DRAGON and FLASH of LIGHTNING

カヲルです。

 

ついに納品が始まりました。

 

サンサーフ・スペシャルエディション。

 

2018年のスペシャル1発目の入荷。

 

IMG_9326.JPG

 

ロイヤルハワイアン。

 

ちょっと前だと、能面の柄など有名なブランドですが。

 

1937年。

 

マックス・ルイス氏が創業。

 

正式名称「ロイヤルハワイアン・マニュファクチャリング社」。

 

創業当初はなんとミシン8台という小さい会社。。。

 

とはいえ、ミシン何台から大きな会社なのかはよくわかりませんけども。

 

しかしながら、創業から2年でミシン60台導入しているという所が

 

このブランドがどんだけの勢いで大きく成長していったかがよくわかるエピソード。

 

 

工場自体はホノルルにあったそうですが、

 

配送拠点をアメリカ本土にも数ポイント作るなど、

 

アメリカ本国に、ハワイアンシャツを普及したブランドの先駆けでもあります。

 

 

今回の紹介のシャツ。

 

お題目にもあります通り、

 

龍+雷という、龍のお手本のような絵柄で御座います。

 

IMG_9309.JPG

 

IMG_9301.JPGIMG_9295.JPG

 

上から、オレンジ、ワイン、ブルー。

 

龍には雷がつきもの。

 

龍ってのは、もともとは中国から日本に渡って来た神様。

 

もともと日本には蛇神信仰みたいなものがあったんですけども、

 

それと混じって、今現在の龍のビジョンが完成したという感じ。。。だったと思う。。。

 

龍と言えば、雨を降らせる神様ですからね。

 

干ばつなどが、すぐに死活問題になってしまう昔昔の日本では

 

雨乞い=龍神様・・・みたいな感じですからね、

 

雷、雨雲、雷雲などなどなどなど・・・が、龍と一緒に描かれる事が多いのです。

 

 

話が逸れましたが・・・

 

というわけで、今回の柄も

 

そのモチーフです。

 

THE・龍。

 

龍らしい龍のデザイン。

 

これをアメリカ人が考えたんだろうか??と思いますね。

 

このブランド、ロイヤルハワイアン。

 

実は、社長が和柄好き。

 

で、和柄は日本製だろうって事で、

 

和柄の生地の多くを日本から輸入していたりするわけなのです。

 

ゆえに、日本人が見ても、日本らしい和柄が多いわけなのです。

 

 

IMG_9297.JPG

 

IMG_9311.JPG

 

IMG_9289.JPG

 

遠めだと、柄の細かい部分などがわかりずらいと思いますが、

 

それは店頭で、穴開くほどにじっくりと見てください。

 

ブログでは、店内で見れない遠めの写真で。

 

 

IMG_9288.JPG

 

IMG_9299.JPG

 

IMG_9307.JPG

 

遠めでもないけど。

 

 

柄の良さも然る事ながら、

 

その配色もなかなかと渋い色のチョイスと思います。

 

ネイビーではなく、ブルー。

 

ブラウンでなく、ワイン。

 

レッドでなく、オレンジ。

 

この色のチョイスも、このハワイアンシャツの良さと思います。

 

 

IMG_9310.JPG

 

IMG_9302.JPG

 

IMG_9293.JPG

 

背中の柄の入り方も申し分なし。

 

スペシャルエディションの2018年1発目の入りとしては

 

最高過ぎる柄。

 

(個人的に和柄大好きなのさ。)

 

¥23000+tax

 

IMG_9304.JPG

 

 

余談ですが。

 

通販のページの写真の写りや、細かさも

 

個人的に最高の写りなので、

 

そっちも見てみてくだされ。

 

(といって、通販ページに誘導しているわけではない。)

 

(しかし、結果、誘導している。)

 

通販ページはこちら。

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.