H.W.DOG&CO FATIGUE HAT

カヲルです。

 

 

お題にもあります。

 

「FATIGUE」とありますが。

 

その意味は。

 

調べてみました。

 

いちばんに出てくるのは、

 

「疲れた」というもの。。。。

 

なんでだ??と思って見てみると・・・・

 

あった。

 

「雑用」

 

というのが。

 

そう。

 

よく、ファティーグハットやら、ファティーグパンツってのがありますが、

 

それは、軍で芝刈りなど雑用をこなす場面でかぶるハットや、パンツの事を言っていたのですね。

 

私もファティーグ、ファティーグなどと口にしていましたが、

 

それって「雑用、雑用」って言ってたようなもんなんだと、今初めて知ったのであります。

 

 

というわけで。

 

クラシックス店に入ると、

 

IMG_7858.JPG

 

夏物に入れ替えて、店内もちょっと軽くなった感あります。

 

で、

 

 

ここ。

 

IMG_7859.JPG

 

これ。

 

IMG_7860.JPG

 

入口入ってすぐ目の前にあります。(今現在。)

 

ついでに、これも入荷したんですが。。。。

 

IMG_7861.JPG

 

コットンワッチキャップ。

 

これは次の機会に紹介するとして・・・・

 

 


 

IMG_7863.JPG

 

というわけで。

 

ファティーグハットが入荷しました。

 

IMG_7862.JPG

 

わかりますよ。知ってますよね???

 

他ブランドや、我々がよく知らないブランド、

 

はたまた アウトドアブランドの登山用ハットなどで見かける、

 

このハット。

 

今や、アメカジでの被り物と言えば

 

このハットが必ず出てきます。

 

デニムの、この形状のハット。

 

しかし、

 

今回のH.W.DOG。

 

IMG_7871.JPG

 

ダック生地も展開。

 

2色入荷しました。

 

 

よく見かける常連さんたちも、

 

意外とファティーグハットってかぶってない感じ。

 

 

今回入荷のファティーグハットは、

 

IMG_7865.JPG

 

8枚剥ぎ。

 

ファティーグハットの定義には、

 

6枚剥ぎで作られている物が多く・・・ってのがあるんですけども、

 

6枚よりも、8枚の方が頭の形にフィットする帽体が作れます。

 

ゆえに8枚。

 

裏を見ると、

 

IMG_7868.JPGIMG_7875.JPG

 

こんな感じで、

 

ヘリンボーン生地で補強されている物がほとんどですが、

 

今回入荷のハットもそう。

 

しかし、8枚剥ぎにするというのは

 

当然6枚の物に比べて縫う箇所なども多くなる為、

 

破損のリスクなども高くなります。

 

なので、そこをカバーする為に、頑強にステッチングする必要があるわけです。

 

そして、それが出来ているからこそ、

 

店頭に並べる事が出来るのです。

 

 

IMG_7874.JPG

 

そして、このツバのステッチ。

 

15本入ってます。

 

通常のファティーグハットは

 

ツバの部分が波打つ感じになるのですが、

 

このファティーグハットはツバの部分の生地に余りが無いので、

 

割とピンとしたツバ感を保ってます。

 

ファティーグらしからぬ、ファティーグな感じ。

 

この微妙な感じがH.W.DOGならでは。

 

 

IMG_7870.JPG

 

そして、このビン。

 

個人的にオススメポイントなのですが、

 

ファティーグの多くは、このビン部分が

 

ビローンって外に出てきてしまいます。

 

それがファティーグらしさと言えばそうなのですが、

 

意外と面倒・・・・

 

が、このファティーグは縫い込まれています。

 

なので、ビン部分が外側にはみ出てこない。

 

これ、かぶりやすポイント。

 

 

IMG_7874.JPGIMG_7873.JPG

 

そして、ビンの表部分。

 

ここの縫い合わせ部分が、

 

 

IMG_7867.JPG

 

デニムだと、ミミ仕様になってます。

 

これ、けっこう目立つので良い。

 

 

IMG_7869.JPG

 

USNのフラッシュジャケットなどにある菊穴に

 

こんな感じでヒモ通してあるので、

 

何気にサイズの微調整が可能。

 

このヒモを後ろに垂らしても良い(と思う。)。

 

 

さあ。

 

かぶってみた。

 

IMG_7878.JPG

 

なかなかツバ広なのは、やはりファティーグの特徴なのです。

 

 

IMG_7877.JPG

 

写真撮影前。

 

遠目で、後ろ姿だとこんな感じ。

 

帽体の形の良さが、ザ・8枚剥ぎ。

 

 

IMG_7879.JPG

 

遠目、正面。

 

 

IMG_7881.JPG

 

遠目、正面、下向きめ。

 

 

IMG_7883.JPG

 

横向き。

 

寒い。

 

 

IMG_7886.JPG

 

UFOに吸い込まれそうな図。

 

 

IMG_7887.JPG

 

吸い込まれそうな図。

 

 

IMG_7888.JPG

 

今日は寒い。

 

 

IMG_7890.JPG

 

そろそろデニムを被ろう。

 

 

IMG_7892.JPG

 

デニム。

 

 

IMG_7896.JPG

 

目。

 

 

IMG_7897.JPG

 

ツバ、前を上げても良し。

 

 

IMG_7900.JPG

 

ツバ、前、上げなくても良し。

 

 

IMG_7901.JPG

 

やはり帽体が綺麗な形です。

 

 

というわけでして。

 

¥10000+TAX

 

サイズ36、38があります。

 

今の時期、ウールハット???パナマハット???って迷う時期になります。

 

そんな時、コットンのファティーグハットは如何???

 

IMG_7876.JPG

 

ねえ。そうでしょー?

 

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.