BUZZ RICKSON'S B-15C,D

カヲルです。

 

先日、MA−1の記事をUPしましたが。

 

これ。

 

そして、同じくして

 

予告していた通りに。

 

「B−15C」「B−15D」

 

の記事をお送りしたいと思います。

 

 

前回のMA−1のブログでもお話しましたが、

 

MA−1へ繋がるモデルが

 

B−15シリーズです。

 

B−15

 

B−15A

 

B−15B

 

 

そしてこのブログで紹介の

 

B−15C(2色)

 

 

 

 

B−15D

 

 

 

この5つのモデル。

 

そして、

 

今回B−15Cでお話するMOD(モデファイド)のモデル、

 

 

 

 

主にこのB−15AからDまでのモデルで

 

MODが多いのですが、

 

これには大きな理由があるのです。

 

 

第二次大戦後になると、

 

それまでのプロペラの航空機ではなく、

 

ジェットエンジンを搭載した航空機が登場します。

 

それまでの簡素なヘッドギアでなく、

 

ジェット機の強烈な振動やGなどから頭部を守る為のヘルメットが導入されます。

 

 

画像を拝借してきましたが。

 

見る人が見たらわかる。

 

映画TOPGUNの冒頭シーン。

 

クーガー。個人的にこの人好き。

 

このクーガーが被ってるメット。ジェッペルってやつです。

 

こんなの被ってたら、

 

首のボアが邪魔になりますよね。

 

というわけで、

 

このMOD(モデファイド=修正、変更、改造)

 

のモデルになるわけです。

 

元は全てのモデルに襟ボアが付いていたわけなので、

 

その全てのモデルへの修正、変更、改造が行われたわけなのです。

 

 

ゆえに、このように

 

元々あったミルスペックの上から、

 

MODのタグが付けられているわけなのです。

 

 

前回お話したのですが、

 

B−15のシリーズがひとつずつ改修されたのではなく、

 

1950年代の最初の時点で使われていたB−15のシリーズを一気に改修したので、

 

この当時B−15A〜Dが、同時期に使われていたという事になります。

 

 

 

というわけで。

 

今回紹介のB−15C、2色。

 

 

この当時は

 

USAAF(アメリカ陸軍航空隊)

 

と、

 

USAF(アメリカ空軍)

 

というものの間でせめぎ合う?時期です。

 

航空機が主軸になったのは、意外にも第二次大戦。

 

空軍というよりも、陸軍の航空部門みたいな感じだったので、

 

ジャケット本体の色は陸軍のカラーであるオリーブなわけなのです。

 

 

 

しかし、その後は

 

空軍というのが確立したので、

 

空軍のイメージカラーでもある「エアフォースブルー(ネイビーじゃん。)」

 

というように変革を遂げるわけなのです。

 

 

 

なので、B−15Cの、

 

まさにこの時期というのは、こんな感じで

 

2色の同じ型が存在するわけなのです。

 

細かいパーツも、

 

例えば

 

 

このボックスタブも、

 

オリーブの物はレザー。

 

そこからエアフォースブルーになると、

 

 

ナイロン素材に変更になっていたり、

 

 

 

このフロントジッパーの引手の部分も

 

ブラウンのレザーから、

 

 

 

このブラックのレザーに変更になります。

 

 

このストームフラップの形状などは

 

 

 

変わらずで、

 

この後、MA−1の初期型タイプまでは

 

角ばったストームフラップ。

 

MA−1初期型の時に

 

ジッパーが閉めずらい・・・とか、

 

酸素マスクの隙間から漏れた空気の水分が

 

この部分に付き、凍って、

 

パイロットの首の部分を傷つけた・・・・・

 

などなどのお話があり、

 

後にこの部分の角ばりが無くなり、ラウンドした形状になるのですが

 

今はネタ無くなるので、話さないでおきますが。

 

そして、MA−1のブログの時に少し触れましたが。

 

 

 

 

朝鮮戦争時に、

 

アメリカ軍を慰問に訪れたマリリンモンローが着ていた事でも有名なのが、

 

このB−15C(エアフォースブルー)でもあります。

 

このタイプはまだモデファイドされていないモデルになりますね。

 

ボアが付いてます。

 

 

 

その後は、B−15Cから

 

B−15Dへと変更。

 

と同時に、

 

新たな定色のセージグリーンに変更。

 

 

 

空軍の誇りとも言えるエアフォースブルーは

 

視認性の問題やら、

 

日光(紫外線)を吸収しやすいやら、

 

色々な理由から、仕方なく変更。

 

 

 

 

このB−15Dのあった時期というのが、

 

アメリカ空軍(航空隊も含む)が誕生してから、

 

最後の襟ボア付きフライトジャケットになるのです。

 

(このB−15Dが好きだという人が居る理由のひとつでもあります。)

 

大きな変更点は

 

その色と、

 

ボアの色。

 

B−15Cの、ブラウンのボアとエアフォースブルーのボアから

 

セージグリーンに合わせたグリーンのボアに変更。

 

 

B−15Dになると、

 

そのディティールのほとんどが

 

MA−1のそれとほぼ同じ。

 

B−15DのMODなんかは、

 

見た目、完璧にMA−1です。

 

B−15Dの説明だけはサラっとした感じでしたが、

 

B−15C、Dというのは

 

個人的には、やはり同じ括りとして見てしまう感じもあります。

 

実際には珍しさなども違うのですが。

 

ただ、それだけに、

 

B−15Cに比べると、

 

BUZZからも発売されるのが本当に稀なので、

 

発売された年には予約や、店頭での在庫も

 

割とすぐに完売してしまうモデルでもあります。

 

現在、クラシックスにはサイズ38が1枚だけありますが、

 

このブログ更新後には、どうなってしまう事やら・・・・

 

兎に角、お早めに!

 

 

 

 

ってな感じ。

 

変な人気に、逆の意味で後押しされてしまって

 

着たいけど、なんか着れない・・・などという声もあるので、

 

そこは、アメカジの王道。

 

自信を持って、良きフライトジャケットを着ましょうぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ募集中。

 

詳しくは上のバナーをクリック!

 

 

 

 


PENDLETON×Disney!!限定ブランケット!!

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

本日ご紹介する商品は全世界で愛されている、

 

あのキャラクターとの超限定コラボアイテムです!!

 

IMG_5967.JPG

 

まさかまさかの!!

 

IMG_5968.JPG

 

ミッキーマウス!!!

 

超人気キャラクターですね!!

 

夢の世界に行って、たくさん癒された記憶があります!

 

正直ディズニーに興味ないような人でもミッキーのことはわかるくらいに、

 

ホントに超有名ですよね!!

 

そんな世界レベルのキャラクターと夢のコラボを実現したのが、

 

これまた世界レベルのペンドルトン!!

 

実にスバラシイアイテムの誕生となったわけですね!

 

 

2018年にミッキー生誕90周年を迎えるということで今回のコラボが、実現しました!

 

じゃあどんなアイテムを作ったのかというと...

 

IMG_5974.JPG

 

ブランケット!!です!!

 

IMG_5973.JPG

 

中央にはオールドミッキー!!

 

1928年に誕生したミッキーの当時のデザインはこのような感じでした!

 

生誕記念ということなので当時のミッキーのデザインにしています!!

 

そしてペンドルトンらしいネイティブ柄を全体にデザインしています!!

 

IMG_5972.JPG

 

派手な色合いにならないように、色味はモノトーンでまとめています!!

 

昔のテレビではまだ白黒の放送でしたから、

 

より当時のミッキーの雰囲気が出てると思います!!

 

IMG_5976.JPG

 

なにしろデカイ!!

 

180cmある店長イワサワをスッポリと隠すこのサイズ!!

 

縦が約160cm、横が約135cmあります!!

 

どんだけデカいかが良く分かりますね!!

 

IMG_5971.JPG

 

もちろんこちらはMade In U.S.A!!

 

さらに注目すべき点が右のリミテッドエディションの文字!!

 

そう!!

 

コチラは限定モデルなので生産数も限りがあります!!

 

世界で1928枚のみ!!

 

この数字はミッキー誕生年である1928年と掛けてこの数字になっています!!

 

世界規模でこの枚数ですから、非常に出回っている数は少ないです!!

 

さらにアニバーサリーモデルなので次回生産もありません!!

 

この機会を逃すとまずまず手に入らなくなるわけです!!

 

ディズニー好きな方はここを逃してはダメでしょ!!

 

当店入荷は1枚のみ!!

 

早い物勝ちですよ!!

 

ちなみに、

 

IMG_5969.JPG

 

専用の収納ボックス付き!!

 

IMG_5970.JPG

 

このモデルのために作られたスペシャルボックス!!

 

IMG_5966.JPG

 

箱の外側にもリミテッドエディションの文字とシリアルナンバー!!

 

この手書き感がまたアメリカっぽくて良い!!

 

IMG_5975.JPG

 

今回限りのスペシャル限定アイテム!!

 

ぜひゲットしてください!!

 

お値段は

 

¥39000−+TAX

 

となります!!

 

ホントに一点のみの入荷となってますので早い物勝ちですからね!!

 

ぜひ!!

 

それでは本日はこの辺で!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!

 

 

詳しくは画像をクリック!!

 

 


H.W.DOG&Co UNION SPECIAL CAP

カヲルです。

 

 

もう冬。

 

ブログも、インスタも、通販も、

 

まさに秋冬物が最盛期。

 

 

しかしながら、ここら辺でちょいと一息ブログ。

 

 

とはいえ、

 

本日紹介のCAP。

 

入荷すると、一瞬で完売します。

 

そして次回入荷分は未定・・・・という状態になります。

 

IMG_5928.JPG

 

H.W.DOG&Co

 

UNION SPECIAL CAP

 

その名前の通り、

 

このキャップのステッチング部分は

 

CLASSICSでもジーンズの裾上げに使っているのでご存知の方が多いと思いますが、

 

50年〜70年前のミシンで縫製されています。

 

 

IMG_5923.JPG

 

 

今回入荷は、

 

ネイビー

 

IMG_5925.JPG

 

 

ブラック

 

IMG_5927.JPG

 

ですが。

 

この2色は、そっこーで完売します。

 

かと言って、

 

IMG_5926.JPG

 

ブラウン、

 

 

IMG_5939.JPG

 

オリーブも

 

すぐに店頭から消えてしまうのです。。。。

 

実際、

 

IMG_5929.JPG

 

これがブラックを使い込んだもの。

 

 

IMG_5930.JPG

 

比べてみると、一目瞭然。

 

左が使用前、

 

右が使用後。。。。。って言わなくてもわかるか・・・

 

という感じ。

 

 

IMG_5931.JPG

 

生地をアップにすると、

 

もう使用後の方は、黒ですらない感じ。

 

 

IMG_5932.JPG

 

ブラウンも、こんな感じになります。

 

 

IMG_5936.JPG

 

比べると、こんな感じ。

 

どちらが使用後かは、もう説明の必要がありません。

 

 

IMG_5934.JPG

 

ステッチの色の抜けも良い感じ。

 

 

IMG_5937.JPG

 

生地も、こんな感じになります。

 

使い込んだ例がないけども、

 

オリーブや、ネイビーなんかも、

 

上の画像を見ると想像がつくと思います。

 

 

 

更に、これ。

 

IMG_5938.JPG

 

デニム。

 

この生地は

 

デッドストック。

 

おそらく70年代ぐらいの物ではなかろうかと思います。

 

このキャップの場合、

 

古いミシンで縫製されているだけでなく、

 

生地まで本当に古い物なので、

 

もう全部古い。

 

オールド。

 

当然、デニムなので

 

使用感は、ガッツリです。

 

(私のかぶっている物がありますが、今日は無いもんで・・・店頭で見てください!)

 

デニムのモデルは限定生産だったので、

 

クラシックスでも大量に入荷しましたが、

 

残りはもうわずかです。

 

お急ぎあれ。

 

で。

 

デニムのタイプは¥12000+tax

 

その他のツイルのタイプは¥7900+tax

 

 

通販にも載ってますので、

 

遠方の方は是非そちらで。

 

近場の方は、是非店頭でお待ちしています。

 

 

秋冬の季節は、服屋さんが1年間のうち

 

いちばん面白い季節だと思います。

 

昨今は、インスタなどSNSで欲しいアイテムが載っていないと

 

店にはいかない・・・という、効率的な方法も増えているそうですが、

 

やはり秋冬は店頭がいちばん面白い!

 

SNSで欲しい物無くても

 

店頭来たら、確実にHITするアイテムありますよ!!

 

 

 

是非是非。

 

 

 

 


WESCO!!JH Classicsなんてモデルもいいんでないかな!?

まいど!!

 

イワサワです。

 

なんだかブーツのブログが多い今日この頃ww

 

だってオーダーしてくださったみなさまのブーツが上がってきたんだもの!!

 

これはご紹介するしかないっしょ!!

 

そして今回は少しめずらしいモデル。

 

その名も「JH CLASSICS」。

IMG_5764.JPG

ジョンヘンリークラシックスです!!(Lace to Toe

 

いわゆる短靴。

 

実はボクもひそかに狙っているモデルww

 

うちではまだあまりオーダーしてくれた人が少ないですが間違いなくカッコイイ!!

 

IMG_5766.JPG

廃盤になったネイビーレザースレートレザー(グレーレザーね!)のツートーン!!

 

IMG_5771.JPG

しかもHeel Counterはネイビーの表を使用。

 

IMG_5768.JPG

ちょっとボーリングシューズのような雰囲気も!!

 

新鮮、新鮮!!

 

IMG_5769.JPG

JHはレザーライニングが標準装備となっています!

 

つまりノーチャージ!!

 

そしてカラーはPlatinum

 

IMG_5773.JPG

ソールはRaptorのWhite

 

やっぱりラプターはいいですねぇ。

 

クッション性良し!!

 

IMG_5774.JPG

からの〜

 

Double Midsole!!

 

こいつで一気にド迫力に!!

 

IMG_5765.JPG

つま先の形状はBOSS Toe

 

このボテッとした感じはいかにもWESCOらしい!

 

IMG_5770.JPG

アイレットはSTDのブラス

 

まあ標準だけあって間違いないところでしょ!!

 

IMG_5772.JPG

アッパーのライトステッチはNickelに変更!!

 

全体的にスニーカー感覚のブーツに仕上がっています!!

 

う〜〜ん、コレはカッコイイ!!

 

IMG_5776.JPG

フォルスタンはネイビーレザーの指定で!!

 

コレもいいアクセントになりそうですねぇ!!

 

JHにはフォルスタンは付かないので別途オーダーになります(¥1800)

 

IMG_5767.JPG

こうして完成したJH CLASSICS

 

ザっとお値段を見ていってみましょう!!

 

 

WESCO   JH CLASSICS

 

JH Classics(Full Midsole).....¥83800

 

Two Tone.....¥13000

 

Navy Leather.....¥9000  (それぞれカラーチャージが必要なレザーを2色、3色組み合わせた場合、価格が高い片方の革のチャージ料のみで製作が可能です。)

 

CounterのみRough out.....¥6500

 

Double Midsole.....¥8000

 

Light Stitch.....¥4500

 

False Tongues.....¥1800

 

 

TOTAL.......¥126600+TAX

 

 

ちょっとややこしいカスタムもあり、チャージもわかりづらいですがこんな感じになります!!

 

ツートーンやスリートーンを狙っている方!!

 

また、JH CLASSICSを狙っている方なんかはぜひ参考にしてみてはいかかでしょう!?

 

IMG_5907.JPG

パッと見はJOB MASTER!!

 

IMG_5908.JPG

しか〜し!!

 

チラッと裾をめくればJH CLASSICS!!

 

IMG_5910.JPG

そしてお気に入りのROMEOを片手にピース!!

 

すでにローカットのロメオを2足、そして今回のジョンヘンリー。

 

もはやローカットの鬼!!

 

IMG_5912.JPG

ゲンさん、いつもありがとう!!

 

こんな1足、作ってみませんか!?


WESCO!!CUSTOM BOSS!!ベジタン!!

IMG_5905.JPG

 

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

ここ最近、連日でウエスコが入荷ラッシュです!!

 

廃盤でなくなってしまうレザーを手に入れる最後のチャンスを、

 

みなさん逃さまいとして、オーダーしてくれました!!

 

今回御紹介するのもその中の1足!!

 

実にカッコいいモデルだったのでご紹介させて頂きます!!

 

IMG_5892.JPG

 

WESCO

 

CUSTOM BOSS

 

ギシギシの革質のベジタンレザー!!

 

ヌメ革のような色合いなので育てるのが実に楽しくなっちゃうレザーです!!

 

まあ、カッコイイ!!

 

細かい仕様も見ていきましょう!!

 

IMG_5893.JPG

 

バックルはローラーのブラス!!

 

酸化してくると実にいいアジになるヤツです!!

 

IMG_5895.JPG

 

IMG_5894.JPG

 

トゥはボストゥ!!

 

ヘビーステッチは標準の白!!

 

このカラーリングに映える色です!!

 

IMG_5900.JPG

 

ライトウェイトステッチも標準のブラウン!!

 

この色もヌメ革の色合いとマッチしてます!!

 

IMG_5898.JPG

 

ストラップは1本!!

 

IMG_5896.JPG

 

ミッドソールはダブル!!

 

IMG_5899.JPG

 

かつ、ハニービブラム#100!!

 

この明るいカラーとのハニーは相性抜群ですね!!

 

ミッドソールの部分もナチュラル仕上げなので全て自分次第で色合いが変えられます!!

 

もういじり倒すのが楽しみで仕方なくなりますね!!

 

IMG_5903.JPG

 

1年、2年、3年と経過していくごとにドンドン表情を変えてくれるでしょう!!

 

これだからこういうカラーのレザーは楽しくて仕方ないですよね!!

 

どんな色合いに経年変化させていくのか!!

 

今後が楽しみです!!

 

岸さん!!

 

いつもありがとうございます!!

 

めっちゃ経年変化させるの楽しみに待ってます!!!

 

またどっかで一緒に作りましょう (笑)

 

それでは最後に仕様の確認を!!

 

 

BOSS 11inc・・・・・・・・・・・・・・・・¥94800−

 

Vegetan Leather・・・・・・・・・・・・・・・¥16000−

 

Roller buckle・・・・・・・・・・・・・・・・・¥5000−

 

Double Midsole・・・・・・・・・・・・・・・・¥8000−

 

#100ハニー・・・・・・・・・・・・・・・・¥3000−

 

 

 

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥126800−

 

 

となりました!!

 

シンプルに仕上がりつつ、カスタムを楽しんだ仕様になりましたね!!

 

同じレザーは使えませんが、

 

仕様自体は同じようにカスタムできますので、

 

ぜひとも参考にしてください!!

 

いつでもオーダー受け付け中です!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!

 

 

詳しくは画像をクリック!!!

 


BUZZ RICKSON'S MA-1

カヲルです。

 

 

さあ。皆様。

 

冬がやってきました。

 

日々、気温にブレはありますが、

 

最高気温が15℃って、

 

関東では立派な冬だと思われます。

 

そしてもう暦は11月。

 

来週はもう師走です。

 

そうです。

 

冬です。

 

 

我々は、日々、

 

冬物のアウターなど、

 

季節は冬ですからね、

 

当然、冬物を紹介している事が多いわけなのです。

 

本日ご紹介のアイテムも、

 

まさに冬物。

 

 

アメカジというジャンルで、

 

定番と呼べる物は多々あります。

 

そして、このジャケットも

 

その定番中の定番、

 

ド定番、

 

王道です。

 

MA−1

 

 

私、個人的にあまり大きい文字使わないけど、

 

使ってみました。

 

 

 

 

近年、巷でMA−1が流行しまして。

 

テレビのワイドショーでも、特集なんかをやってたのも観ました。

 

が、あれ、内容がメチャクチャねー・・・・・

 

ナイロンで、リブ付いてて、MA−1っぽい形の物は

 

全てMA−1って認識・・・・

 

映画「TOP GUN」でも、MA−1を着用しています!なんて解説・・・・

 

そんなシーンあったっけ???

 

 

世の中の事は置いといて・・・・

 

世の流行というのも、いろいろな意味で非常に大事だとは思います。

 

アメカジという物自体に、全く興味のない方たちの心にも

 

少しでも響いたというのも事実ですもん。

 

 

が、そこは

 

やはりJUNKY。

 

アメカジショップと豪語しているので、

 

そこはトランジスタ・アメカジを貫きたいと思います。

 

 

MA−1の話をする時に、

 

やはり本来ならば、その源流の話から順序を追って話をしないといけない事なんだとは思います。

 

 

が、しかし。

 

 

今回は古い→新しい・・・という順序ではなく、

 

新しい→古い・・・・・という順序で書いていこうと思います。

 

なので、最近たまにある「その1」とか「その2」とかで

 

書いていこうと思います。

 

 

MA−1。

 

元はB−なんとかってシリーズで、

 

ムートンを使ったジャケットから始まります。

 

その後、生産コストなどなどで調子の良いコットン製のフライトジャケット

 

B−10に移り変わり、

 

それをパワーアップさせたB−15というモデルに移り変わり、

 

そして、B−15、B−15A

 

と来て、ここでコットン製のフライトジャケットから

 

ナイロン製フライトジャケットの登場。

 

B−15Bです。

 

より高度な生産が可能となって、ナイロン素材が登場します。

 

 

そして、B−15Cの登場。

 

これが直接的なMA−1の前身モデルと言っても良い物です。

 

朝鮮戦争時、慰問に訪れたマリリンモンローが着ていた写真は有名。

 

 

 

このB−15Cは、色が2色。

 

U.S.ARMY AIRFORCEだった時期はオリーブドラブ、

 

U.S.AIRFORCEに変わった頃はエアフォースブルー(上の画像でマリリンモンローが着ている色。)

 

になります。

 

が、この辺のお話は次回。

 

 

このB−15Cの後には、想像つきますよね??

 

Cの次は??

 

そう、

 

B−15Dの登場。

 

首のボアの部分がブラウンや、ネイビーから、

 

グリーンに変更になっているのが、見分けやすいポイント。

 

そして、本体もオリーブ、エアフォースブルーから

 

セージグリーンに変更になっています。

 

エアフォースブルーが、紫外線を吸収したりすると高温になる事や、

 

視認性などの都合で、公式カラーのセージグリーンに変更になりました。

 

 

1950年代に入ると、

 

戦闘機などのパイロットのヘルメットの作りが向上。しかも飛躍的に。

 

それに伴って、首のボアがヘルメットを被るときにジャマになるって事で、

 

当時使われていたフライトジャケット全般的に、

 

簡易的な改良が加えられます。

 

そう。

 

ボアがジャマなら、取っちゃえばいいんじゃない??

 

というわけで、

 

B−15AからB−15Dまでのモデルで

 

ボアの取り外しが行われます。

 

それが「MODIFIED(モデファイド)」というモデル。

 

徐々に取っていったのではなく、

 

当時使われていたモデルのボアを、

 

一気に取っちゃったわけなのです。

 

 

その後、

 

ボア自体、もう必要ない・・・・・

 

という事で登場したモデルが

 

これまた前置き長くなったけども、

 

「MA−1」なのです。

 

MA−1の登場が1957年。

 

それから、軍の正式採用でなくなる1976年までの間、

 

アメリカ空軍の将兵たちに愛されたモデルなのです。

 

登場から、正式採用でなくなるまでの間、

 

生地や形などなどには改良が加えられていく事になるのですが、

 

バズリクソンズで復刻されているモデルは、

 

その最初期型と、数年に一度だけその他の年代のモデルなども復刻されています。

 

 

と、その最初期型を紹介します・・・とは、ならないのが今回のブログ。

 

軍の正式採用のモデルというのは、

 

その年代、年代で、民間モデルという物が存在します。

 

軍のミルスペックではないものの、

 

色や形が正式採用の物とは違ったりするモデルです。

 

 

今回紹介するモデルは、

 

一見、MA−1の初期型。

 

生地も、パーツも、その他の全てが初期型と同じ。

 

要するに、良き物なわけです。

 

が、そこで違う部分。

 

それがそのシルエット。

 

 

MA−1は、狭い戦闘機、ジェット機のコクピットで

 

保温しつつも、計器を操作したり、

 

当然、操縦したり、周りの状況を視認したりしないといけないわけなのです。

 

という事は、シルエットが少しゆったりしていないといけないのです。

 

MA−1を着た事のある方ならば、わかるかもしれません。

 

ちょっと野暮ったい感じ。(そこがまあカッコイイところでもあるわけなのですが。。)

 

その野暮ったい感じが

 

映画でも随所に見られます。

 

 

 

スティーブマックィーンは、公私共にMA−1を愛用していたようですし、

 

 

 

LEONでは、

 

今やもうだいぶ大人な女性になった

 

ナタリーポートマンが

 

 

これまた実はMA−1を着ていたのですねー。

 

(着方はともかく)

 

 

しかし、今回紹介のMA−1は

 

IMG_5864.JPG

 

オリジナルの野暮ったいシルエットとは

 

少し違うのです。

 

腕や、胴部分が細いのです。

 

実際、オリジナルと違うという事だけで見れば、

 

え???

 

って思いました。我々も。

 

 

しかし、これまた着てみると

 

シルエットが良い!!

 

 

これは偏に、

 

バズリクソンズの経験値の成せる業。

 

素晴らしいのひとこと。

 

これは着てみないとわかりません。

 

 

さて。

 

細かい部分をサラッと。

 

IMG_5869.JPG

 

リブ。

 

元は先に説明したように、ボアのある物からの派生。

 

 

IMG_5868.JPG

 

大型のクラウンジッパー。

 

引手はレザー。

 

 

IMG_5866.JPG

 

よく見かけますが、

 

胸のところにあるこれ。

 

ボックスタブという名前。

 

元は革が付いていたのですが、

 

MA−1はナイロン。

 

ここには、酸素ボンベの管を留めておくのです。

 

 

IMG_5867.JPG

 

そして、このスナップボタン。

 

ここも、酸素ボンベの管を通して留める為の物。

 

 

IMG_5870.JPG

 

シガーポケット。

 

その名の通りですが、

 

タバコや、その他の小物なんかを入れておく為のポケット。

 

で、ジッパーのポケットの隣にあるのは、

 

IMG_5871.JPG

 

ペンポケット。

 

 

IMG_5872.JPG

 

袖リブ、裾リブ。

 

そして

 

IMG_5873.JPG

 

MA−1の袖口部分。

 

ここの部分の多くは、リブ部分の際まで中綿が巻き込んであります。

 

B−15Cなどとの違いでもあります。

 

 

IMG_5875.JPG

 

というわけで、着てみました。

 

すっごい着てみました。

 

IMG_5876.JPG

 

私的というか、JUNKY的には、

 

やはりフライトはジャストめがカッコイイという認識。。。。

 

IMG_5877.JPG

 

私、168cm、63kgで

 

スレンダーモデルでもSサイズでも着れます。

 

中は長袖ティーシャツですが。

 

 

IMG_5878.JPG

 

着丈も短め。

 

それはレギュラーのMA−1も同じ。

 

狭いコクピットでも動作がしやすいように、短いのです。

 

 

IMG_5881.JPG

 

全体のバランスだとこんな感じ。

 

 

IMG_5883.JPG

 

後ろ。

 

IMG_5886.JPG

 

ベルトも、ちょっと見えてます。

 

 

IMG_5885.JPG

 

IMG_5879.JPG

 

というわけで。

 

今だからこそ、

 

MA−1。

 

フライトジャケットを着ましょう。

 

 

深い。

 

奥の深いジャケット。

 

フライトジャケット。

 

自己満足度、かなり高めなジャケットです。

 

 

 

 

 

 

スタッフ募集、締切間近!

 

 

 

 


スペシャル別注!!Dehen×JUNKY CLASSICS!!N-1!!

みなさん、こんにちは。イトウです。

 

今日ご紹介するのは題名にもある通り、

 

スペシャル別注アイテム!!

 

IMG_5822.JPG

 

Dehen×JUNKY CLASSICS

 

N-1 JACKET

 

です!!


以前にもDehenのN-1自体は入荷した事がありますが、

 

今回のはまた一味違います!!

 

完全別注

 

ってところです!!

 

このモデルは当店のみ!!

 

他では絶対に手に入らないモデルなのです!!

 

ではジワジワと見ていきましょうか!

 

IMG_5824.JPG

 

ボタンはインディゴで染めたかのようなふかーいネイビー!!

 

めっちゃカッコいいです!!

 

IMG_5825.JPG

 

N-1モデルなので内リブ付き!!

 

しっかりと防風性も考えられています!!

 

IMG_5837.JPG

 

IMG_5838.JPG

 

IMG_5845.JPG

 

今回の最大の特徴でもあるのが、

 

この白いムートン!!

 

このムートンは有名なラングリッツレザーで使用しているのと同じ!!

 

最高級の天然ムートンをガッツリ使っています!!

 

さらにヤバイのが、

 

このムートン、手に入ったのが数着分のみ!!

 

その貴重なムートンを当店だけに分けてくれました!!

 

これはありがたい!!

 

ってことで当店オリジナル仕様でやっちゃったのです!!

 

IMG_5830.JPG

 

IMG_5831.JPG

 

ジャケットの内側にはこのようにジッパー付きのポケットが配備!!

 

こういうのって地味にあるのとないのとで勝手が全然違います!!

 

IMG_5848.JPG

 

IMG_5840.JPG

 

ポケットの甲側と腕全体にフリースがビッシリ!!

 

ムートンに合わせて白で統一しています!!

 

袖はフリースにする事で腕全体に太さが出ないように調節もしています!!

 

よーく考えて作ってます!!

 

IMG_5829.JPG

 

ジッパーはブラス!!

 

今はテカテカですが、使い込んだ時のくすみ感はたまらないものになりますよ!!

 

IMG_5842.JPG

 

襟には本物と同じように補強のためのステッチと、

 

IMG_5844.JPG

 

防風性を高めるためのチンストラップ!!

 

IMG_5827.JPG

 

IMG_5846.JPG

 

ムートンと同じく特徴的なのがこのワックスコットンの生地!!

 

この生地は日本の気候に合わせて作られた、

 

ドライワックスコットンという生地!!

 

従来のオイルドクロスのような生地よりもヌルヌル感が無い上に、

 

湿気がこもらないようにと配慮されて作られました!!

 

まさに、

 

日本で羽織ることを想定に考え抜かれたジャケットなわけです!!

 

さらにこのワックスコットンは着込むときっかりシワが入ってきて、

 

ネイビーの下地が浮いてくるのです!!

 

まるで、

 

レザーを着こんだかのような経年変化をみせてくれます!!

 

なので育てるのも楽しめちゃうアウターってわけです!!

 

これどう考えても最高のやつでしょ!!

 

IMG_5812.JPG

 

IMG_5813.JPG

 

※170cm、Mサイズ着用

 

 

さっそく着ていただきました!!

 

これだけ肉厚のムートンを使ってるにもかかわらず、

 

シルエットがあまり膨らみません!!

 

ものすごい作り込みです!!

 

IMG_5814.JPG

 

IMG_5815.JPG

 

後ろ姿もめっちゃカッコいいですね!!

 

IMG_5808.JPG

 

IMG_5809.JPG

 

※176cm、Lサイズ着用

 

 

せっかくなので自分も着てみました!!

 

これは形が非常に着やすいです!!

 

そんでぬっくぬく!!!

 

めっちゃあったかいっす!!

 

下に全く着込まずにこれはいけますね!!

 

IMG_5810.JPG

 

IMG_5811.JPG

 

我ながら後ろ姿がかっこよく見えます (笑)

 

イヤー、これは正直欲しくなりますな。うん。

 

もうこれあったら他のアウターいらないんじゃね?

 

って思っちゃうくらいに絶対使えるジャケットですわ。

 

それ以上に、

 

次回はもうないよ!!ってこと!!

 

ここね!大事なの!

 

なんせホントにたまたま手に入ったムートンなので、

 

また作りたくても作れないんです!!

 

だからね、欲しくなっちゃった人はね、

 

急いで買いに来てください!!!

 

おそらく思ったより、すぐなくなると思います!!

 

IMG_5823.JPG

 

というわけで、

 

スペシャル別注のN-1!!

 

サイズは

 

S、M、L、XL

 

お値段は

 

¥178000−

 

となります!!

 

正直いいお値段します!!

 

ですがムートンレザージャケットのB-3やB-6なんかは、

 

余裕で20万、30万オーバーしてしまうので、

 

それを考えたらこんなもんで買えるの!?

 

って自分なんかは思ってしまいます!!

 

高いには高いけどね (笑)

 

ただ、間違いなく、

 

買って良かったって思わせてくれるジャケットです!!

 

販売開始は、

 

明日の11月25日(土)から!!

 

通販にも記載されるのでそちらもぜひ、ご利用ください!!

 

通販は、

 

AM11:00から!!

 

です!!

 

それでは長くなりましたがこの辺で。

 

皆様の御来店をお待ちしています!!

 

 

詳しくは画像をクリック!!!

 

 


廃盤レザーでBOSS!!

まいど!!

 

イワサワですぅ。

 

本格的に寒い!!

 

ならやっぱりブーツだろっ!?

 

そんな訳で(どんな訳だっww)、

 

夏に廃盤になったレザー達...

 

そんなレザーでオーダーしてくださった猛者達のWESCOが少しづつですが上がってまいりました!!

 

今はチョイスすることができないレザーですが、

 

参考にしていただき次なるオーダーへ生かしてください!!

 

たのむよ、ホント(*´з`)

 

では、さっそく...

 

IMG_5778.JPG

ナガハシくん!!

 

このさわやかな笑顔♡

 

これがブーツオーダーを手にした者だけが得られる快感。

 

IMG_5752.JPG

人気のBOSS!!

 

IMG_5756.JPG

Heightは10inch

 

通常よりも1inch低くしています。

 

個人的には大好きなバランス!

 

IMG_5753.JPG

レザーカラーはNavy

 

残念ながら今は使えないレザーですが、ホントに良い色!!

 

IMG_5760.JPG

ソールはRaptorのBlack

 

WESCOが独自に開発したソールでクッション性が良く、減りにくいとのこと!!

 

最初ボクがBOSSにトラクションソールをつけた時は色々な意見がありましたが、

 

今となってはかなりの方に気にいっていただいている仕様です!!

 

IMG_5761.JPG

そしてRaptorにDouble Midsole

 

これで一気にボリュームが出て迫力満点!!

 

コバはあえて塗らずにDo Not Ink仕上げにしています。

 

IMG_5759.JPG

ちょっとわかりづらいですが、Leather LiningはNavyをはっています!!

 

ライニングをはるメリットはスベリが良く足入れが非常にしやすい点、

 

そして履き込んでもシャフトが倒れてこない点、

 

本来はプロテクター的な役割もするのですが、まぁ日常生活ではあまり関係ないかなww

 

でも迫力はでるし、けっこうオススメカスタムの一つです!

 

他メーカーではあまりない仕様だしね!!

 

IMG_5758.JPG

トップストラップは1本追加で2本に!

 

これは自己満ww

 

でもカッコイイ〜!!

 

IMG_5757.JPG

トップストラップの画像でもわかりますが、バックルはローラーバックル

 

しかも24Kメッキ!!

 

このビカビカ感、ゴージャス!!

 

IMG_5762.JPG

そしてライトステッチだけ変更!

 

Nickelと言うホワイトのステッチにしています!

 

STDはブラウンなのでいいアクセントになってます。

 

IMG_5755.JPG

つま先はプラスチックトゥのBOSS TOE

 

ボテッとした感じがいかにもWESCOしてます!

 

 

 

以上がナガハシクンの仕様!!

 

軽くお値段を見ていってみましょう!!

 

 

WESCO  THE BOSS

 

10inch Hight.....¥101800

 

NAVY Leather(廃盤).....¥9000

 

Leather Lining.....¥18000

 

Double Midsole.....¥8000

 

Roller Buckle 24K Two Top Strap.....¥8000

 

One Extra Top Strap(トップストラップ1本追加).....¥5000

 

Light Weight Stitch(ライトウエイトステッチの変更).....¥4500

 

 

TOTAL.....¥154300+TAX

 

 

こんな感じでおさまりました!!

 

個人的に大好きな仕様。

 

コレはかっこいい!!

 

あとはガンガン履き込んでくれよなっ!!

 

IMG_5777.JPG

2足目のWESCO!!

 

次も待ってるよww

 

IMG_5763.JPG

自分だけのカスタム、してみませんか!?

 

 

 

 


<< | 2/145PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.