BUZZ RICKSON'S B-15C,D

カヲルです。

 

先日、MA−1の記事をUPしましたが。

 

これ。

 

そして、同じくして

 

予告していた通りに。

 

「B−15C」「B−15D」

 

の記事をお送りしたいと思います。

 

 

前回のMA−1のブログでもお話しましたが、

 

MA−1へ繋がるモデルが

 

B−15シリーズです。

 

B−15

 

B−15A

 

B−15B

 

 

そしてこのブログで紹介の

 

B−15C(2色)

 

 

 

 

B−15D

 

 

 

この5つのモデル。

 

そして、

 

今回B−15Cでお話するMOD(モデファイド)のモデル、

 

 

 

 

主にこのB−15AからDまでのモデルで

 

MODが多いのですが、

 

これには大きな理由があるのです。

 

 

第二次大戦後になると、

 

それまでのプロペラの航空機ではなく、

 

ジェットエンジンを搭載した航空機が登場します。

 

それまでの簡素なヘッドギアでなく、

 

ジェット機の強烈な振動やGなどから頭部を守る為のヘルメットが導入されます。

 

 

画像を拝借してきましたが。

 

見る人が見たらわかる。

 

映画TOPGUNの冒頭シーン。

 

クーガー。個人的にこの人好き。

 

このクーガーが被ってるメット。ジェッペルってやつです。

 

こんなの被ってたら、

 

首のボアが邪魔になりますよね。

 

というわけで、

 

このMOD(モデファイド=修正、変更、改造)

 

のモデルになるわけです。

 

元は全てのモデルに襟ボアが付いていたわけなので、

 

その全てのモデルへの修正、変更、改造が行われたわけなのです。

 

 

ゆえに、このように

 

元々あったミルスペックの上から、

 

MODのタグが付けられているわけなのです。

 

 

前回お話したのですが、

 

B−15のシリーズがひとつずつ改修されたのではなく、

 

1950年代の最初の時点で使われていたB−15のシリーズを一気に改修したので、

 

この当時B−15A〜Dが、同時期に使われていたという事になります。

 

 

 

というわけで。

 

今回紹介のB−15C、2色。

 

 

この当時は

 

USAAF(アメリカ陸軍航空隊)

 

と、

 

USAF(アメリカ空軍)

 

というものの間でせめぎ合う?時期です。

 

航空機が主軸になったのは、意外にも第二次大戦。

 

空軍というよりも、陸軍の航空部門みたいな感じだったので、

 

ジャケット本体の色は陸軍のカラーであるオリーブなわけなのです。

 

 

 

しかし、その後は

 

空軍というのが確立したので、

 

空軍のイメージカラーでもある「エアフォースブルー(ネイビーじゃん。)」

 

というように変革を遂げるわけなのです。

 

 

 

なので、B−15Cの、

 

まさにこの時期というのは、こんな感じで

 

2色の同じ型が存在するわけなのです。

 

細かいパーツも、

 

例えば

 

 

このボックスタブも、

 

オリーブの物はレザー。

 

そこからエアフォースブルーになると、

 

 

ナイロン素材に変更になっていたり、

 

 

 

このフロントジッパーの引手の部分も

 

ブラウンのレザーから、

 

 

 

このブラックのレザーに変更になります。

 

 

このストームフラップの形状などは

 

 

 

変わらずで、

 

この後、MA−1の初期型タイプまでは

 

角ばったストームフラップ。

 

MA−1初期型の時に

 

ジッパーが閉めずらい・・・とか、

 

酸素マスクの隙間から漏れた空気の水分が

 

この部分に付き、凍って、

 

パイロットの首の部分を傷つけた・・・・・

 

などなどのお話があり、

 

後にこの部分の角ばりが無くなり、ラウンドした形状になるのですが

 

今はネタ無くなるので、話さないでおきますが。

 

そして、MA−1のブログの時に少し触れましたが。

 

 

 

 

朝鮮戦争時に、

 

アメリカ軍を慰問に訪れたマリリンモンローが着ていた事でも有名なのが、

 

このB−15C(エアフォースブルー)でもあります。

 

このタイプはまだモデファイドされていないモデルになりますね。

 

ボアが付いてます。

 

 

 

その後は、B−15Cから

 

B−15Dへと変更。

 

と同時に、

 

新たな定色のセージグリーンに変更。

 

 

 

空軍の誇りとも言えるエアフォースブルーは

 

視認性の問題やら、

 

日光(紫外線)を吸収しやすいやら、

 

色々な理由から、仕方なく変更。

 

 

 

 

このB−15Dのあった時期というのが、

 

アメリカ空軍(航空隊も含む)が誕生してから、

 

最後の襟ボア付きフライトジャケットになるのです。

 

(このB−15Dが好きだという人が居る理由のひとつでもあります。)

 

大きな変更点は

 

その色と、

 

ボアの色。

 

B−15Cの、ブラウンのボアとエアフォースブルーのボアから

 

セージグリーンに合わせたグリーンのボアに変更。

 

 

B−15Dになると、

 

そのディティールのほとんどが

 

MA−1のそれとほぼ同じ。

 

B−15DのMODなんかは、

 

見た目、完璧にMA−1です。

 

B−15Dの説明だけはサラっとした感じでしたが、

 

B−15C、Dというのは

 

個人的には、やはり同じ括りとして見てしまう感じもあります。

 

実際には珍しさなども違うのですが。

 

ただ、それだけに、

 

B−15Cに比べると、

 

BUZZからも発売されるのが本当に稀なので、

 

発売された年には予約や、店頭での在庫も

 

割とすぐに完売してしまうモデルでもあります。

 

現在、クラシックスにはサイズ38が1枚だけありますが、

 

このブログ更新後には、どうなってしまう事やら・・・・

 

兎に角、お早めに!

 

 

 

 

ってな感じ。

 

変な人気に、逆の意味で後押しされてしまって

 

着たいけど、なんか着れない・・・などという声もあるので、

 

そこは、アメカジの王道。

 

自信を持って、良きフライトジャケットを着ましょうぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ募集中。

 

詳しくは上のバナーをクリック!