46回目キヨ!!(BUZZRICKSON'S MA‐1 D TYPE BLACKの話)

 

こんにちは!!46回目ブログ書かせて頂きます!!キヨです!!

 

2日前紹介させていただいた、BLACK PEACOATに引き続き(こちら)、今回は、

 

IMG_3927.JPG

 

William Gibson Type Black MA-1 "D-Type"

 

MA-1はまさに、80s〜90sのアメカジ黄金期に流行したものですね!!!

 

その、BLACKバージョンですから!!アメカジスタイルにもかなりハマります!!

 

IMG_3896.JPG

 

ブラック自体、ヴィンテージでも人気のある色ですし、それ程着やすくて格好良い色なんですよ!!

 

そしてナイロンのブラック!!光沢感もあります!!

 

幅広い方達に、着れると思います!!

 

バズリクソンズが作っていますから、保温性も高くて肉厚です!!

 

そして、MA-1何ですが沢山種類がありまして、今回のは D TYPE!!

 

特徴がこちら!!

 

IMG_3900.JPG

 

中地がオレンジ!!ブラックとのコントラストがすごく良い!!

 

レスキューオレンジと言いまして、遭難した時や緊急時にこちらに裏返して着ますこのように

 

IMG_3922.JPG

 

自然界に存在しない色ですからオレンジなんです!!中綿がパンパン!!

 

IMG_3902.JPG

 

IMG_3901.JPG

 

なので、内ポケットも付いておりまする!!

 

IMG_3898.JPG

 

IMG_3899.JPG

 

なので、CCジッパーが内側にも付いています!!

 

IMG_3917.JPG

 

ミルスペックが、、、、ない!!

 

いえいえ、ここについております!!

 

IMG_3914.JPG

 

IMG_3915.JPG

 

左ポケットの中にあります!!DSA 100−67−C−2461

 

この、67−Cが年を表しており1967年に作られたことを示しています!!67年の復刻という事ですね!!

 

良くヴィンテージ探している時なんか、ミルスペックチェックしていました!!(笑)

 

IMG_3906.JPG

 

ストームフラップ付いておりません!!ここはウィリアムギブソンモデルのオリジナル!!

 

スッキリ、シャープな印象になります!!

 

IMG_3916.JPG

 

ボックスタブもないです!!シンプルです!!

 

IMG_3920.JPG

 

腕も程よい太さ!!

 

IMG_3908.JPG

 

IMG_3910.JPG

 

シュガレットポケット!!煙草入れです!!そして、ペンを入れるところもあるんですが、

 

バズリクソンズここも忠実に再現しています!!なんと、ペンキャップもついています!!ふっくらしてますよね!!

 

突き破れないようにしています!!

 

イカしてます!!

 

全体の着画がこちら!!

 

IMG_3919.JPG

 

IMG_3918.JPG

 

ブラックでまとめてみました!!やっぱりMA-1暖かいですぅ!!!

 

(180cm 73圈XL着用)

 

IMG_3925.JPG

 

IMG_3926.JPG

 

(168cm57圈M着用)

 

ブーツなんかにも、もちろん相性バツグンですから!!

 

バズリクソンズ、迫力あります!!

 

より街着として、着やすいのがブラックの良いところかと!!

 

MA-1のセージグリーンが苦手なんて人にもオススメです!!

 

こちら、お値段

 

 

¥52000+TAX

 

通販はこちら!!

 

 

 

 

 

 


45回目キヨ!!(BUZZRICKSON'S BLACK PEACOATの話)

 

こんにちは!!45回目ブログ書かせて頂きます!!キヨです!!

 

今回、紹介するのはPEACOATなんですが、僕がPEACOATを初めて買ったのは高校一年生の時でした!!(笑)

 

めちゃくちゃ真っ赤なPEACOATでした!!(笑)

 

そしてある日、友達と待ち合わせして集合したとき、

 

その友達も真っ赤なPEACOATを着ていて丸被りになったのを覚えています!!(笑)

 

しかしながら、PEACOATって形も良く着やすいですよね!!冬のコートの定番でもありますから!!

 

ここで、PEACOATの歴史を!!

 

 

元々は、PEACOATの原型は18世紀には存在していたと言われています!!

 

イギリス海軍など、ヨーロッパ諸国で多く軍用として使われていました!刑務所なんかでも支給されていたこともあります!!

 

いろんなPEACOATが存在しますが、

 

年代が違ってもさほど変わりはありません!!誕生した当時から洗練された形だったんだと思います!!

 

 

みなさん、ご存知ジェームズディーンだって、PEACOATの形に似たコートを着ています!!

 

昔もすごく人気のある形だったんだと思います!!

 

今回紹介するのは、

 

IMG_3795.JPG

 

BUZZRICKSON'S WILLIAM GIBSON COLLECTION 

 

BLACK PEACOAT

 

ざっくり言うならば、軍物のBLACKシリーズです!!

 

その中の1つです!!

 

元ネタは、アメリカ海軍の下士官用コートとして使われていた1910年代のPEACOATです!!

 

1910年アメリカ海軍で使われていたPEACOATの色はネイビーです!!

 

それを、ブラックにしました!!より、カジュアルになっています!!

 

違いは、BLACKのPEACOATの方が若干着丈が短いのと、ハンドウォーマーポケットの部分に馬革を使用しているところです!!

 

あとは、同じです!!

 

では、ディティールを見てみましょう!!

 

IMG_3799.JPG

 

先ほど言ったハンドウォーマーポケットです!!アメリカ海軍自体すごく厳しく、

 

ポケットに手を入れるな!!!なんて良く言われてたみたいなんですが、

 

甲板でマイナス10℃の中作業や見張りをするのはさすがに手袋をしていてもキツイ!!

 

とのことでPEACOATにはハンドウォーマーポケットが付きます!!

 

補強部分や縁に馬革を使っています!!茶芯なのでバシバシ味でます!!

 

ここが違うだけで雰囲気も変わってきます!!

 

IMG_3800.JPG

 

中はコーディロイになっております!!

 

古い年代に見られるディティールです!!

 

IMG_3798.JPG

 

そして、ボタンは10個!!10ボタンなんて言いますよね!!

 

左のボタンは何なんて思った方いらっしゃると思います!!

 

左が今上にきていますがボタンが破損したり、

 

甲板での作業してる時の風向きなんかで左のボタンで閉めたりなんかしてたみたいです!!

 

IMG_3797.JPG

 

手袋でも開け閉めできるように大きいボタンです!!そして、アンカーマークの周りにある星!!

 

13スターと呼ばれるもので、アメリカが独立した時の州の数を表します!!

 

30年までのでディティールです!!

 

IMG_3801.JPG

 

生地は分厚いウールメルトンです!!この時代はかなり厚く重量感もあります!!

 

年々、生地の軽量化が進み薄めで軽くなります!!

 

IMG_3811.JPG

 

IMG_3812.JPG

 

内側にポケットが付いています!!収納ポケット!!

 

IMG_3815.JPG

 

IMG_3813.JPG

 

大ぶりの襟が付いており、チンストラップもあります!!

 

暴風なんかで寒くならないよう顔を覆うためのものです!!

 

あと、甲板だと音が聞こえにくいので音を拾うためなんてのもあるみたいです!!

 

IMG_3816.JPG

 

IMG_3817.JPG

 

ダブルのライダースの用に開けても閉めても着れます!!

 

こんな感じです!!

 

(180僉73圈SIZE40着用)

 

IMG_3822.JPG

 

IMG_3825.JPG

 

IMG_3826.JPG

 

IMG_3827.JPG

 

好きなスタイルで着てもらって構いません!!

 

幅広く、着れます!!保温性も抜群!!

 

こちらサイズが残り

 

 

34 40 42

 

 

 

¥58000+TAX

 

 

 

通販はこちら

 

 

 

 


通販掲載で御座います。

改めまして。

 

明けましておめでとうございます。

 

お正月目玉シリーズ、

 

通販掲載完了致しました。

 

通販ページは

 

 

 

こちらよりお進みくださいませ。

 

 

 

 

尚、去年末にお伝え致しましたが、

 

いまだ通販購入時の入力情報に誤りが御座います・・・・

 

特に、電話番号がおかしい事になっている場合が多いので御座います。

 

故に、ご入力の際はお気を付け下さいませ。

 


42回目キヨ!!(BUZZRICKSON’S N‐3の話)

 

こんにちは!!42回目ブログ書かせて頂きます!!キヨです!!

 

寒いですね〜〜!!この前、江の島にイルミネーション見に行きました!!すごく、楽しかったのですが、極寒でした!!(笑)

 

そんな、冬にぴったりな!!ヘビーアウター!!今年の買い納めにピッタリなフライトジャケット!!!

 

増税する前にピッタリなイカしたアイテム!!逃したら後悔する事間違いなし!!

 

皆さん、必見です!!こちら!!

 

IMG_3636.JPG

 

 

N-3

 

 

IMG_3645.JPG

 

 

Nー3A

 

 

IMG_3649.JPG

 

 

N−3B

 

 

この3型!!この形自体見たことある人は沢山いると思います!!

 

機能性や防寒性、いろんなスタイルにもハマるので多くのメーカーがN−3系を出しています!!

 

今回紹介するのはBUZZRICKSON’SのN−3!!

 

めたんこ格好良いんですよ!!

 

まず、N−3って当時どんな時に着ていたの??なんて思っている方も多いと思います!!

 

もちろん、これ着てコックピットなんて入れないですから!!(笑)

 

ざっくりゆうならば!!オーバーコートですね!!

 

ジャケットの上からさらにN−3を羽織る感じです!!

 

はい、めちゃくちゃ寒い極寒地用です!!1945年!!第二次世界大戦中にN−3は登場!!

 

IMG_3594.JPG

 

☝N−3の生地です

 

荷物の運搬、極寒地での飛行機の補給作業などなど、作業員が主に着ていました!!

 

動きやすい様に、どのジャケットにもなかったラグランスリーブになっています!!

 

ー10℃からー30℃の場所で着るのがN‐3です!!アラスカンジャケットなんて呼ばれますから!!(笑)

 

そして、1947年にアメリカ空軍が独立し、N−3Aが誕生!!エアフォースブルー!!

 

IMG_3611.JPG

 

☝N‐3Aの生地です!!

 

しかし、ブログでも良く言っていますがすぐに無くなってしまいす!!

 

やはり、日光にあたるとすぐ焼けてしまうなど、夜中見えずらいなどいろんな原因でN−3Bになります!!

 

IMG_3656.JPG

 

☝N‐3Bの生地です

 

N‐3Bは50代後半から90年代まで使われます!!すごく長い期間使用されました!!

 

それだけ完成されたデザインだったのです!!

 

もちろん、N‐3とN‐3AとN‐3Bのそれぞれの違いはあります!!

 

がしかし、大幅な変更はないです!!シルエットもさほど変わりもなく!!

 

ほんと間違い探しの様に今回は知ることができるかと!!

 

それぞれのディティールをみていきます!!

 

まずはリブ!!

 

IMG_3588.JPG

 

☝N‐3

 

IMG_3620.JPG

 

☝N‐3A

 

IMG_3629.JPG

 

☝N‐3B

 

もうお気づきですよね!!リブが無くなっていま、、、、、、、、、、、、

 

IMG_3630.JPG

 

せん!!内リブになります!!

 

 

ボックスタブ!!酸素マスクのホースを固定します!!

 

IMG_3595.JPG

 

☝N‐3 革ですね!!

 

IMG_3612.JPG

 

☝N‐3A NYLONです!!

 

IMG_3626.JPG

 

☝N‐3B NYLONです!!

 

コストを下げるためかと!!

 

次!!ウエストを絞る、アジャスターコード!!

 

IMG_3587.JPG

 

☝N- 3

 

IMG_3624.JPG

 

☝N‐3A

 

IMG_3625.JPG

 

☝N‐3B

 

IMG_3627.JPG

 

N‐3Bになり、内側に取り付けられました!!

 

邪魔だったんでしょう!!

 

そして、ボタンの位置も変わっております!!

 

面白いです!!

 

そして、N‐3の核である!!フード!!

 

IMG_3605.JPG

 

IMG_3606.JPG

 

☝N‐3

 

ふかふかのコヨーテトリムに、中はフカフカのシープムートン!!

 

IMG_3614.JPG

 

IMG_3617.JPG

 

☝N‐3Aアクリルに!!中はシープムートン!!アザラシの毛なんて良く言われていますが、アザラシの毛ではありません!!

 

アクリルです!!

 

IMG_3631.JPG

 

IMG_3632.JPG

 

☝N‐3B

 

コヨーテトリムに中はアクリルボア!!

 

素材が変わっています!!

 

次!!前立て!!

 

ボタンにジッパーにストームフラップ!!

 

三重構造!!無敵です!!

 

IMG_3600.JPG

 

IMG_3604.JPG

 

☝N‐3

 

ボタン5つ

 

 

IMG_3622.JPG

 

☝N‐3A

 

ボタン5つ

 

 

IMG_3628.JPG

 

☝N‐3B

 

ボタン4つ!!

 

そして、前立てが短くなるのがN‐3B!!

 

運動性を良くしたんだと思います!!

 

そして、高い位置まで付いたジッパー!!閉めるとこんな感じ!!

 

IMG_3642.JPG

 

IMG_3643.JPG

 

コヨーテトリムの折り返しが可能なのも嬉しいところですね!!

 

マフラーもいりません!!(笑)

 

そして、3型の着画がこちら!!

 

N‐3(170cm Sサイズ着用)

 

IMG_3634.JPG

 

高い位置にハンドウォーマーポケット!!

 

IMG_3638.JPG

 

IMG_3639.JPG

 

腕も太く!!体が大きい人でも楽々着れちゃいます!!

 

 

N-3 ¥89000+TAX

 

 

SIZE XS S

 

 

N‐3A(180cm Mサイズ 着用)

 

IMG_3644.JPG

 

IMG_3646.JPG

 

みんな、大好きネイビー!!使われていた期間も短く超レアです!!

 

 

N-3A ¥89000+TAX

 

 

SIZE S M

 

 

 

N‐3B(180cm Mサイズ 実名復刻 着用)

 

IMG_3648.JPG

 

IMG_3650.JPG

 

一番長く使われていたモデル!!

 

完璧です!!!!

 

 

N-3B 

 

SIZE M(実名復刻) ¥79000+TAX

 

 

 

SIZE L (スレンダータイプ) ¥98000+TAX

 

 

 

冬乗り越えるための、ジャケット皆さん準備はできていますか!!!!

 

 

 

是非店頭でお待ちしております!!!!

 

 


ルイスレザーのオーダー!!

みなさん、こんにちは!イトウです!

 

もう年明けまで数日!!

 

いよいよな感じがしてまいりましたね!!

 

年内の買い納めに、

 

ぜひぜひ当店までお越し下さいませ!!

 

そして年内ラストを飾るにふさわしいお買い物ってのも、

 

これまた面白いかなと。

 

私はそう思います!!

 

そういうお客様見るとこっちまでテンション上がりますし (笑)

 

というわけで、

 

そんな買い納めにもオススメかつ、

 

大物の御紹介をさせて頂きます!!

 

IMG_3555.JPG

 

LewisLeathers CUSTOM ORDER

 

はい!

 

というわけでして、

 

もう皆様もご存知すぎるルイスレザー!!

 

昨今でも莫大な人気を誇っているルイスレザーですが、

 

今は納期も安定してきてまして、

 

オーダーして頂くと、

 

約3ヶ月〜半年

 

という期間で必ず入荷してきます!!

 

とんでもないスピードでの入荷もたまにあるので、

 

常にワクワクが止まらない!!

 

上のルイスは私の私物なのですが、

 

こいつは異例の1ヶ月での入荷でした。

 

マジかよ!?(困惑)と思いつつも、

 

マジかよ!!(歓喜)って思ったのも事実。

 

オーダー物はこういうところも楽しめるのがまたいいですね!!

 

そういうわけで、

 

年内の締めにルイスをオーダーしちゃうってのはいかが!?

 

これぞ買い納めに相応しすぎるアイテムではないかと!!

 

IMG_3562.JPG

 

そのオーダーをするうえで、

 

ご参考になればと思って、

 

私がオーダーしたモデルをお見せしていきますね!!

 

IMG_3556.JPG

 

モデルは#551T DOMINATOR!!

 

レザーカラーはSheepSkinDark Green!!

 

このモデルのダークグリーンは中々にいない!!

 

誰もいないからこそ私はこのオーダーをするに至りました!!

 

IMG_3557.JPG

 

パッチはオーバル!!

 

要は楕円モデルってことです!!

 

ここはスクエアの真四角にもする事ができます!!

 

IMG_3558.JPG

 

ジップカラーはブラック!!

 

こちらはベージュカラーも選べます!!

 

IMG_3559.JPG

 

IMG_3560.JPG

 

裏地はブラックナイロン!!

 

ごわっとした質感ですがスベリがいいので、

 

色々と着回しできるのが最高に使いやすい!!

 

コチラはレッドキルティング、タータンチェック、ブラックナイロン

 

の3つから選べます。

 

どれにするかはホントにお好み次第!!

 

そして、

 

IMG_3561.JPG

 

中の裏地で袖の素材も決まってきます!!

 

ブラックナイロンは同じ生地

 

レッドキルティングはゴールドサテン

 

タータンチェックはブラウンサテン

 

というコンビネーション。

 

IMG_3565.JPG

 

とまあカスタム出来る部分は結構限定的な部分も多いのですが、

 

何せモデルと革の種類が多い!!

 

色々考えだすとそれこそ色々なモデルが作れてしまう!!

 

なのでいくつ作っても、

 

この仕様で欲しい、こんな仕様でも欲しい。

 

そうなっちゃうのよー。

 

作った私も次の案をもう考え出してる始末。

 

末期症状。

 

病気。

 

IMG_3580.JPG

 

IMG_3585.JPG

 

IMG_3579.JPG

 

IMG_3583.JPG

 

実はこのモデルが初ルイスなのですが、

 

ホントにカッコいい!!

 

今度はダブルかなーと思いつつも、

 

またシングルが欲しい自分もいる。

 

でも次はホースハイドでのオーダーになるでしょう!!

 

おそらく!!

 

多分!!

 

...

 

やっぱわかんね!!

 

シープ着やすいからめっちゃお気に入りだし!!

 

あー!!いっぱい欲しい!!

 

IMG_3563.JPG

 

ちゅうわけでいかがでしたか?

 

自分だけの1着をぜひ作り上げましょう!!

 

こだわりにこだわり尽くしてください!!

 

ちなみに、

 

IMG_3573.JPG

 

IMG_3569.JPG

 

ブラックのテッパンモデルが欲しいって方は、

 

店頭にズラっと並んでありますので、

 

こちらからお選びください!!

 

店頭販売しているお店は皆無に等しいので、

 

当店はかなり珍しいですよ!!

 

今ならサイズも揃っておりますので、

 

早い者勝ちです!!

 

IMG_3582.JPG

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 


40回目キヨ!!(BUZZRICKSON’S N-1 NAVY)

 

こんにちは!!40回目ブログ書かせて頂きます!!キヨです!!

 

今年もあと10日で終わっちゃいますね!!

 

早いですね〜〜!!(笑) 

 

そして私も、神奈川県に来て約8ヶ月程経ちました!!地元と比べるとやはり神奈川の方が寒いです!!

 

ボクの地元で雪なんか降ると大ニュースになりますから(笑)

 

そんな、寒さに強くないボクでもこの冬あると簡単にサクッと、ピョンピョンと、乗り越えられちゃうアイテムを紹介します!!

 

IMG_3472.JPG

 

 

BUZZRICKSON’S N-1 NAVY

 

 

バズリクソンズのN-1は2型置いてあります!!DEMOTEXの実名復刻のタイプと、今回のN-1のタイプ!!レギュラーモデル!!

 

そうですね、やはり違いはあります!!値段もそうなんですが、、

 

N-1は、多くのメーカーが出していますね!!それぞれ、シルエットやディティールが違ったりします!!

 

それは、VINTAGEのN-1が沢山あるからです!!

 

VINTAGEのN-1もアルパカモヘアウールの色がそれぞれ違ったりシルエットが違ったりしますから!!

 

どれが、あっててどれが違うなんてのはありません!!

 

それぞれ、好みで選んでいいと思います!!

 

しかしながら、N-1が初めて出たときの色は、NAVY!!VINTAGEのN-1でも中々お目にかかれないNAVY!!

 

みんな、大好きNAVY!!(笑)

 

今回のBUZZのN-1の特徴を挙げます!!

 

IMG_3485.JPG

 

まず、グレーっぽいアルパカモヘアウール!!もちろん、VINTAGEでもあります!!

 

IMG_3489.JPG

 

IMG_3490.JPG

 

襟も、もちろんグレーのアルパカモヘアウール!!

 

そして、襟を上げて着ても良い!!暖かいです!!

 

やはり、皆さん想像するのは茶色のアルパカモヘアウール!!

 

しかし、グレーだと大人っぽく見えます!!キレイ目でもイケちゃいます!!

 

IMG_3487.JPG

 

そして、このステッチなんですが写真でも分かりますが少し色が違うNAVY!!

 

これも、すごく良い!!あんまり見かけません!!

 

他のN-1は表地の色と全く同じ色のステッチを使っているのをよく見ますから!!

 

アクセントになっています!!

 

IMG_3480.JPG

 

そして、N-1の初期型に見られる特徴として、、、、、、、、、、

 

IMG_3481.JPG

 

袖裏まで、アルパカモヘアウールが!!!!

 

簡略化され、無くなるディティールですね!!

 

IMG_3482.JPG

 

IMG_3483.JPG

 

そして、フラップ付きのこのディティール!!

 

だいたい、内側に付くのがお決まりなんですが、表側に付いています!!なぜか??

 

水などが入らないようにするため!!これを最優先にしているからです!!

 

IMG_3486.JPG

 

そして、高密度に織られたコットン!!ジャングルクロス!!

 

GORETEXとまでいきませんが、防水、防風効果!!

 

ナイロンなどの、化学繊維が無い時代、織りなどで工夫しています!!

 

そして、これが経年変化するんです!!

 

IMG_3494.JPG

 

そして、中の脇の部分に付いているループこれ!!

 

これ、袖口から紐を通してつなげて、旗や工具が落ちないようにしています!!

 

これも、初期型に見られるディティール!!

 

IMG_3496.JPG

 

そして、この裾のループ!!横のアジャスターコードを邪魔にならないように括りつけるためです!!!

 

(SIZE38 着用)

 

IMG_3471.JPG

 

IMG_3475.JPG

 

ワムウ!!!!(笑)

 

IMG_3476.JPG

 

IMG_3477.JPG

 

背中のUS NAVY!!反射素材!!

 

格好良いなーーーーーー!!

 

こうやってみるとアメカジの中でもなぜ人気なのかが分かります!!

 

着た時の、ツラが抜群に良いんですよ!!

 

似合わないなんて方いないと思います!!

 

今なら、サイズも 36 38 40 42

 

と揃っております!!お値段もお安めで、、、、

 

 

¥43000+TAX

 

 

 

通販はこちらから。

 

是非、店頭でもお待ちしております!!


名品「#8875」

カヲルです。

 

 

本日、12月14日(旧暦)は

 

赤穂義士討入の日で御座います。

 

 

実は先日、芝高輪の泉岳寺まで行ってきましたが、

 

義士祭(本日)があるので、その準備などでバタバタしていました。

 

とはいえ、義士たちの墓にはたくさんの人が線香を手向けていました。

 

私も全ての墓に線香をあげてきましたが、

 

なんせ墓の数がたくさんあるので・・・・・

 

最初の方にばんばん線香あげてたら、最後の方に足りなくなりそうでヒヤヒヤしました。

 

 

というわけで、討入の本日のブログは、

 

20180927_2436332.jpg

 

REDWINGで御座います。

 

皆様は、アメカジにおいて

 

永遠不滅であるブーツとは??と聞かれて、

 

何を思い浮かべますか???

 

私は、迷わずこのモデルを思い浮かべます。

 

IMG_3171.JPG

 

#8875

 

(思い浮かべる品番は#875ですが・・・・赤茶のセッターという事です。)

 

と同時に、レッドウイングのセッターと言えば、

 

やはり赤茶。

 

IMG_3173.JPG

 

このブーツで御座います。

 

この赤茶と言えば

 

#8877が最近限定で発売しましたが、

 

 

これです。

 

これが記憶に新しいとは思いますが。

 

 

そもそも、アイリッシュセッター。

 

1950年前半、

 

ヤブとか、湿地とか、ゴツゴツした岩場などでのハンティング用のブーツとして

 

発売されました。

 

足への衝撃などをクレープソールのクッション性でカバーして、

 

その素材の効果として、足音がしない、しにくいソールを装備しているという、

 

まさにハンティングの為に作られたブーツです。

 

rwstr (1).jpg

が、しかし。

 

このブログでも、ハンティングブーツでした、スポーツシューズでした・・・・等等の

 

お話というのはした事も多々で御座いますが、

 

実はこのブーツ。

 

当時のワーク系アイテムにありがちなのですが、

 

「元元は、OOの為に作られた物ですが、他の職種の人にも人気が出ちゃいました系」

 

と言いますか。

 

ワークパンツが、壊れにくいという事でカウボーイに人気になってしまった・・・・等等のような

 

状態というのがありまして。

 

このハンティングブーツも例外でなく。

 

rwstr (3).jpg

 

写真は、NYにあるエンパイア・ステイト・ビルディングなのですが。。。。

 

 

rwstr (2).jpg

 

建設中はこんな感じだったようで・・・・・

 

もー、頭おかしい。怖くないのか???と思うような写真がたくさん。

 

で、こんな感じの建設現場で働く人たちの中で、

 

高所で働く時に、ブーツのヒール部分が引っ掛かるので

 

靴底の真っ平(まったいら)なブーツというのが

 

非常に重宝したようです。

 

今ではクレープソールのような真っ平なソールは珍しくもないのですが、

 

当時はブーツと言えば、ヒールが付いているものしかなく

 

真っ平なソールが付いている物は非常に珍しい物でした。

 

その後、6インチ丈の、

 

今の875のモデルが加わり

 

1950年代の、アメリカ高度経済発展に伴って

 

労働者たちに大人気になったというわけなのですが。

 

 

元々1950年代から続いていた、赤茶のセッター。

 

元々はそこまで赤っぽくなかったのですが、

 

時代を追うごとに赤くなっていきまして。。。。。

 

 

アメリカでは好評ではなく・・・・(おそらく不評でもなかったんだと思いますよ。)

 

反して日本では、その赤茶が大好評。

 

私も1990年ぐらいに、真っ赤なセッター買いました。

 

が、そこはやはりアメリカのブランド。

 

アメリカ人の本意を尊重しますよね。

 

1995年には、アメリカ本国の意向もあって

 

赤茶の革が廃止になり、初期の革の色に近いオレンジっぽい革に変更になります。

 

 

が、そこは当時レッドウイングブームだった日本。

 

どうしても赤茶が欲しい・・・・

 

ということで誕生したのが、#8875、#8877でした。

 

 

#8875は現在まで続いていますが、

 

#8877は、2000年代の前半に生産終了となりました・・・・・・

 

 

って事で、赤茶の#8877の赤茶が限定で発売された・・・・というわけです。

 

 

 

ともあれ、#8875。

 

IMG_3180.JPG

 

赤茶であり、

 

IMG_3172.JPG

 

BOXも、当時の白いダンボールベース。

 

20180927_2436339.jpg

 

タグも、

 

80年代ぐらいの犬タグに変更になりました。

 

IMG_3178.JPGIMG_3176.JPG

 

IMG_3175.JPG

 

細かい作りなども、

 

50年代の発売当初と大きく変わらないというのも、

 

魅力のひとつでしょう。

 

アメカジ、アメカジと言いますが、

 

時代によってアメカジの定義?というのは、

 

少しずつ変わっていると思います。

 

もちろん、他の何でもそうなんだと思います。

 

がしかし。

 

その中でも不変的なアイテムというのが、いくつもあります。

 

この6インチの、

 

赤茶の、

 

餃子(モカシンの事を、餃子って呼ぶの懐かしくない??)になってる、

 

この8875(875)。

 

IMG_3173.JPG

 

もちろん、言うまでもなく

 

アメリカ製の他のワークブーツは最高に良い。

 

お世辞抜きで、最高だと思います。

 

がしかし、

 

最高の物が、

 

必ずしも 1つだけとは限らないのです。

 

その最高のブーツの中のひとつが、

 

まさにこのブーツなのは間違いないと思います。

 

¥36900+TAX

 

THE・アメカジ。

 

これなくして、アメカジとは言わない。

 

 

是非是非。

 

IMG_3167.JPG

 


BUZZ RICKSON'S-C.P.O SHIRTS and MORE

カヲルです。

 

 

ついに寒いのがやってきました。

 

本格的な冬で御座います。

 

ヘヴィなアウターの季節、本格到来で御座います。

 

 

しかし、本日の紹介はヘヴィアウターでは御座いません。

 

ミリタリーウェアにおけるアメカジという物の中では、

 

トップ5に入るであろう定番中の定番。

 

それは

 

「C.P.Oシャツ」

 

通称、CPO。

 

正式名称は

 

「Chief Petty Officer Shirts」

 

で御座います。

 

チーフ・ペティー・オフィサー。

 

とは何ぞやというと。

 

日本語で言うところの

 

「曹長」

 

で御座います。

 

アメリカ軍での階級は

 

上から

 

元帥

大将

中将

少将

准将

五等准尉

(以下、四等,三等、二等、一等)

で、ここから下に曹長クラス

一等軍曹

(以下、二等、三等)

伍長

兵卒

(特技兵、上等兵、一等兵、二等兵と続く)

 

・・・・・・・・・・・となります。(ザっとですけど。)

 

その曹長の人たちが選ぶ事を許されたフランネルシャツ(こないだのブログのネタにリンクしてる。)が

 

CPOシャツであります。

 

IMG_3147.JPGIMG_3150.JPG

 

 

このライトウェイトで、圧縮されたウールのシャツは

 

保温性や、多少濡れても大丈夫というシャツ。

 

要するに、薄手で、目の詰まった、ウールシャツ・・・・であります。

 

IMG_3157.JPG

 

 

で、今回紹介のバズリクソンズのCPOシャツですが。

 

片ポケ、フラップ付きのモデル。

 

IMG_3155.JPG

 

そして 裾脇はマチ仕様。

 

IMG_3156.JPG

 

そして、これが面白い特徴でありますが、

 

IMG_3153.JPG

 

この袖口。

 

両方右袖口仕様なのです。

 

某漫画のJ・ガイOみたいだ!(わかる人にはわかる。)

 

このディティールも、当時の生産状況などが垣間見られるディティールであります。

 

 

アメリカ海軍においては、

 

このCPOシャツは細かい仕様と年代のわかっていない部分が存在するのですが、

 

30年代などにはチンストラップ付きのCPOシャツも存在していたり。。。。

 

ミリタリーのアイテムは、詳細がわかっていない物も多くて、

 

そこがまた、興味深い部分でもあります。

 

 

アメカジ的なお話をすると・・・・・・・・

 

CPOシャツ、

 

IMG_3149.JPGIMG_3151.JPG

 

 

まー 合わせが良い。

 

PANTSで言えば、ジーンズにも良し。

 

チノパンなどにも良し。

 

シンプルなシャツだけに、合わせやすいのは見た目通りであります。

 

シンプルであり、

 

定番であり、

 

そして合わせが良いという・・・・・・・・

 

まさに言う事無しの王道アイテムであります。

 

 

 

 

そして、

 

こんな物も存在するんです。

 

IMG_3158.JPGIMG_3161.JPG

 

 

色を見ると、U.S.ARMYの物にしか見えないのでありますが、

 

タグ(ミスルペック)を見ると、驚きであります。

 

IMG_3169.JPG

 

U.S.NAVYの文字が見えます。

 

 

 

このシャツ。

 

1950年代の、

 

ごくごく僅かな期間にだけ採用されていたカーキ色のフライトシャツであります。

 

ポケットの形などは

 

先ほどのCPOシャツと同じ。

 

そしてポケットは両胸に配してあります。

 

IMG_3159.JPG

 

IMG_3165.JPG

 

 

タグも、これまた改めてよく見てみると

 

フライトジャケットのそれに似ている。

 

黒地に、ゴールドの刺繍であります。

 

IMG_3169.JPG

 

 

アメカジ的観点で見た時にも、

 

こちらもネイビーのCPOと同じく、

 

ひと目でおわかりの通り

 

ドシンプルなので、

 

色合いも相まって、これが合わせやすい。

 

IMG_3160.JPG

 

 

ウールシャツといえば、なんの変哲もないウールシャツでありますから

 

何という事もないのですが

 

シンプルさ、質実剛健な感じがまさに名品の香り。

 

 

というわけでして。

 

双方¥19000+TAXで御座います。

 

通販も是非是非、ご利用くだされ。

 

 

 

CPO

 

BUAERO SHIRTS

 

 

 

 


| 1/39PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.