DAPPER'Sのスタッズベルト。

カヲルです。

 

本日の御紹介。

 

色々な店のブログをチェックしている方は、

 

もうご存知かと思います。

 

ブラックの方は、もうとっくに入荷してました。

 

が、ナチュラルの方の入荷がまだだったので、

 

揃ってから店頭に出そうと思って、出し惜しみをしておりました。

 

dpsblt (2).JPG

 

そう。

 

ダッパーズからの新入荷。

 

 

 

スタッズベルトです。

 

正式名称 Indian Symbol Studs Belt

 

で御座います。

 

ビンテージ好きな人たちはご存知かと思いますが、

 

MONGOMERY WARDってブランドがあったのですが。

 

1939年のそのカタログにあったデザイン、

 

 

・・・・・左から二番目の、このデザインを元にして

 

ダッパーズのこだわりを随所に施したのが今回のスタッズベルト。

 

このベルトのオリジナルは

 

1920年作られ、

 

モンゴメリーワードやら、ミラーストックマンから発売されていました。

 

ただ、この後に紹介するんですけども、

 

メインのデザインは同じでありながらも、バックルのデザインや、

 

その他の一部のデザインが違うというのが、

 

これまたビンテージでの魅力・・・って感じなわけなのですが。

 

今回のダッパーズの物は、前述しました通り

 

モンゴメリーワードの物がベースになっています。

 

 

というわけでして。

 

ベルト本体の御紹介を。

 

まず。

 

dpsblt (6).JPG

 

43mm(幅)×3mm(厚さ)のカウハイドを使用。

 

dpsblt (12).JPGdpsblt (11).JPGdpsblt (8).JPG

 

バックルエンドと、ビレットエンドの形状はオリジナルと同じ。

 

で、

 

ビレットエンドの5つ穴も、オリジナルと同じく

 

3/4インチ(19mm)の感覚で仕上げています。

 

dpsblt (11).JPG

 

そして、このバックル。

 

鉄製のジュエル付き。

 

一般的なキャスティング(鋳鉄)による製法じゃなく、

 

鉄板から打ち抜き出すという、1920年代と同じ製法のプレス成型スチールバックル。

 

dpsblt (13).JPGdpsblt (6).JPG

 

dpsblt (8).JPG

 

ドングリと、その横にはドングリの葉のデザインで構成されてます。

 

なんとなく、かわいいデザインな感じしますけども。

 

しかしながら実は、ベルトの型押しのデザインなどので

 

かなりポピュラーなデザインだったりするのです。

 

特にビンテージのベルトの中では。

 

 

その他、バックルの留め具などもアメリカ製の物を使っていたりもするのですが、

 

やはりこのベルトはスタッズベルト。

 

スタッズやジュエルがメインと言えばそうです。

 

dpsblt (6).JPG

 

まずは、ジュエルを留めているリング。

 

dpsblt (10).JPG

 

裏を見ればわかりますが、

 

2本爪のアメリカ製。

 

で、大きい方は16mm、小さい方は13mm。

 

そしてジュエルは、

 

バッファロートラックスの紹介でもお馴染みになりましたが、

 

チェコ産のヨーロピアンガラスを使用。

 

もう、書いていながらも

 

何から何を説明して良いのか、

 

よくわからなくなってしまうほどの内容の濃いベルトであります。

 

とにかく、見た目がかっこよくて、

 

素材にこだわっているスタッズベルトというのは、

 

これまた探すとほとんど見かけないもんです。

 

¥45800+tax

 

とにもかくにも、

 

オススメです。

 

各色、各サイズ、1本づつなので

 

お急ぎあれ!

 

通販はこちら。

 

 

 

 

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.