158回目キヨ!!(MFSC "PIOUPIOU"15oz.INDIGO L/C HERRINBONE MECANOJACKETの話)

こんにちは。158回目ブログ書かせて頂きます。キヨ。

 

今日紹介する新作商品はこちら。

 

IMG_2145.JPG

 

 

MFSC "PIOUPIOU"

 

 

15oz.INDIGO L/C HERRINBONE MECANOJACKET

 

 

今年の秋冬から、ミスターフリーダムの新しいシリーズ。

 

IMG_2132.JPG

 

その名も、”PIOUPIOU”(ピウピウ)

 

元は銃声の音からきているみたいです。

 

 

 

第一次世界大戦時のフランス軍の歩兵たちのニックネームです。

 

それにちなんで、1910年代〜1930年代までのフランス軍のユニフォームをベースに今回作っています。

 

アメリカ軍のユニフォームとはまた違った、雰囲気なのも面白いところです。

 

どこか、紳士服的要素がある、スマートなイメージがぼく個人的にあります。

 

そして、今回の、MECANOJACKET

 

フレンチアーミーの戦車乗りが着用する、ジャケットと、フレンチネイビーのセーラープルオーバーをミックスした物になります。

 

IMG_2151.JPG

 

注目すべきは、このダブルブレスタイプになっている事、

 

どっちかのボタンが取れて、閉められなくなったら、反対側でしめる為だったり、

 

風向きなんかで、変えたりできるようにするためだったりします。

 

そして、この生地。

 

IMG_2141.JPG

 

リネン80% コットン20%の頑強なヘリンボーン生地。しかもインディゴ。

 

ゴリゴリに経年変化してきます。たっぷりインディゴですから。

 

ここも、私のイメージではありますが、古い年代のフランス軍のユニフォームはリネン素材が多い気がします。

 

元々、フランスがリネン(麻)の栽培が盛んだったりしてたからや安価で頑強に作れるからなどの理由だと思います。

 

IMG_2143.JPG

 

IMG_2134.JPG

 

ボタンは、アンティークのボーンボタン。

 

IMG_2142.JPG

 

大きなポケットが付いています。

 

IMG_2148.JPG

 

IMG_2149.JPG

 

左右にはには大きさの異なる内ポケが完備。

 

IMG_2150.JPG

 

インディゴも入っているストライプ。

 

IMG_2153.JPG

 

袖裏は、インディゴのポプリン生地。

 

袖を捲って着れるのも嬉しいところ。

 

そして、私キヨ。

 

買いまして、洗いまして、着てみました。

 

といく前に、

 

見てください、

 

IMG_2154.JPG

 

IMG_2156.JPG

 

このワンウォッシュかけただけで、ムラ感も出てきて雰囲気が更に良くなりました。

 

では、着てみました。

 

(180cm 68圈。咤稗擅邸。苅亜。錬裡釘廝腺咤函

 

IMG_2158.JPG

 

IMG_2159.JPG

 

ダブルジャケットっぽく着れますし。

 

IMG_2160.JPG

 

IMG_2164.JPG

 

カッチリ閉めても、かっこよいです。

 

生地感も肌触りが柔らかく、着やすいです。

 

フレンチミリタリーの良さが、全開に出ている、

 

今回のミスターフリーダムのジャケット。

 

 

お値段

 

 

 

¥42000+TAX

 

 

 

SIZE 40 

 

 

早くもラスト40のみ!!

 

 

 

通販はこちら

 

 

 

気になる方是非お早めに店頭にお越しください。

 

 

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.