WARE HOUSE DUCK DOWN JACKET

カヲルです。

 

 

今をさかのぼる事、23年前。

 

私はアメリカのテキサス州に住んでいた時期でした。

 

cby (19).jpg

 

アメリカは、州によって旗があり、

 

テキサス州ならずとも、アメリカ国旗の下に、

 

その州の旗があるという光景はよく見かけます。

 

私はアメリカはジョージア州と、このテキサス州に住んだ事がある程度なので

 

他の州の事などはよく知りませんが、

 

テキサス州の人は、テキサスをかなり誇りに思っていて、

 

スーパーで何か食い物を買えば、そのパッケージには

 

「TEXAS SIZE」と書いてあったり、

 

写真の現像を頼むと、S、M、L、TEXASというサイズ表記の中から

 

写真のサイズを選んでくださいと言われ、

 

試しにテキサスサイズで頼んだら、

 

バカでけえ写真が現像されてきたり・・・・・・

 

そんなテキサスが大好きでした。

 

場所で言えば

 

cby (1).jpg

 

この、★の部分がラレドなのですが。

 

リオグランデという川があり、そこがアメリカとメキシコの国境。

 

私は、そこリオグランデから車で5分ぐらいの場所に住んでいました。

 

その頃の写真は今無いので、

 

ちょうどこんな感じの場所。

 

アメリカの砂漠地帯です。

砂漠と言えば、サハラ砂漠とか想像しますが

 

それとはちょっと感じも違って、荒野という感じで、

 

リアルにそこら辺にサボテンとか生えている場所でした。

 

そんな風景に似合うと言えば・・・・・

 

 

・・・・・・そこで働いている時に

 

メキシコ人の友達に「チーボー」と呼ばれているやつがいて。

 

そいつは実家が牧場で、チーボー自身もカウボーイをしていました。

 

私は初めてアメリカの地に降り立ったのは、ダラスフォートワースという空港でしたが、

 

テキサスというイメージとはかけ離れた大都会でしたが

 

なぜか空港には

 

cby (3).jpg

こんな感じのカウボーイたちが居たりもしました。

 

皆様も想像するカウボーイって、こんな感じでしょう。

 

はたまた、

 

cby (2).jpg

こんな感じで、昨日のブログのアレを着ているみたいな感じとか。。。。

 

もしくはロデオやってる人みたいな感じですよね。

 

しかし。

 

そのチーボーのようなリアルカウボーイは、

 

全く違う格好してました。

 

cby (18).jpg

こんな感じに近い格好。

 

言うなれば、

 

「アウトドア+ワーク」みたいな恰好して働いていました。

 

映画で見るような、ウエスタンシャツに、ブーツカット、ウエスタンブーツ・・・という感じでもなく。

 

ダウンジャケットを着て、パンツこそ細身のジーンズ穿いてましたが、

 

靴もペコスブーツのような感じのブーツ。

 

それがまたナチュラルでカッコよかったのを思い出しますが。

 

そこでこのジャケットの登場なのです。

 

cby (7).JPGcby (6).JPG

私、足元はロガーですが、

 

ほぼほぼこんな感じの格好で働いていました。チーボー。

 

そして、このジャケット。

 

1960年代のカウボーイ用のダウンジャケットを忠実に復刻したジャケットなのです。

 

cby (10).JPGcby (11).JPG

60年代にダウンジャケットで、

 

しかも、この

 

cby (13).JPG

 

キャンバス生地のダウンジャケットがあったという事が

 

なかなか驚きでありますが・・・・・

 

実際、この時期のダウンジャケットを復刻した物ってのは

 

あまりなかったと思います。

 

そこはさすがのウェアハウスというところです。

 

キャンバス生地は、ムラ糸を使用。

 

力織機で織られた耳付きの仕様。

 

cby (14).JPG

 

フロントはスナップボタン仕様。

 

 

cby (15).JPG

 

襟部分は、コーデュロイ。

 

これも昨日のブログのストームライダーと同じ仕様ですね。

 

 

cby (16).JPG

 

内側はコットン生地ではなく、ナイロン。

 

生地のスベリも良いので、脱ぎ着がしやすく、動きの妨げにもならないのであります。

 

で、

 

cby (17).JPG

 

両サイドには、ちっちゃい内ポケットが付いています。

 

これって何??って思うぐらいの小ささ。。。。

 

これに関しては何に使っていたのかわからないのですが、

 

おそらくライターなどを入れていたのだろう・・・と、私は思うのですが。

 

それにしても両サイドに付いてるって、なかなか面白いディティール。

 

cby (12).JPG

 

cby (4).JPG

 

良きダウンジャケットと言えば

 

やはりゴアテックスなどのハイテク素材を思い浮かべる方が多いとは思いますが、

 

こんな感じで使い込んで、生地自体の風合いが良くなるダウンジャケットというのは、

 

ありそうで、そんな見かけない。

 

 

温かさは・・・そこはダウンジャケットです。

 

温かい。暖かい。

 

そして、軽いんです。

 

そこ、やはりダウンジャケット。

 

カウボーイ用というより、

 

冒頭でもお話しましたが、

 

「ワーク+アウトドア」な感じが良く良く出ているジャケットです。

 

¥78000+TAX

 

お値段、そんなにかわいくないけども

 

そこはこの生地、このダウンって考えると

 

良きお値段で御座います。

 

カバーオールのダウン入り・・・って感じで使っても良いし、

 

何しろ合わせが良い。

 

というわけで。

 

オススメで御座います。

 

是非是非。

 

通販はこちら

 

cby (9).JPG



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.