Dappers!!GM キャスケット入荷!!

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

本日は入荷するとすぐに完売になってしまう大人気アイテムの御紹介です!!

 

IMG_6220.JPG

 

Dapper's

 

MW TypeGM Casquette LOT1223

 

はい!

 

もうおなじみすぎるとは思うのですが、

 

ダッパーズからの新入荷です!!

 

ゼネラルモータースのエンジニアが実際に着用していたモデルを、

 

忠実に復刻したキャスケット!!

 

様々な形のキャスケットをダッパーズは作り続けていますが、

 

その中でも圧倒的人気なのが今回のGMと言われるこの形!!

 

IMG_6226.JPG

 

クラウンは大きく、ツバは短めで、

 

手縫いによって付けられたこの天ボタンが特に特徴的!!

 

意外と手間がかかるので、

 

この仕様のキャスケットは探してもあまりないんです!!

 

IMG_6232.JPG

 

剥ぎは8枚!!

 

この剥ぎの数が多いと、綺麗な円形のキャスケットになります!!

 

剥ぎが多いとそれだけ手間がかかるのですが、

 

いい物を作るにはやはり労力は欠かせませんよね!!

 

ちなみに!

 

IMG_6223.JPG

 

画面左・BLACK (GRAPH CHECK) 画面右・BORDEAUX(GRAPH CHECK)

 

IMG_6222.JPG

 

画面左・GRAY HERRINGBONE (WINDOW PANE) 画面右・LIGHT BROWN (WINDOW PANE)

 

色は4色展開!!

 

どれも良い色でしょ?

 

毎回なんですが、

 

ダッパーズのキャスケットはクセがないので、

 

とにかく合わせやすい!!

 

普段のかっこにサクッと被れちゃうんです!!

 

世界観出さないと被れないーとかよく聞きますけど、

 

そんなこたーない!!

 

雰囲気出るかどうかなだけで、

 

カッコいいっていう点はまた別問題です!!

 

こういう物はうまい事合わせちゃったもん勝ちです!!

 

IMG_6229.JPG

 

IMG_6230.JPG

 

ビン革はボディの色に合わせてちゃんと使い分けています!!

 

IMG_6227.JPG

 

当時の商品には欠かせなかったユニオンチケット!!

 

IMG_6231.JPG

 

補強と型くずれ防止の為のバイアステープ!!

 

この作り込みはさすがです!!

 

このクオリティの高さにみなさん大体やられてしまう。

 

IMG_6212.JPG

 

IMG_6213.JPG

 

IMG_6214.JPG

 

IMG_6215.JPG

 

そして極め付けがこの絶妙な形!!

 

当時の空気感を出しつつも、クセが無さすぎないこの形がヤバイ!!

 

被ったことがないって人でもすんなり入っていけちゃうのです!!

 

実際にこのタイプのキャスケットを被ってから、

 

キャスケットが好きになったって人もたくさんいます!!

 

魅力つまりまくりんぐなアイテム!!

 

IMG_6216.JPG

 

IMG_6217.JPG

 

IMG_6218.JPG

 

IMG_6219.JPG

 

どの色もホントに良い配色ですねー!

 

これは結構悩んじゃう方も多そう!!

 

でも、この悩めるってのは商品がある時だけ!!ですからね!

 

無くなってからじゃ悩むことも出来なくなりますよー!

 

というわけなんで、

 

みなさん、早めに要チェック!!です!!

 

IMG_6221.JPG

 

サイズは

 

M、L

 

お値段は

 

8200−+TAX

 

となります!!

 

それでは今日はこの辺で。

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

スタッフ募集中!!

 

詳しくは画像をクリックです!!

 

 

 

 


BUFFALO TRACKS×CLASSICS LONG WALLET

カヲルです。

 

 

新作です。

 

というよりも、

 

オリジナルです。

 

 

先日、バーバリアンの長袖ティーシャツのブログでは

 

それが年内の別注ラストとお伝えしましたが。

 

実は「服としての別注はラスト」だったのです。

 

 

IMG_6188.JPG

 

まだ服じゃない物があるのです。

 

これ。

 

IMG_6189.JPG

 

トラッカーウォレットのタイプで、

 

 

IMG_6196.JPG

 

IMG_6197.JPG

 

スナップボタンのタイプなのです。

 

がしかし。

 

トラッカーウォレットのような感じとは違い。

 

このサイフの特徴、

 

大きな特徴のひとつ。

 

IMG_6198.JPG

 

この通り。

 

開けた時の模様になっている感もありますが、

 

カードスペースが12枚分。

 

何しろカード社会。

 

カードがたくさん入るようにしてもらいました。

 

で、

 

IMG_6196.JPG

 

先ほどお話したスナップボタン。

 

これは大型で、

 

IMG_6195.JPG

 

横から見ると、こんな感じ。

 

足が高い。

 

要するに、

 

フラップ部分と、本体部分に、

 

隙間が出来るわけなのです。

 

なぜかっていうのが、

 

先ほどのカード入れの多さに繋がってきます。

 

カードが

 

IMG_6198.JPG

 

フラップ部分と、本体部分に6枚づつ入るので、

 

フルで入ると、かなりの厚みが出ます。

 

そこで、先ほどのように

 

IMG_6195.JPG

 

本体とフラップ部分に隙間が必要になるのです。

 

これによって、スナップにかかる負担も減り、

 

本体の形の崩れや、小銭入れの使いずらさも解消されます。

 

で、

 

その小銭入れは。。。。。

 

 

IMG_6199.JPG

 

タロン42ジッパーの、コットンテープ仕様。

 

そして

 

IMG_6200.JPG

 

小銭入れ、本体自体の形の崩れを防ぐのと

 

使いやすさを重視した結果の

 

片マチ仕様です。

 

 

IMG_6193.JPG

 

ウォレットロープや、同じくチェーン、

 

もしくはキーホルダーなどを付けれるパーツも装備。

 

 

IMG_6194.JPG

 

言わずもがな、

 

オールハンドステッチング。

 

手縫いです。

 

 

IMG_6201.JPG

 

札の入る部分、小銭入れなどの他にも

 

レシートなどを入れるポケットも付いてます。

 

 

 

と、ここまでは使用の良さを紹介しましたが。

 

気になる部分は、その革でもありますね。

 

 

IMG_6189.JPG

 

最初にチラっと載せましたが

 

色は3色。

 

そして、革。

 

ホーウィン社のラティーゴレザーを使用。

 

ホーウィンって言うと、クロムエクセルが有名ですが、

 

そこをラティーゴレザーを使うといところが別注感でしょ。

 

 

IMG_6190.JPG

 

ナチュラル。

 

これはそのまま、ナチュラル。

 

ちょいと色が濃い目です。

 

IMG_6202.JPG

 

IMG_6203.JPG

 

こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

IMG_6191.JPG

 

ネイビー。

 

ネイビーは、これもバッファロートラックスの得意技です、

 

手染めのネイビー。

 

IMG_6204.JPG

 

IMG_6206.JPG

 

他の色の比べて光沢があります。

 

ステッチもネイビーです。

 

 

 

 

IMG_6192.JPG

 

ブラック。

 

IMG_6211.JPG

 

どこがブラック???と言われてしまう色です。

 

見た目、100%ダークブラウンです。

 

IMG_6209.JPG

 

IMG_6210.JPG

 

これもバッファロートラックスで多く見られる染め。

 

ビネガルーン染めです。

 

お酢で染める手法。

 

世界でも最古のレベルの染め方法なのです。

 

 

と、3種類です。

 

この形、

 

私が個人的に非常に気にいっています。

 

小さいサイフもすごく好きですが、

 

やはりアメカジには長財布が合います。

 

 

というわけでして。

 

¥58000+tax

 

 

この形自体、クラシックスの別注の形なので

 

他で、全く同じ物を見ることは確実にありません。

 

 

各1個づつの入荷です。

 

 

是非是非。

 

IMG_6189.JPG

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ募集、詳しくは上の画像をクリック!是非!

 

 

 


ヤバいジャケット!!FILSON!!DOWN CRUISER!!

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

足元がキンキンに冷えてきて、もっと冬の寒さを感じるようになってきました!

 

ホッカホカなアイテムがドンドン欲しくなってしまいます!

 

そんでそんなホッカホカなアイテムがきてしまいました!!

 

これです!!

 

IMG_6147.JPG

 

FILSON

 

DOWN CRUISER

 

創業100年を越えるフィルソンからとんでもない物が!!

 

この古臭さもありつつ、

 

とことんカッコ良さが目立っちゃうところがいつもニクイ (笑)

 

このアイテムは以前にも当店に入荷した事があります!

 

ですが、

 

かなり好評で、割とすぐに店頭から消えてしまったので、

 

物を見れなかった方も多かったのです。

 

今年の入荷はないと思われましたが、、、、

 

まさかの!!

 

数はとんでもなく少ないですが、

 

やってまいりました!!

 

IMG_6149.JPG

 

TAN

 

IMG_6148.JPG

 

OLIVE

 

以上!2色!

 

とにかくパッと見のカッコ良さでやられてしまうのですが、

 

細かいところも実にこだわり尽くしていますので、

 

見てください!

 

IMG_6152.JPG

 

IMG_6161.JPG

 

ポケットは大型の物が4つ!!

 

さらに見て分かると思いますが、

 

箇所によって生地を変えています!!

 

特に負担の掛かりやすいところを分厚い生地に!

 

ハンティング、アウトドアアイテムとしてはトップにいるフィルソンらしいこだわり!!

 

IMG_6170.JPG

 

これは背中の部分ですが、こちらを見て頂けると分かりやすいでしょう!!

 

上部、下部で色合いが異なっています!!

 

袖口、腰回りはどうしても擦れたりすることが多いですから、

 

それを先に見越しての仕様!!

 

良く考えてるー!!

 

IMG_6166.JPG

 

裏地はスベリの良いナイロン!!

 

IMG_6167.JPG

 

ジッパー付きの内ポケット!!

 

IMG_6164.JPG

 

襟はウールになっていて、

 

IMG_6162.JPG

 

さらに風を侵入させない内リブ!!

 

IMG_6160.JPG

 

ウインドフラップが付いてる上に、

 

IMG_6158.JPG

 

ダブルジッパーでさらに防風性も高めています!!

 

動きを阻害しないための仕様でもあるので、

 

少しずらして使えば、

 

しゃがんだりしても、ジャケットが膨らむこともないです!!

 

バイク乗りにもオススメしたくなる機能性付き!!

 

IMG_6168.JPG

 

裾にはドローコードがあるので絞ればさらに風の侵入を防げる!!

 

とことん防風性などにも特化した作り込みです!!

 

普通のダウンではないのが良く分かるでしょう!!

 

IMG_6153.JPG

 

前方の下部に付いてるポケットはマチ付きなので、

 

物を突っ込んでも平気です!!

 

IMG_6157.JPG

 

さらにスゴイのが、横にスナップボタンが付けられているので、

 

物の膨らみに応じて閉じたり、外したりすることも可能なところ!!

 

これは目立たないところですが、

 

地味に便利な作り!!

 

カバン持たない人なんかは最高に使える仕様だと思いますよ!!

 

IMG_6163.JPG

 

さらにちゃんとハンドポケットも付いてるっていう。

 

しかも内側は起毛した生地が付いてるので非常に暖かい!

 

なにこれ?

 

ひとつのポケット、どんだけ機能的なのよ。

 

これはホントにスゴイっす!!

 

IMG_6169.JPG

 

使われてるボタンは全てフィルソンのオリジナルスナップボタン!!

 

しかも、ちゃんとアメリカ製!!

 

これ重要なヤツですね!!

 

IMG_6172.JPG

 

そして一番目立つ表面の生地はオイルドコットン!!

 

生地の織り目にまで、じっくりと染み込ませているので、

 

通常のコットンよりも防水性防風性まで兼ね備えてます!!

 

これほどの実用性を持ちながらの、

 

このカッコ良さはマジでヤバいです!!

 

すぐに店頭からなくなるわけですわ。

 

IMG_6174.JPG

 

IMG_6176.JPG

 

IMG_6177.JPG

 

※身長176cm、Mサイズ着用

 

 

着ました!!

 

たっぷりダウンが入っているのに、

 

シルエットがキレイなおかげで変に膨らむこともありません!!

 

アメリカサイズなので、少しサイズ感は大きめです!!

 

なので普段Lサイズを着るボクがこのMサイズでピッタリです!!

 

IMG_6179.JPG

 

にしてもカッコイイですね。。。

 

やはりただのダウンではないってことが分かるので余計に惹かれる。。。

 

IMG_6181.JPG

 

IMG_6183.JPG

 

IMG_6182.JPG

 

IMG_6185.JPG

 

どちらの色もホントにカッコいい色!!

 

これ、両方の色欲しくなる人も出てくるんじゃね?

 

ってくらいに甲乙つけがたいです!!

 

人と差を付けたい方はこのダウンを買うべき!!

 

今、色んな人がダウンを着ていますが、

 

このダウンは間違いなく着ている人少ないです!!

 

天邪鬼な当店らしい最高なダウンです (笑)

 

IMG_6186.JPG

 

入荷したのは、どちらもMサイズのみ!!

 

各1点ずつ!!

 

これは争奪戦です!!

 

お値段は

 

¥88000−+TAX

 

です!!

 

間違いなく満足度100%なアイテム!!

 

ぜひ!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

スタッフ募集中!!

 

詳しくは画像をクリック!!

 

 


BUZZ RICKSON'S B-10

カヲルです。

 

何しろ寒い。

 

12月ですもの。

 

 

というわけで、引き続き。

 

でもないけど、ちょいちょい書いてます。

 

フライトジャケットのブログ。

 

 

 

本日のブログはこれ。

 

B−10です。

 

 

先日はMA−1や、B−15C、B−15DをUPしていましたが、

 

その辺のシリーズのおおよその元となっているのが

 

このB−10。

 

 

シープスキンのB−3などの代替品として生まれたこのB−10。

 

やはり皮革素材となると、

 

戦時下では確保が難しい為、

 

ここでB−10の登場となるわけです。

 

 

 

 

登場が1943年7月22日。

 

なので、エアフォースマークの表記も

 

ARMY AIR FORCE(陸軍航空部隊)の表記。

 

そこで、登場年に

 

なぜ日付まで書いたかというと、

 

ここからのB−15、B−15A・・・・と続くモデルは

 

数か月単位でモデルチェンジを繰り返します。

 

登場して、実戦自体が試験的な感じでしょうから。

 

その状況や、戦況などに応じてモデルが変わっていきます。

 

 

B−10の表面の素材。

 

 

ツイル生地。

 

言うまでもなく、皮革に比べると

 

生産効率も良く、大量生産が出来る素材を採用したわけなのです。

 

 

そしてライニングは

 

アルパカ・ウールパイル。

 

染めも入っていないナチュラルカラーのライニングです。

 

 

 

襟ボアは、この後に続くモデルに比べると

 

通常のシャツやジャケットに近い襟の大きさにボアが付いている感じです。

 

B−15からは大きく変化していきます。

 

この頃はまだモデファイドのようなモデルに変更しなければいけないという想像も出来ない

 

でしょうから、この大きさでは小さいという話になり、

 

大きく変化していくのでしょう。

 

 

 

この後に続くモデルには無い

 

パッチポケットのモデル。

 

そして、

 

 

ストームフラップが首の部分まできていないモデルでもあります。

 

みぞおちから下部分にしかフラップが無くて、

 

これじゃあ風が入ってくるというのは、

 

今我々でも想像できるのですが、

 

実際に採用されているわけなので、

 

ここは必要ないんじゃないの??って話になったんでしょうね。

 

実際にこの後のモデルからは

 

ゴッツいストームフラップが装備されます。

 

やっぱし寒いよ、これ!

 

って話になったんでしょうね、これ。

 

 

そして、ストームフラップには

 

左肩と同じくARMY AIR FORCEのステンシル。

 

こちらはカラーのステンシルではなく、スタンプ。

 

 

 

そして、これ。

 

エポレット。

 

私はスタッフでありながら、

 

この辺ってすごく調べた事が無いんですけど・・・・

 

エポレットの存在理由。

 

これまたいろいろな話を聞くんですが。

 

小銃のストラップが肩から落ちないように留める物とか、

 

航空機などの搭乗機が墜落した時など、

 

両肩のエポレットを引っ掛けて引っぱり出す為などなど、

 

他にもいろんなエピソードや使用方法を聞きますが、

 

どーなんだろう??

 

というのは置いといて。

 

エポレットが付いているモデル=古い物

 

という認識も無くはない。

 

B−15からは付いていないですしね。

 

 

 

さっきもUPした画像ですが。

 

この後のモデルには、

 

エアフォースマークの下にシガレットポケット、ペンポケットなどが付いています。

 

が、B−10には付いていないのです。まだ。

 

 

しかし、

 

 

これも先ほど紹介した、B−10の特徴、パッチポケット。

 

の、

 

 

左のポケットに、こんな感じで付いてます。

 

で、

 

 

こんな感じで、

 

ポケットのフラップに外まで貫通している穴が開いていて、

 

フラップ開くと、こんな感じで

 

実は中にちゃんとペン用のポケットが付いています。

 

実際にペンを入れて使うシチュエーションってなかなか無いでしょうけども、

 

こうゆうディティールってのは、惹かれます。

 

 

 

フロントのファスナー。

 

これはブラスで、メッキなど無し。

 

COMMATICのジッパーが付いてます。

 

引手のレザーは縫い付けではなく、

 

革のヒモを留めて付いているだけの仕様。

 

 

 

先に書いた通りですが、

 

ライニングはアルパカ・ウールパイル。

 

シープスキンに比べると、かさばらず、軽いというのはあれど、

 

やはり接合部分などはかさばります。

 

脇もそのひとつ。

 

というか脇下というのが、一番かさばるポイントかもしれません。

 

が、上の画像のような仕様。

 

ここでナイロン素材の登場。

 

脇部分が薄くなっていて、アルパカが付いていないのですが、

 

耐久摩耗性などが優れている素材を使っているというのも、

 

ミリタリージャケットというポイント。

 

 

 

リブなどは特に変わった所も無いのですが、

 

このウールリブというのは

 

このB−10というモデルからMA−1に至るまで、

 

ずっと採用されています。

 

素材が化学繊維に変わっていっても、

 

リブのウール素材というのは変わらずなのです。

 

というわけで、リブのお話つながりなのですが

 

 

通常のオリーブカラーのリブだけではなく、

 

この赤茶色のリブも存在します。

 

実際のビンテージなんかでは珍しいのですが、

 

バズの数年に一度、赤リブの復刻をしていますが、

 

必ず出すという保証もない物なので、

 

レア感が強いアイテムです。

 

(現在、クラシックスの店頭にもサイズ40が1枚のみしかありませんが。。。)

 

 

 

そして、この赤リブのモデル。

 

何気に襟ボアも赤めで、生地もオリーブが強い色合い。

 

ゆえに、赤リブは人気があります。

 

理屈抜きで、色のバランスが絶妙だったりしますからね。

 

 

 

B−15などに比べると、シルエットはややタイトめ。

 

そこがB−10のポイントでもあります。

 

もこっとした感じというよりは、

 

 

胴回りや、腕なんかも

 

タイトめ。

 

 

 

 

 

後ろ姿も、こんな感じでタイト。

 

 

先にもお話した通り、

 

着てみている画像だと、その小ぶり感が伝わると思います。

 

 

 

というわけで。

 

 

 

B−10。

 

シープスキンからの進化版フライトジャケット。

 

是非是非。

 

 

 

スタッフ募集中。

 

詳しくは上の画像をクリック。

 

 


BUZZ RICKSON'S B-15A MOD

カヲルです。

 

 

人間の記憶というものは、

 

ネガティブな思い出などを薄れさせ、

 

薄れるだけでなく、

 

あんな事も楽しかったなーと思うことすらあります。

 

 

そう。

 

このジャケットのように。

 

 

 

こんなのもあったのか!

 

と唸る人、たくさんなの間違いナシ。

 

「B−15A MOD」

 

 

先日ブログでも長々とお話させていただきましたが、

 

B−15シリーズの2番目。

 

マニアック中のマニアックモデルです。

 

古着市場でも

 

B−15シリーズの中でもダントツで出てこないモデルでしょう。

 

当然の事ながら、

 

バズリクソンズでも、10年に1度というレベルでしか出ないモデルです。

 

いや、10年に1度、出ればかなり良い方だと思います。

 

 

その大きな特徴は、

 

 

この胸の

 

 

さんかく。

 

 

そう、ボックスタブが

 

この形だった唯一のモデルがB−15A。

 

他のB−15などは

 

 

こんな感じの縦長の四角なのですが。

 

 

という、さんかくのボックスタブというのが一番大きな特徴になります。

 

B−15Aというのは、

 

これまた面白いモデル。

 

生産時期というのも異常に短いというのもあり、

 

なかばテストサンプル的な、試験的な実践モデルとでも言うべきと思います。

 

 

B−15Aの特徴のひとつ、

 

さんかくじゃなくて、

 

これ。

 

 

気がつきますか??

 

ジッパー。

 

真ん中じゃないのが。

 

B−15Aの前身のモデルの

 

B−15も、ジッパーは真ん中でなないのですが、

 

そこから引き続いているディティールです。

 

そしてジッパーを開くと

 

 

ストームフラップが、こんな感じ。

 

 

B−15Cなどは

 

 

B−15Aのボックスタブが三角だったのに対し、

 

こっちが逆にさんかくのステッチでした。

 

 

ストームフラップは、ジッパーの開閉時に

 

形がしっかり保たれていないと

 

開閉がしずらいというのと、

 

閉じている時にも、

 

風がジッパーの隙間から侵入してきてしまうという事もあり、

 

 

こうやって、ステッチを入れたりして

 

この形をキープさせるようにしていました。

 

 

 

あと、これ。

 

酸素ボンベのパイプを留めておくループがあるのは

 

B−15Cも一緒。

 

B−15Aの物は、年代も古い年代の留め具。

 

この後から、

 

IMG_5867.JPG

 

この、大型のスナップボタンの仕様になります。

 

 

そして

 

 

これだ。これ。

 

ライニング。

 

 

B−15Aまでは、

 

ライニングがアルパカパイルになるのです。

 

アルパカ、アルパカと言っていますが、

 

そのほとんどが、ウール、アクリルなどの混合毛。

 

実際の戦いの中、品質云々というよりも、

 

実際問題は何とか間に合わせないといけないというのが強いという感じ。

 

故に、このモデルはこの仕様!というのがありつつも、

 

無限にプロトタイプのようなイレギュラー品が存在します。

 

 

 

ジッパーの引手は、ブラウンのレザー。

 

 

 

リブも特に何か特別な仕様は無し。

 

ウールなので、虫食い注意。

 

 

 

 

で、このモデル。

 

B−15Cの時のブログでもお話しましたが。

 

アメリカ空軍と、アメリカ陸軍航空隊との中間の期間のモデルなのですが。

 

B−15Aの色は、アメリカ陸軍の色。

 

アメリカ陸軍航空隊としての航空部隊なのです。

 

 

ゆえに、

 

 

エアフォースマークも、

 

U.S.AIR FORCEじゃなく、

 

ARMY AIR FORCEなのです。

 

これも、この年代の大きな特徴のひとつなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も言ってしまうのですが。

 

このモデル、

 

次にメーカーが発売して、

 

店頭でお目にかかれるまでには、

 

おそらくこれから下手すりゃ10年ぐらいかかるであろうモデルなのです。

 

 

我々も店頭に居て、

 

実際にこのモデルを着てくるお客さんを見たことがほぼない、

 

見たことがあるかもしれないですけど、

 

記憶には無い。。。という感じ。

 

 

限定という言葉に心躍る昨今ですが。

 

限定という言葉が付いているわけでもなく、

 

数年、十数年に一度訪れる、

 

自然現象みたいな。

 

 

限定よりも諦め切れないこの感じ。

 

 

店頭に、サイズ40のみ。

 

もちろんラスト1枚。

 

 

是非!

 

 

 

スタッフ募集、詳しくは上の画像をクリック

 

 

 


漢のレザー!!VANSON入荷!!

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

題名でも分かる通り、とんでもないヤツがまさかの入荷です!!

 

今年最後の大物でしょう!!

 

IMG_6040.JPG

 

VANSON LEATHERS

 

C2RN JACKET


バンソン!!

 

アメリカ製のレザーといえばこのブランドを思い浮かべる方も多いのでは?

 

創業当時から最新技術を積極的に取り入れていったバンソンは、

 

地元ボストンにてレーシングジャケットとしての評価を高めていきました!

 

しかし、オイルショックの煽りを受けて倒産し、終わるかと思いましたが、

 

80年代後半に工場を移転し復活を遂げます!


その後、モーターサイクルレザージャケットとしての市場に進出し、

 

ヨーロッパと日本を中心に需要が高まり、地位を盤石なものにしました!

 

日本でも90年代、渋カジ全盛期の時は「バンソン狩り」なんて事件もあったくらいに、

 

バンソンの需要は非常に強かった記憶があります!

 

とにもかくにもバンソンというのは日本では欠かせないレザーアイテムだったんですね!

 

そんな歴史も深いバンソンからの今回の刺客!!

 

IMG_6041.JPG

 

C2というダブルライダースなのですが、

 

一味違うのがこれはメーカー別注品ということ!!

 

本来のバンソンのラインナップにはこのモデルは存在しません!!

 

そのための証拠として品番はC2RNという表記になっています!!

 

 

このRNというのが別注ということを証明する管理番号のようなモノ!!

 

つまりどこでも手に入るようなレザーではないという事です!!

 

IMG_6045.JPG

 

主なカスタム箇所としては、

 

エポレットの排除とベルト!!

 

さらに金具もブラスではなくニッケルに変更しています!!

 

IMG_6043.JPG

 

袖口はジッパー!!

 

IMG_6036.JPG

 

裾はダブル!!

 

そしてバンソンネームのアメリカ製ジッパー!

 

さらに壊れにくいように下側にはYKKジッパーも使用しています!!

 

IMG_6047.JPG

 

前身頃に取り付けられたポケット!!

 

この手のレザージャケットには珍しく、手を収納できるポケットも!!

 

これはC2モデルでもある仕様です!!

 

IMG_6037.JPG

 

分かりづらいのですが、

 

胸のジッパーポケットの角度も変えています!!

 

本来のC2モデルより、水平に近い感じにしています!!

 

IMG_6050.JPG

 

裏地はコットンナイロン!!

 

IMG_6048.JPG

 

右の内側にポケットも!!

 

こういうの非常に使えるディテールです!!

 

IMG_6046.JPG

 

このジャケットの最大の特徴かつ、1番のメインどころでもあるレザー!!

 

これは本来なら使えない、ソフトレザーという革を使用!!

 

牛革なんですが非常にしなやかでツヤ感もある高級レザー!!

 

この荒々しいシボがあるのも特徴的!!

 

革の厚みは結構すごいですが、柔らかいので実に羽織りやすいです!!

 

使い込むとさらにツヤ感が増してくるので、

 

ガンガン使い込みたくなるレザーです!!

 

IMG_6054.JPG

 

※168cm、サイズ38着用

 

 

着てもらいました!!

 

別注品ということでシルエットも変更してます!!

 

全体的にタイトに仕上げているので、

 

ダブルならではのゴツさを軽減!!

 

さらにレザーの革質のおかげでストレスを感じずに着れちゃいます!!

 

IMG_6057.JPG

 

IMG_6058.JPG

 

IMG_6060.JPG

 

後ろ姿もスッキリしていてカッコイイ!!

 

漢の背中!!

 

IMG_6062.JPG

 

※176cm、サイズ40着用

 

 

自分も着てみました!!

 

これは着やすくてたまりませんな!!

 

IMG_6063.JPG

 

IMG_6068.JPG

 

IMG_6069.JPG

 

やっぱレザーは最高にいいわー!!

 

こうカッコイイとなんとかして欲しくなってしまいます!!

 

レザーってそういうもんですよね?

 

それと何個も持ってるのに何でこうも欲しくなるんですかね?

 

デニムとレザーだけはホントに何個も何個も欲しくなる!!

 

IMG_6065.JPG

 

IMG_6066.JPG

 

ちなみに前を閉めるとこんな感じ!

 

ビシッと全部閉めてもカッコイイ!!

 

ダブルだから出来るカッコ良さ!!

 

IMG_6031.JPG

 

通常のラインナップに存在しない激レアのバンソンレザー!!

 

これは探しても購入出来るとこがマジでないと思います!!

 

みなさん!!

 

ボーナス握り締めて買いにこおおおおおい!!!

 

サイズは

 

36、38、40、42

 

お値段は

 

178000−+TAX

 

です!!

 

衝動買い、しちゃいなよ (笑)

 

IMG_6056.JPG

 

IMG_6064.JPG

 

超レアなジャケットご用意して、

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

詳しくは画像をクリック!!!

 

 

 

 

 

 

 


今年最後の別注企画!!BARBARIAN!!やっぱすごいぜっ!!コイツでキマリ!!

まいど!!

 

イワサワです。

 

さすが12月の空気になってきましたww

 

年の瀬ってなんとなくバタバタしますよね!

 

まぁ、それも「年末」って感じで楽しんでいきましょう(*´з`)

 

さて、2017年も色々な別注企画を提案させていただきました!

 

そして今年最後の別注企画!!

 

いかにもJUNKY CLASSICSってなアイテム、見てやってください!!

 

IMG_5493.JPG

はい!コレっ!!

 

IMG_5499.JPG

BARBARIAN!!

 

言わずと知れたカナダのラグビーウェアメーカーです!!

 

夏にも別注オーダーをさせて頂きましたが、

 

今回は冬バージョンでの登場です!!

 

12ozのヘビーウェイト!!

 

このゴッツイ生地は病みつきになります。

 

なんせラガーシャツにリアルに使われている生地。

 

それが何を表すかと言うと ”丈夫” その一言に尽きます。

 

そりゃあ、あんだけ激しいスポーツで(もはや格闘技!?)

 

つかまれたり、引っぱられたりしても大丈夫なシャツを作ってるんだから当然と言えば当然。

 

そんな頑丈なギア、みんな大好物でしょ!?

 

IMG_5500.JPG

ちょっと変わったボーダー。

 

もちろん意味アリ!!

 

オフホワイトにブルーのボーダー。

 

lvc-stripe-blue1.jpg

実はこのボーダーパターン、

 

1960年代のLevi'sのTシャツからインスピレーションを受けてできたパターン!!

 

なんとも言えないオールド感も漂う良い柄。

 

ロンTに落とし込んだのも面白いんじゃないかな、と。

 

そんな素敵なボーダーをBARBARIANのクオリティでやっちゃうってんだから

 

面白くないわけがない!!

 

IMG_5494.JPG

MADE IN CANADAがキラリと光る伝統ある織りネーム。

 

IMG_5495.JPG

袖口にもBARBARIANのネームが!

 

ボディカラーを邪魔しない気配りが効いてます!!

 

IMG_5502.JPG

袖口はリブ無しタイプ。

 

着やすさ抜群!!

 

この画像でも生地の厚さが伝わるかと!!

 

IMG_5501.JPG

糸染めの糸で生地を織っていくので新品の時は色がバチッと出ています。

 

コレが着込んで、洗い込んでいくことによって

 

ハンパない風合いに変化していきます。

 

色もカスッカスに抜けてきてなんとも言えない雰囲気に!!

 

そうなった時に生地がまったくヘタっていないってのはうれしいところ♡

 

IMG_5503.JPG

最強のリブ。

 

コイツだからなにも気にせず安心して着ることができます!!

 

12ozの目の粗さがド迫力でしょ!?

 

コレを洗い込むと目が詰まってきてギシギシした感じになってくるんだよね。

 

実際、体感してもらえたら良さがわかるはず!!

 

そんなJUNKY CLASSICS別注 "BARBARIAN"

 

やっぱり着てみたらどんな感じか見てみたい!!

IMG_6095.JPG

さっそくギャラリー、スタートです(*´з`)

 

IMG_6094.JPG

サラッとジーンズにフライトジャケット。

 

ちなみにデニムはFULL COUNT1108

 

フライトはBUZZ RICKSONS L-2!!

 

IMG_6098.JPG

こんな着こなしが一番しっくりきませんか!?

 

IMG_6102.JPG

ちょっとハードなフライトもさわやかBOYに!!

 

IMG_6103.JPG

そしてひとたびフライトを脱げば...

 

IMG_6107.JPG

さらなるさわやかなBOYに!!

 

IMG_6108.JPG

生成りにブルーのボーダーパターンがマジでカッコいい!!

 

IMG_6105.JPG

168cmでサイズMを着用。

 

すこ〜しだけゆったりしたシルエットがまた良い雰囲気。

 

IMG_6109.JPG

ホントは晴天の真っ青な空と対比したかった〜〜💦

 

でも、なんだか寒い冬も元気になる!!

 

IMG_6106.JPG

ありそうでないボーダー。

 

こんな一枚、ワードローブにいかがですか??

 

SIZE  XS×3  S×4  M×4  L×4  XL×1

 

PRICE ¥12000+TAX

 

 

IMG_6110.JPG

じつは〜

 

今日の夜、もう一発ブログいきます!!

 

楽しみに待っててちょ!!

 

そこんとこヨロシク!!

 

 

 

 


DAPPER'S×GROOVER!!スペシャルエディション!!

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

昼間も非常に寒くなってきて冬本番ですね!

 

アウターアイテム充実してますんで是非とも当店まで足を運んでみてください!!

 

それでは、最近入荷してきた超スペシャルなアイテムをご紹介します!

 

IMG_5998.JPG

 

DAPPER'S×GROOVER

 

Eyewear SEVEN Lot.1225

 

 

以前、当店でも大好評だったダッパーズとグルーバーのコラボモデル!!

 

今回はまただいぶスペシャルなモノが入荷してきましたよ!!

 

国内最高峰の職人が1つ1つ手作業にて仕上げるグルーバー!!

 

掛け心地も非常に素晴らしいです!!

 

そんなグルーバーから今度出る新作というのが、

 

今回のセブンという形のアイウェア!

 

その新モデルを特別に先行発売!!

 

ですが、

 

パーツやレンズなどは今回の別注のためにセレクトした特別な部材!!

 

この組み合わせのモデルはダッパーズのみ!!

 

しかも、

 

各色25本のみスペシャル限定モデルなのです!!

 

とまあ、逃すと二度と手に入らないよ!っていうことですわ。

 

うん、わかりやすい。

 

では見ていきましょう!

 

IMG_5999.JPG

 

DEMI MAT

 

IMG_6000.JPG

 

BLACK

 

2色展開!

 

IMG_6005.JPG

 

IMG_6015.JPG

 

IMG_6014.JPG

 

IMG_6004.JPG

 

片側ずつに両ブランドの刻印入り!

 

そしてテンプル部分に掛かるこのパーツ!

 

IMG_6007.JPG

 

IMG_6008.JPG

 

さらに耳に掛かる金具縄手の部分!

 

全て今回のために成型したオリジナルパーツ!!

 

IMG_6010.JPG

 

IMG_6011.JPG

 

レンズは

 

UV加工反射防止コート付き!!

 

フレームも丸みを持たせ、高級感のある仕上がりになっています!!

 

IMG_6012.JPG

 

専用ケースと!

 

IMG_6013.JPG

 

オリジナルの専用布付きになってます!!

 

IMG_6023.JPG

 

IMG_6022.JPG

 

付けてみました!

 

やっぱり吸い付くような掛け心地なので閉塞感が感じません!!

 

僕は割とテンプル部分が広いので、

 

こういったサングラスなどは基本的に締め付けられる感じなのですが、

 

これはない!!

 

それだけで嬉しくなりますね!!

 

IMG_6024.JPG

 

IMG_6021.JPG

 

どちらを掛けても実にシブい!!

 

丸いフレームは難しい印象が強かったですが、

 

これは形が良いせいか、良い意味でクセもないので最高ですね!!

 

IMG_6019.JPG

 

IMG_6025.JPG

 

是非とも今回の限定スペシャルエディション!!

 

手に入れてください!!

 

各色2個ずつ入荷でしたが、

 

どちらも売れてしまったので、

 

各色1つずつのみ!!

 

お早めに!!

 

IMG_6027.JPG

 

お値段は

 

¥38000−+TAX

 

となります!

 

それでは今日はこの辺で!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!

 

 

詳しくは画像をクリック!!!

 

 

 

 

 

 


| 1/145PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.