別注だっ!!JUNKY CLASSICSらしい”CHESWICK"の別注いくぜっ!!

まいど!!

 

IMG_4116.JPG

イワサワです!!

 

コレは最初からいっちゃってますねぇ!!

 

さて、明日から元町は「チャーミングセール」。

 

でもみなさまご存知の通り、JUNKY CLASSICSではセールはやりません。

 

ごめんなさい💦

 

それゆえに、

 

いつでもみなさまに安心して買い物を楽しんでいただけるのではないかとも思っております。

 

絶対の自信を持った商品をそろえていますし、

 

純粋に好きな方に集まって欲しいとの気持ちもありますので

 

ご理解の程、よろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

そのかわりと言ってはなんですが、

 

このタイミングでスペシャルなアイテムをご紹介させていただきます!!

 

IMG_4081.JPG

CHESWICK  NYLON JACKET  

MADE IN U.S.A.

 

コレ、まさにJUNKY CLASSICSらしさ全開のアイテムです!!

 

 

 

ここで、ナイロンと言う素材についての私見です。

 

アメカジ、

 

いわゆる僕らの好きなアメリカンカジュアルと言えば

 

”ジーンズ” ”ブーツ” ”革ジャン”

 

と言った三種の神器が思い浮かぶのではないでしょうか!?

 

ボクもまさにそうだとは思います。

 

ただ、このナイロンと言うのは考えてみるといかにもアメリカ的なモノではないでしょうか。

 

軽くて、丈夫で、機能的で、安い。

 

こんな素材をアメリカが使用しないわけがありません!

 

フライトジャケットしかり、

 

アウトドアしかり、

 

考えてみれば機能が最優先されるシーンでこそナイロンは活躍しています。

 

合理主義のアメリカらしい素材。

 

そんなナイロンで作られたジャケット、

 

ぜひwardrobeに入れてみてくださいっ!!

 

 

 

と、前置きが長くなりましたww

 

では、詳細を見ていってみましょう!

 

IMG_4085.JPG

まずはブラック

 

形は裾がフラットなコーチジャケットタイプ。

 

IMG_4088.JPG

フロントはスナップボタン。

 

ブラックはマットブラックのコーティングがされたボタンが使用されています。

 

ナイロンは非常に高密度でなめらかな風合いです。

 

IMG_4090.JPG

もちろんのアメリカ製

 

しかし、さすがCHESWICK!!

 

シルエットは我々日本人が着用してカッコ良くなるシルエットに仕上がっています!

 

アメリカ製ならなんでも良いってわけじゃあないんよねww

 

IMG_4110.JPG

そしてオリーブ

 

これまた深い良い色!

 

IMG_4094.JPG

スナップボタンはブラス。

 

このゴールドは渋くくすんでくるタイプです。

 

IMG_4095.JPG

袖口はカフスでスナップで調節できます。

 

IMG_4096.JPG

これで風の侵入も防げるし、何気にうれしい仕様です。

 

IMG_4100.JPG

ラストはやっぱりネイビー

 

JUNKY CLASSICSと言えばネイビーなのかなww

 

IMG_4097.JPG

スナップボタンはネイビーの光沢のあるコーティング仕様。

 

IMG_4104.JPG

そしてこのジャケット、首回りはリブです。

 

IMG_4108.JPG

コットン50%、ポリエステル50%のリブ。

 

IMG_4107.JPG

チクチクする感じは皆無。

 

これまた機能に富んだ仕様かと。

 

IMG_4101.JPG

そして内側はキルティング。

 

うっすらと綿が入り防寒性も多少あります!!

 

ホントの真冬は寒いかもですが、かなり長いスパンで使えると思います。

 

IMG_4093.JPG

これぞ別注の証、JK品番!!

 

JKだったりJCだったりとみなさまも見慣れてきているとは思いますが、

 

コレ、なかなかできないんですよ💦

 

なんせうちの企画だけでなく、メーカーさんの協力があってはじめて実現することなので!!

 

 

 

あとは実際着用したらどうなるか!?

 

ちょっと覗いてみましょうww

 

IMG_4112.JPG

うんうん。

 

満足の出来です!!

 

ブラックはテッパンですね。

 

IMG_4113.JPG

180cm、75kgでLarge着用。

 

非常に着やすいシルエット。

 

IMG_4117.JPG

着丈も長くなく、アームも太すぎず。

 

今の時期、Tシャツに合わせたら最高です!!

 

IMG_4125.JPG

オリーブも良い色じゃないですか!!

 

IMG_4128.JPG

ちょっとミリタリーテイストでもあります。

 

L-2の袖口と裾がリブになっていない感じもアリ、定番のアメカジにも合わせやすい!

 

IMG_4118.JPG

ネイビーはもはや説明もいらないかとww

 

IMG_4121.JPG

バックからのシルエットも合格です。

 

IMG_4123.JPG

オイオイ、早く来ないと無くなっちゃうぞっ!的なカオですww

 

 

まだボクが元町の本通りのJUNKYにいたころから提案させていただいているこのスタイル。

 

やっぱりアメリカの匂いを感じるモノが好き。

 

今回の別注、手に取って感じてみてください!!

 

 

BLACK   OLIVE   NAVY      ¥21800+TAX

 

 

最後に!!

 

今年のチャーミングはW別注でいきます。

 

コイツもご覧ください!!!!

 

そして通販は明日の午前中に更新しますのでお楽しみに!!!!

 

 

IMG_4076.JPG

こちらのジャケットも若干在庫アルで〜♡

 

 

 


TOYS McCOY STUDS BELT!!JOHNSON MOTORS by H.T.C.!!

みなさん、こんにちは。イトウです!

 

本日はむかーしに出ていたスペシャルモデルを御紹介致します!!

 

blog20170829 (1).JPG

 

blog20170829 (19).JPG

 

TOY McCOYS

 

STUDS BELT JOHNSON MOTORS by H.T.C

 

ジップスティーブンソンが統括するH.T.Cにトイズマッコイが別注で注文したスタッズベルト!!

 

ベルトの革もH.T.Cの所有する茶芯の分厚く硬い牛革!!

 

使い込んだ時の経年変化はとてつもないものがあります!!

 

blog20170829 (17).JPG

 

blog20170829 (20).JPG

 

このモデルはH.T.Cの所有する色んなスタッズパターンから、

 

ジョンソンモータースに最も雰囲気の合うパターンを採用して使っています!!

 

うるさすぎないスタッズパターンなので使いやすいです!!

 

blog20170829 (21).JPG

 

ワンポイントで石を使ったスタッズ!!

 

blog20170829 (23).JPG

 

blog20170829 (24).JPG

 

トイズマッコイとH.T.Cの焼印!!

 

これぞコラボレーションした証ですね!

 

blog20170829 (22).JPG

 

もちろん全て手打ちでスタッズを打ち込んでいます!!

 

この打ち込みが実に技術の必要なところで熟練の職人でないとうまく打てません。

 

打ち込んだ際に歪みが生じてスタッズパターンがキレイに出なかったり、革が凹んでしまったり・・・

 

全てが一発勝負。

 

ホントにスゴイです。

 

blog20170829 (27).JPG

 

※W36インチのベルトを着用

 

パンツが大きいので生地にベルトが持ってかれていますが、

 

普段履いているパンツの2インチアップで穴が真ん中にくるようになっています。

 

blog20170829 (30).JPG

 

シブい...

 

スタッズベルトはチラッと見えたときのカッコ良さがハンパないですからね!

 

こいつもチラ見えした時が絶対にヤバイです!!

 

個人的にスタッズベルト大好きなのでたまらん!

 

Tシャツから、シャツからチラッと見せちゃいましょう!!

 

サイズは

 

 

W30


W34

 

W36

 

お値段は

 

¥47000−

 

です!!

 

季節問わず使えるベルト!!

 

ガンガン使い込んで経年変化させていきましょう!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!

 


夏の最後にラストハワイアン!!

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

暑い日はまだまだ続いていますが、当店は毎度のことながら9月に入ると、

 

秋冬物と夏物の商品の入れかえをします。

 

今のところ予定では9月4日(月)の予定です。

 

正式に決まり次第、またSNSやブログなどでお知らせ致します。

 

ということは、もう夏物商品を見る事が出来なくなるというワケです。

 

なので欲しくてもお店で見ることができなくなります。

 

そうなる前に!

 

夏物最後の締めくくりって事でラストハワイアン!!

 

いかがでしょうか?

 

まだまだハワイアンが着れる季節は続きますから最後の最後まで!

 

ぜひハワイアンを楽しみましょう!!

 

ってことでちょろっといくつかラストにオススメなハワイアンも御紹介していきますので、

 

見ていってください!

 

の前にスタッフオススメハワイアンブログのリンクを貼っておきますのでこちらもご参考までに!

 

イワサワオススメ☜☜☜クリック

 

イシダオススメ☜☜☜クリック

 

イトウオススメ☜☜☜クリック

 

ドバシオススメ☜☜☜クリック

 

それではいきましょう!

 

blog20170821 (7).JPG

 

SUNSURF SPECIAL EDITION

 

"TURN INTO THE WAR"

 

大戦中に製作されたミリタリーモチーフのハワイアンシャツ!!

 

こういったミリタリーモチーフの物は普通に製作されることは多くないので、

 

物が出回る事が非常に少なく、希少価値が高いレアな一着!!

 

blog20170821 (8).JPG

 

随所に様々な戦争を連想させるモチーフがプリントされています!

 

こういったモチーフのシャツはハワイアンに限らず、お土産物としての意味合いの方が強いそうです。

 

スカジャンやベトジャンなどもそうですがあれも元は記念だったりお土産物として、

 

兵士が購入していく物でしたね。

 

これもそういった記念品としての価値が高い物なのでしょう!

 

レア度の高い物ってのは非常に惹かれますよねー!

 

こんなハワイアン中々復刻してくれませんから狙い目です!!

 

blog20170821 (22).JPG

 

blog20170821 (30).JPG

 

※176cm、Lサイズ着用

 

 

着ました!

 

派手過ぎず着やすい柄だと思います!

 

ジーンズとも相性がよさそう!

 

もちろんショーツもいいでしょうね!!

 

ネイビーもオリーブもまだ店頭にございますのでぜひ!

 

では次!

 

blog20170821 (9).JPG

 

SUNSURF SPECIAL EDITION

 

"LAND OF ALOHA"

 

キングオブアロハシャツと言っても間違いないランドオブアロハ!!

 

21色もの判を使って型を合わせて製作された生地ですが、

 

これだけの色をキレイに染色できる場所がハワイにはなく、わざわざ日本の工場にお願いして、

 

生地を製作されたそうです!

 

日本とハワイのホントの意味での合作となった名作中の名作です!!

 

blog20170821 (10).JPG

 

blog20170821 (11).JPG

 

この細かなグラデーションや波しぶきの抑揚など実にリアルに再現されています!!

 

これは何度見てもホントにスゴイです!!

 

是非ともじっくりと堪能してもらいたいハワイアンシャツです!!

 

blog20170821 (16).JPG

 

blog20170821 (20).JPG

 

※176cm、Mサイズ着用

 

 

いやー!!カッコイイっす!!

 

昔からこの手の感じの柄は大好きでしたが、これはレベルが違います!

 

たまらんっす!!

 

ブラウンは完売ですが、グリーンとネイビーはまだ物があります!

 

ぜひ見に来てください!!

 

ほんじゃ次!

 

blog20170821 (12).JPG

 

SUNSURF SPECIAL EDITION

 

"GOUGUIN WOODCUT MYSTIC"

 

伝説となったジョン・メイグスの作品!!

 

画家のポール・ゴーギャンの作品の一つのデザインをモチーフとして描かれたハワイアンシャツ!!

 

メインモチーフの女性が立ってるタイプか座っているタイプの2種類しか発見されておらず、

 

まだまだ謎の多いシャツ!!

 

独特な色合いとタッチで描かれたデザインに魅了された人も多く、

 

コレクターアイテムとしての人気も非常に高いものすごいシャツです!!

 

blog20170821 (14).JPG

 

blog20170821 (15).JPG

 

blog20170821 (13).JPG

 

ものすごいインパクトです!!

 

和柄とはまた別の迫力がありますね!!

 

これは次回生産ないでしょうねー...。

 

やったとしてもいつになるやら。

 

これは買っとかないと絶対に後悔するヤツですよ!!

 

blog20170821 (25).JPG

 

blog20170821 (29).JPG

 

※176cm、Lサイズ着用

 

 

超カッコイイ。

 

このハワイアン、超カッコイイ。

 

もうその一言に尽きますね。

 

なんで、見に来てください。

 

ホントに。

 

ブラウンは完売でブラックとネイビーが店頭にあります!!

 

では最後!!

 

blog20170821 (6).JPG

 

blog20170821 (5).JPG

 

一見すると無地にしか見えないこのハワイアン。

 

IMG_2129.JPG

 

実はこう!!

 

もうご存知のヤツですね。

 

IMG_2127.JPG

 

JUNKY×DUKE KAHANAMOKU

 

DUKES PINEAPPLE

 

WHITE×WHITE

 

 

ジャンキーだけのスペシャル別注モデル!!

 

白ベースに白のプリントっていうとんでもないことをしでかしたハワイアンシャツ!!

 

こんなぶっ飛んだ企画のハワイアンはジャンキーだけでしょう (笑)

 

世界で110枚だけの超限定!!

 

まだ買ってない人いんの!?

 

いるってんならマジで急いでください!!

 

もう数枚のみです!!

 

blog20170821 (33).JPG

 

blog20170821 (36).JPG

 

このカッコ良さ。

 

どうっすか。これ。

 

ボクもボスも着てますけどホントにこれは使えるし、今までにないアロハシャツですよ!!

 

これもラストハワイアンにふさわしい1着と言ってもいいでしょう!!

 

さてさていかがでしたか?

 

御紹介したのはホントのホントに一部分です!

 

blog20170821 (1).JPG

 

blog20170821 (2).JPG

 

blog20170821 (3).JPG

 

blog20170821 (4).JPG

 

まだまだこれだけのハワイアンが当店にはあります!!

 

自分だけのラストハワイアンがきっと見つかると思いますので是非当店までご来店ください!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


RED WING あと1足ブログ。

カヲルです。

 

この世には、お宝なるものが存在します。

 

掘り出し物とも呼ばれる事もある、

 

このお宝。

 

たまにやります。

 

あと1足!というブログ。

 

今回はレッドウイング。

 

言わずと知れた、創業100年以上の老舗ですが。

 

去る2015年。

 

レッドウイングが110周年を迎えた年でした。

 

 

その110年目を記念して

 

20170817hts (1).JPG

 

その品番、#2015 という、

 

そのまんまやないか!っていう品番。

 

その名も「HUNTSMAN」(ハンツマン)。

 

 

#877(セッターの長いタイプ)の前身のモデルとして発売された、

 

大昔のハンティングブーツ#668を元に製作された、このハンツマン。

 

1930年代ぐらいのモデルです。

 

2015年に、店舗限定で、

 

しかも少量の生産しかなかったこのモデル。

 

 

クラシックスでも、入荷はしましたが

 

ラスト1足。

 

サイズは US11の1足のみ。

 

ちょいと大きいサイズですが

 

逆に、このサイズの人は少ないはず。

 

 

というわけで、

 

このブーツ。

 

 

20170817hts (6).JPG

 

レザーは ブラッククロンダイク。

 

そう。

 

茶芯ってやつです。

 

ここ最近では、レッドウイングも茶芯のモデルを普通に出していますが、

 

これまた本当は大変に貴重なもの。

 

元元は、

 

2017rwf (7).JPG

 

この革。

 

店舗限定で発売中のゴールドラセットセコイヤという色で復刻されていますが、

 

セコイヤという木の樹脂で鞣した革を使っているモデルのみの展開でした。

 

が、

 

黒のブーツの需要が増え、

 

この色の革の上に、ペンキみたいに塗ってしまえ!っていう

 

いかにもな考え方の元、

 

黒い塗料を塗ったのが、昔のレッドウイングの黒の革でした。

 

で、油性の塗料じゃないとうまく塗れない為、

 

まさに黒色の塗膜を、茶色い革の上に乗っけただけ・・・・っていうモデルだったのです。

 

が、

 

この黒の塗膜、

 

履き込むと、剥げてきてしまう・・・・

 

ってのが、茶芯っていいよねー・・・・ってなってしまうという昨今。

 

昔は、

 

「とりあえずの間に合わせ」的要素が強かった革だったんです。

 

が、しかし。

 

今では技術も進歩して、芯まで染める技術が通常になってしまい、

 

逆に茶芯というのが、出来ない事態。

 

というのも、

 

茶芯を黒に染めるその塗料が、

 

現在の環境基準では、使用できない油性塗料なのです。

 

なので、ここまで普通に茶芯で染める技術を普通にやっているレッドウイングが

 

かなりすごいという事になります。

 

 

あと、このブーツのすごいポイント、その2。

 

20170817hts (3).JPG

 

グロコードソール。

 

20170817hts (2).JPG

 

このソールは、オハイオ州のリマ・コード・ソール&ヒール社が

 

1920年代にレッドウイングの為に開発したソール。

 

ヒモをラバーに混ぜ、スベリを防いだというもの。

 

他にもいくつかのパターンがあります。

 

そして

 

 

20170817hts (4).JPG

 

今では、タグに表記になっているもの(品番などなど)が、

 

1980年代まで採用されていた、内側にスタンプ・・・という仕様を採用しています。

 

このスタンプ、

 

当時から2015を生産するまで、

 

レッドウイングの工場の地下に眠っていた機械を、

 

これまた当時働いていたスタッフを呼んで、

 

メンテナンスしてもらって実現したスタンプなのです。

 

 

20170817hts (9).JPG

 

ベロの内側についているタグも、

 

1960年代から1990年代まで使用していた、プリントタグを使用。

 

これも何気に大きなポイントです。

 

 

20170817hts (5).JPG

 

他にも、

 

上の画像のように、シューレースもコーヒーカラーのレザーシューレースを使用。

 

(黒のナイロンのヒモも付いてます)

 

このヒモも、当時、レザーのシューレースが付属していたのを再現しています。

 

 

20170817hts (12).JPG

 

このシルエットも、

 

ワークブーツたる、ボテッとしたシルエットではなく

 

クラシカルなシュッとした感じです。

 

20170817hts (10).JPG

 

後ろ姿も、ワーク感が強すぎず。

 

これが30年代のシルエットという感じ。

 

20170817hts (7).JPG

 

ステッチはこのトリプルステッチが多く使われます。

 

 

というわけで。

 

ハンツマン。

 

20170817hts (1).JPG

 

ラスト1足。

 

是非是非。

 

¥55000+tax

 

 

 


RED WING週間。

カヲルです。

 

 

「人間50年」という言葉があった戦国時代。

 

いまや、

 

「人生80年」

 

などと言うし、

 

世の中、いろいろと移り行くものですが、

 

寿命までもが移り行くものですが。

 

その、長くなった人類の平均寿命以上に

 

持ちの良い物というのが、世の中にはたくさんあります。

 

古いお寺、古代文明の金細工、ピラミッドなどなどなど・・・・・

 

そんな桁違いの古い物に比べれば、小さな物かもしれませんが。

 

我らが着用するアメカジという物の中にも、

 

ひとつ忘れてはいけない100年選手という物があります。

 

そのひとつ。

 

 

RED WING。

 

 

アメリカンブーツに限らず、

 

数多存在するブーツブランドの中でも

 

名門と言うべきブランドのひとつ。

 

 

言うまでもなく、

 

名門と認識すべきブーツブランドというのは

 

WESCO、WHITE'Sなどなど・・・・我々のお店で扱っているブーツはもちろん、

 

扱っていないブランドにも色々と存在するでしょう。

 

 

そのいろいろあるブランドの中でも、

 

レッドウイングの品番、種類の数は

 

他ブランドよりも多い・・・・・

 

ので、

 

我々も、店頭に全てのレッドウイングのモデルを置くことができません。(キッパリ)

 

 

が、しかし。

 

 

この、外に出るのもかったるい、猛暑の日々に。

 

少しでも、何かしら、

 

気合でお店に行こうかしら!となるような

 

イベントを企画してみました。

 

 

その名も。

 

「レッドウイングを履こう週間。」

 

8月11日(金・祭日)〜8月16日(水)

 

の、6日間限定。

 

1週間もない、短い期間ではありますが。

 

以下のモデルが、

 

通常、店では入荷しないサイズも入荷します。

 

 

以下。

 

2017rwf (8).JPG

#9877

 

 

2017rwf (5).JPG

#8271

 

 

2017rwf (4).JPG

#8268

 

 

2017rwf (7).JPG

#9866

 

 

2017rwf (6).JPG

#8168

 

 

2017rwf (3).JPG

#8169

 

 

2017rwf (2).JPG

#8866

 

が入荷してます。

 

実際に物とサイズを手に取って見れる良き機会。

 

この機会を逃すべからず。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

と、御紹介致しましたが。

 

その中でも、目玉。

 

「8093」

 

「8094」

 

共に¥36000+tax

 

ですが。

 

この品番。

 

レッドウイングのラインナップにも載っていません。

 

現在、店頭にこの品番が置いてある店は、

 

うち以外にはないはず。

 

 

 

短靴です。

 

白っぽい方が「ホーソン ドリフトウッド」

 

茶っぽい方が「ジャバ ミュールスキナー」。

 

この2足が今回の目玉的存在であります。

 

 

この2足を細かく見ていきましょう。

 

 

 

全容は上の画像の感じです。

 

細かい部分は、

 

画像にてご覧あれ。

 

細かい説明は店頭にての方が良ろしいかと思います。

 

 

 

 

さて。上の3枚の画像。

 

つま先部分と、

 

ヒールカウンター部分。

 

画像の通りですが、

 

通常の短靴のモデルとは少し違うのが、

 

画像で見てもわかると思います。

 

そして、注目すべきはその革。

 

レッドウイングでも、過去に使用例のない革なのです。

 

当然、メーカーの製作の方々は知っているでしょうけども、

 

我々、ショップスタッフですら、正確な詳細がわからないという革なのです。

 

とは言え、質感や、触った感じで色々とわかる事はたくさんありますが。

 

と、それだけレアな革なわけです。

 

 

 

 

つま先部分。

 

 

と、

 

 

ヒールカウンター部分。

 

コバ部分のステッチがちょっと変わってるのが

 

これまた見ただけでもわかると思います。

 

で、これもレザーに注目してみると。

 

一見、ブラウンのスウェードですが。

 

ただのスウェードではなく、オイルを染み込ませてある。。。

 

ので、オイル感があります。しっとり。

 

このしっとり感が好きな方は、ちょいちょいオイルを入れて履く・・・

 

で、このしっとり感じゃなく、長毛のスウェードの感じが良い方は、

 

オイル塗らないで、ただただガンガンに履けば良いのです。

 

そうすることで、起毛感が増してきます。

 

ちょいと荒々しい見た目になるとでも言いますかね。

 

なので・・・・言えるのは。

 

「どっちも試してごらんなさい」

 

って事か。

 

1足で2度おいしい的な革なのです。

 

 

 

 

 

横からはこんな感じ。

 

餃子(スタッフ用語・・・モカシン部分の事ね。)になっているところが

 

割れていない製法で、しかもそこに模様のように切り込みが入っています。

 

何気に、このモデルの大きな特徴だと思います。

 

で、

 

 

近くで見ると、こんな感じ。

 

&、

 

 

内側には、ちゃんとレザーが貼ってあります。

 

当たり前のようですが、

 

これがあるのと、無いのとでは、

 

ブーツ自体の耐久性が全然違います。

 

そして

 

インソールは

 

 

オークレザーのインソール。

 

これは、レッドウイングのインソール全般に使われてはいますが、

 

水分を吸い込み、その水分を発散しやすいレザーで、

 

履き込むと、足の形に凹むレザーソール。

 

と、とりあえず履いてみました。

 

靴下微妙ですけども、

 

 

ブーツ全体を見せて履いても良し。

 

 

もしくは、

 

 

 

 

通常な長さで履いても良し。

 

もちろん、

 

 

バーラップの方も。

 

 

 

今回のレッドウイング週間では、

 

短靴というよりは、筒モノの長いブーツが多いのですが、

 

(もちろん、そっちもオススメ)

 

目玉と紹介しているほどなので、

 

当然、こっちもオススメなのです。

 

 

短靴って、近年ではワークブーツ的な見方をされる事も増えてきましたし、

 

市民権?を得てきた感はあると思うのですが、

 

まだまだ履いたことがない・・・・って方が多いんだと思います。

 

 

と、この機会に

 

2017rwf (1).JPG

 

是非おひとついかが??

 

 

 

 


BUZZRICKSONS!!DENIM HAT!!経年変化!!

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

最近はとてつもない暑さが続いてまさに夏真っ盛り!

 

日差しも強くて日射病や熱中症にも気を付けなければなりません!

 

そんな対策グッズとしても使える良いヤツがあるので御紹介させて頂きます!!

 

blog20170809 (9).JPG

 

blog20170809 (2).JPG

 

BUZZRICKSONS

 

HAT,WORKING,DENIM

 

第一次大戦中に米陸軍にて正式採用され至急されていたデニムハット!!

 

かなり前に購入して以来ちょいちょい着用⇒洗濯を繰り返していたら、

 

いい感じの経年変化をしてきたのでこうなるよーってのを見せていけたらなーと思います!

 

blog20170809 (4).JPG

 

blog20170809 (11).JPG

 

頂点部分もスッカスカに抜けてきました!

 

blog20170809 (5).JPG

 

blog20170809 (7).JPG

 

中の様子。

 

汗が染み込んで少し黄ばみが...

 

しかし、リアルな経年変化に近づけているかと!

 

blog20170809 (12).JPG

 

blog20170809 (8).JPG

 

パッカリングもかなり激しく出ています!!

 

ジーンズでもそうですがやはりこのパッカリングはヒゲなどの経年変化と一緒で、

 

一番楽しめる経年変化の醍醐味の一つだと思います!!

 

blog20170809 (10).JPG

 

着用頻度が少なかったのでここまで経年変化するのにボクは5年くらいかかりました!

 

正直、かなりの頻度で着用と洗濯を繰り返していけば2,3年でボクくらいにはなると思います!

 

夏ってデニムを穿いたりすることが減ると思いますがむしろこのハットは夏にガンガン被りたくなる!

 

なにせTシャツ、ハワイアン、ショーツと相性が良い!!

 

シンプルになりがちな夏のファッションには持ってこいのアイテム!

 

日差し除けにもなるし!(笑)

 

blog20170809 (15).JPG

 

blog20170809 (16).JPG

 

当店のモデルはノンウォッシュなので洗いから自分流に育てていけますよ!

 

ちなみにこのノンウォッシュが、

 

blog20170809 (13).JPG

 

blog20170809 (14).JPG

 

こうなります。

 

被ってるサイズは一緒です!

 

もうパッと見で分かりますけどツバの部分の詰まり方がハンパじゃないです!(笑)

 

そんだけ縮んできたんですねー!!

 

実に育てがいのあるデニムハットです!!

 

blog20170809 (1).JPG

 

いかがでしたか?

 

この夏の必需品にしてもいいくらいに良いハットだと思いますよ!

 

サイズは71/471/2

 

の2種類です!!

 

お値段は¥7900−+TAX

 

サクッと買える良いお値段。

 

まだ両方ともサイズも残ってますのでぜひ見に来てください!!

 

それでは今日は短いですがこの辺で。

 

御視聴ありがとうございました!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!

 

☟☟☟☟クリック推奨

 

 

 

 


スタッフのお気に入りハワイアン(イワサワ編)

まいど!!

 

イワサワです(´Д`)

 

先週、発売させていただいた

 

JUNKY × DUKE KAHANAMOKU  

WHITE × WHITE !!

 

おかげさまで好評をいただいております!!

 

購入してくださったみなさま!!

 

本当にありがとうございましたm(__)m

 

まだ若干残っておりますので、悔いの残らぬようよろしくお願いいたしますww

 

さて、

 

CLASSICSでは各スタッフがお気に入りのハワイアンを紹介してきました。

 

今回はワタクシのオススメをちょっとお見せしていきます!!

 

Kalakaua.jpg

KALAKAUA

 

ハワイアンシャツが好きな方ならご存知のこのブランド。

 

レーヨン壁縮緬の和柄と言ったら真っ先にでてくるのではないでしょうか。

 

それほどまでにスペシャルな和柄製造メーカー。

 

そんな"KALAKAUA"に注目していってみましょう!!

 

IMG_2506.JPG

"CARP STREAMER"

 

2005年にSUN SURFからリリースされました。

 

なんともレアな鯉のぼり!!

 

鯉ではありません!!

 

鯉のぼり!!  

 

コレがミソです!!

 

IMG_2512.JPG

大空をたなびく鯉のぼりに富士山。

 

なんとも幸せな気分にさせてくれる柄ではありませんか!!

 

IMG_2521.JPG

鯉の柄は数あれど、

 

鯉のぼりはまず見ることができない貴重な柄です。

 

KALAKAUAならではのThe 和柄。

 

和柄マニアなら押さえておかなければいけない作品でしょう!

 

IMG_2509.JPG

やっぱり和柄に"KALAKAUA"

 

しっくりきますねぇ。

 

 

 

 

IMG_2505.JPG

そして、

 

"KALAKAUA"のネームを最も有名にした一着!!

 

"ONE HUNDRED TIGER"

 

百虎と言えばわかりやすいかと!!

 

2015年に新色のレッドをひっさげて再登場!!

 

まさに和柄の王様!!

 

コイツを持たずしてハワイアンは語れません!!

 

IMG_2516.JPG

所狭しと暴れ回るトラ、トラ、トラ。

 

躍動感のある毛並み。

 

襲いかかる牙と爪。

 

この細かな描写も百虎の魅力のひとつです。

 

IMG_2519.JPG

ところでみなさま、

 

今や百虎と言えばヴィンテージマニアから古着屋、

 

そしてハワイアン好きの間では当たり前のように通る呼び名となっていますが...

 

実は、知る人ぞ知る、

 

SUN SURFを手掛ける東洋エンタープライズの社長であり、

 

世界的なハワイアンのコレクターでもある、

 

小林亨一氏が名付け親なんです!!

 

IMG_2510.JPG

 

さすが世界のSUN SURFと言ったところじゃないでしょうか!!

 

 

 

IMG_2503.JPG

"HUNT DOWN FROM SKY"

 

最後は2017年、今年の夏の最新モデルです!!

 

カラカウアは未だに謎の多いネームで、

 

ブランドとして独立していたかも判明していません。

 

なのにハワイアンでこの地位をきずいたのは、

 

IMG_2518.JPG

これだけ緻密なデザインで、

 

IMG_2517.JPG

ド迫力なシャツを作っていたから、

 

ヴィンテージマニアの心をくすぐったのだと思います。

 

IMG_2511.JPG

ハワイアンを好きになると必ず和柄にたどり着きます。

 

ハワイアンのルーツとも言われている和柄。

 

そんな和柄もブランドネームで見ていくとまた違った世界が広がるんじゃないでしょうか!?

 

 

好みも自由、

 

集め方も自由、

 

もちろん着方も自由。

 

 

和柄、ぜひ挑戦してみてください!!

 

 

IMG_2507.JPG

2005 "CARP STREAMER"  ¥16000+TAX

 

WINE  S

GREEN  M

BLUE  M

 

 

IMG_2504.JPG

2015 "ONE HUNDRED TIGER"  ¥23000+TAX

 

RED  S  M  L

NAVY  L  XL 

BLACK  L

 

 

IMG_2502.JPG

2017  "HUNT DOWN FROM SKY"  ¥23000+TAX

 

BLACK  L

RED  S  L

 

 

マイサイズ!!

 

と思う方!!

 

ガンガン攻めてきてくださいww

 

猛者、お待ちしています!!!

 

 

 


スタッフのお気に入りハワイアン(イトウ編)

blog20170807 (14).JPG

 

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

本日はボクがオススメしたいアロハシャツを御紹介させて頂きます!

 

正直、良い物が多すぎてどれを紹介しようかめちゃくちゃ悩みました。

 

そんで選べきれなかった!(笑)

 

なのでカテゴリーを今回は絞って選んだのですが、

 

今回はデュークカハナモクネームのみで選出しました!

 

例年、良い柄を復刻していますが今回選んだ柄は3柄!

 

まず一つ目!

 

blog20170807 (1).JPG

 

blog20170807 (2).JPG

 

DUKE KAHANAMOKU

 

"ORCHID AND PINEAPPLE"

 

2014年に復刻されたホリゾンタルパターンのアロハシャツ!

 

アロハシャツの中では代表的な柄でもあるパイナップルとカトレアオーキッドという花が、

 

大胆に描かれたモデル。

 

上部から下部にかけて図柄が大きくなっていくようにデザインされているので、

 

図柄がとても立体的に表現されています!

 

blog20170807 (3).JPG

 

このアロハシャツのカッコいいところは柄のデザイン構図!!

 

上記でも少し説明しましたがこのホリゾンタルパターンはとても珍しいのです!!

 

過去に色々な柄の復刻をしてきましたがこういうタイプのホリゾンタルはあまり見たことがありません。

 

実際、この柄以降はリリースしていないんではないでしょうか。

 

珍しくてカッコイイとかもう言う事無いヤツです!(笑)

 

こちら在庫はSサイズLサイズのみとなっています!

 

では二つ目!

 

blog20170807 (4).JPG

 

blog20170807 (9).JPG

 

blog20170807 (10).JPG

 

DUKE KAHANAMOKU

 

"COCONUT PALMS&DIAMOND HEAD"

 

デュークカハナモクといえばホリゾンタルパターンがとても有名で知られていますが、

 

その中でも圧倒的に有名な柄がこのパームツリーとダイアモンドヘッドが描かれたこの柄!!

 

この柄が有名になった発端が1953年に上映された「地上より永遠に」

 

その中でもラストシーンにて俳優のモンゴメリー・クリフトがこのアロハシャツを着用していました。

 

そのことがキッカケで爆発的に人気になった最高傑作のアロハシャツです!!

 

blog20170807 (8).JPG

 

NAVY

 

blog20170807 (7).JPG

 

BLACK

 

blog20170807 (5).JPG

 

YELLOW

 

blog20170807 (6).JPG

 

RED

 

当店にある色は全部で4色!

 

実際は白などの色もリリースされているのですが当店では完売。

 

どの色も良すぎてこの中でどれがいいかと言われると正直、選べない(笑)

 

実際、このモデルに関して言えば全色買いの人が多数いました。

 

それだけ良いデザインのアロハシャツですからその気持ちはものすごい分かる!!

 

まだ買ってないっていう人!

 

これは持ってる方がいいアロハシャツですから。

 

ぜひ狙いに来てください!!

 

ちなみにサイズは各色バラバラで残っていまして、気になる方はお問合せください。

 

ではラスト三つ目!

 

blog20170807 (11).JPG

 

blog20170807 (12).JPG

 

DUKE KAHANAMOKU

 

"ROYAL STRIPES"

 

こちらは去年の2016年にリリースしたアトミックパターンと呼ばれるデザインのアロハシャツ。

 

オリンピックメダリストであるデュークカハナモクは当時の大手アパレルメーカー、シスコ・カジュアルズ

 

というメーカーと専属契約を交わしていて、そのメーカーからこのアトミックパターンのアロハシャツを

 

リリースしました。

 

実際にアロハシャツというカテゴリ―としてはこのパターンは珍しいと思います!!

 

blog20170807 (13).JPG

 

良ーく見ると細かい柄で形成されているのが分かりますね。

 

幾何学的なモチーフをストライプの柄にして表現しています。

 

これはカッコ良いです!

 

正直、かなりの人気で数も大量に入荷していたのですがすぐになくなってしまってネイビーとホワイト、

 

共にラスト一枚ずつのLサイズのみとなっています!

 

サイズが合う方はマジで買いなモデル!!

 

ぜひ!!

 

blog20170807 (15).JPG

 

というわけでいかがでしたか?

 

ボク個人の主観での御紹介なのでちょっと違うなーってのもあるかもしれませんが、

 

まあ、ご参考までに(笑)

 

すごく気になった!って方はぜひ見に来てください!!

 

それでは本日はこの辺で。

 

皆様の御来店をお待ちしています!!

 

 

↓↓↓↓↓クリック推奨

 

 

バイト募集中!!!!

 

 

 


| 1/27PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.