55周年のスカジャンが来たぞい。

カヲルです。

 

IMG_9422.JPG

 

早いもので。

 

もう9月も10日を過ぎ、

 

店内も、入荷する物も、秋冬物になりました。

 

というわけで。

 

本日紹介致しますアイテムも、もちろん秋冬物。

 

ただの秋冬物ではなく「秋冬物の目玉のひとつ」である事は間違いない。

 

全貌はこちら↓

 

 

(表面)

 

 

 

 

(裏面)

 

その名も

 

IMG_9442.JPG

 

「港商 55th SPECIL EDITION ”RYOGOKU×天下泰平”」

 

東洋エンタープライズの55周年記念モデルとして

 

東洋エンタープライズの本拠地である「両国エリア」と、

 

同じく両国エリアを代表する「相撲」をその身に施した

 

港商スペシャルエディション・スーベニアジャケット。

 

その価格

 

¥120000+TAX

 

通常のスペシャルエディションと比べても、

 

更にスペシャルなプライス。

 

しかしながら、そのプライスを凌駕するクオリティーの高さと

 

その内容の濃さであります。

 

まずは、そのディティール。

 

表面(別珍面)の方から見てみましょう。

 

IMG_9432.JPG

 

背中の刺繍。

 

両国国技館と、

 

本場所にしか見られない「のぼり」と、

 

「太鼓櫓」、そして「龍に富士」

 

IMG_9437.JPG

 

「RYOGOKU」の文字と

 

IMG_9434.JPG

 

創立年1965年から、今年2020年の刺繍。

 

そして、細かい部分を見てみると

 

IMG_9435.JPG

 

のぼりに、「東洋」「祝五十五周年」「港商商会」などの文字が見えます。

 

そして、このスカジャンで使われている糸の色の数種類は、

 

今までのスカジャンで使われている糸の色ではなく、

 

別注して、このスカジャンの為の色として作られた糸色なのです。

 

そして胸には

 

IMG_9440.JPG

 

「松に富士」

 

IMG_9439.JPG

 

天下泰平の文字が入る軍配。

 

その軍配には、行事最高位である木村庄之助にしか付ける事の許されない

 

「紫の軍配房」が付いています。

 

tategyouji (1).jpg

 

こちら・・・・ごめんなさい。。。第何代目だったか。。。。

 

たしか35代木村庄之助さん。

 

の軍配房が見えますが、紫ですね。

 

この画像だと装束まで紫です。

 

その証拠に、現在の最高位である42代式守伊之助の軍配房は

 

紫×白なので

 

tategyouji (2).jpg

 

確かにそう。

 

そしてその軍配にある「天下泰平」の文字。

 

相撲の軍配にある文字としては有名ですが、

 

神事である相撲は、五穀豊穣や、天下泰平など

 

願いを込めているという意味合いもあるので、

 

軍配にはその願いがあしらわれる事が多いのです。

 

まさに今、コロナウイルスの蔓延している世界中に対しての天下泰平でもありますね。

 

IMG_9424.JPGIMG_9426.JPGIMG_9423.JPGIMG_9425.JPG

 

表面(別珍面)はこんな感じ。

 

もはや、作り云々に対しては説明不要の最高のスカジャン。

 

 

そして裏面(キルティング面)はこちら。

 

IMG_9443.JPG

 

「JAPAN」と「FIFTY FIFTH(55周年)」の文字。

 

IMG_9444.JPG

 

意味は説明不要でありますね。

 

そしてこちらにも、天下泰平の庄之助の軍配と

 

土俵の上にある屋根。。。。

 

この屋根、相撲好きな方だとわかると思うのですが

 

 

こんな感じになっています。

 

元々はちゃんと4本の柱があったんですけども、

 

これも何気に有名なお話なんですけども、

 

テレビの普及と共に、テレビ中継の邪魔になるからって

 

取っ払ってしまったという話は有名です。

 

んで、4色の房が付いていますが・・・・・

 

これが四神(玄武、朱雀、白虎、青龍)を表しているのです。

 

相撲ってば、陰陽道の影響が色濃いですから、

 

「陰陽五行」っていうのを、この土俵で表しています。

 

4つしか房がないけど???と思いましたよね。

 

この中では、土俵が黄色を表してて

 

陰陽五行の完成なのです。

 

世の中のすべての事は、陰陽道では五行で構成されているというのが定説で。

 

つまりは、この土俵で自然現象の全てを表しているという事なんです。

 

そして、土俵=〇=陽を表してて、それを囲む四角の部分が陰を表している・・・・とかだったか。。

 

 

IMG_9445.JPG

 

65・20、これももはや説明は不要ですよね。

 

何から何までアニバーサリー。

 

そして胸部分には、

 

IMG_9447.JPG

 

軍配と、

 

IMG_9449.JPG

 

富士に桜。

 

IMG_9446.JPG

 

袖はBLUE。

 

IMG_9429.JPGIMG_9431.JPGIMG_9428.JPGIMG_9430.JPG

 

インパクトが無いわけがない。

 

今年は本来ならばオリンピックのあった年。

 

しかし、コロナウイルスの影響で流れてしまいました。

 

本来なら、オリンピックの開催と55周年が重なるという目出度い意味合いが強いスカジャンでしたが、

 

世の中の神羅万象と、天下泰平を願うという、

 

今の状況と、意味も合うという偶然の柄でもあります。

 

今の世の中、この状況の終息を願うばかりですが、

 

まさにこのスカジャンの天下泰平がそれとなった形ですよね。

 

当時から、今やビンテージになったスカジャンを作っていたブランドだからこその迫力と、

 

この状況が過去の物となった時、

 

このスカジャンを見ると、2020年を思い出すスカジャンでもあります。

 

もはや、未来のビンテージとなるスカジャン。

 

まさに

 

 

最高のSOUVENIR JACKET

 

IMG_9424.JPGIMG_9429.JPG

 

の完成です。

 

しかもこのスカジャン。

 

200着の限定生産です。

 

我らが店舗でも、3着のみの入荷。

 

逃せば、二度と手に入らないアイテムであります。

 

是々非々に。。。。。

 

 

 

通販はこちら。

 

 

 


JUNGLE CLOTH BLACK A-2

カヲルです。

 

 

突然でありますが、皆様。

 

「A−2」と言えば

 

アメカジ好きの方ならば、何を想像するかって話ですが。

 

いちばん多いのは、

 

 

キング・オブ・ミリタリージャケット・・・A−2でしょう。

 

今更細かい説明不要であります、このジャケット。

 

もしくは、ちょっとマニアックなところでは

 

 

USNのコットン製A−2デッキジャケットを思い出す人もいるでしょう。

 

このわかりやすい振り。

 

しかしながら、今回紹介のA−2はちょっと違う。

 

こちらです。

 

 

 

 

 

 

明らかに見た目が違うのは、その素材。

 

もう題名に書いてあるから、わかってるけども、

 

そう、コットン製。

 

しかも、N−1などのデッキジャケットでもお馴染みの

 

IMG_9396.JPG

 

 

「ジャングルクロス」

 

もちろん、実在はしないモデルでありますが

 

どうして、そんなモデルを出しているんだろうか・・・・・・

 

それは、バズリクソンズの中でも

 

実在のモデルに捉われないブランドネーム、

 

 

「William Gibson」

 

イギリス人作家・ウイリアム ギブソン氏。

 

彼の小説に、バズリクソンズには存在しない、

 

「バズリクソンズのブラックのMA−1」というものが登場しているのをキッカケに

 

バズリクソンズで展開するようになった「ウイリアムギブソンズ・コレクション」。。。

 

このシリーズは、実在するモデルではなく

 

バズリクソンズのマテリアルなどを使用して、

 

実在のモデルのブラックバージョンや、生地(素材)の違うブラックバージョンなどを

 

展開しているブランド。

 

なので、生地や金属パーツなども、バズリクソンズの良質なものを使用しているので、

 

バズリクソンズ同様の着心地、使用感などが楽しめるシリーズです。

 

 

 

実際に、A−2の形という点で言えば

 

1940年代(以前)などによくある形であると言えばそうですからね、

 

通常のA−2のようなレザーではなく、生地をコットンにすれば

 

40年代のスポーツジャケットの様相になるわけですから、

 

IMG_9392.JPG

 

この通り、40’Sとは言わずとも

 

古い年代のスポーツジャケットのような感じになるわけです。

 

裏地はレザーのA−2と同じ仕様。(コットン製)

 

IMG_9403.JPG

 

IMG_9402.JPG

 

そして、リブは

 

IMG_9400.JPGIMG_9401.JPG

 

オリーブの糸と、ブラウンの糸を編み立てて

 

ミックスリブ仕様のものを使用。

 

ミックスリブ×針抜きの仕様なので、

 

それこそオールド感があるジャケットに仕上がってます。

 

その他にも、

 

IMG_9399.JPG

 

ジッパーや、

 

IMG_9398.JPG

 

襟、エポレットなども、

 

レザーのA−2のディティール。

 

 

フライトジャケットでも、

 

どのフライトジャケットをよく着てるかっていう話になると、

 

L−2Bなどのライトゾーンのフライトをよく着る・・・・というのを

 

店頭でよく耳にします。

 

実際に、軽く羽織れる、

 

車など乗る時も便利だ、

 

などなどなどなどなど。。。。。。。

 

この厚みのジャケットの使用頻度が高いってのが

 

よくよくわかります。

 

モデルとしてカッコいいから・・・・というのが大きいフライトジャケットでありますが、

 

このジャケットはそれに加えて使い勝手も良いというジャケット。

 

IMG_9391.JPGIMG_9395.JPG

 

IMG_9392.JPGIMG_9393.JPG

 

普通のブラックのジャングルクロスというわけではなく、

 

アンティークブラックという黒であります。

 

真っ黒ではなく、少しくすんだ感じの黒。。。。

 

画像では伝わりづらいのですが。

 

ともあれ。

 

 

良きジャケット。

 

オススメのジャケットです。

 

是々非々に。。

 

 

¥55000+TAX

 

 

通販はこちら。

 

 


シュガーケーンからヒッコリーワークシャツが届きました!!

みなさん、こんにちは!

 

イトウです!

 

先日の9月7日に秋冬商品に入れ替えしました!!

 

夏物は終わり、店内は秋冬一色に!!

 

残暑続きで暑いのも続いているのに、

 

見た目も暑苦しいとは思いますが(笑)

 

新商品なども続々と入荷しております!

 

夏物はもうね、なんて方には非常にテンションの上がる、

 

店内となっていますので、

 

ぜひ無くなる前に店頭まで!!

 

というわけでその新商品の中から、

 

おひとつ御紹介!!

 

こちらです!!

 

IMG_1468.jpg

 

SUGARCANE

 

HICKORY STRIPE L/S WORK SHIRT

 

ワークシャツの中でも、

 

シャンブレーシャツ並みに外せないのが、

 

このヒッコリーストライプ!!

 

IMG_1459.jpg

 

BLACK

 

IMG_1460.jpg

 

WHITE

 

今回入荷してきたのはこの2色!!

 

ブラックとホワイトってもう間違いない色!!

 

IMG_1467.jpg

 

ヒッコリーストライプと呼ばれるようになったのは約20’s頃!!

 

この生地を開発したのが皆さんご存知の、

 

101モデル、91Jなどの名作を生み出したH.D.Lee社!!

 

作りあげたこの生地の名前をヒッコリーストライプと名付けました!

 

クルミ科のヒッコリーという木の木肌に似ていることから命名したそうです。

 

afbb-salix-alba-schors-vk600.jpg

 

これがそのヒッコリーという木。

 

これはストライプ感出てる(笑)

 

IMG_1463.jpg

 

ヒッコリーは汚れなども目立ちづらいということで、

 

当時の鉄道関係者などに大好評!!

 

ジャケットはもちろん、

 

シャツ、パンツ、オーバーオールなどの、

 

ワークウェアには欠かせない生地になりました!!

 

それからはご存知の通り、

 

今ではカバンなどにも使われるようにもなっていたり、

 

幅広く知られていますね!

 

そんなヒッコリーストライプなシャツ!

 

手に入れとかないと!!

 

IMG_1465.jpg

 

胸にはペンホール!!

 

IMG_1462.jpg

 

ちょっと分かりづらいですが、

 

主要な縫製はトリプルステッチ!!

 

頑丈です!!

 

IMG_1461.jpg

 

IMG_1464.jpg

 

ポケットはフラップタイプ!!

 

ワークシャツはこのフラップのイメージですよね!!

 

まず間違いないカッコ良さのヒッコリーシャツ!!

 

最後に着画をご覧になってもらいましょう!!

 

IMG_1475.jpg

 

IMG_1470.jpg

 

176cm・80kg Lサイズ着用(ノンウォッシュ)

 

デニムとの相性はもう言うまでもない!!

 

これはかっこいいです!!

 

IMG_1473.jpg

 

IMG_1474.jpg

 

BLACK

 

IMG_1477.jpg

 

IMG_1479.jpg

 

WHITE

 

どちらもいいっすね!!

 

これは買い逃しのないように!!

 

サイズは

 

S M L XL

 

お値段は

 

8900−+TAX

 

となります!!

 

それでは本日はこのへんで!!

 

皆様の御利用御来店をお待ちしています!!

 

通販御利用の方はこちらからどうぞ!!

 

BLACK

 

WHITE

 

 

 


263回目キヨ!!(SUGARCANE L/S SHIRT の話)

こんにちは。

 

またまた、キヨです。

 

今回2連発ブログ。

 

なんてたって、色々入荷しておりますから、、、

 

早速行きます。こちら。

 

IMG_9354.JPG

 

IMG_9355.JPG

 

RED

 

IMG_9353.JPG

 

IMG_9351.JPG

 

BLACK

 

IMG_9359.JPG

 

IMG_9357.JPG

 

NAVY

 

 

SUGARCANE JEAN CORD WORK SHIRT

 

 

豊富な3色展開。

 

 

IMG_9293.JPG

 

今回も、ジャンキーだけの生別注。

 

IMG_9295.JPG

 

RED

 

IMG_9281.JPG

 

BLACK

 

IMG_9290.JPG

 

NAVY

 

細かく入っているストライプ。

 

生地もガシッとしていて、かなり雰囲気あります。

 

その他ディティールを見ていきます。

 

IMG_9284.JPG

 

襟は、ダブルステッチ。

 

IMG_9285.JPG

 

質実剛健、トリプルステッチ。

 

IMG_9286.JPG

 

左右対称のフラップ付きポケット。

 

IMG_9287.JPG

 

耳付きのマチに空環仕上げ。

 

アメカジで言えば、一見シンプルなシャツですが、、

 

シンプルだからこそ使いまわしが効きますし、

 

まだ、持っていなかったって方も意外にいらっしゃるのでわ??

 

着画がこちら。

 

(168cm 68圈SIZE M NONWASH)

 

IMG_9299.JPG

 

IMG_9301.JPG

 

IMG_9303.JPG

 

IMG_9297.JPG

 

肘の生地も2重にして強度を高めたダブルエルボー仕様。

 

RED

 

IMG_9308.JPG

 

IMG_9309.JPG

 

IMG_9310.JPG

 

BLACK

 

IMG_9304.JPG

 

IMG_9306.JPG

 

IMG_9307.JPG

 

NAVY

 

シルエットもクセが無く、かなり着やすいです。

 

そして、お値段

 

 

¥9800+TAX

 

 

かなりお買い得!!!!!!!!!!!

 

SIZE S M L XL

 

通販はこちら☟

 

 

RED

 

 

BLACK

 

 

NAVY

 

 

では、続いてこちら。

 

IMG_9348.JPG

 

IMG_9349.JPG

 

SUGARCANE

 

 

POLKA DOT WORK SHIRT 

 

 

IMG_9268.JPG

 

1930年代に存在した、ポルカドットと呼ばれるプリント生地。

 

IMG_9277.JPG

 

4.5ozのインディゴの生地に抜染プリントが入っています。

 

その他、ディティールを見ていきます。

 

IMG_9274.JPG

 

上品な襟。

 

IMG_9275.JPG

 

チンストラップ付き。

 

IMG_9269.JPG

 

左右非対称のポケット。

 

IMG_9271.JPG

 

ペンポケットも付いています。

 

IMG_9276.JPG

 

マチ付きで、空環仕上げ。

 

着画がこちら。

 

(168cm 68圈SIZE M NONWASH)

 

IMG_9312.JPG

 

IMG_9315.JPG

 

IMG_9316.JPG

 

ウォバッシュストライプ持ってるよって方も、

 

見逃し厳禁。

 

なんてたって、雰囲気が違います。

 

サラッと羽織れるシャツであります。

 

お値段

 

 

¥13800+TAX

 

 

SIZE S M L XL

 

 

通販はこちら

 

 

その他も、秋冬物のシャツが大量に入荷中。

 

 

まさしく、早い物勝ち。

 

 

秋が本格的に始まる前に是非とも!!!!


262回目キヨ!!(INDIANMOTOCYCLE HOMEWARD BOUND L/S TEEの話)

魂弐血我(こんにちは)

 

☝すみません、気合いが入りすぎてました(笑)

 

262回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

まずは、こちらのブログ☟

 

JUNKYCLASSICSからのお知らせ。

 

 

話しを戻しまして、

 

今回私個人的におすすめアイテム。

 

まず、ブランド

 

 

 

「INDIAN MOTOR CYCLE」

 

1897年、George M. Hendeeが

 

Hendee Manufacturing Companyを創立。

 

元は

 

 

自転車の会社だったというのは、想像に易い。。。。。

 

そう。まだバイクってのが無かった時代。

 

そんな中、1901年、元自転車レースのチャンピオンだったHendeeは

 

ガソリンエンジン搭載の自転車を作ったんですけど、

 

これがバイクの原型というか、バイクの誕生なわけなのです。

 

これらの”バイク”は、SILVER KING、SILVER QUEEN、

 

そして、AMERICAN INDIANという名前のモデルを展開。

 

このアメリカン・インディアンという名前のモデルが

 

Hendee Manufacturing Companyの主要商品となり、

 

それが省略されて「INDIAN」(バイク=インディアン)となっていきます。

 

そして1923年に会社名を「Indian Motorcycle」に変更。

 

 

その後は、大戦期には軍に納入したり、いろいろ経て

 

1953年には、事業を終了します。同時に全モデルの生産も中止に・・・・・・・

 

その後もいろいろありながらも、1998年に

 

Indian Motorcycle Company of Americaとして復活。。。。。

 

と、この会社(ブランド)、なかなか歴史も深いので

 

サラッとお話させて頂きましたが、何しろ・・・・・

 

「アメリカンバイクの祖」というべきブランドであります。

 

改めまして、商品の全貌がこちら。

 

IMG_9342.JPG

 

IMG_9346.JPG

 

BLACK

 

IMG_9340.JPG

 

IMG_9339.JPG

 

WHITE

 

INDIANMOTOCYCLE HOMEWARD BOUND L/S TEE

 

 

なぜ私の個人的オススメなのか、、

 

IMG_9250.JPG

 

IMG_9258.JPG

 

まず、バックプリントがメインなのも好き

 

IMG_9254.JPG

 

絶妙なツヤのある油性ラバー。これぞアメリカン。

 

アメリカ製なのも好き。

 

IMG_9251.JPG

 

IMG_9253.JPG

 

そして、このデザイン。インディアンチーフに乗るモンスター。

 

HOMEWARDBOUND 家路を急ぐ。

 

洒落が効いています。

 

そして、このデザインはなんと手書きでデザインされたもので、

 

そのデザインをプリントしています。オリジナルデザイン。

 

通常のプリントではなく、ハイメッシュプリントという手法を使っています。

 

ハンドでデザインした良さが存分に出ています。

 

IMG_9260.JPG

 

袖のリブも短め。

 

IMG_9261.JPG

 

バインダーネック仕様。

 

では、着画がこちら。

 

(180cm 68圈SIZE L )

 

IMG_9321.JPG

 

IMG_9322.JPG

 

IMG_9318.JPG

 

BLACK

 

IMG_9327.JPG

 

IMG_9328.JPG

 

IMG_9324.JPG

 

WHITE

 

お値段

 

 

¥7900+TAX

 

 

SIZE S M L XL

 

 

IMG_9248.JPG

 

 

 

集まれ!!!インディアンモーターサイクルクルー!!

 

 

通販は後日☟

 


BLACK

 

 

WHITE

 

 

 

 

 


JUNKYCLASSICSからのお知らせ

こんにちは。

 

JUNKYCLASSICSからのお知らせです。

 

 

9月7日 (月曜日)

 

 

店内商品入れ替えの為、お休みとさせて頂きます。

 

 

しかしながら、9月6日(日曜日)まで、半袖TEEシャツなんかも、店頭にありますし、

 

ハワイアンスペシャルも御座います。

 

買い逃しのないように。

 

もう、春夏物はなぁ〜って方々、もちろん、

 

新作の秋冬物もガンガン入荷しており、

 

店頭に出ております。

 

早い者勝ちでっせ♡

 

 

つまりは、

 

 

4日(金曜日)、5日(土曜日)、6日(日曜日)は是非、

 

 

JUNKYCLASSICSへ!!!!

 

 

あんなモノやこんなモノが見つかるかも♡

 

 

 


JOKERS Skate Shop S/S Tee 再び。

カヲルです。

 

ここ最近、夏物もお終いという空気も漂うこの時期に

 

ちょいちょいとティーシャツを展開しておりますが。

 

 

「JOKER'S SKATE SHOP TEE」

 

jkrs (4).jpg

 

 

つい先週ぐらいに、ブログでも紹介させて頂きましたが。。。。

 

jkrs (3).jpg

 

バイクのカスタムビルダーとしても有名な「DYNAMITE JOE」のスケートショップ、

 

「JORKER'S SKATE SHOP」

 

以前のブログはこちら。。。。

 

アメリカ西海岸、カリフォルニアのハンティントンにあるという事もあり、

 

どのデザインも西海岸感が良い感じであります。

 

今回紹介の柄は6タイプ。

 

以前からある物も含めての6タイプです。

 

 

(各柄の名前から、通販のページに飛ぶ事が出来ますよ。)

 

 

 

IMG_9100.JPGIMG_9101.JPGIMG_9102.JPGIMG_9103.JPG

 

「NO.1柄」

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9092.JPGIMG_9093.JPGIMG_9094.JPGIMG_9095.JPG

 

「BLACK」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9088.JPGIMG_9089.JPGIMG_9091.JPGIMG_9090.JPG

 

「WHITE×RED」

 

ここからが新色。

 

IMG_9240.JPGIMG_9242.JPG

 

ORANGE

 

 

IMG_9243.JPGIMG_9246.JPG

 

「GRAY」

 

 

IMG_9237.JPGIMG_9239.JPG

 

「YELLOW」

 

あと、このロゴティーシャツもあるんだった。

 

 

IMG_8932.JPGIMG_8931.JPGIMG_8934.JPGIMG_8933.JPG

 

「JORKER'S SHOP LOGO」

 

何気にこのショップロゴで、このカラーリングが

 

最も定番なものであるのは間違いない。

 

 

現在、店頭にあるのは以上の7柄。

 

サイズが欠けているものもあるので、ご了承下さいね。

 

お値段

 

¥5800+TAX

 

是々非々。

 


UNION SUPPLY Palaka Check Western Shirt

カヲルです。

 

秋冬物の入荷が始まりました。

 

気温はまだまだ暑いですが、

 

そろそろ秋冬の支度や、アイテムチェックも始めていきたいところであります。

 

 

というわけで、本日ご紹介するのは

 

こちら。

 

IMG_9207.JPG

 

「UNION SUPPLY」

 

もはや、東洋エンタープライズの看板アイテムのひとつです。

 

もう、こちらも詳しい説明要らずでありますが

 

ハワイアンワークブランドの実名復刻。

 

ワイと言えば、ハワイアンシャツや、南国のリゾートのイメージの方が断然強いと思いますが、

 

ハワイという島の歴史を語る上で、

 

ワークというのは欠かせない要素。

 

そこに注目して、大々的に展開するメーカーが無い中で、

 

大々的に、かつ、研究に研究を重ねているのは、

 

世界広しと言えども、東洋エンタープライズだけだと思います。

 

その研究の質は、もはや考古学的。。。ただただ頭が下がるほど。。。。

 

ともあれ、ハワイアンワークと同じく、ハワイでは有名なのが

 

「パニオロ」と呼ばれる人たち。

 

20160331_1599562.png

 

食肉文化が無かった昔のハワイに目を付けたヨーロッパ人たち。

 

諸外国の船が寄港するハワイでありますが、

 

その乗組員などに肉を提供するビジネスをするため、

 

食肉を根付かせたヨーロッパ人。

 

当時の大王に約束、説明し、肉牛を入れたまでは良かったが、

 

その後、その人たちは来ず。

 

放し飼いになり、増えず過ぎた牛をどうにか製肉しようにも、管理しようにも、

 

ハワイの人々は何もわからない。。。。。

 

で、どうしたかというと

 

カウボーイなどを南米などから招き入れ、管理させ、精肉をまかせた。。。。

 

そして、スペイン語をうまく発音できないハワイの人々は、

 

そのメキシコ人やスペイン人などのカウボーイを呼ぶときに

 

エスパニョール → パニョール → パニオロになったというわけ。。。。

 

(以前に詳しく説明したので、今回はサラっとした説明です。。。。)

 

 

もちろん仕事の時に着るという理由(安全の為)で長袖の物が多いですが、

 

ハワイというのは山間部に行くとなかなかの寒さであります。

 

放牧は、その山間部で行われる事が多く

 

ジージャン(ライニング付く物)や、長袖の物は、防寒の為でもあるのです。

 

 

と、ここで、今回のご紹介のパラカチェックのシャツ。

 

IMG_9197.JPG

 

冒頭でもお話しましたが、

 

パラカと言うと、ワーク系のイメージ。

 

ワークコート、オーバーオール、ワークシャツなどなど。。。。

 

しかし、当時のアメリカっていうのは

 

今のアメリカ、もしくは日本よりも、オーダーメイドで作ってしまう文化が多かったのです。

 

今のように、スーツとかそうゆうもんじゃなく

 

今期、同じく東洋エンタープライズからも発売されるので

 

その時詳しく紹介しますが、

 

ジージャンなんかもオーダーメイドの作ってしまったり。。。。

 

ワークシャツを、ウエスタンシャツにしてくれ・・・・・など、

 

まったく珍しい事ではなく、

 

そしてそのオーダーの入る頻度などを見て、大量生産して

 

ブランドのアイテムとして売っていたり。

 

IMG_9203.JPG

 

今回のシャツも同じような感じで、最初はパニオロたちのオーダーから始まったのかもしれません。

 

作り的(ディティール)にも、特に変わった印象もなく

 

IMG_9200.JPGIMG_9201.JPG

 

ウエスタンシャツらしく、ヨークが付いていたり

 

 

IMG_9198.JPGIMG_9202.JPG

 

フロント、ポケット、袖口など、全てのボタンがスナップボタンだったりするのも

 

ウエスタンシャツの特徴です。

 

しかしながら、年代が古い物でありますから

 

IMG_9206.JPG

 

フロントはトップ部分までスナップボタン。

 

IMG_9205.JPGIMG_9204.JPG

 

後ろからの画像を見るとわかりやすいかもしれませんが、

 

ウエスタンシャツ独特のウエストがシェイプしていたり、

 

(多少シェイプしているけど、60年代以降に見られる激しいシェイプではない。)

 

裾が長かったり、袖が長かったり・・・・・という特徴が無いのも着易く、

 

これも古い年代に多いウエスタンシャツの特徴でもあります。

 

 

現在のハワイでも、パラカチェックと言うと

 

柄の細かさ(大きさ)や、その色などは様々でありますが

 

伝統の模様として根付いています。

 

当時の日系人も言っていたそうですが、

 

日本の浴衣などに見られる格子柄に似ていると言って

 

日系人にも馴染み、思い入れの深い模様になっていたようです。

 

 

というわけで。

 

ワークシャツの印象の方が強いかもしれませんが、

 

パラカのウエスタンシャツもオススメです。

 

是々非々に。

 

 

¥16800+TAX

 

 

SIZE S M L XL

 

 

通販はこちら。

 

 

 


<< | 2/242PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.