DEHEN WOOL CARDIGANがやってきた。

カヲルです。

 

早い早いと言ってますが、

 

もう9月も後半。

 

2020年も後半であります。

 

 

そうそう。

 

9月も後半でありますが、

 

寒いと思うまでには、もう少しだけ時間がかかります。

 

とは言え、何度も言いますが

 

 

 

「もう9月」

 

 

 

この時期になると、1週間単位で気温が下がっていきます。

 

というわけで、そろそろ

 

この辺をオススメ出来る時期です。

 

 

「DEHEN WOOL CARDIGAN」

 

 

 

BLACK

 

 

 

NAVY

 

 

¥52800+TAX

 

 

 

ジャンキークラシックス(薬屋さんの上のジャンキー)時代の昔から、

 

DEHENを展開してきました。

 

まだ入荷しているお店なども無い中、

 

しかも、当時のジャンキーではセーターをほとんど入荷しておらず、

 

その中において

 

1着でジャケットを買えるほどの値段のセーターって、

 

これ、売れるー??って言いながら売っていたのを昨日のように思い出します。

 

そしてその中で、我々自身もDEHENへの思い入れも強くなっていきました。

 

DEHENとは、こんなブランドです。。。。。

 

 

1920年、オレゴン州ポートランドにて創業のまさに老舗。

 

William Peter Dehenによって創業したこのブランド。

 

 

 

3世代に渡り、ポートランドの工場で最高のセーターなど、ウールのアイテムを作り続けています。

 

そのセーターは、

 

その日の天気、気温、湿度などなどで機械の設定を調節していないと、

 

均一な生地が織れないという、なんともクセの強い機械で織っています。

 

そんな古き良き慣習を、今なお引き継いでいるブランドです。

 

 

そして、今年の秋冬。

 

DEHENからカーディガンの入荷。

 

先ほども画像を載せましたが

 

今回入荷は2色。

 

 

BLACK

 

 

 

 

NAVY

 

 

 

以前、店頭で手にした事がある方はわかると思うのですが

 

ディーエンのカーディガン(セーター)は、

 

めちゃくちゃヘヴィです。

 

セーターというよりは、

 

ジャケットで使えるのではなかろうかという感じ。

 

 

このボタンも、大型のナットボタンではありますが

 

 

「DEHEN 1920」

 

の文字が刻印されています。

 

もはやDEHENのニットともなれば

 

詳細の説明は不要かもしれない代物ですが、

 

 

超ヘヴィなニット感。

 

 

ダブルリブ仕様。

 

アメカジと呼ばれるジャンルの服の中では

 

間違いなく、作りから何から、

 

最強レベルのニットであるのは間違いない。

 

もちろん・・・・・・・・・・

 

「アメリカ製」

 

少数入荷であります。

 

お求めの方は、お急ぎあれ。

 

 

 

通販はこちら。。。。。

 

 

BLACK

 

 

NAVY

 

 

 

 


266回目キヨ!!(BATTENWEAR REACH UP SWEAT SHIRT&HOODY)の話

こんにちは。

 

266回目ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。

 

まさに、店内新作商品がバチバチと入荷しております。

 

そんな中、早速紹介する新作商品はこちら。

 

IMG_9683.JPG

 

NAVY

 

IMG_9677.JPG

 

BLACK

 

IMG_9687.JPG

 

GRAY

 

 

BATTENWEAR

 

 

REACH UP SWEAT SHIRT

 

 

 

AND

 

 

IMG_9661.JPG

 

NAVY

 

IMG_9670.JPG

 

BLACK

 

IMG_9674.JPG

 

GRAY

 

 

HOODY

 

 

 

ジャンキークラシックスでは、

 

2020年春夏から取扱いが始まったBATTENWEAR(バテンウェア)、

 

お陰様で、ジャンキークラシックスでも大好評であります。

 

SWEAT SHIRTの色もHOODY(PARKA)の色も、

 

はい、どちらも同じ色をセレクトしました。

 

HOODYはこの色でSWEATSHIRTはこの色!!

 

なんて選ぶも良し、

 

HOODYとSWEATSHIRTも、同じ色!!

 

何ても良し。

 

 

さあ、今回のSWEAT。

 

IMG_9698.JPG

 

カナダ製になります。

 

生地は割と柔らか目ですので、着心地抜群。

 

 

IMG_9665.JPG

 

裏が起毛していたり、

 

IMG_9666.JPG

 

脇にガゼットが付いていたり、

 

IMG_9663.JPG

 

フラットシーマになっていたり、

 

この秋冬大活躍間違いなしのSWEATになっております。

 

ラグラン仕様なのもポイント。

 

IMG_9664.JPG

 

左袖にはロゴマークも入っています。

 

改めまして着画がこちら。

 

(180cm 68圈SIZE L 着用)

 

IMG_9682.JPG

 

IMG_9685.JPG

 

NAVY

 

IMG_9676.JPG

 

IMG_9679.JPG

 

BLACK

 

IMG_9686.JPG

 

IMG_9689.JPG

 

GRAY

 

 

続いてHOODY!!

 

 

IMG_9659.JPG

 

IMG_9662.JPG

 

NAVY

 

IMG_9668.JPG

 

IMG_9671.JPG

 

BLACK

 

IMG_9672.JPG

 

IMG_9675.JPG

 

GRAY

 

秋冬のバテンウェア一発目、SWEAT!!!

 

さあ、是非店頭にてご覧あれ。

 

 

 

お値段&通販は以下↓↓

 

SWEATSHIRT 

 

¥15000+TAX

 

NAVY SIZE S M L XL

 

BLACK SIZE S M L XL

 

GRAY SIZE S M L XL

 

 

 

HOODY

 

¥18000+TAX

 

NAVY SIZE  M L XL

 

BLACK SIZE  M L XL

 

GRAY SIZE S M L XL

 

 

 

 

IMG_9691.JPG

 


265回目キヨ!!(POSTOVERALL'S #1201 No.1 Shirtの話)

こんにちは。

 

265回目ブログ書かせて頂きます。。キヨです。

 

本日紹介する商品はこちら。

 

 

IMG_9628.JPG

 

IMG_9627.JPG

 

COTTONTWILL BLACK

 

IMG_9625.JPG

 

IMG_9626.JPG

 

COTTONTWILL NATURAL

 

IMG_9629.JPG

 

IMG_9630.JPG

 

8oz.DENIM

 

 

POSTOVERALL'S

 

 

#1201 No.1 Shirt

 

 

その名の通り、1993年POSTOVERALL’Sブランドがデビューした時の

 

最初のシャツとして出たアイテムになります。

 

言わば、POSTOVERALL’Sのシャツで最も歴史のあるシャツ。

 

今回そのシャツがパワーアップして帰ってきました。

 

おかえりなさいとみなさん言ってあげてください。(笑)

 

では、改めて色は3色で、

 

IMG_9643.JPG

 

8oz DENIM

 

IMG_9632.JPG

 

COTTON TWILL NATURAL

 

IMG_9650.JPG

 

COTTONTWILL BLACK

 

になります。

 

プルオーバータイプなので、

 

より色や生地感が変わるだけで、

 

着た時の雰囲気がグッと変わってきます。

 

ディティールを見ていきます。

 

まずボタン。

 

IMG_9640.JPG

 

打ち込みのドーナツボタン。

 

IMG_9638.JPG

 

チンストラップも付いております。

 

IMG_9639.JPG

 

耳付きのマチに空環仕上げ。

 

IMG_9637.JPG

 

変形型の片ポケタイプ。

 

ディティールに関しては、古い年代の匂いがプンプンしますが、

 

いざ見て着てみると、どこか綺麗な雰囲気もあります。

 

つまりは、ジャンキークラシックスのお客様が大好きな所。

 

良い意味でクセがあるシャツ。

 

着画がこちら。

 

(180cm 68圈SIZE M NONWASH 着用)

 

IMG_9642.JPG

 

IMG_9645.JPG

 

IMG_9646.JPG

 

8oz DENIM

 

IMG_9631.JPG

 

IMG_9633.JPG

 

IMG_9641.JPG

 

COTTON TWILL NATURAL

 

IMG_9649.JPG

 

IMG_9645.JPG

 

IMG_9646.JPG

 

COTTONTWILL BLACK

 

ポストオーバーオールズの原点でもあるNO.1SHIRT!!

 

 

NO.1を手に入れるのはあなただ!!!!!

 

 

お値段

 

 

¥29500+TAX

 

 

通販はこちら☟

 

8oz DENIM SIZE S M L

 

COTTON TWILL NATURAL SIZE S M L XL

 

COTTONTWILL BLACK SIZE S M L

 

 

 


4連休の目玉・その2。JUNKY CLASSICS Original DERBY JACKET・NAVY Ver.

カヲルです。

 

もう9月も後半。

 

あと2週間後の気温・気候はどうなっているかと考えると・・・・・

 

そろそろ冬の支度が必要。。。。。

 

というわけで、

 

昨年、これも同じ時期

 

ジャンキークラシックスでは、チャーミングセールを含めて、

 

セールなるものは一切行わない代わりに

 

この時期だけのスペシャルアイテムを出しますよって事で、

 

前回のこの時期には、

 

「ジャンキークラシックス・完全別注アイテム」

 

JUNKY CLASSICS 

ORIGINAL

Derby JACKET

 

IMG_1679.JPG

 

というのを発売しました。

 

が、しかし。

 

前回のモデルは色がブラックでした。

 

何となく気が付いていた方はいると思います。

 

なんせ、ジャンキークラシックスは

 

店のロゴや、以前発売していた、オリジナルのトートバッグなどでもお馴染みの

 

ショップカラーはネイビー

 

というわけで、満を持して

 

今回はこの色。

 

 

NAVYの登場。

 

 

前回のブラックの時のブログが秀逸だったので、

 

ダービージャケットがいかなる物なのか、

 

ご存知なき方は、その時の説明(以下、文)を是々非々お読みくだされ。

 

 

 

あまり聞きなれないジャケットかもなので少し説明を。

 

1960年代から80年代にかけてアメリカで人気を博したブルゾン。

 

Derby社が出していたジャケットなので通称ダービージャケットと呼ばれています。

 

c0078333_01213539.jpg

 

80年代にサンフランシスコのハードコアシーンを中心とした

 

スケーターやパンクス、ロックンローラーから愛され、

 

クールなアイテムとして存在していました。

 

c0078333_01323074.jpg

 

いわゆる西海岸の不良たちの間で人気のあったジャケット、

 

まさに西海岸カルチャー好きには、たまらんじぇ会長!!

 

そして、忘れちゃいけないこの人!

 

o0400040014300140739_wdp.jpg

Steve McQueen

 

1960年代のオフショットで着ています!!

 

クソかっこいい!!

 

さらに...

 

o0329032914300140733_wdp.jpg

Paul Newman

 

o0400040014300140737.jpg

Clint Eastwood

 

o0400040014300140736_wdp.jpg

Muhammad Ali

 

こんなにも著名人に愛されていたジャケット!!

 

そんなアイテムをJUNKY CLASSICSで作っちゃったんだから

 

面白くないわけがない!!

 

IMG_1641.JPG

だろっ!?

 

しかし、作るからにはやっぱり機能性も持たせたい!!

 

ボクがアメカジに求めるギア感。

 

そこにもこだわりまくりました。

 

"DELFY"

 

 

表にはDELFYを使用。

 

DELFYは表面にマウンテンパーカーなどのアウターに使われる

 

引っぱりや摩擦に強いタテ70d、ヨコ280dのナイロン糸を使用した

 

防撥水性に優れたファブリック。

 

image.jpg

 

さらに表に雨を弾く優れた撥水加工を施し、

 

裏には0.2mm厚のPVCをラミネーション加工することで

 

強度と防水性を高めた生地です。

 

 

そして中綿には"PRIMALOFT"を使用。

 

yjimageYTS9R5J2.jpg

よく耳にするとは思いますが、

 

PRIMALOFTは1983年にアメリカ国軍の要請を受けたALBANY社が開発した

 

羽毛に変わる画期的な超微細マイクロファイバー素材。

 

羽毛のように軽く暖かい保温性と柔軟性、

 

さらに羽毛には無い撥水性も機能したことで

 

どんな環境でも使える高い実用性を発揮した人工羽毛です。

 

IMG_1672.JPG

IMG_1674.JPG

保温性もハンパない!!軽いしね!!

 

そして、このプリマロフト。。。。

 

現在、値段の高騰がハンパじゃなく、それはこれからも変わる事がないそう。。。。

 

なので、プリマロフトをこの値段で出す事が完全に不可能になってしまうのですが、

 

今回は、前回のブラックと同じプライスで出します。

 

 

 

 

 

今回の別注ダービージャケット。

 

DELFYとPRIMALOFTの最強コンビで仕上げました!!

 

 

と、ここまでがアイテムの説明。

 

前回のモデルを購入頂いた方は、よくよく覚えている説明だったかもしれませんが

 

ダービージャケットとはなんぞや、というのがおわかり頂けたかと思います。

 

と、ここで。

 

今回の色・ネイビーのご紹介。

 

 

前回と同様、

 

 

フロントのポケットはジッパー仕様。

 

 

実際に写真で見るよりも、黒っぽいネイビーでありますが

 

 

上の画像のように、リブやボタンなどを見ると

 

一目瞭然。。

 

NAVYです。

 

 

 

ブラックにはブラックの、

 

そして

 

ネイビーにはネイビーの良さというのがありますが、

 

どうでしょう。

 

良いでしょ。

 

 

 

というわけで。

 

今年の秋の目玉のひとつ。

 

間違いなく。

 

前回のブラックを購入して、気に入ってる!という方も。

 

前回買い逃してしまった・・・・・という方も。

 

是々非々に。

 

 

¥29800+TAX

 

 

通販はこちら。

 

(通販開始は9月19日開店時刻からとなります。)

 


264回目キヨ!!(STEVENSON OVERALL CO TUBULAR BASQUE SHIRTSの話)

こんにちは。

 

264回目ブログ書かせて頂きます、キヨです。

 

では早速紹介する商品はこちら。

 

IMG_9525.JPG

 

IMG_9531.JPG

 

IMG_9537.JPG

 

 

STEVENSONOVERALL CO

 

 

TUBULAR BASQUE SHIRTS

 

 

改めて色が、3色。

 

IMG_9526.JPG

 

BLUE

 

IMG_9532.JPG

 

RED

 

IMG_9538.JPG

 

BLACK

 

さあ、このシャツただのボーダーではありません、

 

まず、、

 

丸胴ボディ。

 

IMG_9542.JPG

 

良く見ると緩やかにらせん状でボーダーが入っています。

 

 

かなり珍しい仕様。

 

確かに、言われないと分からないよって方もいるかもしれませんが、、、

 

全く雰囲気は異なります。より、立体感が生まれます。

 

IMG_9541.JPG

 

そして、ボートネック仕様なのもポイント。

 

IMG_9543.JPG

 

シンプルですが、インナーとしてもトップスとしても活躍します。

 

着画がこちら。

 

(180cm 68圈SIZE L 着用)

 

IMG_9524.JPG

 

IMG_9523.JPG

 

IMG_9527.JPG

 

BLUE

 

IMG_9529.JPG

 

IMG_9530.JPG

 

IMG_9533.JPG

 

RED

 

IMG_9535.JPG

 

IMG_9536.JPG

 

IMG_9539.JPG

 

BLACK

 

何枚あっても困らないボーダーTEE。

 

1色とは言わず、2色、3色狙って下さい。

 

 

 

 

 

 

お値段

 

 

¥9000+TAX

 

 

SIZE S M L XL

 

 

通販はこちら。

 

 

 

BLUE 

 

 

RED

 

 

BLACK

 

 


H.W.DOG&Co. BASEBALL CAP

カヲルです。

 

これ、けっこう待っていた方が居たかと思います。。。。

 

ジャンキークラシックスでは、満を持しての入荷となります。

 

IMG_9509.JPG

 

H.W.DOG&Co.

 

「BASEBALL CAP」

 

¥8500+tax

 

HWDOGの商品のラインナップの中では

 

定番アイテムでありますが

 

今回、入荷してみました。

 

何しろ、形が良いという声を耳にしますが。。。。

 

実際に被ってみると、非常に形も良くて

 

被りやすい。

 

 

 

 

ちょいと深めの被り感。

 

色は5色。

 

IMG_9496.JPG

IMG_9503.JPG

GRAY

 

IMG_9497.JPG

IMG_9504.JPG

BLACK

 

IMG_9498.JPG

IMG_9505.JPG

OLIVE

 

IMG_9499.JPG

IMG_9502.JPG

NAVY

 

IMG_9500.JPG

IMG_9501.JPG

BEIGE

 

 

 

細かい作りも、

 

さすがは帽子専門ブランド。

 

IMG_9509.JPG

 

ビンも革。

 

ベースボールキャップで、ビン革のイメージはないかもしれませんが

 

これまた1860年代に

 

ベースボールが普及し始めた当時のキャップを再現しているので

 

全体的に古い年代の雰囲気。

 

 

上の画像のように、裏に付く毛芯と呼ばれるものですが

 

当時は丈夫な化学繊維などが無い為、

 

丈夫な生地を作る為に、

 

馬の尻尾の毛、鹿の毛を使用していた当時の仕様をも再現しています。

 

IMG_9506.JPG

 

この「D」のアップリケの字体も古い字体のものを使用。

 

IMG_9507.JPG

 

生地のアップは、こんな感じ。。。。。

 

IMG_9510.JPG

 

本体裏部分の後頭部には

 

ユニオンチケット(DOGオリジナル)

 

IMG_9511.JPG

 

キャップツバの裏はグリーン。

 

これは全色共通。

 

ここがグリーンなのって、古いCAPのイメージね。

 

昔のプロ野球のキャップとかの裏ってこうだった気する。

 

勝手なイメージですけども。

 

あとは、先にも画像をUPしましたが

 

IMG_9503.JPG

 

ワンサイズ仕様の、後頭部にはレザーのアジャスター。

 

 

ジャンキークラシックスで、

 

HWDOGといえば、

 

やはりトラッカーキャップ!!!

 

というイメージもあるだろうし、

 

何しろ入荷してもすぐに店頭から消えてなくなるキャップです、

 

トラッカーキャップのイメージは大きいとは思いますが、

 

一度かぶってみたらわかる、この最高具合。

 

トラッカーキャップと並ぶ、

 

HWDOG&Coのキャップの2枚看板。

 

是々非々に。

 

 

 

 

通販はこちら↓

 

NAVY

 

BLACK

 

BEIGE

 

OLIVE

 

GRAY

 

 

 

 


2020年・秋冬・TAILOR TOYOのスカジャン

カヲルです。

 

 

2020年・秋冬物の入荷が始まっています。

 

世はまだ暑く、

 

マスクなんてしてるもんだから、

 

より暑く感じる。。。。。

 

しかしながら、どんどん入荷してくる時期。。。。。

 

 

なので、こちらもどんどん紹介を致します。

 

本日はこちら。

 

 

 

東洋エンタープライズ・スーベニアジャケットの入荷。

 

今回は、アセテート(中綿無しのタイプ)の御紹介です。

 

 

今回の紹介するのは、レギュラータイプでありますが、

 

レギュラータイプと聞くと、やや聞こえが悪い。。。。

 

そこ、間違いなく損をしていると思います。

 

 

レギュラー、レギュラーと言っても

 

その柄など、レギュラーと呼ぶ必要のない「ジャケット」です。

 

東洋のスカジャンに関しては、

 

「レギュラーもスペシャル級」

 

「スペシャルは更にスペシャル級」

 

「55周年のは、その上の更に更にスペシャル級」

 

という感じであります。

 

 

スカジャンは、もはや秋冬のウェアの中では

 

外すことの出来ない必須アイテムの地位を確立してますからね、

 

毎年、何かしらは発売されますから、

 

そこで、毎年同じ事を読むのもちょっと・・・・という方の為に、

 

 

こちら

 

 

をご覧いただけると、スカジャンとはなんぞや・・・というのが

 

少しでもお分かり頂けると思いますので、

 

是々非々、興味ある方はお読みいただけると此れ幸いと思います。

 

 

というわけで。

 

今回入荷分のスカジャンをご覧くださいませ。。。。

 

まずは

DRAGON & TIGER × JAPAN MAP

 

表面

 

 

裏面

 

このジャケット(柄)の特徴といえば、

 

やはりこれ。。。。

 

IMG_9487.JPG

 

この背中。

 

富士に、龍に、虎・・・・・という、

 

スカジャンの典型的な柄ではありますが、

 

IMG_9489.JPG

 

虎に龍が巻き付いています。

 

このパターンは珍しいというよりも、

 

私は一度も見た事がない柄でした。

 

とてつもなく珍しく、柄の珍しさはスペシャル級。

 

IMG_9491.JPG

 

前面、両胸には虎。

 

そして、裏面。。。。。

 

こちらもまた珍しい。

 

IMG_9492.JPG

 

袖も真っ黒。

 

IMG_9495.JPG

 

ポケットの玉縁まで真っ黒。

 

IMG_9494.JPG

 

前面は、両胸は白龍。

 

そして背中は

 

IMG_9493.JPG

 

オールブラックの面の中に、白のみの刺繍で

 

ジャパンマップ。

 

そう、真っ黒の中に、真っ白のみのステッチという

 

まさかの2色のみ。

 

これも本当に珍しい。

 

 

 

 

次は

JAPAN MAP × BLACK EAGLE

 

表面

 

 

裏面

 

この柄のポイントは、

 

表面のネイビーの色。

 

IMG_9474.JPG

 

通常のネイビーよりも濃いネイビー。

 

ちょいと画像では伝わっていないかもしれませんが。。。

 

なにしろ濃い。

 

IMG_9475.JPG

 

そして、マップに舞妓柄の刺繍。

 

IMG_9477.JPG

 

で、

 

IMG_9479.JPG

 

朝鮮半島の38度線が描かれています。

 

全く見ない事はないのですが、

 

ここも珍しポイント。

 

そして裏面は

 

IMG_9486.JPG

 

ブラックの鷹。

 

迫力ある鷹ですが

 

IMG_9481.JPG

 

目を惹くのは、このベースのピンク。

 

IMG_9480.JPG

 

袖は、オフホワイト×ピンクで

 

コントラストが素晴らしい。

 

IMG_9483.JPG

 

両胸には虎。

 

この虎も少し顔の表情が険しい虎。

 

よく見るスカジャンの虎とも少し雰囲気が違います。

 

と、以上2タイプが入荷。

 

 

 

ハワイアンシャツもそうですが、

 

スカジャンも同様に、

 

主にはその柄を楽しむものでありますから、

 

そこにおいては、スペシャルエディションよりも少しプライスが下がりますからね、

 

いろいろなモデルを買って、

 

いろいろな格好に合わせたり、気分を上げていく。。。。。。

 

実際、アメカジというジャンルの中で、

 

「アジア」ではなく、

 

「日本」を感じられるところが良いと思います。

 

ハワイアンなどもルーツなどを考えると、

 

日本は切り離せませんが、

 

柄や、そこに入る地名など、

 

いや、そもそも「スカジャン=よこすかジャンパー」という時点で、

 

「日本」です。

 

物の背景などもそうですが、

 

まずはその柄の面白さを楽しみましょう!

 

スカジャン大好き人間はもちろん、

 

まだスカジャンという物に手を出した事がない・・・・という人にも、

 

是々非々オススメでございまする。

 

 

¥43000+TAX

 

(中綿入りモデルの新入荷はまた後日。。。)

 

 

 

通販はこちら↓↓↓

 

DRAGON & TIGER × JAPAN MAP

 

JAPAN MAP × BLACK EAGLE

 

 

 


55周年のスカジャンが来たぞい。

カヲルです。

 

IMG_9422.JPG

 

早いもので。

 

もう9月も10日を過ぎ、

 

店内も、入荷する物も、秋冬物になりました。

 

というわけで。

 

本日紹介致しますアイテムも、もちろん秋冬物。

 

ただの秋冬物ではなく「秋冬物の目玉のひとつ」である事は間違いない。

 

全貌はこちら↓

 

 

(表面)

 

 

 

 

(裏面)

 

その名も

 

IMG_9442.JPG

 

「港商 55th SPECIL EDITION ”RYOGOKU×天下泰平”」

 

東洋エンタープライズの55周年記念モデルとして

 

東洋エンタープライズの本拠地である「両国エリア」と、

 

同じく両国エリアを代表する「相撲」をその身に施した

 

港商スペシャルエディション・スーベニアジャケット。

 

その価格

 

¥120000+TAX

 

通常のスペシャルエディションと比べても、

 

更にスペシャルなプライス。

 

しかしながら、そのプライスを凌駕するクオリティーの高さと

 

その内容の濃さであります。

 

まずは、そのディティール。

 

表面(別珍面)の方から見てみましょう。

 

IMG_9432.JPG

 

背中の刺繍。

 

両国国技館と、

 

本場所にしか見られない「のぼり」と、

 

「太鼓櫓」、そして「龍に富士」

 

IMG_9437.JPG

 

「RYOGOKU」の文字と

 

IMG_9434.JPG

 

創立年1965年から、今年2020年の刺繍。

 

そして、細かい部分を見てみると

 

IMG_9435.JPG

 

のぼりに、「東洋」「祝五十五周年」「港商商会」などの文字が見えます。

 

そして、このスカジャンで使われている糸の色の数種類は、

 

今までのスカジャンで使われている糸の色ではなく、

 

別注して、このスカジャンの為の色として作られた糸色なのです。

 

そして胸には

 

IMG_9440.JPG

 

「松に富士」

 

IMG_9439.JPG

 

天下泰平の文字が入る軍配。

 

その軍配には、行事最高位である木村庄之助にしか付ける事の許されない

 

「紫の軍配房」が付いています。

 

tategyouji (1).jpg

 

こちら・・・・ごめんなさい。。。第何代目だったか。。。。

 

たしか35代木村庄之助さん。

 

の軍配房が見えますが、紫ですね。

 

この画像だと装束まで紫です。

 

その証拠に、現在の最高位である42代式守伊之助の軍配房は

 

紫×白なので

 

tategyouji (2).jpg

 

確かにそう。

 

そしてその軍配にある「天下泰平」の文字。

 

相撲の軍配にある文字としては有名ですが、

 

神事である相撲は、五穀豊穣や、天下泰平など

 

願いを込めているという意味合いもあるので、

 

軍配にはその願いがあしらわれる事が多いのです。

 

まさに今、コロナウイルスの蔓延している世界中に対しての天下泰平でもありますね。

 

IMG_9424.JPGIMG_9426.JPGIMG_9423.JPGIMG_9425.JPG

 

表面(別珍面)はこんな感じ。

 

もはや、作り云々に対しては説明不要の最高のスカジャン。

 

 

そして裏面(キルティング面)はこちら。

 

IMG_9443.JPG

 

「JAPAN」と「FIFTY FIFTH(55周年)」の文字。

 

IMG_9444.JPG

 

意味は説明不要でありますね。

 

そしてこちらにも、天下泰平の庄之助の軍配と

 

土俵の上にある屋根。。。。

 

この屋根、相撲好きな方だとわかると思うのですが

 

 

こんな感じになっています。

 

元々はちゃんと4本の柱があったんですけども、

 

これも何気に有名なお話なんですけども、

 

テレビの普及と共に、テレビ中継の邪魔になるからって

 

取っ払ってしまったという話は有名です。

 

んで、4色の房が付いていますが・・・・・

 

これが四神(玄武、朱雀、白虎、青龍)を表しているのです。

 

相撲ってば、陰陽道の影響が色濃いですから、

 

「陰陽五行」っていうのを、この土俵で表しています。

 

4つしか房がないけど???と思いましたよね。

 

この中では、土俵が黄色を表してて

 

陰陽五行の完成なのです。

 

世の中のすべての事は、陰陽道では五行で構成されているというのが定説で。

 

つまりは、この土俵で自然現象の全てを表しているという事なんです。

 

そして、土俵=〇=陽を表してて、それを囲む四角の部分が陰を表している・・・・とかだったか。。

 

 

IMG_9445.JPG

 

65・20、これももはや説明は不要ですよね。

 

何から何までアニバーサリー。

 

そして胸部分には、

 

IMG_9447.JPG

 

軍配と、

 

IMG_9449.JPG

 

富士に桜。

 

IMG_9446.JPG

 

袖はBLUE。

 

IMG_9429.JPGIMG_9431.JPGIMG_9428.JPGIMG_9430.JPG

 

インパクトが無いわけがない。

 

今年は本来ならばオリンピックのあった年。

 

しかし、コロナウイルスの影響で流れてしまいました。

 

本来なら、オリンピックの開催と55周年が重なるという目出度い意味合いが強いスカジャンでしたが、

 

世の中の神羅万象と、天下泰平を願うという、

 

今の状況と、意味も合うという偶然の柄でもあります。

 

今の世の中、この状況の終息を願うばかりですが、

 

まさにこのスカジャンの天下泰平がそれとなった形ですよね。

 

当時から、今やビンテージになったスカジャンを作っていたブランドだからこその迫力と、

 

この状況が過去の物となった時、

 

このスカジャンを見ると、2020年を思い出すスカジャンでもあります。

 

もはや、未来のビンテージとなるスカジャン。

 

まさに

 

 

最高のSOUVENIR JACKET

 

IMG_9424.JPGIMG_9429.JPG

 

の完成です。

 

しかもこのスカジャン。

 

200着の限定生産です。

 

我らが店舗でも、3着のみの入荷。

 

逃せば、二度と手に入らないアイテムであります。

 

是々非々に。。。。。

 

 

 

通販はこちら。

 

 

 


| 1/143PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.