アメリカを、感じざるを得ません。究極の無地Teeの巻

 

こんにちは!!

 

ドバシですどば豚どば豚どば豚

 

夏の王様。

 

いや、

 

アメカジ、洋服と言うジャンルで、

 

季節を問わず、

 

ジャンルの枠を越えて、

 

最もポピュラーなモノ。

 

Teeシャツ!!

 

原点ですが、

 

逆に言ってしまえば一番重要で奥が深い。

 

たかが無地Tee、

 

されど無地Tee。

 

そこには、

 

各々のコダワリがあり、

 

同じTeeシャツでも着る人によって全然表情が変わるのも面白いところです。

 

カクテルで言えば、同じ材料を使っても、作り手によって味が変わってしまう

 

"マティーニ"みたいな感じでしょうか。

 

そんなわけで今回は

 

ザ・アメリカ!

 

な無地Teeの御紹介です!!

 

IMGP0631.JPG

 

クラシックスインスタグラム

 

をチェックして下さってる方ならもうご存知かと思います!

 

IMGP0586.JPG

 

CAMBER

 

"MAX WEIGHT 8oz COTTON KNIT POCKET T-SHIRT"

 

です!!

 

CAMBERと言えば、

 

知ってる人は知っている、

 

アメリカ製を貫く老舗メーカーというイメージですが、

 

その歴史はアメリカのペンシルバニア州にて1948年にスタートします。

 

最初はスポーツチームや、体育協会から

 

ボディを受注され生産する工場でした。

 

その経験を活かし、

 

1992年にCAMBERという名前でブランドが誕生しました。

 

IMGP0597.JPG

 

ほんとに、ドシンプルなポケTee。

 

CAMBERのマックスウェイトは

 

IMGP0609.JPG

 

ガッチガチの、

 

超ヘビーオンスボディ!

 

まさにアメリカだからこそなせる技。

 

最高な生地なんですが、

 

やっぱりアメリカモノというのもあって、

 

どうしてもシルエットが、、、

 

首が締まっていて、

 

袖が太い、、、

 

言葉だけだとイメージが湧きずらいかもしれませんが、

 

正直日本人向きじゃなくて着ずらいんです。

 

が、

 

このマックスウェイトに関しては

 

日本別注なんです!!!!

 

もちろん、

 

生産国はアメリカのまま。

 

イメージを崩さないままです。

 

正直めちゃくちゃ着やすいです。

 

無地Teeはシンプルだからこそ

 

シルエットの良し悪し、

 

生地の良し悪しが問われますが、

 

それに関して言えば

 

このTeeシャツは全て兼ね備わっています!!

 

IMGP0611.JPG

 

首のリブも、

 

狭すぎず、広すぎず。

 

ほんとに丁度いい塩梅です。

 

IMGP0580.JPG

 

色は全部で9色!

 

IMGP0594.JPG

 

左から

 

白、キナリ、ヘザーグレイ。

 

IMGP0588.JPG

 

オレンジ、赤、バーガンディ。

 

IMGP0592.JPG

 

緑、黒、ネイビーです!!

 

カラーバリエーションが多いのも魅力!

 

どれもアメリカっぽい色ですね〜

 

白なんて、ただの白なんですが、

 

どこかアメリカっぽい白って感じです。

 

しかも全て

 

先染め

 

なので、着込んで洗い込んでいくと色が落ちてきて経年変化も楽しめます。

 

IMGP0652.JPG

 

この左が、

 

カヲル先生が約1年着込んだもの。

 

こうして比べると分かりますね。

 

IMGP0658.JPG

 

これが、

 

IMGP0657.JPG

 

こうなり、

 

IMGP0659.JPG

 

これが、

 

IMGP0656.JPG

 

こうなります。

 

良い感じのカスレが、

 

古着っぽくてカッコいいです!

 

そしてもう一種類、

 

IMGP0618.JPG

 

同じ生地で、

 

ヘンリーネック!!

 

IMGP0614.JPG

 

色は4色。

 

ヘザーグレー、白、キナリ、黒です!

 

IMGP0623.JPG

 

ボタンはデカメな尿素ボタン。

 

クラシカルなスタイルにもバッチリハマります!

 

IMGP0602.JPG

 

フラッシャーも、

 

いかにもアメリカって感じがしてカッコいいです!!

 

IMGP0573.JPG

 

それでは、

 

シルエットを見てみましょう!!

 

IMGP0648.JPG

 

カヲル先生です!!

 

IMGP0637.JPG

 

 

IMGP0643.JPG

 

※身長168cmでサイズM着用。

 

IMGP0675.JPG

 

ヘンリーも着てもらいました。

 

IMGP0665.JPG

 

 

IMGP0673.JPG

 

今はナマを着てもらっていますが、

 

洗濯をしますと丈が3〜4センチ縮みますので、

 

けっこう印象が変わるかと思います。

 

お値段、

 

ポケTee

 

5500。

 

ヘンリー

 

6900。

 

アメリカの良さが詰まったTeeシャツ。

 

価格も安く、色も多いので遊びにも良いと思います。

 

この夏、

 

1枚、いや、

 

何枚かいかが?

 

IMGP0663.JPG

 

皆様のお越しをお待ちしております!!

 

 

 


H.W.DOG&CO UNION SPECIAL CAP再入荷の巻

 

こんにちは!!

 

ドバシですどば豚どば豚どば豚

 

前回も被り物のブログでしたが、

 

また被り物です笑

 

こちらもクラシックスでは入荷の度、毎度好評いただいてます。

 

IMGP0482.JPG

 

H.W.DOG&CO "UNION SPECIAL CAP"  

 

の定番カラーが大量再入荷しました!

 

今クラシックスにある色は全部で5色。

 

IMGP0487.JPG

 

ホワイト

 

IMGP0489.JPG

 

ネイビー

 

IMGP0497.JPG

 

ブラック

 

IMGP0496.JPG

 

ブラウン

 

IMGP0493.JPG

 

オリーブ

 

です!!

 

他にも限定の

 

コーンミルズのデニム生地を使用したキャップ

 

もありますのでそちらもよろしくお願いします!

 

生地は

 

 

上質なコットンツイルを使用。

 

ヘビーオンスで、型くずれしにくい生地です。

 

IMGP0480.JPG

 

ツバ裏は、

 

このUNION SPECIAL CAPの

 

名前の由来にもなっている、

 

UNION SPECIAL(というミシン)を使用した"チェーンステッチ"が入っています。

 

そして、

 

個人的にポイント高いのがコレ

 

IMGP0502.JPG

 

こういうキャップは

 

この6枚剥ぎの一番ツラの部分(ツバの上の部分)に型くずれしないように型紙等で処理してあるものが多く、

 

それが洗ったり、潰したりするとクセになって残ってしまうんですよね、、、

 

でもコレないんです!

 

かといってなんもしてないだけじゃない。

 

生地が2枚重なってるんですね!!

 

工夫されてます。

 

これによって、

 

クシャっとしてケツポケに入れても、

 

洗濯をいくらしても。

 

ほとんど型くずれしないんです!

 

うちのカヲル先生の

 

約1年間着用のキャップを見て下さい!

 

IMGP0504.JPG

 

ほぼ毎回被るたびに洗っているそうで。

 

経年変化してきています。

 

IMGP0510.JPG

 

コレが。

 

IMGP0509.JPG

 

こう。

 

IMGP0506.JPG

 

 

IMGP0508.JPG

 

擦れる場所はいい感じに白っちゃけ、

 

IMGP0505.JPG

 

プリントは良い感じにカスレてきています。

 

洗えるキャップって、

 

いいですよね。

 

それでは、説明はこの辺で。

 

実際に被ってみました!

 

IMGP0525.JPG

 

ドバシです。

 

茶色被りました。

 

IMGP0528.JPG

 

 

IMGP0530.JPG

 

このツイストがボリューミーすぎて、、、

 

ただ被るだけでも超苦戦しました笑

 

私的な話しになりますが、

 

このキャップ大好きでずーーっと被ってたんですが、

 

この髪にしてから、全然被れなくてちょっと後悔してます!

 

IMGP0538.JPG

 

次、死ぬほど大変な思いしながらオリーブ被りました。

 

IMGP0540.JPG

 

 

IMGP0541.JPG

 

このボリューミーな髪を優しく包み込んでくれました。

 

お次は、

 

IMGP0511.JPG

 

明るい色が誰よりも似合う漢。

 

イワサワさんです!!

 

IMGP0514.JPG

 

 

IMGP0515.JPG

 

白も爽やか夏っぽくていいですね。

 

IMGP0517.JPG

 

ネイビーです。

 

IMGP0518.JPG

 

 

IMGP0521.JPG

 

まあこれはテッパンでカッコイイ!

 

何にでも相性いいです!

 

そして最後に

 

IMGP0546.JPG

 

カヲル先生です!

 

IMGP0547.JPG

 

 

IMGP0549.JPG

 

このキャップが、

 

IMGP0544.JPG

 

こうなる。(約一年着用)

 

自分の使い慣れたものって、

 

いいもんです。

 

合わせやすい!

 

洗える!

 

一個持ってたら間違いなく重宝するキャップ!!!

 

お値段

 

7900。

 

是非、一つ。

 

いつものバリエーションに加えてみてはいかがでしょう。

 

通販記載してます!!!!

 

 


今年もやってきました!!Dapper'sのCasquetteの話し

 

こんにちは!

 

ドバシですどば豚どば豚どば豚

 

今回は被り物です!

 

IMGP0441.JPG

 

Dapper'sより、

 

毎度入荷の度に大好評いただいております。

 

コチラ!!

 

IMGP0419.JPG

 

"TypeGM"Casquette

 

です!!

 

GMタイプとは、

 

ゼネラルモータースの略で、

 

40sくらいにゼネラルモータースのスタッフが被っていたカタチのことです。

 

 

最大の特徴は、

 

IMGP0425.JPG

 

手づけのデカメな天ボタン。

 

今回の生地は夏らしい、

 

IMGP0420.JPG

 

麻のタイプ。

 

IMGP0426.JPG

 

(生地のアップ)

 

と、

 

オーソドックスな

 

IMGP0422.JPG

 

ピンチェックと

 

10ozのデニム。

 

IMGP0427.JPG

 

 

IMGP0428.JPG

 

デニムの方はステッチのバーガンディを使用しています。

 

こういうの遊び心があって面白い。

 

ピンチェック&デニムは

 

IMGP0424.JPG

 

ビン革が茶色で、

 

麻のタイプは

 

IMGP0423.JPG

 

黒です。

 

今までのモデルと同様馬革を使用しています。

 

それでは

 

被ってもらいました!!

 

IMGP0432.JPG

 

イトウの兄貴です!

 

ピンチェック。

 

IMGP0430.JPG

 

デニム。

 

IMGP0434.JPG

 

麻(白)

 

IMGP0439.JPG

 

麻(オリーブ)

 

形もイイです!

 

お値段、

 

 

8200。

 

ピンチェック、デニム

 

7800。

 

麻は涼しくて夏にもってこいですよ!

 

オススメです!!!!

 

この夏、ワークに決めちゃいましょう!!

 

 

 


TOPO DESIGNの新色の巻

 

こんにちは!!

 

ドバシですどば豚どば豚どば豚

 

今回は

 

夏に大活躍なBAGです!!

 

コチラ!

 

IMGP0325.JPG

 

アメリカはコロラド州で2007年に設立した、

 

TOPO DESIGN

 

より、

 

IMGP0386.JPG

 

"QUIK BAG"

 

"UTILITYBAG"

 

"ACCESSORYBAG"

 

の入荷です!!

 

IMGP0367.JPG

 

トポデザインは、

 

彫刻家でもあるデザイナー、JEDD ROSE氏がデザインしています。

 

奇抜な色使いですが、作りはシンプルで、

 

IMGP0350.JPG

 

アメリカ製。

 

実にアメリカしているアウトドアメーカーです。

 

作りも、地元であるコロラド州にて何度もテストをして、

 

修正を繰り返して作っていますので、安心のクオリティ。

 

上にも書きましたが今回の入荷は3型。

 

まずは

 

IMGP0381.JPG

 

"ACCESSORY BAG"

 

こちらは去年、一昨年とうちでもやっている形。

 

大きさが丁度よくて、

 

バッグインバッグにもってこいなんですよね〜。

 

ホントに余計なものをそぎ落としたシンプルな作りで、

 

中を開けると

 

IMGP0345.JPG

 

奇抜な蛍光イエローが覗きます!

 

夏らしい配色です!

 

お次は

 

IMGP0382.JPG

 

"UTILITY BAG"

 

です!!

 

こちらはさっきのバッグを少し大きくして、

 

IMGP0367.JPG

 

持ち手を付けたバージョン!

 

作りはさっきのバックとほとんど変わらないシンプルな作り。

 

最後は

 

IMGP0378.JPG

 

"QUIK BAG"

 

です!

 

IMGP0373.JPG

 

手前のジッパーを開けると、

 

こんな感じでいくつかポケットが付き、

 

カギなんかを付けられるフックも付きます。

 

IMGP0375.JPG

 

中のジッパーを開けると

 

中々の大容量。

 

そして

 

IMGP0413.JPG

 

背中のベルトを、

 

IMGP0414.JPG

 

中に閉まって

 

付属のショルダーを付ければ

 

IMGP0417.JPG

 

ショルダーバッグに早変わり!!

 

これ便利!

 

3つ全てのモデルのジッパーには

 

IMGP0357.JPG

 

天下のYKKが付きます!

 

大きさは3つともだいたいこれくらい。(タバコ比べ)

 

IMGP0369.JPG

 

この大きさがチョイ出かけの時に便利で、

 

夏、ムショーに欲しくなるんですよね〜

 

それでは!

 

持ってもらいました。

 

IMGP0402.JPG

 

QUIK BAG

 

IMGP0403.JPG

 

カヲル先生です!

 

IMGP0397.JPG

 

 

IMGP0400.JPG

 

ウエストポーチVer。

 

 

 

IMGP0395.JPG

 

ショルダーVer。

 

 

手持ちVer。

 

お次は

 

IMGP0406.JPG

 

UTILITY BAG

 

IMGP0407.JPG

 

 

IMGP0410.JPG

 

最後に

 

IMGP0411.JPG

 

ACCESSORY BAG

 

どうですか?

 

丁度いい大きさでしょ!

 

これから、

 

バーベキューや旅行など増えてくると季節と思います!

 

一個持ってると便利ですよ!!

 

お値段

 

QUIK BAG

 

9800。

 

UTILITY BAG

 

3500。

 

ACCESSORY BAG

 

2500。

 

とお財布にも優しいので、

 

夏のお供にいかが!?

 

 

 


過去の名作!!サンサーフスペシャル!!ドラゴン!!

みなさん、おはこんばんちは。イトウです。

 

前回のドラゴンサンダーのブログが好評でして今回もカッコイイヤツ、

 

御紹介させて頂きます!

 

またかよって思う方も多いでしょうが仕方ないのよ、カッコイイんだもの。

 

blog20170619 (2).JPG

 

SUNSURF SPECIAL EDITION ”DRAGON

 

これです!

 

めっちゃかっこよくないですか!?

 

どーもこの迫力満点系に弱いみたいで目がいっちゃいます。

 

blog20170619 (9).JPG

 

これもこっちみんなと言いたくなるほどにめっちゃ見てる。

 

ですがこのタッチと迫力!たまりませんな!

 

前回のドラゴンサンダーととても似ていますがこれは素材も会社も違います。

 

素材は富士絹!いわゆるシルクってやつですね!

 

1930頃のアロハシャツには良く使われていた生地です!

 

高級な下着や良いヤツだとパジャマなどにも使われるサラッサラの素材。

 

着心地良すぎてこれは肌に直接着てるとホントに気持ちいいです。

 

レーヨンより好きって人の気持ちが分かります(笑)

 

blog20170619 (7).JPG

 

リリースしていたのはロイヤルハワイアン

 

数々の名作を生み出しているブランド。

 

ボクが知っている所では”能面柄”が記憶に新しいですね。

 

あれも名作でしたねー!

 

この和柄でシルク素材の物をここが作ることはあまりないそうでこのモデルはかなり珍しいそうです!

 

blog20170619 (10).JPG

 

ボタンはココナッツボタン。

 

実にハワイアンに合う!

 

そして色は3色!

 

blog20170619 (6).JPG

 

”GRAY”

 

blog20170619 (5).JPG

 

”BROWN”

 

blog20170619 (4).JPG

 

"NAVY"

 

です!

 

どれも良くて迷うでしょー。

 

ということで説明はここまで!

 

まあ、こういうのは着ないとね。

 

着ないと。

 

ね。

 

blog20170619 (11).JPG

 

いしぽん!

 

ネイビー!

 

blog20170619 (15).JPG

 

blog20170619 (12).JPG

 

*170cmでMサイズ着用

 

見て!これ!

 

カッコ良すぎるでしょ!

 

ハンパない!

 

これがいまだに残ってることが信じられない (笑)

 

blog20170619 (18).JPG

 

そしてワタクシはブラウン!

 

blog20170619 (20).JPG

 

blog20170619 (16).JPG

 

*176cmでLサイズ着用

 

ブラウンもシブすぎる!

 

これホントにどれも良すぎる気がしてならない。

 

てか良い。

 

サイズ選べちゃう人は幸せ者ですわ、ホント。

 

ちなみにそのサイズですが

 

ネイビー S、M

ブラウン M、L、XL

グレー   XL

 

という感じに残っております!

 

これ着れちゃう人ヤバイぞ!マジで!

 

正直、前回同様に反応出て売れちゃうと思うからビビッときちゃった方はお急ぎを!

 

blog20170619 (8).JPG

 

では今回はこの辺で。

 

皆様の御来店をお待ちしています!

 

 


SUNSURF SPECIAL EDITION x 葛飾北斎"武者絵"の巻

 

こんにちは!!

 

ドバシですどば豚どば豚どば豚

 

遂にきました。。

 

これはヤバいっす!

 

クラシックスでも発売前から問い合わせが殺到していた、

 

”SUNSURF x 葛飾北斎”

 

 

北斎と言えば、版画で有名ですが

 

日本画(肉筆画)も有名であり、

 

絵によっては、日本画という枠を越え、

 

西洋画や、写真機の技術も取り入れて、

 

日本を代表する・・・

 

というよりも、

 

世界的にも稀な、「鬼才」とも呼べる画家です。

 

10回ほどの改名や、数十回にも上る引っ越しなどなど・・・・

 

芸術家らしいというか、

 

絵以外のエピソードには事欠かない

 

"葛飾北斎"

 

と、

 

ヴィンテージハワイアンを知り尽くし、

 

多くのモデルを忠実に世の中に蘇らせ、

 

キングオブハワイアンの名を欲しいままにする

 

"SUNSURF"

 

のコラボレーションモデル!!

 

北斎といえば、

 

日本人なら知らない人はいないのではないでしょうか!

 

超ビッグネームです。

 

今期、

 

全部で3つのモデルが出ますが、

 

まず一つめが入荷しました。

 

IMGP0265.JPG

 

SUNSURFのタグと、北斎のタグが付きます。

 

コチラ!!

 

 

SUNSURF SPECIAL EDITION x 北斎 ”武者絵”

 

です!!

 

ちなみにこんな感じの

 

IMGP0268.JPG

 

このコラボモデルの為にワザワザ作られた

 

激渋な箱に入っております。

 

色は2色!!

 

IMGP0197.JPG

 

インディゴ

 

というより、

 

"本藍染め"

 

です。

 

北斎が愛してやまなかった

 

本藍顔料を贅沢に使用しています。

 

本体だけではなく、

 

柄に使われている青にも本藍顔料を使っています。

 

IMGP0199.JPG

 

背中。

 

IMGP0243.JPG

 

そして白。

 

こちらも柄の部分に本藍を使用しています。

 

IMGP0258.JPG

 

この背中の迫力満点な絵。

 

IMGP0201.JPG

 

平安時代の武将を描いた、

 

北斎の武者絵のうちの一つ。

 

鎌倉幕府でも有名な源頼朝の祖先にあたる

 

八幡太郎義家。

 

その家臣が

 

この鬼の形相で上にのしかかっている、

 

鎌倉の権五郎景政

 

景政は弱冠16歳で発出陣し、

 

敵方の武将に矢で右目を射られながらも

 

そのまま敵を追いかけ、

 

その矢で勝利を収めたという逸話があります。

 

そして

 

その矢で射抜いた張本人が

 

景政の下にいる、

 

IMGP0203.JPG

 

鳥の海弥三郎保則

 

という訳です。

 

この二人の戦いの様子を描いた絵は

 

迫力満点で今にも動き出しそうです。

 

IMGP0260.JPG

 

細かな線と、

 

本藍の色合いはまさに職人魂を感じられる作品。

 

IMGP0211.JPG

 

そして、

 

背中のアクションプリーツがその絵をより綺麗に見せてくれる役目を果たしています。

 

胸には、

 

IMGP0206.JPG

 

背中の武者絵の左下に押してある印がプリントされています。

 

IMGP0212.JPG

 

本藍のボディには抜染で、

 

IMGP0251.JPG

 

白のボディには本藍でプリントされています。

 

生地は

 

IMGP0209.JPG

 

コットンポプリンを使用しています。

 

肌にくっつかず、サラッとしていて着やすいです。

 

IMGP0210.JPG

 

ポケットは左胸に一つ、

 

IMGP0208.JPG

 

ボタンは竹ボタンを使用しています。

 

葛飾北斎に本藍染め。

 

まさに和の良さを凝縮させた作品です。

 

シャツを着る。というよりは、

 

一つの作品を着るという感覚。

 

それでは、

 

着て頂きました。

 

IMGP0296.JPG

 

 

IMGP0299.JPG

 

まずは藍染め。

 

カヲル先生です。

 

IMGP0294.JPG

 

※身長168cmでサイズLを着用。

 

少しオーバーサイズで着ています。

 

通常に着るならMといった感じ。

 

続いて、

 

IMGP0306.JPG

 

白です。

 

イトウの兄貴です。

 

IMGP0315.JPG

 

※身長176cmでLサイズ着用。

 

Mも着れますが、Lの方が丁度いい感じといったところです。

 

いかがでしたでしょうか。

 

後に伝説となり兼ねない、

 

超ビッグネームのコラボレーションです!

 

お値段

 

23000

 

冒頭にも書きましたが、

 

人気商品です。

 

気になった方は、是非無くならないうちにいらしてください!!

 

IMGP0317.JPG

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております!!!!

 

 

 


H.W.DOG&Co WIDE BRIM POAK

カヲルです。

 

夏です。

 

まだ梅雨明けてないけども、

 

ほぼ晴れだし。

 

 

というわけで。

 

お店の私をご存知の方は、ご存知かと思いますが。

 

私は、ほぼハットかぶってます。

 

種類は様々です。

 

夏でも、店の中涼しいもんで、

 

冬用のハットをかぶったりする事もありますが。

 

さすがに真夏は店の中で冬用のファーフェルトのハット被るのはキツイ。

 

というわけで。

 

新しい夏のハット欲しいと思ってまして。

 

買ったわけです。

 

H.W.DOG&CO

 

20160615hwds (1).JPG

 

うちで入荷するハットは、このブランドがメインで御座います。

 

で。

 

夏のハットと言えば、

 

ここ最近ではパナマハットが主流と言うべきか。

 

私も平素、かぶっておりますが。

 

何か変化が欲しい。

 

というわけで。

 

 

UFOじゃありません。

 

俗にいう、

 

「麦わら帽」

 

の部類です。

 

パナマハットとも違います。

 

上の画像でもおわかりのように、

 

ブリム(ツバ)が、私の中指ぐらいの長さ(幅)があります。

 

ワイドブリムってやつです。

 

このハット。

 

ポークパイというハットの名前、聞いたことありますよね。

 

通常、ポークパイは

 

20160615hwds (2).JPG

 

このように、通常のハットとは違いクラウンが円柱の形状。

 

で、天井(クラウンの一番上の部分)が缶詰の缶のように、平らかなのが特徴。

 

この名前の由来は、

 

20160615dogs (3).jpg

 

これ。

 

ポークパイ(そのまんま)。

 

確かに、カタチは似ています。

 

この画像のように、

 

皿の上にポークパイ置くと、

 

ハットのポークパイみたいな感じです。

 

が、しかし。

 

先ほども少し触れましたが。

 

私の中指ほどの、幅の広いブリムってのは

 

完全なるH.W.DOGのアレンジなのです。

 

通常、ブリムの幅が狭かったり、

 

ツバの縁部分が少し丸まっていたりしますが、

 

今回紹介のハットは

 

「平(ひら)」と言って、まっすぐピーンとしてます。

 

糊付けして、プレスを強めにかけてあるので

 

こんな感じでピーンってしてるんです。

 

 

こんな感じで。

 

夏の日除けには最適。

 

しかもパナマハットに比べると、少し重みもあるので

 

かぶっている感じがします。

 

で。

 

パナマハットは、パナマ草で作られていますが。

 

この麦わらは、何で作られているかと言いますと。

 

麦わらってぐらいだから、麦でしょ???と思いますよね。

 

少し違うのです。

 

20160615dogs (2).jpg

 

ホソムギっていう、

 

麦とは少し違う草で作られているんです。

 

主に、牛とかが食うもんです。

 

日本にもともとある種類の草ではないんですが、

 

今では日本に根付いちゃってて、

 

普通に生えてます。

 

 

このホソムギを、

 

細い1本のヒモ状に編んで、

 

それをグルグルと円形に巻いていって、

 

ハットの形にしてるんです。

 

20160615hwds (5).JPG

 

この、天井部分を見ると

 

わかりますかね。

 

ぐるぐるぐるぐる・・・・って。

 

ね。

 

と、同時に、

 

天井部分の縁がへこんでいるのも良い感じです。

 

 

おそらく。

 

画像を見ただけだと

 

合わせずらそう・・・・

 

や、

 

どうやって合わせたら良いか、わからない・・・・

 

という声が聞こえてきそうなもんですが。

 

そもそも、

 

このポークパイの形ってのは

 

20160615dogs (4).jpg

 

こんな感じで、

 

古くから存在する形。

 

私の好きな映画「レジェンドオブフォール」でも

 

20160615dogs (1).jpg

 

こんな感じで被られていました。

 

古いイメージがある上に、

 

こんな古い雰囲気の格好で合わしてる画像しか見つからないもんで、

 

こんなのばっかり見て、この通り合わせたら

 

そりゃ合わせばっかし気になってしまう。。。。

 

しかし、そこは

 

元は上の画像のような古い感じの欧米スタイルに合わせる物を

 

20160615knkn.jpg

 

こんな感じで、ゴリゴリの和服に合わせたりしてても

 

これが許されている時点で、

 

割と何でもアリ。

 

というわけで。

 

20160615dogs (13).JPG

 

着てもらいました。

 

じゃなくて、

 

着て、かぶってもらいました。

 

20160615dogs (10).JPG

 

私的には、こんな感じで

 

ワークワークしたもんで合わせるのが一番良いのではないかと思います。

 

ワークの代表格と言えば、

 

オーバーオール。

 

20160615dogs (8).JPG

 

これで普通に麦わら帽かぶってたら

 

カールおじさんだけども、

 

そこ、ポークパイだからカッコイイの。

 

しかもさっき言い忘れたけども、

 

20160615hwds (3).JPG

 

これ。

 

このリボン。

 

色はダークブラウンで、

 

幅は4cm幅のリボン。

 

1番クセのない幅。

 

これも、このハットの大きなポイント。

 

20160615dogs (20).JPG

 

じゃあ、オーバーオールじゃないと合わせられないの??

 

ってなりますよね。

 

もちろん違います。

 

チノパンに合わせても良いでしょうし、

 

ヘンリーネックのティーシャツなんかでも相性最高だし、

 

もちろんハワイアンシャツや、ワークシャツなんかでも良し。。。。

 

合わせやすさで言えば、まさに隙なし。

 

割と万能の適応能力持ってるんです。

 

 

私はその辺いつも適当なもんで・・・・

 

 

 

いつもの格好に合わせてます。

 

これが正しいのか、間違っているのか、

 

そんなこと、気にした事もございません。

 

なぜならば、

 

そんぐらいこのハットが良いもんだから。

 

迷ってるそこのあなた。

 

危ぶむなかれ。

 

危ぶめば道はなし。

 

踏み出せばその1足が道となり、

 

その1足が道となる。

 

って言いますからね。

 

要するに・・・・・

 

慣れ です。

 

20160615hwds (7).JPG

 

夏は、短パン。

 

夏は、ハワイアン。

 

夏は、サンダル。

 

夏は、アクセサリー。

 

頭は??

 

そう。

 

ハットかぶってみてくだされ。

 

¥27000+tax

 

夏をこいつと共に越えましょうぞ。

 

20160615dogs (17).JPG

 

 


サンサーフスペシャルエディション!!ドラゴンサンダー!!

みなさん、おはこんばんちは。イトウです。

 

本日は旧年のモデルになりますがひじょーにカッコイイハワイアンシャツを見っけてしまったので、

 

そちらを御紹介させて頂きます。

 

マジでカッコイイっす。

 

blog20170614 (1).JPG

 

SUNSURF SPECIAL EDITION

"DRAGON THUNDER"

 

2005年にリリースされたスペシャルエディション!

 

ド迫力の龍が雷雲に紛れてその存在感をしらしめています!

 

ボク自身、こんだけハワイアンがあると意外と見逃してることが多くて。

 

こんなかっちょいいのあったのかとびっくりしました。

 

今から12年前のモデルになるのでボク自身まだジャンキーにいなかった頃ですね。

 

いやービックリ。

 

blog20170614 (4).JPG

 

119 BLACK

 

blog20170614 (3).JPG

 

125 BLUE

 

blog20170614 (2).JPG

 

165 RED

 

以上3色展開となっています。

 

どの色もカッコイイです!

 

blog20170614 (5).JPG

 

こっちみんな。と言いたくなるくらいのドヤ顔。

 

しかし迫力満点。

 

色のグラデーションもキレイです!

 

blog20170614 (6).JPG

 

ボタンはココナッツ。

 

blog20170614 (7).JPG

 

生地は和柄ならではのチリメン。

 

着た事ある方なら分かると思いますがこの生地の着心地はハンパない!

 

テロンとした触感がクセになりますよ!

 

blog20170614 (8).JPG

 

1913年に創業されたワットムルスブランドのアイテム。

 

アロハシャツを語る上では絶対に欠かせないブランドです!

 

悪いとこあんのかってくらいにいいとこずくめなこのハワイアン!

 

最後に着てるところを見て頂きましょう!

 

blog20170614 (11).JPG

 

*176cmでMサイズ着用

 

blog20170614 (12).JPG

 

blog20170614 (14).JPG

 

いやー色合いと柄のバランスともに素晴らしい!

 

ただただカッコいいって感想しか出てこなかったっす!

 

シルエットも羽織りやすい形で着やすいです!

 

レッドはS、M、L

ブラックはM

ブルーはM、L

 

という感じでサイズが残っています!

 

そしてお値段は¥16000−+TAX

 

安い!!

 

元々クオリティに対してリーズナブル設定なお値段でしたが、

 

さらに安いお値段!!

 

これはありがたや。

 

ビビっときちゃった方、気になる―って方!

 

ぜひとも店頭まで!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!


| 1/129PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.