本日のオススメ。

曇天。

カヲルです。


シリーズっちゃ、シリーズだけども。

残り1点シリーズ。

今回もパンツです。

20160401hscf (1).JPG

HELLER'S CAFEの

プリズナーパンツ。

残り1点では、

シマシマが続きますが。


1900年代初頭の囚人用の服の復刻です。

以前もこのパンツのブログを書いたので、

気が向いたら

ブログのサーチで

プリズナーパンツって探してみてください。


アメリカの古い囚人服は(最近の事情は知らないのですが・・)

州によって縞模様の色が違ったり、

形やデザインなんかも違ったりしていたそうです。

その中で、

この横縞というのは、

森に逃げ込んだ時に見つかりやすいという効果もあります。

その反面、見つかりにくい例だと

虎の縞模様。

あれは地面に対して直角の方向、

そう、木や草の生えている方向と同じなので、

獲物や敵などに気付かれにくいという効果があります。

その反面を利用しているわけです。


縞模様の説明を簡単にしましたが、

ちょいと細かいディティールを。


20160401hscf (8).JPG

このパンツ。

ブラウン×ベージュというこの色。

見覚えもあるでしょう。


20160401hscf (2).JPG

ボタンはこんな感じ。

打ち抜きのタイプですが、

このボタンの仕様も古い仕様です。


20160401hscf (3).JPG

ポケットは、

フロントに2つ。


20160401hscf (5).JPG

尻部分には、

右側にひとつ。

イメージでは、ポケットはひとつって

勝手なイメージがあるんですけども、

そこはなかなか贅沢仕様なのね。


20160401hscf (4).JPG

これも特徴的。

ベルトループがあるのに

サスペンダーボタン付き。

で、

20160401hscf (6).JPG

腰の部分は、

こんな感じで割れてます。

そして

20160401hscf (7).JPG

バックルバック。

どんな人が来ても

対応可能って事なんでしょう。


20160401hscf (9).JPG

上の画像みてくだされ。

パンツの足部分。

なんの変哲もないような感じしますが、

この足の、

20160401hscf (10).JPG

膝あたりに注目。

横に線が入ってるのわかりますかね??

ジーンズなんかでも、

こんな風に継ぎ目が入ってるもんなんて

見た事ないと思いますが。

これは

実際のビンテージでも同じく、

生地の目の都合と、

生地自体の裁断の都合で、

ここでつなぎ合わせてあるんです。

しかも生地目は横なので、

タテに縮まず、

横に、しかも

ガッツリ縮みます。


プリズナーパンツというと、

ちょっと太いイメージありますが、

このパンツは実は細身なのです。


って感じで。

このパンツも秀逸その物。

最高の復刻度合い。


¥19500+tax

ウエストは31インチのみ。


さあ。

これって、実は探してました!

って方が多いパンツだと思います。

以前に出ていたサックスブルーのシマシマのパンツも、

完売してからかなり経ってからも探している人もいたし!


ここにありますよ。

31インチの方。

是非!

 


RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.