秋のJUNKY別注・BUZZ RICKSON'S A-2 DECK JACKET

カヲルです。

 

秋です。

 

もう完全な秋。

 

今年は、ここ最近を考えたら、

 

ちゃんと秋という季節があった気がします。

 

近年は、長い長い夏が終わって

 

いきなり冬!みたいな気候が多かったですからね。

 

季節感も狂いがち。

 

秋という、冬物を準備する期間も無かったと思いますが。

 

今年は、その準備期間がシッカリとあります。

 

というわけでして。

 

 

ジャンキー。

 

秋の別注。

 

 

このタグだけ見てわかった人、

 

この写真のモコモコだけ見てわかった人、

 

すごい。

 

 

ここ最近、私がブログの撮影でハマっている、

 

ロケーション最高な、お散歩、休憩に最高なこの場所。

 

クラシックス御来店の際は、是非ここで休憩してみるのが最高な場所。

 

元町公園の、この地で、

 

 

 

着ている、

 

 

着ている、

 

 

 

このジャケット。

 

まごう事無き

 

「A-2 DECK JACKET」

 

で、御座います。

 

 

バズリクソンズのカタログを

 

すでにGET、&、読んだという方は、

 

もはやご存知かと思います。

 

もしくは、読んだけども

 

こんなジャケットは目に入らなかった・・・という方も

 

居ると思いますが。

 

そう。

 

このジャケット。

 

マニアックです。

 

いろいろフライトジャケットが好きで好きで・・・と言っている方に、

 

このA-2デッキを知っているかと聞けば、

 

知らない人も多々でしょう。

 

そう。

 

マニアックだから。

 

しかし、このジャケット。

 

バズリクソンズからは、ワンウォッシュモデルのみの展開となっています。

 

が、しかし。

 

そこを曲げてお頼み申した結果。

 

ジャンキー別注、通称JK品番というものが出来上がりました。

 

言わずもがな、ワンウォッシュのモデルは雰囲気もあり、

 

最高の出来になっているのは当然ではあるのですが、

 

そこは未洗い別注をお願いするというのがジャンキー流で御座います。

 

というわけで、別注で御座います。

 

言うなれば、A-2デッキジャケットのデッドストックの雰囲気を再現した別注。

 

 

こちらも、言うまでもなく、

 

雰囲気最高で御座います。

 

 

このA-2デッキ。

 

アメリカ海軍の甲板作業用のジャケットで御座います。

 

同じく、USNの甲板作業用ジャケットと言えば

 

N-1が有名過ぎるほどに有名ですが、

 

このA-2デッキジャケットというのは、

 

そのN-1の後継モデルなので御座います。

 

色に関して言えば、さほどN-1と変わりがない(ビンテージを含む)のですが、

 

変更点も当然、いくつかあります。

 

その、いちばん大きな違い。

 

 

生地で御座います。

 

N-1(デッキジャケットも含む)は、ジャングルクロス。

 

しかしながら、このA-2ジャケットは

 

バックサテン生地を使用しているのであります。

 

そして、裏生地の素材は

 

N-1のアルパカウール素材から

 

 

ご覧のように、

 

 

ナイロンボアに仕様変更になっているのであります。

 

天然素材を大量に使うより、人口の素材をメインで使った方が

 

コスト、生産効率的に、だいぶ良かったのでしょう。

 

この当時、このA-2デッキに限らず、

 

コットン素材メインだったものをナイロン素材などに変更したりする物が多かった時代です。

 

更に。

 

 

N-1では、ライニングと同じアルパカウールだった襟部分も、

 

バックサテン生地の襟に変更され、

 

 

ハンドウォーマーはN-1と変わらずでありますが、

 

 

左胸には、

 

内容物が飛び出ないようにスナップボタン仕様のフラップ付きポケットを装備。

 

 

フロントのストームフラップは、N-1と変わらずの仕様。

 

で、

 

 

フラップを開けると、内側はジッパー。

 

これもN-1と同じ仕様。

 

ただ、

 

 

このジャケット本体の色に対して、

 

このジッパーテープの色は、かなり素敵。

 

あと、ここも変更部分。

 

 

裾部分に注目。

 

 

この、アジャスターが追加されています。

 

ライダースジャケットなんかにも付いている物をよく見かけますが、

 

やはり防寒という点では、裾が絞れた方が圧倒的に

 

保温効率が良いという事です。

 

という感じで・・・・

 

 

隠れた名品とまで言う人も少なくないモデルであります。

 

実際に、N-1に比べると動きやすく、暖かいのは

 

間違いなくこのA-2デッキでありますから、

 

そう言われるのも、うなずけるモデルであります。

 

そうそう。

 

ジャケットの裏側に、もうひとつ着やすさの秘密があるんです。

 

 

脱いで、裏返しにしてみると、それはもうアウトドアジャケットのような佇まい。

 

で、この脇部分に注目。

 

 

 

N-1も、内側のアルパカが

 

脇の部分だけありませんでしたが。

 

生地的にも、ジャングルクロスの方が分厚く、

 

機動性が通常のコットン生地などに比べると劣りましたが。

 

このA-2デッキも同じく、脇の部分のボアがありません。

 

バックサテン自体、ジャングルクロスに比べるとかなり生地感が柔軟なので、

 

機動性はもちろん、通気性なども考慮してある為、

 

脇のボアなどがカットしてあるのです。

 

 

あとは、この袖口。

 

これも、ボアがカットされている部分ですが、

 

やはり袖口(手首)の機動性や、

 

グローブをしたときの事を考慮してある為。

 

 

シンプルで、

 

最低限の機能性を備えているという、

 

究極のミリタリーウェアでもある、このA-2デッキ。

 

もっともっと注目されても良いアイテムというのは

 

世に溢れていますが、

 

このジャケットも、まさにそれではなかろうかと思うのであります。

 

というわけでして。

 

A-2デッキ +ジャンキー別注モデル。

 

世界中、どこを探しても買えない未洗いモデルで御座います。

 

激しくオススメで御座います。

 

是非。

 

¥35000+tax

 

 

通販はこちらから。

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.