ラスト1足。RED WING 2940

カヲルです。

 

この前、2015というモデル、

 

ラスト1足のブログ書きました。

 

が。

 

今回も、そのラスト1足。

 

20170828rw (15).JPG 

 

#2940

 

 

このモデルです。

 

20170828rw (1).JPG

 

20170828rw (11).JPG

 

実はこのモデル。

 

1955年〜1999年までの長き間に生産されていたモデル

 

#708という品番の復刻になるのです。

 

昔昔、私の友人がその708を履いていたので

 

実物を見たことがありますが、

 

その時と変わらぬ容姿。。。。

 

 

このモデルの特徴は

 

何と言ってもその高さ。ハイトと言いますが。

 

HIGHT。

 

20170828rw (1).JPG

 

プレーントゥのモデルでは

 

8インチHIGHTのモデルは、

 

レッドウイングの歴史上でも、ほとんど存在しないという

 

実に珍しいモデル。

 

 

20170828rw (2).JPG

 

上4つはフック。

 

この特徴、実際にはハンティングブーツなどでは

 

あまりない特徴でもあります。

 

このフックの部分が、ヤブなどに引っかかる為。。。。

 

その点、1950年代の

 

ハンティングーツの創成期から続く特徴を去就しているわけなのです。

 

 

20170828rw (8).JPG

 

レザーはオロラセット。

 

赤茶です。

 

 

20170828rw (9).JPG

 

&、

 

金属パーツはブラス製。

 

通常はニッケルが多いですが、

 

これも当時の特徴。

 

 

20170828rw (10).JPG

 

つま先。

 

これは見た目だけではわかりずらいのですが、

 

このモデルは幅がけっこう狭いのです。

 

なので、このつま先のシャープさが際立つわけなのです。

 

 

あと、もうひとつ。

 

20170828rw (12).JPG20170828rw (13).JPG

 

上の2枚の画像。

 

ソールがフラット。

 

クッションソールを採用してます。

 

これは・・・・

 

708はどうだったか、思い出せない・・・(誰か知ってる人は、教えてくだされ。)

 

たしか、このクッションソールがついていたと思います。

 

で、このソール。

 

20170828rw (7).JPG

 

左が通常のクレープソール。

 

右が2940。

 

焼けちゃってるわけではありません。

 

見るからに違うでしょ??ソールの色が。

 

これも、列記とした仕様なのです。

 

 

20170828rw (4).JPG

 

少し遠目で見ても、こんな感じ。

 

オールド感がものすごいのです。

 

 

20170828rw (6).JPG

 

しつこいか!

 

ね、この写真でも違うのがわかりますよね??

 

 

ってなわけで。

 

20170828rw (1).JPG

 

ラスト1足。

 

サイズは8ハーフ。

 

¥36000+tax

 

 

今や、貴重なもんです。

 

サイズ合う方は、是非是非。

 

 

 


BUZZ RICKSON'S × SUGARCANE Indigo Pea-coat

カヲルです。

 

 

新作入荷中の最中。。。。

 

実はこんな物が出てきました。

 

倉庫から。

 

20160916idgpct (6).JPG

 

バズ×シュガーケーンで、

 

このタグと言うと記憶にも新しいかと思います。

 

そう。

 

去年にバカみたいに売れたこのシリーズ。

 

ジャンキーでは、かなりの数を入荷したんです。

 

なので、他のどこの店舗が完売だったとしても

 

ジャンキーにはあるよ!という程の数を入荷していたにもかかわらず。

 

結局、そのシーズン完売したというこのアイテム。

 

20160916idgpct (1).JPG

 

これです。

 

 

インディゴ ピーコート。

 

¥58000+tax

 

サイズは40が1枚だけです。

 

 

去年、買い逃した!という方が

 

日本の各地に居るはずでもある、このジャケット。

 

以前も紹介はしているのですが

 

ここでちょいとおさらいをしてみましょう。

 

20160916idgpct (2).JPG

 

生地はインディゴなのは、先にお話しした通りですが。

 

生地の染めじゃなくて、

 

生地の織りも、ピーコートとは少し違います。

 

そう。

 

デッキジャケットや、N-1と同じ

 

ジャングルクロス。

 

コットンの織りの中では、最高ランクの密度を誇ります。

 

なので、デッキジャケットなどでも使われる事がその証拠のように、

 

風を通さない生地。

 

 

そして、これも通常のピーコートと違うのは

 

20160916idgpct (7).JPG

 

胴体部分の裏生地が

 

ウールブランケット。

 

そして腕のライニングは

 

20160916idgpct (8).JPG

 

サテン生地。

 

これで、インナーを着込んでいても

 

腕の通りが良くて、

 

着やすい、脱ぎやすい、

 

しかも、腕がかさばる事がないという仕様になってます。

 

 

そして、最終的にここが重要。

 

そのシルエット。

 

ちょいと細身で、着丈も少し長め。

 

着てみると

 

20160916idgpct (10).JPG

 

こんな感じです。

 

20160916idgpct (11).JPG

 

横。

 

 

20160916idgpct (12).JPG

 

後ろ。

 

 

20160916idgpct (14).JPG

 

外で見ると、ネイビーの感じがまたちょっと青っぽいですね。

 

20160916idgpct (15).JPG

 

そして、これはピーコートにはお馴染みのディティールなのですが

 

そのポケット位置。

 

ちょいと上についています。

 

そしてそのポケットのインナー生地は

 

20160916idgpct (5).JPG

 

コーデュロイ生地。

 

ハンドウォーマーと言う名前の通り、

 

この生地がハンドウォーマーのインナーに使われている理由は

 

一目瞭然です。

 

で、ポケットの入口の上下には

 

20160916idgpct (4).JPG

 

馬革の補強がついてます。

 

これも、通常のピーコートと違う仕様。

 

茶芯の革なので、

 

生地同様に、使い込むとアジ出てきます。

 

 

20160916idgpct (3).JPG

 

 

20160916idgpct (16).JPG

 

ちょっと近くに寄ってみると、こんな感じ。

 

色は、この写真の色が一番実物に近いかなという感じします。

 

 

20160916idgpct (17).JPG

 

襟の感じは後ろから見るとよくわかります。

 

で、

 

20160916idgpct (20).JPG

 

その襟の内側には、

 

チンストラップが付いてます。

 

これで襟を留めるんですが、

 

実際に留めている人には、会った事がない!

 

けども、これが付属しているという所を見ると、

 

このジャケット作りに対するメーカーの本気度がうかがえます。

 

 

そして

 

20160916idgpct (19).JPG

 

こんな感じで、

 

ボタンを一番上まで留めて着てもカッコイイ。

 

 

というわけで。

 

ラスト1枚。

 

サイズ40。

 

探してた!って方。

 

是非是非。

 

 

 

 


私のオススメ。その2。

カヲルです。

 

つい先日。

 

私のオススメの題しましたブログをUPしました。

 

お店に来ていても、

 

なんだかんだ新作に目がいく上に、

 

スタッフたち自身も、こんなのまたあったか!とか、

 

何気に自分で着ている、身に着けているアイテムなどがあったりもするけども、

 

オススメするタイミングってもんが、

 

何時何時でもあるわけではないんですよね。

 

というわけで、

 

こんな感じで、たまに紹介してます。

 

思いついた時限定ですけども。

 

 

んで。

 

今日はこれです。

 

20160728mssy (1).JPG

 

むさしや。

 

言わずと知れたこのブランド。

 

後に

 

ムサシヤ商店、ムサシヤ・ザ・シャツメーカーという2つのブランドに分かれるものの、

 

その存在感は以降も健在・・・・・な、ブランドです。

 

オススメシリーズでは

 

ブランドについてはあまり詳しく触れずに、

 

オススメの熱意だけお伝えしてこうと思います。

 

 

で。

 

 

早速ですが。

 

オススメポイントは、

 

上記のタグの画像。

 

の、少し下。

 

 

20160728mssya (2).JPG

 

ここら辺に、まずひとつ。

 

見てください。

 

この鮮やかさ。

 

で、

 

この柄の全体像。

 

これ。

 

20160728mssya (11).JPG

 

20160728mssya (13).JPG

 

上の2色。

 

白ベースと、

 

黄色ベース。

 

で。

 

よーく見てみてください。

 

柄。

 

通常、多いパターンは、

 

ベースの色が違うと、

 

柄の色も変わるんですけども、

 

このハワイアンは、

 

ベースの色が変わっても、

 

モチーフの色は変わらないという、

 

これまた珍しいハワイアンシャツなんです。

 

 

と、ここで。

 

ハワイアンの柄を見ていきましょう。

 

20160728mssya (12).JPG

 

20160728mssya (14).JPG

 

あ、さっきの話しの続きですが。

 

ね。

 

モチーフの色変わってないでしょ??

 

純粋に、ベースの色だけが変わっているという感じなんです。

 

 

モチーフの宝船というのも、

 

ものすごく縁起の良いもんですが。。。。

 

やはり和柄の醍醐味でもあると思うんです。

 

この

 

「縁起物」というモチーフ。

 

和柄には多々、

 

この縁起物が登場します。

 

 

で、この宝船をズームアップ。

 

20160728mssya (7).JPG

 

これまた、柄の色がすごく綺麗。

 

で、その船の帆には

 

20160728mssya (9).JPG

 

どかーん

 

と、寶の文字が。

 

そりゃ、宝船ですもんね。

 

で、ここでも注目。

 

この帆にある柄。

 

家紋で見られる木瓜なんですが。

 

20160728mssya (8).JPG

 

帆の主柱の先にも、

 

 

20160728mssya (10).JPG

 

船に積まれている宝の中にもあります。

 

で、この積み荷の木瓜は

 

良ーくみると縁取りがグレーなのも

 

オススメポイントです。

 

こんな細かい部分にも凝ってます。

 

で、細かい部分と言えば。。。。

 

 

20160728mssya (4).JPG

 

ポケットの柄合わせなんですが。

 

画像右のターコイズブルーの部分ありますね。

 

これまた、そこにポケットの角がちょこっとかかっちゃってるんですよね。

 

私ならば、めんどくさいからポケットを少しずらして

 

ブルーの部分にかからないようにしますけど、

 

そこは妥協しないで、

 

ちょこっとかかってる部分だけ色をターコイズブルーにしてるんです。

 

凝ってます。

 

 

20160728mssya (6).JPG

 

あと。。。。この波。

 

画像をアップにして見ても、

 

ものすごく細かい。

 

本当に波を見てるかのような細かさ。

 

波しぶきとかね。

 

凝ってる。

 

 

20160728mssya (3).JPG

 

あと。

 

ボタンは真竹のボタン。

 

和柄と言えば、思い浮かぶボタンで一番多いであろうこの真竹。

 

使い込む毎に色も変化して、ツヤも出てきます。

 

 

そして。

 

着てみました。

 

20160728mssya (15).JPG

 

こんな感じ。

 

濃かろうが、薄かろうが、

 

デニムによく合います、この黄色。

 

20160728mssya (16).JPG

 

ね。合うでしょ。

 

20160728mssya (18).JPG

 

後ろはこんな感じです。

 

やはり和柄のハワイアンって、

 

背中に継ぎ目がないので、

 

すごく見栄えが良い。

 

 

で。

 

白。

 

20160728mssya (20).JPG

 

ボタン締め途中。

 

20160728mssya (21).JPG

 

黄色がデニムによく合うと言っても、

 

白もなかなか合います。

 

波の感じが目立つのは

 

むしろ白の方かもしれない。

 

20160728mssya (22).JPG

 

白の背中。

 

ほんと、

 

つくづく、

 

着る芸術。

 

 

新作も良いけども、

 

こうして旧年のモデルに目を向けてみると、

 

こんな名作もあるんです。

 

 

さあ。

 

私のオススメ。

 

如何??

 

 

20160728mssya (23).JPG

 

20160728mssya (24).JPG

 

如何???

 

 

 

 

 

 

 


ラスト1枚のコーナーのラスト。

カヲルです。


ラスト1枚のコーナーです。

前前回はSサイズ、

前回はMサイズ

と来たので

今回はLサイズと、XLサイズをまとめてご紹介。

あ、

別に分けるのが面倒臭いとかじゃなくて、

Lサイズが3枚、4枚ぐらいしかなかったのと、

XLまで入荷しているティーシャツは

作りが少し小さめな物が多いので、

L,XLサイズを同時にご紹介となったわけです。


というわけで。

以下。


20160606last (13).JPG

20160606last (12).JPG

20160606last (11).JPG

20160606last (10).JPG

20160606last (9).JPG

20160606last (8).JPG

20160606last (7).JPG

20160606last (6).JPG

20160606last (5).JPG

20160606last (4).JPG

20160606last (3).JPG

20160606last (2).JPG

20160606last (1).JPG


以上です。

サイズ感につきましては、

最初に説明したように、

どのサイズでもバラつきってあるんです。これが。

メーカーごとにというのはもちろん、

同じメーカーの物でも、

このシャツは普通の大きさだけども、

他のモデルはサイズが小さめ・・・・などなど。

ティーシャツでも同じ事なんです。


なので、理想は

やはり生でその物を見るという事なんだとは思います。

ので、

あくまでも サイズ感につきましては

目安!って感じで見て頂けたら、

これ幸いと思います。


というわけで。

ティーシャツのラスト1枚シリーズは、

これにて閉幕。

と、言いつつも

今期のティーシャツなど

どんどん売れてきて、

ラスト1枚になってきている物も増えてきているので、

もしかしたら、

またやるかもしれないけども。。。。


お店に来たときがあれば、

是非是非、

ラスト1枚のティーシャツコーナーも

見てみてくださいね。


 

久々にラスト1枚のコーナー。

カヲルです。


前回が初回でしたが。

ティーシャツラスト1枚のブログ記事。

前回のブログはこちらをご覧あれ。



というわけで。

前回はラスト1枚のティーシャツ、SサイズをUPしましたが

今回はMサイズをあげてきます。

以下です!!

20160530l1mi (1).JPG

20160530l1mi (2).JPG

20160530l1mi (3).JPG

20160530l1mi (4).JPG

20160530l1mi (5).JPG

20160530l1mi (6).JPG

20160530l1mi (7).JPG

20160530l1mi (8).JPG

20160530l1mi (9).JPG

20160530l1mi (10).JPG

20160530l1mi (11).JPG

20160530l1mi (12).JPG

ってな感じです。

今期のティーシャツなんかでも、

ラスト1枚のがちょいちょい出てきているのですが、

今回はあえてブログには載せません!

なんだか、全て載せてしまうと

お店に来る楽しみも減るでしょ??

いや、決してめんどいからじゃございませんよ!!!


と、

ブログにUPしたラスト1枚ティーシャツなどは

実は店内にちょいちょいディスプレイで使っているんですよ。

試着室のドアの所や

20160530l1mi (13).JPG

20160530l1mi (14).JPG

ここ!!



とか、

ティーシャツの棚の真ん中に、どーん。

20160530l1mi (15).JPG

などなど。

ちょいちょい注意して見てみてください。


ではでは。







 

ラスト1枚のコーナー。

カヲルです。


昔にもお話しましたが。

私自身、いつ話したか覚えていないのですけども。


まず、

1、お店に商品が入荷します。

2、売れます。

3、バカスカ売れます。

4、完売します。


・・・・・・・・・・って事も、

そりゃ当然あります、多々。


がしかし、

4のところで問題発生する場合があります。

「服屋さんあるある」

です。

あんなにバカスカ売れていたのにもかかわらず、

最後の1枚になった瞬間から、

全く動かなくなるという。。。

あぁ・・・・恐ろしい。。。。

人の性質とは恐ろしいもんで、

どうやら、

1つしかない物には新鮮味を感じないという部分があるかもしれない。。。。


というわけで。

もうご存知の方もいらっしゃるとは思いますが。

まず

ストリートビューみたいに説明しますと、

20160516last1s (14).JPG

クラシックス入口。

夏ですねー。

風でハワイアンがそよいじゃってます。

で、

20160516last1s (15).JPG

入口を進みます。

さらに奥に進むと、

20160516last1s (16).JPG

右手に見えますのが、

無地のティーシャツと、ハットのコーナー。

でさらに奥に進むと

20160516last1s (17).JPG

ハワイアンシャツ、どどーん。

夏だねえ。

ハワイアンシャツ見ると。。。。


と、思いきや、ちょいと右ななめ下方向に目をむけると

20160516last1s (18).JPG

これもまた統一美。

木のハンガーの登場。

かかってるのはティーシャツ。


ここで、服屋さんあるあると繋がるわけです。


そう。

ここ。

ラスト1枚のティーシャツを大集結したコーナー。

ハンガーにかかってるし、見やすいでしょ?

しかも下の方(高さが)あるから、

見てても腕が疲れない。


ってなわけです。

ここにあるんですが。

どんな物があるんだろうかと気になりますよね。

もしかしたら、

前に買い逃してしまった物もあるかもしれない。。。

というわけで。

本日は

ラスト1枚で、Sサイズのティーシャツを

全部紹介。

ラスト1枚ティーシャツ、Sサイズ編。(そのまんま。)


以下!

20160516last1s (13).JPG

20160516last1s (12).JPG

20160516last1s (11).JPG

20160516last1s (10).JPG

20160516last1s (9).JPG

20160516last1s (8).JPG

20160516last1s (7).JPG

20160516last1s (6).JPG

20160516last1s (5).JPG

20160516last1s (4).JPG

20160516last1s (3).JPG

20160516last1s (2).JPG

20160516last1s (1).JPG

という感じです。

当然、

これからの時期は半袖のティーシャツが売れ売れのシーズンですから、

これからまだまだラスト1枚が増えてくると思います。

その時、また載せるかも。

いや、載せないかも。

お楽しみあれ。



 

本日のオススメ。

曇天。

カヲルです。


シリーズっちゃ、シリーズだけども。

残り1点シリーズ。

今回もパンツです。

20160401hscf (1).JPG

HELLER'S CAFEの

プリズナーパンツ。

残り1点では、

シマシマが続きますが。


1900年代初頭の囚人用の服の復刻です。

以前もこのパンツのブログを書いたので、

気が向いたら

ブログのサーチで

プリズナーパンツって探してみてください。


アメリカの古い囚人服は(最近の事情は知らないのですが・・)

州によって縞模様の色が違ったり、

形やデザインなんかも違ったりしていたそうです。

その中で、

この横縞というのは、

森に逃げ込んだ時に見つかりやすいという効果もあります。

その反面、見つかりにくい例だと

虎の縞模様。

あれは地面に対して直角の方向、

そう、木や草の生えている方向と同じなので、

獲物や敵などに気付かれにくいという効果があります。

その反面を利用しているわけです。


縞模様の説明を簡単にしましたが、

ちょいと細かいディティールを。


20160401hscf (8).JPG

このパンツ。

ブラウン×ベージュというこの色。

見覚えもあるでしょう。


20160401hscf (2).JPG

ボタンはこんな感じ。

打ち抜きのタイプですが、

このボタンの仕様も古い仕様です。


20160401hscf (3).JPG

ポケットは、

フロントに2つ。


20160401hscf (5).JPG

尻部分には、

右側にひとつ。

イメージでは、ポケットはひとつって

勝手なイメージがあるんですけども、

そこはなかなか贅沢仕様なのね。


20160401hscf (4).JPG

これも特徴的。

ベルトループがあるのに

サスペンダーボタン付き。

で、

20160401hscf (6).JPG

腰の部分は、

こんな感じで割れてます。

そして

20160401hscf (7).JPG

バックルバック。

どんな人が来ても

対応可能って事なんでしょう。


20160401hscf (9).JPG

上の画像みてくだされ。

パンツの足部分。

なんの変哲もないような感じしますが、

この足の、

20160401hscf (10).JPG

膝あたりに注目。

横に線が入ってるのわかりますかね??

ジーンズなんかでも、

こんな風に継ぎ目が入ってるもんなんて

見た事ないと思いますが。

これは

実際のビンテージでも同じく、

生地の目の都合と、

生地自体の裁断の都合で、

ここでつなぎ合わせてあるんです。

しかも生地目は横なので、

タテに縮まず、

横に、しかも

ガッツリ縮みます。


プリズナーパンツというと、

ちょっと太いイメージありますが、

このパンツは実は細身なのです。


って感じで。

このパンツも秀逸その物。

最高の復刻度合い。


¥19500+tax

ウエストは31インチのみ。


さあ。

これって、実は探してました!

って方が多いパンツだと思います。

以前に出ていたサックスブルーのシマシマのパンツも、

完売してからかなり経ってからも探している人もいたし!


ここにありますよ。

31インチの方。

是非!

 

本日のオススメ。

天気が微妙。

カヲルです。


そうそう。

カテゴリーってありますが。

このブログ。

皆様、カテゴリー別に見たりします??


そして、この話題を出したという事は、

オススメのカテゴリー。

「残り物には福がある」

です。


いやはや、

残り物っていう表現を用いるのは

やや抵抗もあるってもんですが・・・・


実のところ。

お店で品物を売るという事は、

完売、

残ゼロ、

何もアリマセン、

って事は、

まず無い!

のです。

いや、完売する事も多々ありはします。当然。

ですが、

人間の心理ってか、

服屋さんあるあるなんでしょうけども、

「あれだけ売れていた物が、残り1点(少数)になった途端に、売れない!」

って、あります。

まあ・・・・・

サイズがある物に関しては、

欲しいけどサイズ合わない。。。。

けど、もうメーカーでも在庫無しで、取り寄せ不可能。。。。

って場合が多いわけなのです。


前置き長くなりましたが、



というわけで、

現在、

店頭にある、

他の商品に埋もれていて

人目に付かない

隠れた名品を、

インターネットという文明の利器を通じて

皆様の目に映そう!

って試みを強化してみようと思います。


ってな感じで。

本日のオススメの逸品。

サイズはW36インチ。


これです。

20160328csmn (10).JPG

あ、ついでにプライスも写ってる。

¥19800+tax

Mattson's by Cushman

の、

プリズナーパンツ。


20160328csmn (2).JPG

これ。


発売当初は、飛ぶように売れ。

残り1本になった瞬間に・・・・ってお品。


ポケットは

20160328csmn (3).JPG

尻にひとつ。


20160328csmn (5).JPG

フロント左部分にひとつ。


20160328csmn (7).JPG

フロントボタンは打ち抜きのボタンで、

黒塗り。


20160328csmn (8).JPG

ステッチは、

トリプルステッチ。


20160328csmn (9).JPG

生地は、

白い部分は

画像ではわかりずらいですが、

生成り。

そして


20160328csmn (4).JPG

この画像でわかりますが、

ボーダーの黒部分は

生地で切り替えになっているわけではなく、

プリントなのです。

なので、

履きこむとグレーっぽくなります。

経年変化の楽しめる仕様というのか。


サイズが36ですが、

20160328csmn (1).JPG

こんな感じで、

サイズ表記がスタンプになってます。


このパンツ、

簡単に言うと

「股上極深、足は極太」

という、

かなりたっぷり感溢れるシルエット。

とはいえ、

実寸の大きな人が穿いても良し。

オーバーサイズで穿いても良し。

かーなーりオーバーサイズで穿いても良し。

っていう、

けっこう便利なアイテム。


しかもこれから夏になると、

こんな太いパンツが活躍します。


さあ。

どうですか。

いいでしょ。


このシリーズ、

ちょいちょい続けていきます。

もちろん、ティーシャツや、ハワイアンシャツなども紹介します。


けど、1回に紹介するのは 1点のみ!


・・・・・って事にしときます。

なんとなく気分的に。




















| 1/2PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.