GOLDWIN 〜その2〜

カヲルです。

 

GOLDWIN その2です。

 

 

IMG_5624.JPG

 

その1は、こちらから。

 

その1で、GOLDWIN創設時のお話などもしましたが。

 

そうなのです。

 

日本屈指のスポーツウェア専門ブランドでもある、

 

このゴールドウィン・・・・・

 

というのは、わかって頂けたと思います。

 

 

というわけで。

 

前回は、インナー系にも使える系のアイテムだったりしましたが、

 

今回は、まさしく冬仕様。

 

 

その1で御紹介したモデルでは

 

IMG_5626.JPG

 

中綿に光電子が使われていました。

 

 

が。

 

今回御紹介の2種は、

 

IMG_5641.JPG

 

プリマロフトが使われています。

 

ダウンジャケットというのは

 

水鳥の羽毛などが使われています。

 

要するに天然素材なのですが。

 

天然素材の弱点というのが ずばり。

 

「水に弱い」

 

というわけ。

 

天然の水鳥などの羽毛なのに、なぜ水に弱いか。

 

それは羽毛が水鳥の体に「生えている物」

 

ではなく、「生えていた物」

 

だからなのです。

 

生きている物でない以上、その性能は失われていきます。

 

そこを補う素材、それが

 

プリマロフトなのです。

 

保温性、反発性などは、ダウンに近づける形で、

 

かつ、水に濡れても大丈夫という無敵の性能を誇るのが、

 

このプリマロフト。

 

光電子に比べると、

 

遠赤外線によって体を温める光電子に対して、

 

ダウンと同じく、温かい空気をその間に溜め込んで、

 

空気の層によって冷気をシャットアウトするのが、

 

プリマロフト。

 

なわけなのです。

 

 

今回御紹介の2種には、

 

このプリマロフトが使われています。

 

より寒冷状態での仕様という事です。

 

 

まずはこちら。

 

IMG_5729.JPG

 

このネイビーのジャケット。

 

これが

 

「INSULATION MOUNTAIN JACKET」です。

 

IMG_5730.JPG

 

表面のナイロンには、撥水加工が施されているので

 

当然の事ながら雨、雪も平気。

 

この素材こそ、

 

IMG_5640.JPG

 

PERTEX UNLIMITED

 

イギリスにあるパーテックス社が

 

街着に特化した目的で作ったのが、

 

このパーテックス・アンリミテッド。

 

アウトドア全開なツルンとした素材感ではなく、

 

コットン素材にも似た、

 

ちょっとザラっとした素材感の生地。

 

防水は当然の事、

 

風の侵入も防ぎます。

 

そして、

 

 

注目すべきポイント、

 

まずひとつ目。

 

IMG_5642.JPG

 

フロントから、腕に至るまでの全てのジッパーには

 

止水ジッパーが使われています。

 

さらにフロントのジッパーの内側にはMA−1などと同じように

 

フトームフラップが付いているのですが、

 

その部分も

 

IMG_5647.JPG

 

このような感じで、止水仕様になっています。

 

IMG_5644.JPG

 

そしてその引手。

 

通常丸いパーツが付いていたり、棒状のパーツが付いていたりする場合が多いのですが

 

このジャケットはヒモの形状に合わせたループ型。

 

グローブなどをしていても引手が使いやすい状態になっています。

 

 

IMG_5643.JPG

 

両サイドのジッパーは、フロントに比べると小ぶりなジッパーですが、

 

もちろん止水加工&引手がこんな形状。

 

そして、

 

IMG_5660.JPG

 

左腕にも

 

小型のポケット&同じく止水ジッパー&引手。

 

使いやすさと、外部からの水の侵入を完璧にブロックする為の仕様。

 

 

IMG_5648.JPG

 

袖口の形状はこんな感じ。

 

斜めに切れ込んでいます。

 

そして斜めに下がった部分にはマチが付いているので、

 

袖口は広がります。

 

それを留めるスナップに注目。

 

 

IMG_5651.JPG

 

通常見かけるスナップボタンとは、明らかに違う形状。

 

 

IMG_5652.JPG

 

これが不思議。

 

バチっと留まり、

 

当たり前ですが、完全にホールドします。

 

ここも水や風、冷気の侵入を防ぐ大切なポイントです。

 

 

そしてここで中身。

 

IMG_5653.JPG

 

某アニメの、アレ仙人の背中的な感じですが。

 

この横シマの部分に、

 

先ほどの説明の

 

ハイテク・ダウン素材「プリマロフト」が内蔵されています。

 

 

IMG_5654.JPG

 

このジャケットで言えば、

 

背中と、前面部分。

 

胴体の部分を多くカバーしています。

 

そして

 

IMG_5657.JPG

 

腕と、フードの部分には、この素材。

 

ナイロン素材ですが、ちょっとジャージっぽい素材。

 

これは腕の通りを良くして、

 

腕の動き、脱ぎ着を楽にしています。

 

 

IMG_5658.JPG

 

そして、脇、肩。

 

この部分は、薄手の起毛素材。

 

温かをキープしつつ、

 

厚みでかさばらないようになっています。

 

 

というわけで。

 

街着というレベルの中では最高峰のモデルです。

 

¥52000+tax

 

IMG_5736.JPG

 

本当は、その2で終わる予定でしたが、

 

物の内容が深すぎて長くなってしまったので、

 

その3までいこうと思います。

 

その3は

 

「INSULATION MOUNTAIN PARKA」

 

IMG_5743.JPG

 

お楽しみに!