BARBARIAN×JUNKY CLASSICS別注ショーツ

カヲルです。

 

もはや夏。

 

まだ梅雨明けしてないのですかね??関東。。。。

 

しばらく晴れだし、もう梅雨明け

 

 

 

バーバリアン。

 

先日のNEVER MINDという名のティーシャツは記憶に新しいところ・・・・

 

まだ少しありますので、(通販こちら)

そちらの方も是非チェックしてくだされ。

 

バーバリアンに関しましては、

 

我々クラシックスのブログでも数度にわたり紹介をさせて頂いておりますが。

 

 

言わずと知れた

 

カナダのラグビーウェアのブランドです。

 

80年代〜90年代にかけて

 

けっこう流行ったもんねー。

 

って印象の方。

 

実はけっこう居るんです。

 

お店に立ってると。

 

昔よく着てたんだよーって。

 

その通りなのです。

 

物が良くても、物が悪くても、

 

流行というものが訪れてしまうと、

 

廃(すた)れる・・・・という未来が待っています。

 

お店風に言うと、

 

バカ売れした後、全く売れなくなる・・・・

 

という。

 

 

しかし、時代が変わっても、

 

流行が廃れても、

 

「良い物は、良い」

 

というのは、絶対的に変わらないのです。

 

 

その代表格のひとつ。

 

それがこのブランド。

 

BARBARIAN。

 

 

 

なのです。

 

 

で、

 

今回はSHORTS。

 

そう、

 

短パンです。

 

 

お題目にもある通り、

 

クラシックスで別注かけました。

 

日本で(世界で・・・かもしれない)

 

クラシックスのみのモデルです。

 

カラーはネイビー。

 

サイズはXS、S、M、L、XL。

 

身長168cm、体重68kgの私で、Mサイズを着用しています。

 

今回の別注は、色が1色のみ。

 

シンプルかつ、クラシックス的に、合わせやすいと思うオススメの色を

 

1色だけで別注しました。

 

 

ちょいと細かい部分を御説明。

 

ただの短パンではないというところをば。

 

 

まず、これ。

 

 

この生地。

 

スウェット並に厚いティーシャツ。

 

とは言え、スウェットの生地の短パンってのは

 

裏が起毛になっています。

 

故に、夏穿くには ちと暑い場面も多々。

 

が、このショーツ。

 

生地は厚いが、

 

裏は起毛されていません。

 

なので、夏でもサラッとした感じ。

 

まさにショーツ向き。

 

 

次に。

 

 

このフロント部分。

 

イージーショーツと呼ばれる物とは少し違うのです。

 

一見、何もないと思いきや。

 

いや、いかにも何かありそうな見た目だけども。

 

 

その通り。

 

 

前を開くと、こんなにゴチャゴチャ?してるんです。

 

こんなんが、

 

 

 

 

これだから、

 

まあ ゴチャゴチャしてると言えばそうでしょう。

 

何故にボタンが外に出ないかと言うと。

 

そこがラグビーウェアを作っているブランドらしく。

 

ボタンが割れた時に、自分以外の誰かに突き刺さらないようになっていたり、

 

ボタンを表に出さない事で、ボタンその物が破損するのをガードするのです。

 

別にラグビー用というアイテムでなくても、

 

バーバリアンはこの技術を応用して使っています。

 

バーバリアンの代名詞みたいなもんです。

 

(他にも、ボタン自体が壊れない素材を使われている物もあります。)

 

 

で、

 

注目すべきは、このショーツの腰部分。

 

 

これ。見て。

 

 

シワッシワになってるでしょう。

 

これ、もうなんだかお分かりですよね。

 

そう。

 

ゴムなのです。

 

腰部分(左右)2カ所がゴムのアジャスター。

 

実際に試着してみるとよくよくわかるのですが。

 

さっきのボタンの付け方の仕様だと、

 

正直、ボタンがかけずらい。

 

 

が、しかし。

 

この腰の部分のゴムのおかげで、

 

フロント部分のボタンを外さないでも脱ぎ穿き出来るようになっています。

 

それでも少しゆるい・・・・

 

それだと少し心もとない・・・・

 

という方は。

 

さっきの画像、

 

 

ヒモ見えますよね。

 

このヒモを絞ってもらえたら大丈夫。

 

穿き感、実質、イージーショーツって事です。

 

(ゆえに、通販のサイズ表記はいつにも増してアバウトになっとりますので、

 

ご了承くだされ。)

 

で。。。。

 

次。

 

上の画像のボタン部分にもありますが、

 

ヘリンボーンの生地が貼ってあります。

 

ここだけでなく

 

 

ポケットの入口など

 

生地の擦れたりする場所の縫合部分には

 

このヘリンボーン生地と、

 

上の画像でも少し見えますが・・・・

 

 

 

XXって模様、見えますよね。

 

薄っすら。

 

 

これ、ステッチなのです。

 

で、本来は見えないので何も処理されない事が多い

 

ポケット裏の布が、このXXで縫い付けられ、

 

ショーツ本体の強度を上げてます。

 

要するに、ポケットの裏生地分、

 

生地が厚くなっているのです。

 

他にも、

 

 

縫製部分が、巻き縫いになっていたり(これにする事で丈夫さが格段にUP)

 

何しろ、

 

たかが短パンっていう概念を覆す仕様になってますよ。

 

 

私は、アイリッシュセッター履いて、

 

ティーシャツに、キャップ被ってますが、

 

そこはショーツの対応力。

 

ハットだろうが、スニーカーだろうが、サンダルだろうが、

 

シャツだろうが、なんとかだろうが、

 

とにかく合わせやすい。(色もね♡)

 

ちょうど膝丈ぐらい。

 

もちろん選ぶサイズによっても違いますが。

 

生地感、サイズ感ともに

 

非常に穿きやすいく、心地よい。

 

 

¥11500+tax

 

ジーンズや、チノパン、長い丈のパンツも好きだけども。

 

いざ!

 

通販はこちらから。



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.