CLASSICS ORIGINAL HENLEY NECK TEE

カヲルです。

 

満を持してという言葉がピッタリなアイテムが入荷。

 

というのも、

 

要望が多かったんですね。

 

常連さんはもちろん、

 

ふらっと来たお客さんなんかにも、

 

ヘンリーネックが欲しいと。

 

少し残ってる以前やった別注モデルも、サイズが乏しく・・・

 

これのOOサイズがあったら買ったのにー・・・みたいな会話をするのも、

 

我々もちょいとうんざり・・・・なんて感じだったんですね。

 

しかし、別注というのも、

 

これまた簡単な事じゃーない。

 

当然、10枚で別注なんて出来ないわけですし、

 

たくさん枚数を作ろう!となっても、縫製などの兼ね合いから

 

1枚が10000円を余裕で越えてきたりと。。。。

 

 

しかし、今回。

 

良きボディ、

 

良き縫製、

 

良きパーツなどなど・・・・で

 

我々が満足できるヘンリーネックティーシャツが完成しました。

 

まずは、タグをご覧あれ。

 

IMG_0238.JPG

 

このロゴ。

 

これは個人的にも思い入れがありますが。

 

薬局の2階にあった、JUNKYの本店。

 

小さいお店でしたが、思い入れのある店でした。

 

そのロゴが、これ。

 

店が無くなってしまっても、ロゴとして我々の心の中に残り続ける事が出来ているのも、

 

こんなタグがあるから。

 

とはいえ、このタグは新作なんです。

 

今、このジャンキー店のロゴを使うというが、

 

何とも嬉しい。個人的に。

 

しかしながら、このタグも良きデザイン。

 

そして、着てみている画像。

 

IMG_0226.JPG

 

IMG_0225.JPG

 

 

 

この画像でもわかる通りですが。

 

そう。

 

普通なんです。

 

シルエットにクセがないのです。

 

こんなのを求めてたでしょー??

 

というわけで、シンプルで、素材、縫製良し・・・というのが

 

今回のコンセプト。

 

そして、細部。

 

縫製は・・・・

 

IMG_0232.JPG

フラットシーマ。

 

これは、他の縫製に比べると

 

非常に手間のかかる製法。

 

通常は生地を巻き込み合い、2枚の生地を合わせるのですが、

 

フラットシーマは2枚の生地を巻き込まず、隣に置き

 

縫製のみによって、生地と生地を合わせるという方法。

 

要するに、縫製部分に厚みが出ない縫製なのです。

 

それがすなわち何を意味するかと言うと、

 

「着心地が良い」というわけなんですが。

 

通常は縫製部分がゴリゴリした感覚が少なからずはあるものなのです。

 

それがその名の通りのフラットなので、肌に当たらない。

 

これ、出来る工場、職人さんが少ない縫製。

 

です。

 

で、次。

 

IMG_0240.JPG

 

 

ボタン。

 

猫目のボタンを採用。

 

ボタンの部分の布は、当然頑丈にしとかないといけないので、

 

ライトオンスのツイル生地を貼ってあります。

 

白は、白ですが、

 

ネイビーは、白・・・という2トーン仕様になっておりまする。

 

 

IMG_0236.JPG

裾は、こんな感じ。

 

ロックミシン仕様。

 

これは・・・40代以上の方には、かなりお馴染み。

 

某アメリカ製ブランドの感じ、わかりますよね??

 

20年〜30年前のアメリカ製のヘンリーネックティーシャツと言ったら、

 

この仕様です。

 

 

IMG_0242.JPG

 

あと、これは大きなポイント。

 

生地。

 

丸胴という、

 

脇から裾にかけての縫い目が無い仕様のもの。

 

IMG_0244.JPG

 

当然、作るのも面倒なわけです。

 

一日に生産可能な量を見ると、

 

サイドが縫い合わせになっている仕様に比べると

 

圧倒的に少ない生産量。

 

(これ、工場によって違うから、明言はしないでおきますが、かなり少ない。)

 

メリット的には、

 

フラットシーマの説明とカブりますが・・・・

 

脇部分から裾にかけては、

 

腕を下におろした時に、確実に当たりますね。

 

その時に、腕の内側や、脇腹部分に、

 

縫製が少なからず当たるわけなのです。

 

それが無いのが丸胴。

 

で、このティーシャツは丸胴仕様。

 

です。

 

 

IMG_0242.JPG

 

で、染め。

 

先染め。

 

説明的には、これ、

 

後染めの反対語。

 

これは、製品になってから染める後染めに対して、

 

より高級感が出る(というより、未使用感の出る)のが

 

先染めという認識で良いと思います。

 

何しろ、店頭に置いてある時のツラが良い。

 

(これ、店頭に置いてあるのを、意識して見てみてください。)

 

 

そして、当然の事ながら未洗い。

 

ノンウォッシュ。

 

したがって、

 

毎度毎度ですが、

 

洗うと縮み出ます。

 

(洗い方にもよりますが、1cmほどです。)

 

これは、まさしく

 

ジャンキーらしさです。

 

そして、今回。

 

色は2色。

 

 

ネイビー。

 

ホワイト。

 

これもまさしくジャンキーの色って感じ。

 

 

 

IMG_0229.JPG

 

シンプルでありながら、

 

良きマテリアルで作る・・・・

 

質実剛健。

 

それこそがJUNKYらしさなんだと思います。

 

もう、説明はいらないでしょう!

 

こんだけ説明しといて。

 

さあ。

 

質実剛健ヘンリーネックティーシャツ。

 

是非、お試しあれ!

 

 

通販はこちらから。

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.