本日3本中、3本目のブログ〜LEE 91-J〜

カヲルです。

 

本日3本目のブログです。

 

 

趣向を変えて、

 

いきなり きよちゃんの登場です。

 

 

 

もちろん紹介は、このジャケット。

 

「LEE 91-J」

 

ロコジャケット。

 

1950年代のモデルです。

 

 

このタグに、

 

 

 

ロングLのボタン。

 

この時点で30年ほど続いていたLEEのワークウェアの最高傑作が誕生する時期が

 

1950年代から60年代と思います。

 

名作です。

 

 

胸のポケットにスナップボタンを配し、

 

 

内ポケットを配し、

 

 

前面下部の2つのポケットにも

 

 

ツイルの内張りで補強をし、

 

 

カフス部分は3つのボタンを配し・・・・・・・・

 

 

もう、この年代では非の打ちどころがない、

 

最強のカバーオール、最強のワークジャケットと言えるでしょう。

 

「本日2本目」のブログでもいろいろとお話しましたが、

 

こんだけ盛沢山の使いやすさを配している時点で、

 

やはりLEEの大きさ、偉大さが計り知れない物と感じます。

 

 

で。

 

先ほど少し触れたものですが、

 

このポケットの特徴。

 

LEE独特の丸みを帯びたポケットの形ですが。

 

この丸みを帯びた形は、

 

50年代に入ると、急に多くなると思います。

 

先にあった大戦が終わり、

 

アメリカの高度経済成長期に入るところ。。。。

 

様々なアイテムが贅沢仕様になり、

 

色や柄も派手になっていきます。

 

その中で、

 

ワーク系のアイテムたちは色柄ではなく、

 

ポケットの形や数、ボタンの数などの作りで発展していきます。

 

その前はと言うと・・。。。

 

丸みを帯びたものよりも、角ばったものが多く、

 

ポケットが2つだけの物なども多いのですが・・・・・

 

そりゃそうです。

 

作るの手間じゃないし、正確に生地を使えたり、

 

縫製も簡単だったりします。

 

なので、

 

 

なので、上の写真のように

 

前面下部のポケットがちょっと斜めに付いていたりという仕様も、

 

やはり作る時に手間にもなります。

 

しゃがんだ状態などでも、ポケットに手を入れて

 

何かを入れたり、取り出したりしやすい角度になっています。

 

こうゆう仕様が盛り込まれている

 

このジャケットが、どれだけ高級かって事なのです。

 

 

そして、これも先にもお話した部分。

 

 

このボタンです。

 

アジャスタ有なので、ボタンが3つなのがわかるのですが。

 

その他についている3つめのボタンがポイント。

 

カフス部分に、この3つめのボタンが付いていないと

 

ホコリやら、金属片やら、とにかく異物が入ってきます。

 

あとは、何かに引っ掛けてしまい、ケガをしてしまうリスクもUPします。

 

そこでこのボタンを配する事で、それらのリスクを軽減しています。

 

袖のボタンがひとつだけのカバーオールなど、珍しくもない時代。

 

3つのボタンの意味は、そりゃ深いのです。

 

 

アームホール部分や、腕の外側などはトリプルステッチ。

 

3本のステッチのお話は、191Zの時にお話しましたが、

 

この腕のステッチというよりも、生地を2枚使っている部分に注目。

 

これは、腕の部分の生地を多くする事で、

 

腕の動かしやすさUPとか、窮屈感を軽減しています。

 

言わずもがな、当然これは縫製もめんどくさいわけです。

 

ステッチも、動かしやすさなど考えずに生地1枚で作るよりも

 

よほど多く使います。

 

そんなところも、LEEの偉大さ。

 

他にも、同じ年代の他のブランドや、50年代よりも前の年代と比べると

 

いろいろな部分で進化しているというか、豪華になっているポイントがいろいろとあるのです。

 

 

作り云々関係なくしても、

 

いまやカバーオールの着やすさ、合わせやすさは、

 

世の人の知る所。

 

簡単に言いますと・・・・

 

「着りゃあ、なにしろ形になる!」

 

という事。

 

どんな格好でも、着ればサマになるというのがカバーオールです。

 

ジーンズ、チノパンはもちろん、スウェットパンツにも最高に合う着物。

 

それがカバーオールなのです。

 

 

¥29000+tax

 

サイズ感も、ジャストめ、大きめ、なんでも来い。

 

この万能の物。

 

是非、ご堪能あれ。

 

 

通販はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.