西海岸のアウトロー達のマストアイテム!!Derby JACKET!!JUNKY CLASSICS別注、ここにアリ!!

まいど!!

 

イワサワです。

 

いい感じに”秋”がやってまいりました。

 

夏好きとしては少し寂しいところがありますが、

 

服はやっぱり秋冬が面白い!!ってのは理解してますww

 

そしてこの元町では”チャーミングセール”が開催されますが

 

JUNKY CLASSICSはセールとは無関係...

 

常に最高なモノを提案、提供したいが為と思っていただけたらありがたいです!!

 

 

そこで!!

 

セールができない代わりじゃないですが

 

せっかくなので目玉になるようなアイテムを!!

 

 

 

完全オリジナル別注!!

IMG_1679.JPG

 

JUNKY CLASSICS 

ORIGINAL

Derby JACKET

 

こんなアイテムを完全別注で作っちゃいました!!

 

あまり聞きなれないジャケットかもなので少し説明を。

 

1960年代から80年代にかけてアメリカで人気を博したブルゾン。

 

Derby社が出していたジャケットなので通称ダービージャケットと呼ばれています。

 

c0078333_01213539.jpg

80年代にサンフランシスコのハードコアシーンを中心とした

 

スケーターやパンクス、ロックンローラーから愛され、

 

クールなアイテムとして存在していました。

 

c0078333_01323074.jpg

いわゆる西海岸の不良たちの間で人気のあったジャケット、

 

まさに西海岸カルチャー好きには、たまらんじぇ会長!!

 

そして、忘れちゃいけないこの人!

 

o0400040014300140739_wdp.jpg

Steve McQueen

 

1960年代のオフショットで着ています!!

 

クソかっこいい!!

 

さらに...

 

o0329032914300140733_wdp.jpg

Paul Newman

 

o0400040014300140737.jpg

Clint Eastwood

 

o0400040014300140736_wdp.jpg

Muhammad Ali

 

こんなにも著名人に愛されていたジャケット!!

 

そんなアイテムをJUNKY CLASSICSで作っちゃったんだから

 

面白くないわけがない!!

 

IMG_1641.JPG

だろっ!?

 

しかし、作るからにはやっぱり機能性も持たせたい!!

 

ボクがアメカジに求めるギア感。

 

そこにもこだわりまくりました。

 

"DELFY"

IMG_1682.JPG

表にはDELFYを使用。

 

DELFYは表面にマウンテンパーカーなどのアウターに使われる

 

引っぱりや摩擦に強いタテ70d、ヨコ280dのナイロン糸を使用した

 

防撥水性に優れたファブリック。

 

image.jpg

さらに表に雨を弾く優れた撥水加工を施し、

 

裏には0.2mm厚のPVCをラミネーション加工することで

 

強度と防水性を高めた生地です。

 

 

そして中綿には"PRIMALOFT"を使用。

 

yjimageYTS9R5J2.jpg

よく耳にするとは思いますが、

 

PRIMALOFTは1983年にアメリカ国軍の要請を受けたALBANY社が開発した

 

羽毛に変わる画期的な超微細マイクロファイバー素材。

 

羽毛のように軽く暖かい保温性と柔軟性、

 

さらに羽毛には無い撥水性も機能したことで

 

どんな環境でも使える高い実用性を発揮した人工羽毛です。

 

IMG_1672.JPG

IMG_1674.JPG

保温性もハンパない!!軽いしね!!

 

 

今回の別注ダービージャケット。

 

DELFYPRIMALOFTの最強コンビで仕上げました!!

 

究極のダービージャケットと言っても過言ではない

 

ちょっと不良感の漂うコイツ!!

 

しかも、黒というカラーリングは、

 

ダービージャケットでもかなり珍しい色!

 

ジャンキークラシックス別注ならではの色!!

 

IMG_1650.JPG

IMG_1651.JPG

袖と腰と襟のリブはコットン。

 

肌触りも良く、しっかり、そしてザックリとしています。

 

IMG_1676.JPG

IMG_1680.JPG

フロントのトップとエンドにはボタン。

 

ダービージャケットの特徴のひとつです。

 

ZIPPERは世界のYKK。

 

これが逆にリアルさを演出してます。

 

もちろん機能は世界一!!

 

IMG_1661.JPG

ポケットにもジッパーが。

 

アウトドアの要素も満載。

 

IMG_1659.JPG

この肩のラインの切り替えもダービージャケットの基本。

 

IMG_1660.JPG

動かしやすく、楽なのにシルエットがキレイに出るのもウレシイところ。

 

IMG_1670.JPG

そしてもちろん、

 

JUNKY CLASSICSの織ネームが!!

 

IMG_1673.JPG

MADE IN JAPANでしっかりと作らせていただいてます!!

 

IMG_1664.JPG

裏地はポリエステルタフタにプリマロフトをダイヤモンドキルトで仕上げています。

 

このキルティングは袖までしっかりと入っています。

 

強度、着心地、保温性、

 

どれをとっても最強です!!

 

カラーはゴールド!!

 

これがまた良いアクセントに!!

 

オリジナルはゴールドにペイズリー柄といったパンチの効いたモノなのでww

 

ぶっちゃけ良いとこ取りですww

 

 

JUNKY CLASSICSでも初の取扱いになるDerby Jacket!!

 

やっぱり着てみるのが一番わかりやすい! でしょ!?

 

と言うワケで...

 

IMG_1623.JPG

IMG_1630.JPG

80年代、ローカルの不良たちに愛されたのも良く分かる。

 

IMG_1625.JPG

ちょっとオヤジくさい感じもリアルアメリカしてるんじゃないでしょうか!?

 

IMG_1632.JPG

IMG_1648.JPG

もちろんデニムスタイルにもバッチリハマる!!

 

IMG_1647.JPG

IMG_1645.JPG

シルエットも最高!!

 

IMG_1626.JPG

IMG_1631.JPG

こんな普通な感じがたまりません。

 

ココ、わかってもらえたらウレシイところです!!

 

 

どうですか!!

 

難易度も高くなく、なによりカッコイイ!!

 

それでいて歴史もカルチャーも機能美も兼ね備えたこのジャケット。

 

一着持っていてもいいんじゃないですか♡

 

JUNKY CLASSICS

ORIGINAL 

Derby JACKET

 

BLACK

size S M L XL

¥29800+TAX

 

このクオリティでプライスも頑張りました!!

 

ぜひカッコよく着てやってください!!

 

IMG_1635.JPG

IMG_1636.JPG

今年もプールは終わり。

 

そろそろ冬支度、はじめようか...

 

 

というわけで

 

通販はこちら。

 


夏物→秋冬物。

カヲルです。

 

 

台風が接近中ですが。

 

この時期に台風って意外と来ています。今まで。

 

しかしながら、台風云々もありますが

 

この暑さが本当に厳しいですねー・・・

そうそう。

通販ページなどから、商品のお問合せを頂く事が日々多々あるのですが・・・・・・

質問を送って頂いて、こちらも返信をさせて頂いておりますが、

ドメイン指定をされている方が多く・・・

迷惑メールの多い世の中ですから仕方のない事なのですが、

我々も当店の商品へのお問合せに関しましては返信をさせていただいておりますが、

ドメイン指定されている方へのメールは届かず、戻ってきてしまっていますので・・・・・

別に無視しているわけではありませんので、ご了承くださいませ。。。


 

 

 

というわけで。

 

クラシックス名物とでも言いますか。

 

毎年、毎シーズンの節目には、

 

店を1日営業せず、商品の入替えというものを行っております。

 

春夏→秋冬

 

秋冬→春夏

 

・・・・という感じで。

 

しかしながら、今回はその1日営業をしない・・・のではなく、営業中に行いました。

 

正確に言うと、行っています。

 

現在の進行状況は8割完了という感じです。

 

セーターや、スウェットが出ていないぐらいで、

 

後は全てが完了しています。

 

IMG_1167.JPG

 

入口。

 

 

IMG_1166.JPG

 

ムートンボアのフライトや、

 

 

IMG_1165.JPG

 

ナイロンのフライトなどなどはもちろん、

 

 

IMG_1164.JPG

 

ウールのジャケットなどはもちろん、

 

 

IMG_1163.JPG

 

ブラウンズビーチのベストやジャケット、PEA-COATなども出ています。

 

 

IMG_1162.JPG

 

Tシャツも、長袖の物も店頭に出ていますし、

 

 

IMG_1159.JPG

 

シャツも、長袖がメイン。

 

ネルシャツなども出ています。

 

 

IMG_1161.JPG

 

新作の秋冬物も入荷次第、全て店頭に出しています。

 

 

IMG_1158.JPG

 

店内外のディスプレイも秋冬。

 

 

とはいえ。

 

いまだ、秋冬物はいつ出てきますか???と聞かれたり、

 

いつ、入替えなんですか???と聞かれたりもします。

 

そう。

 

答えは

 

「出てます」

 

「今年は、店を閉めて入替えがありません」

 

というのが、答えになります。

 

なので、

 

入替えまで待とう!とか言っている間に、

 

入荷した新作の在庫はどんどん店頭から無くなっていますので、

 

待たず、御来店くださいませ。

 

あと、通販も入荷次第随時更新中ですので、

 

是非、ご覧くださいませ。

 

通販はこちら。

 

新作などは随時入荷してきていますが、

 

SNS等の更新が間に合わない場合もあります。

 

(もちろん、極力、更新には務めています!が。)

 

SNSの更新を待ってから来店・・・・ではなく、

 

そろそろ何か入荷してるかなー???という感じで

 

是非ともご来店くださいませ。(その方が早い!)

 

 


140回目キヨ!!(BUZZRICKSON'S L-2Bの話)

こんにちは。

 

140回目、ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

さてさて、店内どしどし新作商品が入ってきております。

 

そんな中これからの季節かなり使えるアイテムを紹介します。

 

そう、

 

L‐2B

 

 

 

L-2→L-2A→L−2Bとなるのですが、、、L-2Bはまず、

 

タグから「LIGHT ZONE」

 

または「LIGHT」の文字が消えます。

 

あと、サイズの表記が36などの数字から、

 

SMALLというアルファベッドになります。

 

L−2、L−2Aの2つは、カラー以外の違いというのがそこまでは無かったのです。

 

細かく、細かく言えばあるんでしょうけども、

 

そこは省略しました。

 

 

が、このL−2B。

 

ここで大きく変化します。

 

 

見た目の変化というのは、

 

これまた微々たるもんですが、

 

ディティールにけっこうな変更があるのが、

 

このL−2B。

 

まずはその色。

 

上の画面でもわかる通りですが、

 

L−2 → L−2A → L−2B

 

オリーブ → エアフォースブルー → セージグリーン

 

と変化します。

 

たった数年間で、これだけイメージカラーが変化するという

 

ブレブレ感。

 

それだけアメリカだけでなく、世界情勢も不安定だったという事でしょう。。。。

 

 

 

 

このL−2B。

 

1950年代中期から、1970年代までの長きに渡り採用されていたモデル。

 

この後にCWU36/Pが登場するまでの間、

 

アメリカ空軍のライトゾーンのウェアとして使われます。

 

完成系とすれば、CWUの方が完成系なのでしょうけども、

 

このL−2Bも、完成系と言っても間違いはないのだと思います。

 

 

今までのL−2シリーズからの変化がいくつか有り。

 

表面のナイロンの色、タグの表記は先にもお話しましたが。

 

私的に、一番大きな変化が、これ。

 

 

 

ライニング。

 

L−2、L−2Aは、ウール×ナイロンのライニングでしたが、

 

L−2Bは、ウール×レーヨンのライニング。

 

レーヨンというだけあって、でろんとしております。

 

でろーんって。

 

がしかし、

 

これが温かいし、着心地が良い。

 

まあ・・・・・・・

 

もちろん、個人の好みというのはあるのでしょうけども、

 

私的には、これが一番好きであろうか。。。。

 

 

そして、ジッパー。

 

 

今までは、クラウンのスプリングジップでしたが、

 

L−2Bからは、スプリングの無いクラウンのジップに変更されています。

 

確かに・・・・

 

こっちの方がバネとか付いてないから、

 

壊れにくいのは、確かに。。。。

 

 

 

シガレットポケットの方も、同じジッパーに変更されています。

 

そして、これは変更なし、

 

前回のブログでもお話しました通り、

 

 

 

ジッパーの横の銅線(ハリガネ的な。)も同じく装備されています。

 

 

そして、ちょっと上の画像の右端に見えますね。これ。

 

 

ボックスタブ。

 

レザー、ナイロンときて、

 

L−2Bはナイロン。

 

で、色はグリーンに変更になっています。

 

 

エポレットは変わらずに健在。

 

で、

 

 

バズのL−2Bでは、

 

L−2Aと比べると、フロントのポケットの形が変更になっています。

 

L−2Aはもっと鋭角な形。

 

好みは分かれど、

 

鋭角か、そうでないかで、どちらのジャケットが好きという特徴にはならないでありましょうが、

 

そうゆう特徴も変えてくるところが、バズの物作りの本気度がうかがえます。

 

 

そして。

 


IMG_0779.JPG

 

着てみました。

 

 

(168cm 68圈SIZE M)

 

 


IMG_0776.JPG

 

資料などでは、

 

L−2、L−2Aに比べると、

 

L−2Bの方がシルエットがゆったりめとあるものが多いんですが、

 

おそらく、L−2Bの方がシルエットはタイトめかなと思います。

 

(L−2Bにも、年代ごとに違うモデルがあるので、その中でもシルエットは違うのですが。。。)

 


IMG_0777.JPG

 

やはり、L−2のオリーブドラブとは

 

色の感じは違います。

 

IMG_7122.JPG

 

これがオリーブですから、

 


IMG_0782.JPG

 

やはり違います。

 

もちろん、

 

それぞれに良い。

 

 


IMG_0786.JPG

 


IMG_0785.JPG

 

ジーンズで合わせていますが、

 

チノパンはもちろん、

 

異素材などにもシックリくるという、

 

やはりアメカジには、フライトは定番。

 

 

というわけでして。

 

これからの時期、

 

特にオススメ。

 

L−2B。

 

お値段

 

 

¥42000+TAX

 

 

 

SIZE S M L XL

 

 

 

通販はこちら

 

 

 


ハワイアンシャツの本って持ってますか。

カヲルです。


8月も後半に突入という時期。

ハワイアンシャツなど、夏物の入荷も落ち着いてはいるのですが

夏はまだ終わらず。

暦の上では、もう秋ではありますが。

皆様ご存知。

暑いのは、まだまだ終わらない。。。。。。

今日、月の予報をテレビで観たんですけども、

来月9月も気温は高め・・・・だそう。


と、そんな時期なわけなのですが。


そうそう。

夏の着物と言えば、ハワイアンシャツ。

それは何度もブログなどで御紹介してきたのですが。


我等が店舗では、ハワイアンの入荷はやはり

SUN SURF

このブランドを於いては、店の夏は始まりません。

しかしながら、このサンサーフ。

の、ハワイアンシャツの柄。

皆、ビンテージのハワイアンシャツの柄、そのまんまなのです。


そんなの知ってるよ・・・・という声も聞こえてきそうなのですが、

今や、スマホひとつあれば、そんなの検索して

今すぐにでも見れるよ・・・・という時代です。

が、実物を見た事がありますか???

と、聞かれると・・・・・

未経験な方が多いはず。

ましてや、そのハワイアンシャツが、

どの時代の、

どこのブランドが作って、

いや、そのブランドはどんなブランドなのか、

この柄はどんな柄なのか・・・・っていうところは

そうそう知っている方は少ないはず。


というわけで。

こんな本は、いかが???


IMG_0433.JPG

 

「LAND OF ALOHA展・図録」

 


この本。
 

 

博物館なんかの特別展など行く人はご存知かと思いますが、
 

 

その展覧会に行くと買える、その展覧会にある品の図録なのです。
 

 

世界的に有名なハワイアンコレクターでもあり、ハワイアンシャツの研究家でもある
 

 

小林亨一氏の協力で、朝日新聞社が主催したハワイアンシャツの展覧会である

 

「ランドオブアロハ展」。
 

 

小林氏所有の数千点のヴィンテージハワイアンシャツの中から、110点を展示した

ヴィンテージハワイアンシャツの展覧会。

その110点をフルカラーで掲載し、

その年代、ブランド、エピソードなどを1点1点紹介した図録・・・というよりも、

本です。

IMG_0434.JPG

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

ハワイアンシャツの柄には、大きく分けて6つのパターンが存在します。

オールオーバー・パターン

ボーダー・パターン

ピクチャー・パターン

ホリゾンタル・パターン

バックパネル・パターン

オリエンタル・パターン(和柄)


の6種類。

(ここで写真付きで紹介すると、本売れなくなるからしない!)

(ってのは本心でありますが、詳しくは本書にて!)

その6種類に分類して掲載してあるので、

非常にまとまりもあって、見やすい本になっています。

IMG_0441.JPGIMG_0437.JPG


ね、こんな感じで。

その他、主要なブランドの紹介や

IMG_0435.JPG

ハワイアンシャツの歴史など、

貴重な研究資料と共に紹介もされています。

絵本のようにハワイアンシャツを見るも良し、

文を読んで、内容を楽しむも良し。。。。

という、非常に面白い構成。


IMG_0439.JPGIMG_0438.JPGIMG_0442.JPG

こんな感じで、1点1点

見逃せない本となっています。


¥2500+tax

少数入荷でしたので、

店頭には、あと数冊のみ。

ハワイアンシャツは多々持っているけども、

詳しい解説のある本を持っている方は、

少ないのでは???

というわけで、この本を読んで

ハワイアンシャツを持っている方は、そのシャツの柄の事などを・・・・

ハワイアンシャツをまだ持っていないよという方は、これを読んでこっちの世界へ・・・・・

是非是非、おすすめの書籍であります。


通販はこちら。














 


135回目キヨ!!(SUGARCANE 砂糖黍 琉球藍混×HAWAII藍混 14oz.DENIM SLIM MODELの話)

こんにちは。135回目、ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

時を、遡る事、5ヶ月前、

 

IMG_0395.JPG

 

IMG_0397.JPG

 

 

SUGARCANE

 

 

砂糖黍 琉球藍混×HAWAII藍混 14oz.DENIM SLIM MODEL

 

 

こちら、入荷した際速攻で完売した人気アイテムであります。

 

満を持して、今回再入荷いたしました。

 

お待たせいたしました。

 

では、今一度少しディティールを見ていきます。

 

IMG_0398.JPG

 

濃紺が琉球藍混

 

青がHAWAII藍混

 

であります。

 

どちろとも、砂糖黍を使ったデニム。

 

同じ、砂糖黍でも、原産地が違うだけで色も変わってきます。

 

もちろん、NONWASHでやっているのですが、

 

穿き込んでいくたびに、色のコントラストは強くなっていきます。

 

ネップ感もあり、14ozなので、バシバシに履き込んで欲しい一本。

 

砂糖黍デニムは、防臭効果などもあるみたいです。

 

さらに、生地違いだけではなく、

 

IMG_0400.JPG

 

琉球藍混が左綾

 

IMG_0402.JPG

 

HAWAII藍混が右綾

 

になっているので、色落ちも少し変わってきます。

 

3150(最高)!!

 

さいこーーーーです。(笑)

 

IMG_0407.JPG

 

ニシキヘビの革パッチは琉球藍混のトレードマーク。

 

IMG_0406.JPG

 

ヘアオンハイドのパッチは、HAWAII藍混のトレードマーク。

 

クレイジーパターンですので、こちらもパッチが2つ付いております。

 

IMG_0409.JPG

 

前は後ろとは逆になっています、つまり、、、

 

IMG_0424.JPG

 

横から見ても、クレイジーパターン。

 

IMG_0410.JPG

 

ボタンフライも、それぞれ色が違います。

 

IMG_0412.JPG

 

ポケットのスレーキもクレイジー!!

 

IMG_0420.JPG

 

もちろん耳付き。

 

 

ディティールを見れば見るほど、欲しくなっちゃうジーンズであります。

 

 

 

早速ですが、着画がこちら。

 

(180cm 75圈SIZE36 着用)

 

IMG_5796.JPG

 

IMG_5802.JPG

 

IMG_5800.JPG

 

IMG_5801.JPG

 

デニムオンデニムでも相性抜群。

 

そして、スリムフィットでレングス短めなので、

 

スニーカー、サンダル、短靴なんかとも合わせてもらって構いません。

 

是非、皆さんにも育てて欲しい1本であります。

 

お値段

 

 

¥19800+TAX

 

 

SIZE 30 32 34 36 

 

 

通販はこちら。

 

 

 


130回目キヨ!!(THE H.W.DOG&CO TRUCKER CAPの話)


こんにちは。130回目、ブログ書かせて頂きます。キヨです。

さてさて、最近、

もの凄く動きの早い、アイテムの紹介であります。

それが、こちら。

 

IMG_0077.JPG

 



THE H.W.DOG&CO TRUCKER CAP


皆さん、ご存知、トラッカーキャップ。

1970年代、流行したトラッカーキャップがモデルであります。

当時のワークマンたちが自分のユニフォームとして被っていたキャップ。

それが、トラッカーキャップであります。

一時期、一つも店頭にトラッカーキャップが無く、再入荷待ち状態でしたので、待ちに待った方もいらっしゃるでしょう。

クラシックスには今日この5色が待望の再入荷しました。

 

IMG_0079.JPG


BLACK

 

IMG_0081.JPG


NAVY

 

IMG_0087.JPG


OLIVE

 

IMG_0083.JPG


BROWN

 

IMG_0085.JPG


BEIGE

生地は、コットンのツイル生地。

あえて、色落ちしやすい生地を使っているので、

ガンガン被っちゃってください。

もちろん、クラシックススタッフも愛用しております。

スタッフ愛用の色落ちサンプルがこちら。

 

IMG_0093.JPG

 


(右スタッフ私物)

BLACK

 

 

IMG_0106.JPG


(右スタッフ私物)

NAVY


 

 

IMG_0108.JPG


(右スタッフ私物)

OLIVE


 

 

IMG_0096.JPG


(右スタッフ私物)

BROWN
 

 

IMG_0103.JPG


(右スタッフ私物)

BEIGE

では、少しディティールを見ていきます。

まず、ツバ裏見てみます。
 

IMG_0088.JPG


チェーンステッチが入っています。

しかも、このチェーンステッチ、

1970年代のミシンを使用しています。

1970年代のトラッカーキャップがベースなので、時代背景を合わせたんだと思います。

ココロオドル〜♪

IMG_0112.JPG

剥ぎは、6枚剥ぎ。

しかも、表と裏生地が2枚重なっているのであります。

型くずれもしにくい、これなら安心して洗濯できます。

グッとバッグなんかに押し込んでてもヘッチャラ。

IMG_0090.JPG

IMG_0089.JPG

帽子裏側のスベリに縫われている、

コの字型縫い目は、約100年ほど前のコの字ミシンを使用。

細部まで拘っています。

そして、着画がこちら。

IMG_0131.JPG

BLACK

IMG_0149.JPG

NAVY

IMG_0137.JPG

OLIVE

IMG_0120.JPG

BROWN

IMG_0140.JPG

BEIGE


いかがでしたか?

通年で、被れるキャップであります。

もちろん、全色コンプリートしている方もいます。

それくらい、アメカジにハマるキャップであります。

間違いなく、普段のマストアイテムになると思います。

お値段


¥7900+TAX


通販はこちら☟


BLACK


NAVY


OLIVE


BROWN


BEIGE





店頭でもお待ちしております。
 

 


127回目キヨ!!(SUNSURF SPECIAL EDITION ROYAL HAWAIIAN "DRAGON"の話)

こんにちは。

 

127回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

さてさて、久しぶりのハワイアンのブログであります。

 

クラシックスの店内にはハワイアンシャツがモリモリにあります。

 

今年のハワイアンスペシャルも然り、

 

過去のハワイアンスペシャルも多く置いてあります。

 

過去の物はもう古いなんて思ってる方いるかもしれませんが、

 

柄は全てヴィンテージで存在する柄ですので、流行り廃りもないのであります。

 

なので、過去のハワイアンスペシャルは中々手に入れる事ができないレア物であります。

 

意外と、その年気にならなかった柄が今になって、

 

いやめっちゃ良いってなる事も良くありますので。

 

私自身もありますし(笑)

 

そんな今日、紹介するハワイアンスペシャルはこちら。

 

IMG_9702.JPG

 

IMG_9705.JPG

 

BROWN

 

IMG_9708.JPG

 

IMG_9711.JPG

 

BLUE

 

IMG_9714.JPG

 

IMG_9717.JPG

 

GRAY

 

 

 

SUNSURF SPECIAL EDITION

 

 

ROYAL HAWAIIAN "DRAGON"

 

 

こちら、リリースされたのが、、、

 

 

2002年!!!

 

今から、17年前。私、7歳の時。。。。。(笑)

 

ビックリ、、、、(笑)

 

IMG_9704.JPG

 

写真でも分かるように、素材はシルク。

 

軽くて、着ててもかなり涼しい素材。

 

当時、生地は日本製だったみたいです。

 

そして、ヴィンテージは1930年代後期にあったものです。

 

古めかしい。。。。

 

当時作っていたメーカーは、、

 

IMG_9715.JPG

 

ROYAL HAWAIIAN

 

創業当初はなんとミシン8台という小さい会社。。。

 

とはいえ、ミシン何台から大きな会社なのかはよくわかりませんけども。

 

しかしながら、創業から2年でミシン60台導入しているという所が

 

このブランドがどんだけの勢いで大きく成長していったかがよくわかるエピソード。

 

工場自体はホノルルにあったそうですが、

 

配送拠点をアメリカ本土にも数ポイント作るなど、

 

アメリカ本国に、ハワイアンシャツを普及したブランドの先駆けでもあります。

 

IMG_9707.JPG

 

IMG_9713.JPG

 

IMG_9716.JPG

 

そして、この柄、、、

 

龍、竜、ドラゴン、

 

神様的存在で、柄の如く、雨を降らせる神様。

 

荒々しい、雲の中を龍がいます。

 

シンプルに格好良い。

 

早速、着てみました。

 

(180cm 68圈 

 

IMG_9726.JPG

 

IMG_9727.JPG

 

BROWN(SIZE M )

 

IMG_9723.JPG

 

IMG_9724.JPG

 

BLUE(SIZE M)

 

IMG_9718.JPG

 

IMG_9720.JPG

 

GRAY(SIZE XL)

 

形はBOX型で着丈は短め。

 

着やすいかと思います。

 

お値段

 

 

¥18000+TAX

 

 

BROWN S M L XL

 

 

BLUE S M 

 

 

GRAY XL

 

 

かなりお買い得。

 

今じゃ、この値段では間違いなく買えません。

 

サイズ合う方狙って下さい。

 

是非。

 

 

 

 


夏でも楽に履けるレッドウイングのブーツ!!

83480d656321945a048f1d9be5a4e508.png

 

みなさん、こんにちは!イトウです!!

 

関東もついに梅雨明け!!

 

昨年よりは1ヵ月以上も遅いとのこと。

 

去年は確かにかなり暑い時期が長かったですねー。

 

でも今年も暑い夏がやってきた!

 

ってことで本日の内容なんですが、

 

夏でも楽に履けるレッドウイングブーツの御紹介です!!

 

どうしたって暑くなるとブーツは履きづらくなります。

 

それでもめちゃくちゃにブーツ好きな人はエンジニア履いたり、

 

レースアップ履いたりと

 

履く人は履く!!

 

そんな人にはあんまり意味のないブログになってしまうかもしれません。

 

それでも楽に履くことのできるブーツは、

 

持っていてマイナスはないかなと。

 

何よりもカッコいいですしね!!

 

ボクはそう思っているので御紹介させてください!!

 

店頭にある全てではないですが、

 

いくつかお見せしていきますね!!

 

IMG_9426.JPG

 

REDWING

 

80938094

 

ある雑誌の企画で生まれた限定モデルのオックスフォード!!

 

IMG_9434.JPG

 

ヌメ

 

IMG_9431.JPG

 

ブラウンスウェード

 

このメインで使われるレザーもこのモデル用に作られたレザー!!

 

なんとも贅沢ではありませんか!!

 

IMG_9429.JPG

 

IMG_9428.JPG

 

レッドウイング本来の作りとも若干違います!!

 

こうして見て頂けると、

 

ステッチの入り方が違うのがお分かりになると思います!!

 

IMG_9427.JPG

 

ヌメはドンドン色が変わりますし、

 

ブラウンはスウェードなのでキズに強いからガンガンに履けます!!

 

その上、

 

どちらも限定モデルになるのでなくなり次第終了です!!

 

ヌメ・・・8ハーフ

 

ブラウン・・・8ハーフ9ハーフ

 

がございます!!

 

では次!!

 

IMG_9438.JPG

 

REDWING

 

9894

 

1950年代に10年間だけ発売されていた#895というオックスフォードを元に、

 

製作されたのがこの9894モデル!!

 

 

IMG_9437.JPG

 

当時の#895と違うのがこのレザー!!

 

茶芯のクロンダイクレザーになっております!!

 

履き込んでドンドン茶色が浮き出てくるのがこの茶芯の特徴!!

 

なのでガンガンに履き込みたくなるブーツなのです!!

 

IMG_9440.JPG

 

箱も古いタイプの復刻となっていて、

 

飾っておきたくなる箱になってます!!

 

IMG_9438.JPG

 

変化したら絶対にカッコいいのが分かっちゃってる茶芯のブーツ!!

 

こりゃ履きたくなるでしょ!!

 

こちらは10のみとなっています!!

 

欲しい方は客注も可能なので、

 

ぜひご相談ください!!

 

ではラストいきます!!

 

IMG_9446.JPG

 

REDWING

 

80498054

 

ワークブーツの雰囲気を合わせ持つオックスフォード!!

 

フォアマンと名付けられたこちらのモデルは、

 

集団を管理統率する人という意味があり、

 

現場監督や工場長などを指します。

 

そういった現場で働く人に向けて作られた短靴が、

 

40年代に#533というモデルで発売。

 

その#533を色濃く受け継いでリリースされたのが、

 

このモデルとなるわけです!!

 

IMG_9451.JPG

 

ブラウン

 

IMG_9448.JPG

 

ブラック

 

もう70年前も前にはこのモデルが完成されていたって考えると、

 

アメリカ人のセンスは計り知れない (笑)

 

IMG_9450.JPG

 

IMG_9453.JPG

 

コルクソールを装備しているのも当時とおんなじ!!

 

トラクションソールじゃないだけで、

 

やっぱりだいぶドレッシーな印象ですね!!

 

IMG_9449.JPG

 

IMG_9452.JPG

 

ワークとドレッシーのちょうど中間をいくモデル!!

 

どういったスタイルでも対応してくれる万能ワークブーツです!!

 

ブラック・・・

 

ブラウン・・・10

 

となっています!!

 

いかがでしたか?

 

こういった短靴は夏に大活躍してくれるので、

 

持っといて絶対に損はないですよ!!

 

サイズいけそうって方はぜひトライしてみてください!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 

 

 

 

 


| 1/44PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.