶妙ですね。

 

これも、素材はレーヨン。光沢感が合ってカッコ良いです。

 

IMG_7340.JPG

 

IMG_7350.JPG

 

もちろん、アクションプリーツ付き。

 

綺麗なシルエットですね。

 

気になる所は、着画ですよね。

 

(180cm 68圈SIZE L 着用)

 

IMG_7356.JPG

 

IMG_7364.JPG

 

IMG_7361.JPG

 

IMG_7367.JPG

 

IMG_7366.JPG

 

IMG_7371.JPG

 

ブラックもオフホワイト、どちらも合わせやすい。

 

どうですか??

 

どうですかぁ〜???(笑)

 

気になるお値段、

 

 

¥19800+TAX

 

 

SIZE S M L

 

 

IMG_7372.JPG

 

 

漢は背中で語る。

 

是非、店頭にてお待ちしております。

 

 

 

 

 

 


| 1/196PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.