ASTRONAUT L-2Bの巻

カヲルです。

 

そろそろ秋物の入荷が始まりました。

 

というわけでして。。

 

まだまだ暑いのですが、

 

そろそろ秋冬物の紹介となります。

 

今季の前半戦で一番の注目のフライトが入荷しました。

 

インスタなどではもうアップしているのですが、

 

さすがに入荷の多いこの時期に、

 

入荷と同じくしてブログのアップは無理なもんで、

 

インスタ見て気になる方は、

 

手っ取り早くご来店あれ。

 

というわけでして。。。

 

BUZZ RICKSONSから。

 

 

「ASTRONAUT L-2B」

 

の入荷です。

 

アストロノート=ASTRONAUT

 

ですが。

 

アストロノートとは、

 

 

これ。

 

そう。

 

宇宙飛行士です。

 

バズリクソンズとしては、ミリタリーブランドの様相ですが、

 

今回は少し毛色も違くて、

 

これ。

 

 

みんな知ってる、

 

正式名称、アメリカ航空宇宙局

 

通称NASA(National Astronaut Space Administration)。

 

宇宙飛行士などには、空軍などの元パイロットなどがたくさんいます。

 

航空技術という点では、成層圏内も、成層圏外も同じと言えばそう。

 

というわけで、国の機関という点でも、空という点でも、

 

同じ系統になるわけなのですが。

 

このNASA。

 

創立が1958年。

 

1950年代といえば、

 

以前、ハワイアンシャツでも紹介したのですが、

 

アメリカ国内では宇宙ブーム的なものが起こっている真っただ中。

 

で、ハワイアンシャツの柄などにも、

 

スペース柄という物が多い時期と重なります。

 

そして、フライトジャケットという視点から見れば、

 

コットンのフライトジャケットが無くなり、

 

それに代わり、ナイロンの登場という時代と重なるのですが。

 

 

空軍(というよりも、アメリカ軍全体)に比べると、

 

NASAの宇宙飛行士をはじめ、整備士などが着る物などに

 

厳しい規定などがなかったのですが、

 

フライトジャケットと同じナイロンを使用するという事を考えると、

 

やはり空軍などと同じ色で作るというよりは、

 

他の色にしようと考えたようで。。。。

 

まあ。。。。普通に考えたらそうなりますよね。

 

で、選んだ色が、

 

このフライトジャケットのいちばんのウリ。

 

この色だ。

 

 

 

空軍と同じブルー(エアフォースブルー)でも、その後のセージグリーンでもなく、

 

スカイブルーにしたわけです。

 

実際、敵という物ありきの軍に対して、

 

イメージや、信念などの要素が強い宇宙への部署らしい色でもありますね。

 

確かに。。。

 

 

 

実際のフライトジャケットとしての実戦を踏まえた動きやすさなどから考えて、

 

使いやすさなどを考慮したときに、

 

形はこの形でいこう!ってなったんでしょうね。たぶん。

 

実際に、L-2Bと作りの差はほぼ無く。

 

 

画面で見てもおわかりの通り、

 

 

ボックスタブ(素材、見た目、共に。)、

 

 

 

ジッパーや、

 

 

 

ポケットフラップ、

 

 

 

シガーポケットなども、

 

 

 

色は違えど、リブの仕様も、

 

まさにL-2B。

 

ただ、シルエットはL-2Bとは少し違う感じ。

 

腕なども少々太めではあります。

 

 

私、168cmで普通体型ぐらいでMサイズ着て良いサイズって感じ。

 

好みでもうちょい小さくても良い感じ。

 

あくまでも私の感想ね。

 

 

 

んで、

 

 

FLITE WEAR by LAND MFG.CO.

 

のタグ。

 

このタグが付いてるところが、

 

L-2Bとは違うところ。

 

通常はミルスペックが付いているところ、

 

そこの基準があいまいな感じだった当時のNASAの仕様の生生しさが感じられますな。

 

 

実際に、メーカーの展示会で見て

 

なかなかの衝撃だったこのNASAのL-2B。

 

物本体のストーリーも然る事ながら、

 

青のL-2Bってところも新しい感じします。

 

こんなのが存在したの、正直、私、知らなかったです。

 

というわけでして。

 

実は通販にはちょいと前に載せてました。

 

L-2B、はたまたL-2、L-2Aなど持っているという方も、

 

これは気になる存在ではないでしょうか。

 

¥45000+TAX

 

是非。

 

 

 

通販はこちら。

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.