201回目キヨ!!(UNIONSUPPLY BARBARA KAWAKAMI MODEL PALAKA CHECK BLOUSEの話)

こんにちは。

 

201回目、ブログ書かせて頂きます。

 

本日、紹介する新作商品は、、、

 

まさに気絶モノ!!!

 

激アツとも言うべきでしょうか??

 

火傷注意とでも言いましょう(笑)

 

個人的にもめちゃくちゃ楽しみにしていた、(もちろん購入しました 笑)

 

私、キヨの超イチオシ!!!!

 

それが、こちら。

 

IMG_5369.JPG

 

 

UNIONSUPPLY

 

 

BARBARA KAWAKAMI MODEL

 

 

PALAKA CHECK BLOUSE

 

 

なんだ、また、パラカジャケットか、、、

 

って思ったそこのあなた!!(笑)

 

 

ただのパラカでは有りません。

 

 

IMG_5367.JPG

 

 

今回、ネームタグにもある通り、バーバラカワカミさんモデルとなっております。

 

 

o0300016814035655394.jpg

 

☝この方がバーバラカワカミさん

 

現在97歳。

 

ここで、少しバーバラカワカミさんのお話を、、

 

 

 

当時、バーバラカワカミさんは1歳になる前に両親と3人でハワイに移住しました。(1920年代前半)

 

それから、現在に至るまでハワイに住んでいます。

 

当時、バーバラさんのご両親もパラカジャケットなどを着ていたみたいで、

 

幼い頃から、リアルに目で見て触れていました。

 

また、砂糖黍畑やパイナップル農園で働く人たちも実際に見ていました。

 

そして、バーバラカワカミさんは学生の頃、ハワイの服飾文化に興味を持ち、研究をしていました。

 

(博士号も授与しております)

 

515SH7XE0YL._SX329_BO1,204,203,200_-1.jpg

 

そして、なんと、バーバラカワカミさん、

 

ハワイ日系移民の服色史の著者なども出しております。

 

なので、特にハワイの日系移民の服についてはかなり熟知しています。(パラカジャケットも含めて)

 

この本は、実際に文化研究の教科書にも載ったりもしています。

 

ハワイの日系移民の服を研究した、第一人者といっても過言ではありません。

 

バーバラカワカミさん自身は、当時ハワイに住んでいた人達の使っていた衣服の生地をかなり持っているみたいです。

 

 

ちなみに、洋服の学校にも通っていた経験もありパターンも引くことができます。

 

てことは、例えばなんですが、このジャケットはこんな感じでパターンを引いて作られているってのが分かるみたいです。

 

 

そんな、バーバラカワカミさんとのコラボ、

 

タダならぬ、ジャケットであることは言うまでもありませんし、

 

今まで、バーバラカワカミさん監修の元、服自体を世に送り出したことはありません。

 

 

今回、初めて、

 

 

東洋エンタープライズとのコラボで、現実となったのであります。

 

 

 

そのリスペクトを込めた意味での、、

 

IMG_5370.JPG

 

フラッシャーも付いております。

 

そして、一番のポイントは、このジャケットの形。

 

IMG_5360.JPG

 

TT兄弟です(笑)

 

IMG_5361.JPG

 

写真でもお分かり頂けると思いますが、身幅と肩幅が同じであります

 

プラスで腕が真横に付いています。

 

その理由が、カオル大先生の絵と共に説明致します。

 

 

腹面(前面)と背面(後面)が一枚になっています。

 

そして、赤線部分で折り曲げてる感じです。

 

なので、腕が真っ直ぐ付いています。

 

 

 

 

この写真でピンと来たあなた、そう!!

 

このパラカジャケット、和装の作りから着想を得ています。

 

(主に日系移民が着ていたので)

 

 

それが、パラカジャケットの最初期なのです!!!!!!!

 

 

年代で言えば、1920年代後半ぐらいであります。

 

IMG_5364.JPG

 

もちろん、青の部分はインディゴで、

 

定番で出ていたパラカの生地と比べると生地が薄め。

 

最初期のタイプが、生地が薄めで有るが故に、、、

 

ヴィンテージでは、個体数が少ないというよりは、

 

しっかりとした状態で見つからない。

 

やはり、当時は仕事で使いますから、破れやすく、

 

破れたら当て布をするといった、リペアを繰り返して着用していたみたいで(買い替える程お金もなく貧しい環境であった為)

 

バッチリと、元のまま残ってる物がない。

 

ですが、そこは東洋エンタープライズの底力、

 

最初期のユニオンサプライネームのパラカジャケットを持っているのです。

 

そう、先ほどの着画でお分かりかと思いますが、、

 

IMG_5358.JPG

 

着てみると、、

 

肩が落ちます。身幅も凄く広い。着丈も短め

 

当時の佇まいを残している為(全くヴィンテージと同じ形)

 

一般的に言えば、

 

着ずらい、形が良くないなんて方もいるかと思いますが

 

しかしながら、アメカジ大大大好きの人達(私も含め)からしたら、

 

 

 

素晴らしい形と言った所でしょう。

 

 

 

では、改めてその他のディティールを見ていきます。

 

IMG_5362.JPG

 

ポケットは、左胸に1つ。

 

IMG_5365.JPG

 

裾部分は、キュッと絞ってあります。

 

オールド感があってこれまた良き。

 

IMG_5363.JPG

 

ボタンは鉄製であります。

 

この年代の特徴の1つ。

 

IMG_5366.JPG

 

背中はウェスタン調のヨークも付いています。

 

補強+柄として良き。

 

改めまして、

 

全体着画がこちら。

 

(180cm 68圈SIZE M NONWASH)

 

IMG_5357.JPG

 

IMG_5359.JPG

 

気になるお値段、

 

¥19800+TAX

 

SIZE S M L XL

 

 

通販はこちら

 

さあさあ、

 

皆さん、是非とも店頭でもお待ちしております。

 

 

至極のパラカジャケット手に入れてください。

 

 

長々と、ブログをご覧になって下さって有難うございました。



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.