8.5oz. MOUNTAIN CLOTH WORK PANTS

カヲルです。

 

 

怒涛の新作入荷であります。

 

ひーひー言っております。

 

というわけで。

 

本日のご紹介はこちらを。

 

IMG_2347.JPG

 

 

「8.5oz. MOUNTAIN CLOTH WORK PANTS」

 

¥17800+tax

 

 

このパンツ。

 

1950年代に実在したブランド、

 

シアーズ社のHERCULESにあったモデルの形を元にしてあります。

 

実際、そこに注目したのか!という感じもありますが(マニアックですからね)

 

名品としてビンテージでは有名なパンツであります。

 

 

REEVES社のMOUNTAIN CLOTHという生地を使っています。

 

 

 

お題目にもあります通り

 

ゆえにこのパンツの名前が

 

「MOUNTAIN CLOTH WORK PANTS」なのです。

 

ディティールを見てゆきましょう。

 

細かくはお店などで確認をしていただきたいのですが、

 

大きな特徴はこれ。。。。。。

 

まずは、

 

このベルトループ。

 

IMG_2354.JPG

 

IMG_2323.JPG

 

幅の細いループと、

 

IMG_2331.JPG

 

幅の太いループ。

 

 

もちろん、一般的な太さのベルトならば通すことができます。

 

しかしながら、これ。

 

実際のビンテージだと、かなりの細さなのです。。。。

 

という事で、このパンツは そこをアレンジしてあって

 

一般サイズのベルトの幅でも通るようになっています。

 

 

そして、ここ。

 

IMG_2337.JPG

 

裏地部分。

 

この見た目でも、突っ込みどころがありますが・・・・

 

そう、タグがダブル。

 

IMG_2338.JPG

 

 

ポケットの中の生地も特徴的。

 

この生地、スレキというのですけども、

 

通常は同じ厚み、同じ素材、1枚から作られている場合がほとんど。

 

ジーンズによくある大戦モデルなんかも、

 

生地不足の影響で、ツイル生地ではなく、ネル生地だったり、デニム生地だったり、

 

ヘリンボーン生地だったりします。

 

が、

 

ここに注目。

 

生地が線を境に、

 

上下で感じが違いますよね??(↓の画像ね)

 

これはビンテージの、このパンツにもある特徴。

 

IMG_2341.JPG

 

 

打込みというものが、

 

上部分が弱く、

 

下部分が強い・・・・という生地。

 

要するに、物が収まるであろう下部分は生地の目を詰めている・・・・という事なのです。

 

 

シルエットも、非常に穿きやすい形。

 

IMG_2352.JPGIMG_2348.JPG

 

そして、更に細かいディティールは・・・・

 

 

 

フロントはジッパー。

 

IMG_2336.JPG

 

 

そして、フロントのトップボタンはスナップボタン。

 

IMG_2330.JPG

 

 

そして、このマウンテンクロス生地。

 

IMG_2355.JPG

 

 

サイドの部分は、

 

 

IMG_2335.JPG

 

ミミ付いてます。

 

なので穿き込むと、再度のアタリなんかも出てきます。

 

 

IMG_2326.JPG

 

ヒップポケットはこんな感じですが、

 

 

IMG_2325.JPG

 

こんな感じで、

 

 

IMG_2322.JPG

 

左の尻ポケは、ループついててボタンで留める仕様だったり・・・・・

 

見た目、チノパンと思いきや

 

やはり生地感も全然違いますしね。

 

よく生地を見るとやはり違う。。。

 

IMG_2346.JPG

 

そして

 

IMG_2345.JPG

 

通称「JK品番」という、

 

JUNKYの別注モデルにつく品番なのです。

 

そう。

 

未洗いモデル

 

という事で、別注なのです。

 

 

通常のチノパンとは、また少し違う雰囲気のパンツ。

 

ミリタリーチノとも違う、ワークパンツですから。

 

見た目というより、内容がものすごく濃いパンツ。

 

というわけでして。

 

是非是非。

 

 

 

通販はこちら。

 

 

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.