WARE HOUSE SWEAT CARDIGAN

カヲルです。

 

ジャンキーに入って、早20年余り。

 

 

上の画像は入って半年ぐらいの写真だったと思います。

 

年も取るわけですが。

 

ここに入った当時、

 

私は浮いていました。

 

(今でも、ちょっと浮いてる感じしますけども。)

 

 

その理由はといいますと。

 

同じ店で働いていると、格好や思想なども似てくる部分があります。

 

なので、あの店ってあんな感じのスタッフや、お客さんだね。

 

ってな事が少なからずあるもんです。

 

その中で、部外者で、ましてや他の服屋で働いていた私が入ってきたもんだから、

 

異物感がハンパなかったのを思い出します。たまに。

 

それは、その時に私が好んで着ていた物など、

 

アメカジにはあってもおかしくない物でありながらも、

 

それを着ている、身に着けているスタッフがいなかったという理由で、

 

あれ??なんか浮いてる??ってなってました。

 

そのアイテムは、オルテガのベストだったり、

 

オーバーオールだったり・・・・なぜか、スタッフのみんなが着てなかったのを覚えています。

 

私は、オーバーオールやオルテガなんかも大好きでよく着ていたのですが、

 

当時のジャンキーの空気感とはちょっと違っていた感じもありました。

 

今でも忘れない、出勤初日がLEEのオーバーオールに、スウェットに、オルテガのベストでした。

 

で、

 

その中で、私が当時から大好きだったアイテムのひとつに、

 

これもありました。

 

 

スウェットのカーディガンというのがありました。

 

そもそも、カーディガンを着るというシチュエーションも、そんな無かった気します。

 

そんな昔から、大好きなアイテム。

 

しかしながら、古着では圧倒的に球数が少ないアイテム。

 

あるけど、程度良くない物も多かった。

 

思うように手に入らなかったのでした。

 

が、こうしてレプリカとはいえ

 

品質の高い物で楽しめるのは、非常にありがたい事なんだと思います。

 

 

素材はコットン100%。

 

生地は、

 

旧式の吊り編み機で編み込まれています。

 

IMG_0014.JPG

 

クラシックスでは、厚い、硬い、などが重宝される傾向にありますが、

 

このスウェットは生地もそんなに分厚くない。

 

しかし、裏起毛もあるので

 

IMG_0010.JPG

 

これまた暖かく、着心地も良し。

 

旧式の吊り編み機独特の、

 

空気をたくさん含むような編み方なので、

 

風合いも良し。

 

 

と、このスウェットカーディガン。

 

1930年代から40年代ぐらいのU.S.NAVYの乗組員が着ていたものをベースにしてあります。

 

今、このカーディガンを着るというと

 

中にはティーシャツやら、長袖のティーシャツやら、シャツやらを着て使うというのが主だと思うんですが、

 

当時は肌着として着られていた事が多かったもの。

 

今回の入荷はダークネイビーと、ダークベージュの2色ですが、

 

実際のオリジナルはダークベージュだったというのも、

 

その理由からなのは想像できますよね。

 

肌着ですもんね。肌に近い色のもんを採用しますよね。

 

 

このスウェットの特徴はいくつもあるのですが。

 

まず、ボタン。

 

IMG_0003.JPG

 

ボタン界のダイヤモンドこと、

 

ナットボタンで御座います。

 

値段も高いのですが、

 

特質すべきはその硬さ。

 

ダイヤモンドに例えられるのは高級さでだけではなく、

 

その硬さでもあるのです。

 

天然の物でもありますからね、

 

使えば、そりゃ良き使用感が出てきます。

 

 

 

あと、これ。

 

IMG_0012.JPG

 

この首の後ろの汗止め。

 

よく見かけるのは、ステッチだけが入っているもの。

 

が、このスウェットは生地も2重。

 

IMG_0011.JPG

 

そしてステッチも3本ステッチ。

 

IMG_0013.JPG

 

この部分に、

 

N-1なんかでもよく見かける、

 

USNのステンシルが入っているビンテージもありますが、

 

今回のは、無しのタイプ。

 

わかる人には、わかるという感じですな。

 

 

あと、個人的に好きなポイント。

 

裾リブの部分。

 

IMG_0008.JPG

 

このいちばん下部に、ボタンが無いのです。

 

IMG_0009.JPG

 

特に何があるから好きだというのはないのですが、

 

スウェットカーディガンや、ニットのカーディガンなどでは、

 

その多くは、付いているボタン。

 

が、ここにボタンが無いという事への理由が、

 

何やら奥深い感じで良いと思います。

 

あとは、この袖の付き方。

 

IMG_0007.JPG

 

これも、40年代や、50年代のスウェットの付き方。

 

60年代以降になってくると、ラグランスリーブも多くなってきます。

 

私、20歳ぐらいの頃、

 

古着屋さんで仕入れをしていたのですが、

 

このセットインスリーブの袖がクズのような古着の中にチラリと見えると、

 

心臓がドキドキしたものです。

 

その時の先入観からか、いまだにセットインスリーブの精密な復刻モデルなんかの袖の付き方を見ると、

 

ちょっと萌える。

 

 

そして、今回の入荷。

 

先にも申し上げた通り、2色。

 

IMG_0015.JPGIMG_0001.JPG

 

上) ダークネイビー

 

下) ダークベージュ

 

フロントのボタンを外して着るも良し。

 

同じくボタンをつけて着るも良し。

 

なんだか、さらっと羽織るのも使い勝手が良いし、

 

とりあえず着ると、形になるのが

 

カーディガン。

 

私的に、非常にオススメであります。

 

 

ダークネイビー。

 

 

 

ダークベージュ。

 

これからの時期、

 

最高のアイテムのひとつで御座います。

 

是非是非。

 

通販はこちら。


FULL COUNT 1211-JC

カヲルです。

 

 

フルカウントには、

 

Lot 1110 というジーンズがあります。

 

ひとことで言うと、細い。

 

細身。

 

ここ最近では、

 

 

こんな感じで穿いてたりします。

 

MAN WITH A MISSION。

 

そして、このジーンズ。

 

ひとことで言い表せないシルエットでもあります。

 

ジーンズというからには、

 

当然、インディゴブルー。

 

 

 

 

がしかし。

 

お題にもあります。

 

今回のご紹介。

 

Lot 1211-JC

 

というジーンズ。

 

 

これ。

 

上の画像でも見えるのですが。

 

その生地。

 

 

ブラックなのです。

 

正直、通常のインディゴのデニムも、

 

最初は黒っぽいし、

 

ブログなどの写真の写りを見ると、

 

黒と言われてもわからないほどでありますが。

 

このモデルは、ブラックジーンズというわけなのであります。

 

 

そして、先にもお話した通りですが。

 

ひとことでは説明できないシルエット。

 

まずは、私が穿いている画像をご覧ください。

 

 

こうして見ると、なにしろ細いのです。

 

 

私はジャストサイズが32ぐらいでありますが、

 

これはウエスト34インチを穿いております。

 

2インチほどアップで穿いています。

 

しかもまだ1回洗いですし、

 

まだまだ馴染んでもいないし、

 

ノリも取れていない状態なので、

 

尻とか、下腹部もボワッと広がっている感じですが、

 

ちょっと面白いシルエットだと思いませんか??

 

 

通常、多いシルエットだと

 

細いシルエットのパンツは、

 

下腹部、尻、そして股上が浅く、ピッタリしたシルエットが多いのですが。

 

このパンツは、下腹部、尻がゆとりがあって、

 

太ももの真ん中らへんから裾にかけて、

 

急激に細くなっているのであります。

 

 

もう一度見てみると、こんな感じです。

 

試着する方は、おそらくびっくりして

 

無理無理!ってなると思いますが、

 

穿いてみるとよくわかる。

 

フルカウントは、

 

こうゆう分野に、すこぶる強いと思います。

 

何しろ、シルエットが良いのです。

 

(穿いてみたらわかる!)

 

 

私の履いているレッドウイングのロガーでも、

 

裾幅ギリギリって感じです。

 

しかしながら、スニーカーなんかで合わせても

 

非常に良きシルエットだと思います。

 

細身のシルエットのを穿きたいけども、

 

腰回りとかもキツイし、股上も浅過ぎて

 

ちょっと・・・・・って思っていた人、

 

居ませんか??

 

実は私はずーっとそうだったんです。

 

今まで、何度かけっこう細いモデルに挑戦してきたけども、

 

ことごとくダメでした。

 

が、私もこれは穿けるし、

 

調子も良い。

 

フルカウント穿いてる人なら、こう言ったら わかりやすいかも。

 

「股上は0105、太もも真ん中から下は1109」

 

って感じでしょうか。

 

そして何よりうれしいのは、

 

このシルエットであっても、

 

ロープ染色って事です。

 

そう。

 

穿き込むことで、縦落ちしてきます。

 

作り的には、そこはやはりフルカウント。

 

良い。

 

 

ブラックという事で、

 

ステッチもオールブラックです。

 

そして、

 

 

セルビッチデニム。

 

そして最後に。

 

品番 1211ーJC のJC。

 

まごうことなき JUNKY CLASSICSの別注です。

 

通常、このブラックのジーンズは、加工とワンウォッシュのモデルだけしか発売していないもの。

 

そこを未洗いのモデルを別注したわけです。

 

未洗いなので、当然 最初洗った後などに足を通すときは

 

ちょっとミスったかー???これ!!!ってなりましたが、

 

穿いてしまえば、なんてことない、

 

ほっそいジーンズ。(あくまでも、ひとことでは言えないけども。)

 

皆様、ジーンズ何本か、

 

もしくは何本も持っていると思います。

 

その中には、確実に無いシルエットだと思います。

 

ので、

 

こりゃほんとオススメ。

 

こうゆうアイテム、どうせ買うなら良いものを1本持っておくのが良いかと思いますよ!

 

オススメです。

 

未洗いのモデルは、クラシックスでしか買えませんぜ。うへへ。

 

 

通販はこちら。

 

 


大人気のブラウンズビーチベストからデッドストックなヤツ!!

みなさん、こんにちは!イトウです!

 

前回ブログにてご紹介させて頂いた、

 

ブラウンズビーチのベストがとっても好評!!

 

あまりにも売れるもんですから、

 

またメーカーさんから欠けてるサイズを追加入荷しました!

 

なんで今ならまたある程度サイズが揃ってる状態です!!

 

ぜひとも無くなる前に!!

 

さて、

 

このベストはホントに使いやすいので、

 

あればあるほどいいなぁなんてことを思っていたわけですが、

 

ダメ元で確認したら、

 

ありました!!

 

まさかの奇跡的な別カラーモデル!!

 

以前にリリースしていたモデルで、

 

本来なら、

 

回してもらえなかったヤツ!!

 

IMG_9903.JPG

 

Brown's Beach

 

EARLY VEST by FULLCOUNT

 

見てください!!

 

このカラー!!

 

色も豊富です!!

 

IMG_9916.JPG

 

GRAY

 

IMG_9918.JPG

 

BEIGE

 

IMG_9930.JPG

 

GREEN

 

計3色!!

 

どの色もカッコイイでしょー!!

 

IMG_9931.JPG

 

グリーンは実在したヴィンテージを元に完全再現!!

 

色合い、生地、織りなどなど!!

 

こだわり尽くした1品となっております!!

 

IMG_9922.JPG

 

ベージュは出来上がるまでにちょっと面白い経緯がありまして、

 

本来作るオックスフォードカラーの織りを逆転したら出来ちゃったカラー!!

 

使う色の対比を真逆にしたら偶然にも、

 

このカラーが出来上がったそうで、

 

これが思いの外、メッチャいいカラーで仕上がったので、

 

この色で当時リリースしました!!

 

やってみた結果いい物が出来上がっちゃうってのは、

 

どんなことでもありえる話ですよね (笑)

 

IMG_9914.JPG

 

そして最後はグレー!!

 

実在したカラーとは言えないのですが、

 

この中では1番実際にありそうですよね (笑)

 

だってグレーだよ?っていう。

 

汚れ目立ちずらいし、

 

存在していたら、

 

ワーカー達から絶対に受けはよかったはずです。

 

まだ見つかってないっていう可能性もありますけどね!

 

IMG_9925.JPG

 

IMG_9926.JPG

 

当然の如く、

 

ボタンはニップルドット社のスナップ!!

 

IMG_9915.JPG

 

ウールコットンの配合も、

 

「ビーチクロス」と呼ばれることとなる、

 

7:3の割合でしっかりと織り上げています!!

 

正確には74/26です!!

 

IMG_9911.JPG

 

各カラーどれも良い!!

 

この適度な肉厚感と、

 

目の詰まった生地感はホントにたまりませんよ!!

 

フルカウントだからこそできる完成度の高い復刻です!!

 

IMG_9962.JPG

 

※168cm、サイズ40着用

 

さあ、着てもらいました!!

 

まずはグリーン!!

 

IMG_9963.JPG

 

このグリーンカラーの復刻は待ちに待ったカラーでした!!

 

やっぱカッコイイっす!!

 

ぜひとも持っておきたいカラーです!!

 

IMG_9964.JPG

 

※168cm、サイズ40着用

 

IMG_9966.JPG

 

そしてベージュ!!

 

クリームっぽいカラーですが、

 

白との相性もいい!!

 

これは使える!!

 

IMG_9968.JPG

 

※168cm、サイズ40着用

 

IMG_9967.JPG

 

最後はグレー!!

 

もうこれは言う事ないくらいに使えるカラーですね!!

 

どんな色の服とも合ってくれる万能カラーのベストです!!

 

IMG_9906.JPG

 

どのカラーをゲットするかは、

 

あなたのお好みで!!

 

僕なんかはどれでも良いってのが正直な意見ですが (笑)

 

各カラーでサイズがバラバラなので、

 

今あるサイズ展開を知りたい方、

 

直接ご購入希望の方はこちらから!!

 

GRAY

 

GREEN

 

BEIGE

 

お値段は前回のモデルと同じく、

 

¥35000−+TAX

 

となります!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 

 

 

 

 


別注!!INDIAN MOTORCYCLE!!ロングスリーブT!!まさにシンプルイズベスト!!

まいど!!

 

IMG_3041.jpg

イワサワです。

 

元町プールも終わり、いよいよ夏が終わったことに実感が湧いてきました。

 

夏男としては少し寂しい感じ…

 

とは言っても、

 

やっぱり服は秋冬がおもしろいっっ!!

 

みなさまもそう感じていると思います(*´з`)

 

すでにスカジャン、フライトジャケットと言った

 

大物が次々と旅立っていますが、

 

ここで少し軽めのジャブでもかましてみます!

 

 

IMG_3022.jpg

INDIAN MOTORCYCLE!!

 

もはや説明はいらないかと…

 

アメカジ野郎なら大好物のバイカー物。

 

そのINDIANからロングスリーブTシャツがやってきました!!

 

IMG_3016.jpg

ブラック×ホワイト

 

IMG_3014.jpg

レッド×ホワイト

 

IMG_3015.jpg

ホワイト×ブラック

 

お馴染みのINDIANロゴ。

 

なんてことないフロントのみのプリントですが、

 

実は今期、このモデル、

 

リリースされていないのです!!

 

シンプルなこのロゴTがメーカーから出ないのであれば、

 

ぜひうちでやらせてもらおうっ!!

 

てな感じで作ってもらっちゃたのがコチラなわけです。

 

IMG_3020.jpg

INDIANのこのロゴTってめっちゃカッコよくないですか!?

 

IMG_3017.jpg

IMG_3019.jpg

IMG_3018.jpg

リアルアメカジ世代だったボクは

 

こんな感じの企業ロゴがシンプルに入っているだけのモノに

 

めちゃくちゃ惹かれます。

 

IMG_3024.jpg

もう何枚か持っている方もいるかもしれません。

 

お馴染みの織りネームに下札!

 

IMG_3025.jpg

そして別注の証

 

JK品番!!(もちろんJUNKYのJKね!)

 

このJK品番も浸透してきている!と、信じたい。爆

 

IMG_3026.jpg

MADE IN U.S.A.!!

 

これ、なによりウレシイところ。

 

もっと主張してもいいのに〜と思うのはボクだけじゃないはず!!

 

あとはいたってシンプルな着画でイメージを膨らませてください!

 

IMG_3034.jpg

180cm、75kgでsize Lを着用。

 

IMG_3036.jpg

IMG_3037.jpg

トラッカーキャップとの相性も良し。

 

IMG_3040.jpg

IMG_3042.jpg

そしてジーンズはもちろんですが、チノパンとの合わせも良し。

 

IMG_3044.jpg

ザ・アメカジ!

 

と言った感じのこのロンT。

 

この秋活躍すること間違いなし!!

 

一色と言わず、コンプリートを目指すのもアリアリでしょ!?

 

 

IMG_2995.jpg

INDIAN MOTORCYCLE

L/S Tee

JUNKY CLASSICS LIMITED Ver.

 

¥6900 +TAX

 

通販はページはこちらから。

 

 

IMG_3021.jpg

こんなアメカジが好きだ。

 

 

 


JUNKY CLASSICS ORIGINAL HENLEY NECK L/S TEE。

カヲルです。

 

秋物です。

 

オリジナルです。

 

実は以前も、少しだけバージョン違いで出ていたのですが。

 

クラシックス・・・・というよりは、

 

(元町きた人ならわかる、)某薬局の上にあったJUNKY店のオリジナル。

 

懐かしいー!!って思うあなた。

 

ありがとうございます!

 

それですよ!

 

 

 

なんだ?それ・・・・って思うあなた。

 

これですよ!

 

IMG_9884.JPG

 

まごうことなき、オリジナルのタグで御座います。

 

そして、今回。

 

当時のモデルの復刻。

 

セルフカバー的な。

 

 

 

 

 

ヘンリーネックティーシャツ。長袖。

 

で御座います。

 

 

オリジナルTシャツの中でも、

 

割と少ない長袖仕様。

 

 

 

そして、ここはやはり譲れない、

 

まごうことなき アメリカ綿使用。

 

 

生地感、使用感がたまらん。

 

着た感じも心地よい。

 

というか、気持ちいい。

 

ぎぼぢー。

 

 

そして、このティーシャツ。

 

いくつもポイントがあるのですが。

 

抜粋いたしまして。

 

まずはここ。

 

IMG_9888.JPG

 

段リブ。

 

&、このグレーのリブだとわかりずらいので、

 

白で見てみると。

 

IMG_9889.JPG

 

リブの先端部分にも3本のラインが見えますね。

 

この針抜き仕様。

 

 

そして、やはりボタン。

 

ヘンリーネックですもんね。

 

IMG_9887.JPG

 

ネコ目。

 

この猫目ボタンというのも、

 

なんだかんだ、ヘンリーネックティーシャツの顔でもあります。

 

胸元に見えますからね。

 

&、

 

IMG_9886.JPG

 

このボタン横のテープも雰囲気良し。

 

IMG_9885.JPG

 

首元のバインダーネック部分は、

 

ボディーと同じ生地。

 

リブではないのも雰囲気良い。

 

IMG_9890.JPG

 

あと、これも。

 

首の後ろ。

 

汗止め。

 

この雰囲気も良し。

 

 

何気ない長袖のティーシャツですよ。

 

無地だし。

 

ただ、クラシックスのオリジナルです。

 

そこは、質実剛健を体現しているティーシャツに仕上がっております。

 

先もお話しましたが、

 

某薬屋の2階の当時のモデル。

 

見たことないなー!って方は多いはず。

 

ということで。

 

着画。

 

 

シルエットは、まあ普通。

 

細身といえば細身なのでしょう。

 

クセのない、良きシルエットで御座います。

 

¥7800+TAX。

 

良きティーシャツ。

 

長く着れるティーシャツ。

 

で、御座います。

 

秋にはそのまま、またはベストなんかに合わせても良し、

 

上にシャツを羽織っても良し。

 

冬にはインナーとしても良し。

 

本当に良きティーシャツで御座います。

 

是非。

 

通販ページはこちら。

 

 


11回目清武弘光!!

 

こんにちは!

 

11回目ブログ書かせて頂きます、清武です!!

 

すみません、2桁目の回数になったとたん、数え間違えてしまいました!!(笑)

 

今回が11回目です!!

 

気温もグッと下がり、秋が近付いてきました!!

 

ぼくの、プライベートの話しなんですが

 

この前、浅草の演芸ホールに落語、漫才を見に行きました!!

 

「白酒 落語家」の画像検索結果

 

桃月庵 白酒さん (とうげつあん はくしゅ)

 

「林家正蔵」の画像検索結果

 

林家正蔵さん (はやしやしょうぞう)

 

この、おふたりの落語が個人的にすごく好きでした!! 

 

高校生の頃、体育館に落語家の方が来て、話をしてくれるというイベントがあり

 

めちゃくちゃ面白かったので興味もあり、またみたいなーと思っていたのでプライベートで行きました!!(笑)

 

みなさんも、是非浅草に食べ歩きがてらいってみてください!!

 

時間も指定されていないので、いつ入場してもいつ退場しても構いませんので!!

 

ではでは、今回紹介する商品はこちら!!

 

IMG_9825.JPG

 

IMG_9827.JPG

 

BUZURICKSON'S JACKET FLYING SUMMER TYPE A-2 

 

フライトジャケットの中でも、好きな方が多いA-2!!

 

1931年5月9日に正式に採用されました!!こちら夏期用のフライトジャケット!!

 

30度から10度の空域で主に使われていました!!いわば、ライトゾーンと言われている空域!!

 

ちなみに1944年に、A2は革が高価で、大量生産向きでないとなり、生産中止になります!!

 

A-2の多くは馬革(ホースハイド)で作られています!!一部にはステアハイド(牛革)、ゴートスキン(羊革)

 

を使ったA-2があるそうです!!

 

今回のA-2はホースハイド!!光沢感強く高級感があり適度にハリもあります!!

 

では、ディティールを見てみましょう!!

 

IMG_9833.JPG

 

IMG_9834.JPG

 

40年代良く見られる、TALONジッパーの形です!!

 

IMG_9828.JPG

 

ん???

 

IMG_9831.JPG

 

そうなんです、知っている方も多いと思いますが、元々はアメリカ陸軍航空隊だったのでARMY AIR FORCE なのです!!

 

そして、アメリカ陸軍とアメリカ空軍に分けられるんですが元々は一緒だったのです!!

 

カッコイイスタンプです!!

 

IMG_9835.JPG

 

ここにも、ここにも、、、、

 

IMG_9839.JPG

 

ん????

 

IMG_9836.JPG

 

アメリカ空軍??

 

IMG_9838.JPG

 

いや、アメリカ陸軍航空隊です!!(笑) すみません、焦らして(笑)

 

IMG_9829.JPG

 

ミルスペックです!!米国防省の厳格な軍仕様書!!

 

軍は民間の提携会社に基本仕様書(フライトジャケットをこうやって作ってくださいといった仕様書)を渡し、できた物をチェックし合格だった場合

 

ミルスペックのラベルを貼るみたいです!!

 

製造会社はROUGH WEAR CLOTHING CO!!ラフウェア社!! 

 

A-2と言えばと言われる程かなり有名なところ!!

 

僕自身も、VINTAGEのA-2でラフウェア社の物を見たことあります!!実名復刻してくれているんです!!

 

ありがたや〜ーーーーー!!かっこいいです!!

 

下のラベルのPROPERTY AIRFORCE USARMYは、

 

1942年途中から義務付けされたためついています!!

 

通称2段ラベル!! アメリカ陸軍航空隊の所有物です!!といった意味です!!

 

IMG_9848.JPG

 

2段リブ!!ブラウン色味がいいです!!かっこいい〜

 

IMG_9842.JPG

 

IMG_9843.JPG

 

ポケットはスナップボタンのフラップ付き!!

 

大きいので何でも割と入っちゃう!!

 

フラップ付きの理由はポケットに手を突っ込ませないようにと言った意味もあるみたいです!!

 

IMG_9840.JPG

 

脇下の穴!!ベンチレーション!!通気性を高める役割です!!

 

IMG_9844.JPG

 

IMG_9845.JPG

 

台襟付き!!好きな方多いですよね!!

 

ラフウェア社はずっと台襟付きでずっとやっていたようです!!

 

ボタンダウン付きのシャツの名残りからきてるみたいです!!

 

首元のフック止めもついています!!

 

ディティールも含めなんといってもこの色!!

 

シールブラウン!!アニリン染料でしあげています!!合成染料で職人の手によって刷り込まれており、

 

いいムラ感があり、アジが出やすい仕上げになっています!!手がこんでいます!!

 

「A-2 スティー...」の画像検索結果

A-2と言ったらスティーブマックイーン!!

 

スウエットに軍チノにA-2!!テッパンスタイル!!

 

僕はちょっと別の格好をしてみました!!

 

IMG_9855.JPG

 

IMG_9856.JPG

 

WATCH CAPにA-2!!合います!!!!

 

IMG_9860.JPG

 

IMG_9864.JPG

 

IMG_9866.JPG

 

A-2にハット!!上手くバランスとれます!!

 

A-2自体かなり幅広く着れると思います!!

 

なんとお値段!!

 

 

¥138000+TAX

 

かなりお買い得!!

 

BUZURICKSON’Sだからこそできること!!

 

 

 

通販はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


シュガーケーンライトから当店別注モデル!!

みなさん、こんにちは!イトウです!

 

ようやく過ごしやすく、

 

汗をかきずらい季節になって参りました!!

 

秋物が着たくなる季節!

 

テンションが上がります!!

 

やっぱ秋冬大好きな自分としてはこの季節になると、

 

ブーツ履ける、ジャケット着れる、ジージャン着れる季節なので、

 

自然と気分も上がってきます!!

 

そんな気分上々なところに突然の入荷!!

 

IMG_9743.JPG

 

こりは...!!

 

IMG_9749.JPG

 

このボーダーは...!!

 

ましゃか...!!

 

IMG_9762.JPG

 

SUGARCANE LIGHT×JUNKY CLASSICS

 

BORDER L/S T-SHIRT

 

というわけできたんどす!!

 

当店別注仕様のボーダーロンティー!!

 

IMG_9745.JPG

 

いい肉感のあるボディ!!

 

ギッシギシです!!

 

まるでセント〇ェームスを彷彿とさせる!!

 

IMG_9759.JPG

 

BLACK×WHITE

 

IMG_9758.JPG

 

RED×NAVY

 

IMG_9756.JPG

 

GRAY×WHITE

 

IMG_9757.JPG

 

BLUE×NAVY

 

計4色!!

 

全部良い色!!

 

首元はボートネック仕様になっていて、

 

とっても好きな形!!

 

個人的にもこのボートネックのタイプはすごく好きで、

 

元はフランス海軍が使用していたモデルなんですよね!!

 

フランスは軍までオシャンティーです。

 

IMG_9755.JPG

 

裾にはスリット!!

 

チラッとブランド名も付いております!!

 

IMG_9753.JPG

 

IMG_9751.JPG

 

IMG_9752.JPG

 

IMG_9750.JPG

 

どれも良すぎて全部欲しい。

 

まずは2色確保したワタクシですが、

 

これは全色制覇してしまいそうな勢いであります。

 

IMG_9767.JPG

 

IMG_9773.JPG

 

IMG_9780.JPG

 

IMG_9763.JPG

 

※176cm、Mサイズ着用(ノンウォッシュ)

 

そうそう!!

 

書き忘れましたが、

 

当店のはもちろんノンウォッシュ!!

 

そしてJK品番!!

 

別注ですから当然ですね!!

 

そこは外せません!!

 

IMG_9784.JPG

 

IMG_9771.JPG

 

IMG_9775.JPG

 

IMG_9766.JPG

 

洗うとそれなりに縮みは出ますが、

 

作り自体は少し大きい作りになっています!!

 

元々のコンセプトが、

 

シャツの上からでも羽織れるという作りになっているので、

 

形自体はゆったりです!!

 

これがまた羽織りやすいのです!!

 

IMG_9774.JPG

 

エルム街の悪夢を彷彿とさせるレッド!!

 

IMG_9783.JPG

 

意外にも見たことのない配色のブルー!!

 

IMG_9765.JPG

 

これまたありそうでない好配色のグレー!!

 

IMG_9770.JPG

 

そしてド定番だからこそ逃したくないブラック!!

 

全てに良い要素がたっぷりと詰まった一着となっております!!

 

1色と言わず2色、3色、なんなら全色いっちゃってください!!

 

IMG_9761.JPG

 

サイズは

 

S、M、L、XL

 

お値段は

 

¥9800−+TAX

 

となります!!

 

クラシックスだけのオリジナルモデル!!

 

狙ってください!!

 

通販はこちらから!!

 

BLACK

 

GRAY

 

RED

 

BLUE

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 

 


港商・スカシャツL/S

カヲルです。

 

さて。

 

新作です。

 

お題目にも御座います通りですが。

 

まずは、以前、

 

こんな事もあろうと予想して書きましたブログ。

 

スカジャンというもの。

 

是非、お読みいただけると

 

今回の御紹介のアイテムの良さが、

 

よりおわかりになる事、間違いなし。

 

是非とも、合わせてご覧くださいませ。

 

 

というわけでして。

 

本日ご紹介のアイテムです。

 

IMG_9728.JPG

 

港商ネームで御座います。

 

こちらも以前のブログでお話しました通り、

 

現・東洋エンタープライズの前身である、

 

港商商会であります。

 

戦後間もない時代。

 

物資などがまだ十分に調達できない時代の物で御座います。

 

そうそう。

 

スカジャンの港商モデルにもついている、

 

IMG_9716.JPG

 

このタグ。

 

サイズタグですが。

 

IMG_9715.JPG

 

カタログにもあります通り。

 

ここも当時の復刻で御座います。

 

まあ、サイズの表記は当時はアルファベッド表記でありますが。

 

これは、主に米軍兵士のお土産として売れる事が多かった為、

 

表記がアルファベッドなのは、ごく自然な事だったのかもしれませんね。

 

けど、今の港商モデルの漢字表記も、非常に良きものと思います。

 

 

IMG_9688.JPGIMG_9687.JPG

 

ブラック。

 

 

IMG_9684.JPGIMG_9686.JPG

 

ネイビー。

 

の2色で御座います。

 

本ブログは、外が荒天の為・・・・

 

着画がありませんので、

 

それは後日また別の形(たぶん、インスタとかフェイスブック)でUPします。

 

(いらないとか言わないでね。)

 

 

先にお話ししました通りですが。

 

港商のモデルのオリジナルというのは、

 

戦後、1950年代の初頭に、

 

主に米軍の兵士に向けて作られていた物なのですが、

 

スカジャンにも、今回のスカシャツにも共通する事ではあるのですが、

 

当時、物資がない。

 

和風、すなわち着物の生地などで、

 

オリエンタルな雰囲気が外国で人気はあれども、

 

着物に使えるような高級な素材がまだまだ手に入りずらい時期です。

 

それに似せて作られていたのが、

 

アセテート生地。

 

言わずもがな、スカジャンや、今回紹介のスカシャツに使われていた生地です。

 

IMG_9727.JPG

 

質感は、レーヨンをもっともっと重くしたような感じです。

 

でろーん、でろーんとした感じ。

 

その生地の厚みもあり、

 

刺繍が負けない感じといいますかね。

 

刺繍向きではあると思います。

 

ハワイアンがレーヨンやシルクにプリントしている物に対して、

 

スカシャツは、スカジャンの生地に刺繍をしたシャツ・・・・という事。

 

それはすなわち、

 

「スカジャンのシャツバージョン」

 

という事であります。

 

当然、シャツといいますと

 

使用可能期間が、ジャケットよりは長い。

 

という事は、スカジャンよりも

 

着れる期間が長いスカジャン。

 

という事になりますよね。

 

そうすると、ちょっと着易くなるのではないかと思います。

 

スカジャンは着るけども、スカシャツは着ないなー・・・・って声もありますもんで。

 

そこは声を大にして言いましたぜ。

 

 

というわけで。

 

詳細。

 

IMG_9719.JPG

 

冒頭の画像でご覧になりました通りですが、

 

ブラック×シルバー(ホワイト?)、

 

ネイビー×イエローという2色切り替えになっておるのです。

 

この辺の2色使いというのが、

 

ほかの50年代アイテムで思い浮かびませんか???

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・

 

そう。

 

それです。

 

ボーリングシャツ。(など。50年代って、他アイテムでも、2色使いの物が多かった。流行ってやつです。)

 

IMG_9720.JPG

 

IMG_9731.JPG

 

IMG_9737.JPGIMG_9729.JPG

 

こんな感じで、ポケット(フラップ)も2色。

 

これまた、長方形のフラップってところも50年代感でしょ。

 

IMG_9721.JPG

IMG_9730.JPG

そしてさらに、このボタン。

 

このボタンは、シャツのそれぞれ白い部分、黄色い部分に

 

色が合わせてあります。

 

ブラックには白のボタン、

 

ネイビーには黄のボタン。

 

んで、細かいラメの入っているボタンです。

 

この辺も、やはり50年代の流行を感じさせてくれます。

 

スカジャンが元々の形のモデルにしたのは、

ベースボールジャンパー。

 

それに対して、スカシャツというのは

 

主に50年代付近で流行していた

 

ギャバジンシャツや、レーヨンシャツ、ボーリングシャツなどの

 

街着のシャツであります。

 

 

IMG_9688.JPGIMG_9684.JPG

 

そして刺繍。

 

スカシャツの一番重要なポイントであると思います。

 

各色、フロントを見てみると。

 

3か所に刺繍があるのがわかりますね。

 

まずは、

 

IMG_9733.JPGIMG_9717.JPG

 

円を描く龍。

 

刺繍の色も、ボディーの色によって違いますね。

 

そして、袖。

 

IMG_9722.JPG

IMG_9732.JPG

 

こちらも、胸同様に

 

ボディーの色によって違います。刺繍。

 

そして、袖口。

 

これがまた小さなポイントでありながらも、

 

個人的に存在感が非常に大きいポイントと思います。

 

IMG_9723.JPG

 

IMG_9738.JPG

 

ちらっと見えるその龍。

 

で、

 

袖口部分を広げてみると

 

IMG_9724.JPG

 

IMG_9740.JPG

 

こんな感じです。

 

ドラゴン横向き。

 

袖口にも刺繍を入れるというところが、

 

オシャレといいますかね。

 

その心意気がね。

 

 

そして、もったいぶりました。

 

一番大きな刺繍。

 

そう。

 

背中。

 

IMG_9687.JPGIMG_9686.JPG

 

スカジャンなんかでも、

 

龍といえば、虎、鷹が刺繍されている場合が多い中。

 

見ての通り、すべてが龍で御座います。

 

IMG_9736.JPG

 

IMG_9735.JPG

 

IMG_9725.JPGIMG_9726.JPG

 

お気づきかと思うのですが、

 

雲の色が、各色、非常に面白いと言いますか。

 

この各色のシャツに華を添えているポイントなのだと思います。(個人的感想。)

 

IMG_9727.JPGIMG_9734.JPG

 

あと、同じく背中のJAPANの文字。

 

ハワイアンシャツには絶対にない

 

JAPANの文字。

 

これがスカジャンの系譜という証拠であると思います。

 

着画は後日UPする(かもしんない。)として。。。。

 

見た目の強烈なインパクトとは裏腹に、

 

シッカリとした歴史もあり、本家が作っているというのもあり、

 

実名復刻というのもあり・・・・・

 

 

何しろ、ありあり尽くしの

 

最高のシャツの到来ですよ。

 

¥32000+TAX

 

キメキメで着るも良し。

 

ジーンズとか、チノパン、はたまたオーバーオールなんかに

 

さらっと羽織るも良し。

 

ジャンキークラシックス、この冬のイチオシのシャツで御座います。

 

是非。

 

通販ページはこちらから。

 

他、秋冬物が多数UPされてるので、

 

そちらも併せてご覧くだされ。

 

 

 

 

 


<< | 2/172PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.