262回目キヨ!!(INDIANMOTOCYCLE HOMEWARD BOUND L/S TEEの話)

魂弐血我(こんにちは)

 

☝すみません、気合いが入りすぎてました(笑)

 

262回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

まずは、こちらのブログ☟

 

JUNKYCLASSICSからのお知らせ。

 

 

話しを戻しまして、

 

今回私個人的におすすめアイテム。

 

まず、ブランド

 

 

 

「INDIAN MOTOR CYCLE」

 

1897年、George M. Hendeeが

 

Hendee Manufacturing Companyを創立。

 

元は

 

 

自転車の会社だったというのは、想像に易い。。。。。

 

そう。まだバイクってのが無かった時代。

 

そんな中、1901年、元自転車レースのチャンピオンだったHendeeは

 

ガソリンエンジン搭載の自転車を作ったんですけど、

 

これがバイクの原型というか、バイクの誕生なわけなのです。

 

これらの”バイク”は、SILVER KING、SILVER QUEEN、

 

そして、AMERICAN INDIANという名前のモデルを展開。

 

このアメリカン・インディアンという名前のモデルが

 

Hendee Manufacturing Companyの主要商品となり、

 

それが省略されて「INDIAN」(バイク=インディアン)となっていきます。

 

そして1923年に会社名を「Indian Motorcycle」に変更。

 

 

その後は、大戦期には軍に納入したり、いろいろ経て

 

1953年には、事業を終了します。同時に全モデルの生産も中止に・・・・・・・

 

その後もいろいろありながらも、1998年に

 

Indian Motorcycle Company of Americaとして復活。。。。。

 

と、この会社(ブランド)、なかなか歴史も深いので

 

サラッとお話させて頂きましたが、何しろ・・・・・

 

「アメリカンバイクの祖」というべきブランドであります。

 

改めまして、商品の全貌がこちら。

 

IMG_9342.JPG

 

IMG_9346.JPG

 

BLACK

 

IMG_9340.JPG

 

IMG_9339.JPG

 

WHITE

 

INDIANMOTOCYCLE HOMEWARD BOUND L/S TEE

 

 

なぜ私の個人的オススメなのか、、

 

IMG_9250.JPG

 

IMG_9258.JPG

 

まず、バックプリントがメインなのも好き

 

IMG_9254.JPG

 

絶妙なツヤのある油性ラバー。これぞアメリカン。

 

アメリカ製なのも好き。

 

IMG_9251.JPG

 

IMG_9253.JPG

 

そして、このデザイン。インディアンチーフに乗るモンスター。

 

HOMEWARDBOUND 家路を急ぐ。

 

洒落が効いています。

 

そして、このデザインはなんと手書きでデザインされたもので、

 

そのデザインをプリントしています。オリジナルデザイン。

 

通常のプリントではなく、ハイメッシュプリントという手法を使っています。

 

ハンドでデザインした良さが存分に出ています。

 

IMG_9260.JPG

 

袖のリブも短め。

 

IMG_9261.JPG

 

バインダーネック仕様。

 

では、着画がこちら。

 

(180cm 68圈SIZE L )

 

IMG_9321.JPG

 

IMG_9322.JPG

 

IMG_9318.JPG

 

BLACK

 

IMG_9327.JPG

 

IMG_9328.JPG

 

IMG_9324.JPG

 

WHITE

 

お値段

 

 

¥7900+TAX

 

 

SIZE S M L XL

 

 

IMG_9248.JPG

 

 

 

集まれ!!!インディアンモーターサイクルクルー!!

 

 

通販は後日☟

 


BLACK

 

 

WHITE

 

 

 

 

 



RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.