JYU

カヲルです。

 

こうゆうのが入荷すると、

 

あー、秋冬だなーと思うわけなのありますが。

 

 

HWDOG&Co

 

 

夏はパナマハット。

 

言うまでもなく、草系な素材を使用したハットなわけなのですが。

 

 

秋冬のハットと言えば、

 

やはりこれ。

 

 

ウール。

 

 

 

ビーバー。

 

 

 

 

ウサギ。

 

 

大きなところだと、この辺か。

 

ファーフェルトと呼ばれるもの、

 

これが秋冬のハットのメインな毛。

 

 

それぞれに、毛の特徴も、

 

もちろんお値段も様々なわけですが、

 

今回のハットは

 

 

ウール ファーフェルト

 

で御座います。

 

お題目にもありますが、

 

JYU

 

と。

 

「JYU」という名前なので御座います。

 

その名前の由来は。

 

 

ジューイッシュの正装をモチーフに作られたハットなのです。

 

ジューイッシュ = ユダヤ教徒

 

というわけなのです。

 

これまた、

 

ここ最近のネット社会の弊害か、

 

ユダヤ教と書くと、

 

宗教だなんだと言う方々もいると思いますが、

 

あくまでも、他意は御座いませんよ。

 

(そうゆうとこ、上げ足取らずに願います。)

 

というわけで、

 

そんなわけなのです。

 

 

やはり

 

ジューイッシュといえば、三つ編みに、ハットをかぶっているイメージあります。

 

このハットをモチーフにしたのが、

 

今回入荷のHAT「JYU」なのです。

 

あくまでも、モチーフですから

 

厳格な規格みたいな物はないんでしょうけども、

 

ただただ、単純にカッコよいHATで御座います。

 

 

 

詳細を見てみましょう。

 

まずは、大きなポイントは2つ。

 

目立つポイント。

 

1つは、このブリム。

 

 

なんと9cm。

 

通常のハットに多いのは5cm〜かなり広いと思っても7cmとかだと思います。

 

たかが1、2cm。

 

けど、ハットのツバでの1cmは大きな違いがあります。

 

超広いブリム。

 

で、ただ広いわけではなく。

 

ご覧の通り、

 

ブリムの縁がパイピングになっています。

 

 

これがあるので、

 

実際のブリムの大きさよりも、

 

少し小さいブリムに感じますが、

 

実際広いブリム。

 

ノリがきいてるので、

 

ブリムはもちろん、HAT本体が硬い。

 

 

で、2つめ。

 

このクラウン。

 

 

特徴的なクラウンです。

 

フェドラハットなど、つまみがついているHATが一般的なHATですが、

 

ちょっとクセのあるクラウンの形。

 

 

ポークパイ的な感じですが。

 

深さもあり、なかなかのかぶり心地の良さ。

 

このタイプは浅いんでしょ??という印象を持っている人も多いとは思いますが、

 

これは、深い。けっこう深いんです。

 

 

それこそ、3ピースでシャツインした感じに合わせるも良し。

 

自然な感じで気張らずに、サっとかぶるも良し。

 

 

 

 

ニットキャップ、

 

ベースボールキャップ、

 

キャスケット、

 

ワークキャップ、

 

などなど、

 

様々なキャップがありますが、

 

HATというのが、いまいち

 

壁というか、ハードルの高さというのを感じます。

 

 

実際、世のHAT事情というか、

 

こんな風に「かぶらないといけない」というのが強いんだと思います。

 

それは、ブランドの意向や、その物の歴史というのがあるから

 

当然と言えば当然なのだと思います。

 

 

しかしながら、こうゆうものって自由に楽しむものなんだと思います。

 

なので、もっと気軽に、HATを楽しんでも良いと思います。

 

 

というわけでして、是非とも

 

この JYU。

 

オススメで御座います。

 

¥27000+TAX。

 

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.