BARBARIANが続きますが。

カヲルです。

 

 

バーバリアン続いてますが。

 

 

ショーツの次は、

 

ちょっと想像できると思うけども、

 

こちら。

 

 

そう。

 

クラシックスの十八番。

 

その名も

 

「無地ティーシャツ」

 

私的に思い出の話になってしまうのですが・・・・・・

 

世の流行的なものというか、

 

世の人の好みの波というのか、

 

それらは定期的に変動するといいますか・・・・

 

10数年前。

 

まだ薬屋さんの2階にJUNKY店があった頃。

 

そこで働いていたイワサワさんと私は、

 

世がプリントティーシャツ全盛(でもない)の時に、

 

無地がかっこいい!と言って、

 

店内にはプリントTシャツよりも、無地Tシャツが幅を利かせていたという時期がありました。

 

これも個人的なお話になってしまうんですけども、

 

いまだにその時のクセ?というか、好みが体に染みついていて

 

Tシャツを選ぶ時は、無地かボーダーに極度に反応してしまうという・・・・

 

まあ・・・どうでも良いお話なんですけどね、

 

無地Tシャツというのは、プリントなどで飾り付ける事が出来ないので、

 

生地、形などで勝負するしかないんです。

 

そこで言えば、今回御紹介のTシャツ。

 

 

何しろボディーが良い。

 

生地が良いんです。

 

しかも形も良し。(着る人の体形、好みによりますけども。)

 

バーバリアンの定番の生地感ですが、

 

これまた無地だと、ボーダーのタイプと比べると

 

これまあシンプル感。

 

 

(下画像:シセ監督だそうです。)

 

ネックのリブも良し。

 

 

まさに質実剛健を具現化したティーシャツ。

 

 

 

 

(白・前面画像:シセ監督だそうです。)

 

 

右腕裾付近には、バーバリアンのタグ。

 

作り自体に特に変わった所が無く、

 

ただただ質実剛健。

 

そんなところがこのTシャツのウリで御座います。

 

ただ、こんな感じの物というのが

 

いっちばん飽きがこないのですよね。

 

¥10500+tax

 

最高の1枚です。(2色だから2枚か。)

 

 

通販はこちら。



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.