FULL COUNT 「NEW・0105&1108」

どうも。カヲルですよ。

 

 

さて。

 

突然ですが。

 

IMG_4622.JPG

 

FULL COUNT

 

のお話を。

 

 

ジャンキークラシックスでは、別注のジーンズ・ジージャンなどを

 

フルカウントに別注して製作するなど、

 

オススメのブランドのひとつでありますが。

 

 

そのフルカウントのジーンズ。

 

の、フラッグシップモデルとでも言うべき2品番が

 

「0105」

 

 

「1108」

 

 

フルカウントの代名詞とも言えるこの2品番。

 

(実際には2品番だけでなく、すべての品番なのですが。。。。)

 

が、なんとなんと。

 

廃盤で御座います・・・・・・・・・・・

 

以前から、インスタグラムなどでお知らせをしていましたので、

 

廃盤になるならば!という事で、駆け込み買いをされていた方も多かったのです。

 

(クラシックス、現在サイズは欠けているものの、在庫まだありますので是非。)

 

 

が、今回。

 

クラシックスに入荷しましたジーンズが2種類あります。

 

 

ここまで引っ張る必要もないんですが、

 

フルカウントのジーンズたちが、

 

新しくパワーアップして帰ってきたのです。

 

(これも、以前から情報開示していますが・・・・)

 

 

こちらがそのNEW・2品番。

 

IMG_4647.JPG

 

NEW0105  1108

 

まずは、2品番に共通するディティール。

 

ひとつめは、その生地。

 

IMG_4631.JPG

 

13.7オンスのジンバブエコットン100%を使用。

 

1992年から続くその色落ちに関しては、

 

旧モデルと変わらずに良き色落ちです。

 

 

ふたつめ。

 

ヒップポケットのステッチと、

 

赤いタブが無くなりました。

 

IMG_4628.JPG

 

 

他のディティールは、かなり変わっていて。

 

まず、フラッシャー。

 

以前の物から素材をチェンジ。

 

よりMADE IN JAPANをイメージして

 

素材を和紙にチェンジ。

 

IMG_4621.JPG

 

色も然る事ながら、

 

素材自体が変わっているんです。

 

 

 

お次はパッチ。

 

IMG_4623.JPG

 

旧モデルのパッチよりも、

 

光沢が強いパッチになっています。

 

んで、ONEというスタンプも今回の入荷限り。

 

初回限定というやつです。

 

レア。

 

 

 

あとは、ボタンの裏。

 

フロントボタンの裏ね。

 

細かい特徴になりますが、

 

ちょいとボタン裏のボリュームがアップしたんですよ。

 

IMG_4627.JPG

 

丸っこく盛り上がったと言いますかね。

 

こんな細かいところまで仕様を変更してるんです。

 

 

 

そしてミミ。

 

IMG_4632.JPG

 

 

セルビッチです。

 

 

旧モデルも、ミミのアタリはかなり強烈に(良い意味ですよ。)出ていました。

 

通常、緩めに穿いてしまうと出ないミミのアタリですが、

 

フルカウントのパンツはミミのアタリの出具合が秀逸。

 

素晴らしくかっこよいアタリが出ていましたが。

 

今回は、そのセルビッチにも特徴があり。

 

旧モデルよりもミミの幅が広くなっています。

 

 

 

そしてそして。

 

ミミをぺろんとめくってみると・・・

 

IMG_4645.JPG

 

ここにステッチがありますが。

 

このステッチの番手(太さ)が太くなったんです。

 

太くなるとどうなるのか。。。。。

 

これまた細かい部分でありますが、

 

ミミのアタリが、これまた今までとは少し違う感じになります。

 

要するに・・・・・雰囲気がより良い感じに出てきます。

 

(もちろん、穿き込まないとわからない。)

 

 

 

他にも、細かな特徴の変化があるのですが。。。。

 

皆まで書いてしまうと、お店に来る楽しみも無くなってしまうってものですから。

 

 

 

 

この辺で、着画を見ながらの

 

シルエットの変更のお話をしていきましょう。

 

 

まずは0105。

 

今までのモデルと違うシルエットです。

 

IMG_4633.JPG

 

IMG_4634.JPG

 

前述の通り、すべてのジーンズのシルエット変更をしていますからね。

 

今回のシルエットは旧0105よりも太くなります。

 

そして、前股上と、後ろ股上の差が旧モデルよりも大きくなります。(これは穿かないとわからないかも。)

 

IMG_4636.JPGIMG_4637.JPG

 

 

 

印象的には、太くなった!という印象が大きいかもしれませんが

 

フロント部分のもたつきや、

 

尻下部分あまりが気にならないという

 

非常に良い形になっているのです。

 

IMG_4635.JPG

 

 

 

 

次は1108。

 

0105に比べると、細身のモデルとして展開していましたが

 

一新後も、それは同じ。

 

0105よりも細くはなります。

 

IMG_4638.JPG

 

IMG_4640.JPG

 

 

そして、旧モデルよりも

 

フロントボタンの開閉部分(前開き部分というのか。)が

 

長くなり、がばっと開くようになったのです。

 

するってぇと、何かって言いますと・・・・・・

 

脱ぎ穿きしやすい感じ。

 

これは何気に大きな特徴でありますよ。

 

 

印象的には、旧1108よりも、

 

ちょっと穿きやすい感じになっているという。

 

IMG_4641.JPGIMG_4642.JPG

 

 

そして、これもまた0105と似ているディティールになりますが、

 

フロント部分のもたつきが少なくなっています。

 

IMG_4643.JPGIMG_4644.JPG

 

 

モデルチェンジというものに関しては、

 

様々な意見が飛び交うのが世の常であります。

 

「前の方が良かった」とか、

 

「なくなったとたんに、前のモデルが欲しくなった」とか・・・・

 

しかしながら、そんな事、言われなくてもわかっているメーカーが

 

満を持して実行するモデルチェンジですからね。

 

気合が入らないわけがありません。

 

そして、以前よりも、より良い物を作ろうとします。

 

生地に関しては、これもはやフルカウントの心臓部分ですからね。

 

土台部分とでも言いますか。

 

そして、その土台に新しい建物を建ててゆく・・・・という感じでしょう。

 

家を一回ぶち壊して、そこに以前よりも素晴らしい家を建てる・・・・という感じでしょうか。

 

大袈裟に言えば、

 

もとは大豪邸だったものを一度すべて壊して、

 

小さい小屋を建てる。。。。そんなわけないですもんね。

 

よりよくするには、大豪邸以上の何かを建てるのが、普通。

 

ちょっと例えは大袈裟ですけども・・・・

 

旧モデルは、超ロングセラーでした。

 

私も何本も穿いてます。

 

しかし、そこを凌ぐ何かがある事に間違いはありません。

 

 

というわけでして。

 

最高のジーンズで御座います。

 

そして初回生産分のみ、

 

なんとなんと。

 

このノベルティーが付属します。

 

PATCHのデザインにもあります、

 

ONE というステンシルプリントのティーシャツ。

 

 

ちなみに、ジャンキークラシックスは未洗いモデルが入荷です。

 

未洗いモデルの初回生産分は、すでにメーカー在庫もありません!

 

 

 

正直。

 

これから先、生産してゆくものですからね。

 

焦らず、ゆるりと、このパンツたちを穿いてみてくだされ。

 

IMG_4649.JPGIMG_4648.JPG

 

是非に。

 

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.