”ONAGADORI”〜2020〜

暑いのか、寒いのかって言ったら

 

寒いのが好き。

 

カヲルです。

 

 

突然ですが。

 

IMG_8074.JPGIMG_8067.JPG

 

 

 

このハワイアンシャツをご存知の方もいらっしゃるかと思いますが。

 

そう。

 

このハワイアンシャツの名の通り

 

「尾長鳥」または「尾長鶏」。。。。。

 

「ちょうびけい」とも呼ばれるこの鳥ですが。

 

実際は、こんな感じ。。。。

 

 

見た目、にわとり。

 

しかし、

 

 

しっぽ、なっげー。

 

この鳥。

 

にわとりっぽですよね。

 

そう。

 

にわとりの一種です。

 

原産は高知県で、

 

諸説ありますが、

 

武市利右衛門という人が、

 

色々な種類の鶏だ、キジだ、なんだと交配して作ったという話もありますが。。。。。

 

太平洋戦争の際には、9羽まで激減したとされます。

 

今はどーなってんだか知らないんですけども、

 

上野動物園の中の、ふれあい子供動物園??だっけかな・・・・

 

上野動物園の中にある、うさぎとか触れる場所あって・・・・・

 

そこ、今は改装とかで無くなってしまったんですけど、

 

そこ行くといつも、どどーーーーん!!!!ってな具合に、

 

普通に放し飼いみたいになってて、ちょっと引いたんですけども。。。。

 

しかも、触れますよ!みたいな感じなのに、これ絶対さわれない!!って感じでした。

 

実際、触っちゃダメだったんだと思いますけど。。。。知ってる人、いますか??

 

何しろ、1950年代になり

 

国の天然記念物に指定されたそうです。。。。(やっぱり、絶対に触ったらダメだったんだと思う。。。。)

 

 

ともあれ。

 

土佐藩主の山内家が、参勤交代の時に槍に飾る鳥の長い羽を農民から集めたりしていた事からも、

 

その歴史の長さなどがわかります。

 

 

これ。

 

そんで、

 

 

感じで言えば、この絵の左側の人が持っているやつ。

 

です。

 

なんにしても、特別天然記念物であり、

 

歴史も深い鳥である事と、

 

ハワイアンシャツの柄になるほどでありますから、

 

我々が思っている以上に、日本とは関わりの深い鳥、

 

そして、柄である事は間違いないのです。

 

 

と、ハワイアンシャツ。

 

柄のモチーフは当然、尾長鶏なのですが

 

個人的に思うのは、その背景などの絵柄。

 

IMG_8107.JPGIMG_8105.JPG

 

ただただ尾長鶏を配しているだけでなく、

 

その背景こそが尾長鶏を引き立てています。

 

日本の花といえば菊花でありますが、

 

それと同じく、桜というのは

 

日本人を象徴する花のひとつでありますから。

 

桜+尾長鶏という、これまた渋い配置なのでありますね。

 

 

そして背景、ベタ塗りの1色ではなく

 

これまた日本画らしい背景。

 

IMG_8109.JPG

 

 

和柄のモチーフの代表格と言えば

 

「龍・虎・鷹」などでしょうけども、

 

自己主張の激しい和柄のモチーフではなく、

 

どこか厳か(おごそか)でもあり、

 

かといって、日本らしいモチーフなのは間違いない。。。。。。

 

まさに隠れた名品たる名品。

 

IMG_8104.JPG

 

 

ひとことで言えば、

 

 

 

「渋い」

 

IMG_8098.JPGIMG_8100.JPG

 

IMG_8092.JPGIMG_8093.JPG

 

和柄と言えば、ちょっと怖い・・・・・

 

店頭で接客をしていても、

 

「これはちょっと無理だわー!笑」。。。。。。みたいなやりとりがあり、

 

ははは・・・・なんて笑ってはいますが、私も。。。。。

 

しかしね、ハワイアンのみならず、アメカジの目指すところ、

 

 

 

「自己満足」

 

 

 

 

ですから。。。。

 

自分が良い!と思えば、それこそが最良。。。。。

 

周りが似合うー!と言っても、

 

その他で似合わんね・・・・と言われても、

 

誰も責任取ってくんない!

 

それすなわち、

 

自分で良いと思ったら着たら良い!!!!

 

という事なのだと、思いますよ。ほんと。

 

IMG_8091.JPGIMG_8096.JPG

 

というわけで。

 

隠れた名品。

 

如何?

 

是々非々。

 

 

通販はこちら↓

 

BLUE

 

BLACK

 

 

 


241回目キヨ!!(SUNSURF SPECIAL EDITION "HULAGIRL"の話)

こんにちは。

 

241回目ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。

 

それでは、早速今日紹介する商品はこちら。

 

 

IMG_8060.JPG

 

IMG_8059.JPG

 

BLACK

 

IMG_8063.JPG

 

IMG_8065.JPG

 

OFFWHITE

 

 

SUNSURF SPECIAL EDITION "HULAGIRL"

 

 

そう前回入荷しHULAGIRLの半袖バージョンといったところでしょう。

 

詳しくはこちら。

 

てな訳で、改めて色はこの2色。

 

IMG_8083_1.jpg

 

OFFWHITE

 

IMG_8089_1.jpg

 

BLACK

 

2色ともかなりカッコ良いです。

 

また、ロングスリーブとも違う雰囲気があります。

 

このアロハシャツが出来たのは1950年代。

 

オリジナル(VINTAGE)が発売された当時も話題性が高かったこのアロハシャツは、

 

いろんなアメリカ本土のブランドでも、生産されていました。

 

しかし、どのブランドでも生産数が少なく、

 

バックパネル自体少ない上にこの柄はさらにレアなモデルとなっているのであります。

 

希少性が高いアロハシャツ。

 

しかし、そんな言葉抜きにしてもめちゃくちゃカッコ良いのであります。

 

IMG_8080_1.jpg

 

OFFWHITE

 

IMG_8088_1.jpg

 

BLACK

 

ボディの色と合わせた尿素ボタン。

 

では、改めまして、

 

着画がこちら。

 

 

(180cm 68圈SIZE L)

 

IMG_8077_1.jpg

 

IMG_8078_1.jpg

 

IMG_8075_1.jpg

 

OFFWHITE

 

IMG_8087_1.jpg

 

IMG_8086_1.jpg

 

IMG_8084_1.jpg

 

BLACK

 

 

漢は背中で語るに相応しいアロハシャツではないでしょうか??

 

 

お値段 

 

 

¥19000+TAX

 

 

 

SIZE S M L XL

 

 

通販はこちら↓↓↓

 

 

OFF WHITE

 

 

BLACK

 

 

 

 

 


240回目キヨ!!(THE H.W.DOG&CO AGS BB CAPの話)

こんにちは。

 

240回目ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。

 

さて本日紹介する新作商品はこちら。

 

IMG_8029_1.jpg

 

 

THE H.W.DOG&CO AGS BB CAP

 

 

ヴィンテージライクの方ならご存知の、

 

AGスポルディング社が製作した、ベースボールキャップを元に製作。

 

皆さん、ベースボールキャップと言えば、

 

2019-0904-099.jpg

 

show_img.jpg

 

このようなキャップを思い浮かべる方が多いかと思います。

 

個人的に大好きな柳田選手。

 

(ちなみに私も、野球をやっていたので、ベースボールキャップ被っていました。それは当たり前 笑)

 

o1472101414514759462.jpg

 

しかし、1870年代前後は時代的に決まったキャップはなく、

 

キャスケットやハットなどを被って野球をしていました。

 

今回のキャップも当時の人達はベースボールキャップとして被っていました。

 

ピルボックスキャップなんかとも呼ばれています。

 

IMG_8034_1.jpg

 

特徴としては、ヴィンテージと同じくリーバーシブル仕様になっています。

 

チーム分けなんかとしても使っていたのではないでしょうか??

 

もちろん、形自体は日本人の頭の形に合うように、製作されています。

 

IMG_8035_1.jpg

 

IMG_8036_1.jpg

 

裏面の天井はHWDOGのロゴが入っています。

 

IMG_8030_1.jpg

 

ツバも短めで、ワーク系にも合いそう。

 

IMG_8032_1.jpg

 

ストライプが良いアクセント。

 

では、早速被ってみました。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

IMG_8043_1.jpg

 

IMG_8045_1.jpg

 

BLACK

 

☟リバーシブル☟

 

IMG_8046_1.jpg

 

BLACK

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 


IMG_8039_1.jpg

 

GREEN

 

☟リバーシブル☟

 

IMG_8041_1.jpg

 


IMG_8040_1.jpg

 

GREEN

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

いかがでしたか??

 

 

中々玄人好みのキャップであります。

 

 

是非とも感度の鋭いお方お待ちしてます。

 

 

 

 

BLACK SIZE 38 40

 

 

GREEN SIZE 38 40

 

 

お値段

 

¥9000+TAX

 

 

 

 

 

  • -

今日は商品のお話じゃないんですけどもね。

梅雨だけど、今日は夏。

 

カヲルです。

 

 

IMG_8028.JPG

 

 

 

本日は、商品紹介の中休みとでも言いますか。

 

コロナ禍、通販をご利用された方は多いと思います。

 

もちろん、うちの通販ではなく

 

某通販サイトやら、某店で食品を通販した・・・・やら。

 

この2ヶ月ぐらい、世の通販の利用が増えたとは

 

よく耳にします。

 

私共も、通販ページを運営しておりますが、

 

普段かかる送料を、

 

現在は「無料」で提供させて頂いています。

 

(いつまでとは定めていない為、

いきなり終了してしまう可能性もありますので、

ご了承下さいませ。。。)

 

と、この機会に通販を利用してみようかな・・・・と思った方も

 

いらっしゃると思います。

 

しかしながら、いまだ通販の利用には少し抵抗がある。。。。という方も

 

チラホラと見かけます。。。

 

というわけで、

 

本日は、

 

Instagramからの通販ページの御利用の流れをお話しようと思います。

 

 

まずは、私共のインスタグラム

 

「JUNKY CLASSICS」で検索。

 

((まあ・・・このブログをご覧の方のほとんどは

 

ジャンキークラシックスのインスタグラムをフォローして頂いているとは思いますので、

 

フォローして頂いている方は、検索の必要がありませんが。。))

 

 

 

そうすると、うちのページが出てきて

 

例えば、今日の朝の集合写真を見てみると、

 

上のような感じになってます。

 

んで、左下の「商品を見る」というのをタップしてみると、

 

 

 

上の写真に写っていて、通販ページに記載されているアイテムが出てきます。

 

それをタップしてもらっても良いし、

 

 

写真のどこでもを、タップしてもらえると

 

上の画像のように、この商品載ってます!ってのが

 

出てくるので、

 

その商品の吹き出しをタップしてもOKです。

 

それをタップすると・・・・・・・・・・・

 

(今回は、赤のトルネードタイガーをタップしてみます。)

 

 

 

こんな感じのページに飛びます。

 

そんで、

 

「ウェブサイトで見る」

 

というのをタップすると・・・・・・・

 

 

こんな感じで、通販ページに飛びます。

 

このページで、サイズ、お支払い方法、

 

ご住所、お名前などなどを入力して頂く事になります。

 

 

と、Instagramからの通販の流れは、そんな感じになります。

 

いまさら、そんな説明されなくとも

 

ジャンキークラシックス通販御利用の経験がある方は、

 

ブログ→通販ページ

 

もしくは、この

 

Instagram→通販。。。。。

 

という流れで購入されているものと思います。

 

が、

 

なぜに今、これをお話したかっていうと

 

「ブログに載せて、通販ページの露出を図ろう」

 

という作戦だからです。

 

通販の送料が無料ですよ!ってお知らせブログも

 

もはや1ヶ月以上前?のブログになりますから、

 

意外と知らない方も、問合せなど頂いている内容を見ていると

 

知らない方も多い。

 

ので、ここで1発載せてみました。

 

 

さあ。

 

というわけでして。

 

ハワイアンシャツなども、今ならまだサイズなどある物もありますよー・・・・・ほれほれ。

 

通販ページは、こちら。

 

是々非々。

 

 

 

 


239回目キヨ!!(BATTENWEAR LOCAL SHORTS の話)

こんにちは。

 

239回目ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。

 

さてさて、今回紹介する新作商品はこちら。

 

 

IMG_7938_1.jpg

 

IMG_7939_1.jpg

 

(CHARCOAL)

 

IMG_7935_1.jpg

 

IMG_7937_1.jpg

 

(TOAST)

 

IMG_7930_1.jpg

 

IMG_7931_1.jpg

 

(GOLD)

 

 

BATTENWEAR LOCAL SHORTS

 

 

皆さん、やってきました。バテンウェアのお時間です。

 

ジャンキークラシックスではおかげさまで、

 

大好評で御座います。

 

私、キヨも大好きなブランドであります。

 

IMG_7929_1.jpg

 

誇り高きMADE IN USA。

 

バテンウェアの詳細はこちら。

 

今回、色は3色。

 

IMG_7902_1.jpg

 

(CHARCOAL)

 

IMG_7884_1.jpg

 

(TOAST)

 

IMG_7920_1.jpg

 

(GOLD)

 

夏のコーディロイって最高じゃないですか??

 

しかも、この3色どれをとっても、イカしたショーツ。

 

それぞれ、合わせもしやすく、3色持ってても損はなし。

 

ディティールは、

 

IMG_7883_1.jpg

 

ベイカーパンツのような、ポケット。

 

IMG_7885_1.jpg

 

アクセントにもなって実用性もある、ジッパー付きポケット。

 

IMG_7886_1.jpg

 

後ろはスナップボタン付きの片ポケタイプ。

 

IMG_7887_1.jpg

 

バテンウェアの刻印が入ってるのも見逃せないぜ。

 

IMG_7941_1.jpg

 

IMG_7940_1.jpg

 

ベルトループ無しで、内側の平紐でグッと閉めて履けます。

 

快適〜。

 

では、改めまして着画がこちら。

 

キヨ→(180cm 68圈SIZE M)

 

イワサワ→(180cm 76圈SZIE L )

 

IMG_7890_1.jpg

 

IMG_7891_1.jpg

 

IMG_7895_1.jpg

 

(CHARCOAL)

 

IMG_7874_1.jpg

 


IMG_7878_1.jpg

 

IMG_7880_1.jpg

 

(TOAST)

 

IMG_7910_1.jpg

 

IMG_7909_1.jpg

 

IMG_7916_1.jpg

 

(GOLD)

 

着画の通り、

 

シャツ、TEEシャツ、アロハシャツでもGOOD!!

 

 

今年の夏はバテンウェアで決まりだぜ!!!!!

 

 

 

お値段

 

 

¥22500+tAX

 

 

(CHARCOAL) S M L

 

(TOAST)   S M L

 

(GOLD)   S M L

 

 


歌川国芳〜通俗水滸伝豪傑百八人之一個〜

カヲルです。

 

 

 

ハワイアンシャツ「日本の意匠」シリーズ。

 

今回のご紹介。

 

「歌川国芳」

 

 

国芳と言えば、この骸骨が個人的にはイメージであります。

 

ともあれ、

 

 

このハワイアンシャツのお話をする前に、

 

やはりこのスーパー人気日本絵師の事を少しお話ししなければなりませぬ。

 

現代の日本人だけならず、世界的にも有名な日本絵師であります。

 

「豊国似絵(←国芳の師匠)、国芳武者、広重名所」と言われる武者絵の名手でもあります。

 

本名は「井草芳三郎」

 

 

(上の絵は「勇国芳桐対模様」という絵なのでありますが、

 

左の手前に、ド派手な着物の御仁が見えますが

 

それが国芳であると言われています。)

 

 

寛政9年(1798年)、江戸日本橋の染め物屋を営む家庭で生まれました。

 

文化8年(1811年)、芳三郎15歳の時に、絵師になる為、歌川豊国に弟子入りしたのは良いけども、

 

長い長い間、評価もされず、絵も売れずの青年時代を過ごします。

 

この人、THE・江戸っ子を絵に描いたような人だったようで。。。。。

 

その性格は豪胆・豪快そのものだったよう。

 

江戸時代を代表する絵師でありながらも、偉そうに先生面をするのが大嫌いな性格だったようで

 

気性も荒く、これまた豪快な江戸の町火消たちとも仲良くて、

 

火事にでもなれば、一緒になって火消しをするような男気の持ち主でもあったようです。

 

そんな男気MAXの元には、70人を超える弟子などが集っていたそう。。。。

 

ちょっと幕末の人気絵師のイメージじゃないでしょ??

 

私もそう思いましたよ。

 

意外でしょ。ね。

 

そして、この国芳が30歳の頃。

 

時は文政10年(1827年)であります。

 

中国の名作であります「水滸伝」(ここでは詳しい説明はしませんよ。)

 

このお話に出てくるヒーローたちを武者絵として描いた

 

「通俗水滸伝豪傑百八人之一人」

 

 

こんな感じ。

 

 

(こちら↑は、短冥次郎阮小吾という作品で、

 

作品中でとりわけ人気のあった錦絵。)

 

 

 

水滸伝は中国のお話ですから、当時、曲亭馬琴が翻案した「傾城水滸伝」というのがベストセラーになっていて、

 

まさにその時、水滸伝の人気はMAXであったそう。

 

加賀屋という版元が、国芳に水滸伝の大判の錦絵を注文し、

 

時勢の影響もあり、大ヒット。

 

文政年間だけならず、その後の歴史に残る大ヒット作品になったというわけ。

 

一説には、同門の歌川国貞(←超売れっ子)が

 

女の子たちを侍らせてるところを目撃して、

 

こんにゃろー・・・・見てやがれ・・・・って奮起した、なんて話も残ってますが

 

国芳だったらあり得なくない話です。。。。

 

 

ちなみに、当時の江戸っ子たちの間で

 

錦絵のキャラクターが刺青しているって事で

 

刺青ブームってのも到来したって。。。。。

 

昔も、今の世と変わらず

 

流行だ、ブームだってのがあるもんですねー。

 

国芳の活躍した時代、時の老中である水野忠邦の天保の改革があって

 

質素倹約を遂行させられたのと、春画(えろい絵)とか禁止とか、

 

世を乱す行為は御法度だったのですが、

 

国芳はなかなかの荒くれ者ですから、そこを掻い潜って色々とギリギリな絵描いてたりしてたようです。

 

あとは、

 

 

こんな感じな、お茶目な、コミカルな猫絵なども描いていました。

 

ここに社会風刺などを盛り込んで、天保の改革の目を掻い潜ってたんです。

 

 

このシリーズ、絵師を知ってもらわねば

 

このハワイアンの良さも半減してしまうので、

 

長文お許しをね。。。。

 

ってなわけで、

 

今回のハワイアン。

 

先にお話しました、国芳の出世作「水滸伝」がモチーフのハワイアンシャツ。

 

そして、このハワイアンシャツの原本は

 

東京国立博物館蔵の本物のデータを、東洋エンタープライズが借り受けて

 

製作したハワイアンシャツなのであります。

 

誰にでも、どのブランドでも出来る事ではないのは

 

言うまでもなく。。。。。

 

すごい」のひとことに尽きます。。。。。

 

 

さて、ハワイアンシャツ本体のディティールを見てください。

 

国芳がさく裂しておりまする。

 

このハワイアンシャツで使われているモチーフは

 

「鎮三山黄信」

 

kuniyoshino (2).jpg

 

そして、

 

「矮脚虎(短足の虎の意)王英」

 

kuniyoshino (1).jpg

 

水滸伝での彼らのディティールなどをお話すると

 

ここでは長くなりすぎてしまうので、省略しますが

 

このハワイアンに興味がある方は読んでみても良いと思いますよ!

 

非常に面白き話でありますから。

 

IMG_7946.JPGIMG_7948.JPG

 

柄の入り方なども、これまた非常に面白い。

 

同じモチーフが、左右・大小などなど

 

対照的に描かれています。

 

IMG_8013.JPGIMG_8017.JPG

 

そして、そのモチーフ自体以外の

 

IMG_8018.JPGIMG_8019.JPG

 

着ている物の柄や、

 

刀の柄の模様なども、

 

非常に細かく、色鮮やか。

 

IMG_8015.JPG

 

襟なんかは、模様が背景の矢の風切り羽の模様。

 

これも・・・・江戸の模様の代表的なもののひとつでありますが・・・・

 

名前忘れちゃったけども。。。。

 

IMG_8021.JPG

 

タグは、武者絵で有名な国芳ですが

 

この絵も有名です。

 

ガシャ髑髏の柄。

 

この絵も、ハワイアンにして欲しいというリクエストが多い柄のひとつでもあります。

 

kuniyoshino (3).JPGkuniyoshino (4).JPGkuniyoshino (6).JPGkuniyoshino (5).JPG

 

後日、インスタ動画などでもUP予定ですが

 

着るとこんな感じ。

 

まあ何しろ、迫力のある柄ですから。

 

とはいえ、個人的に

 

背景の色と模様が効いていると思うので、

 

そこまで威圧感のある柄には見えません。

 

 

 

今回、このシリーズのテーマは「江戸」ですが。

 

モチーフからは「江戸」が感じられませんが、

 

この作者が「江戸」を代表する絵師・歌川国芳である事が、

 

このハワイアンシャツが「江戸」を象徴する証拠であります。

 

そして、品番はBLUEとなっていますが

 

青という青ではなく、

 

IMG_8014.JPG

 

少し紫かかっているのも、

 

「江戸むらさき」っぽくて、

 

これまた面白いディティールのひとつであります。

 

 

 

2020年・SUN SURF × 日本の意匠シリーズ

 

今回御紹介の歌川国芳で、打ち止めで御座りまする。

 

今回の国芳はもちろんでありますが、

 

他の柄も是非オススメで御座いますよ。

 

 

 

 

通販はこちら

 

 


239回目キヨ!!(JUNKYCLASSICS ORIGINAL ONEPOKET S/S TEE BY KEN THE FLAT TOPの話)

こんにちは。

 

239回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

やってきました。今年もやりました。皆さん、瞬き厳禁。

 

それが、こちら。

 

IMG_7995_1.jpg

 

 

JUNKYCLASSICS

 

 

ORIGINAL ONEPOKET S/S TEE

 

 

BY KEN THE FLAT TOP

 

 

ジャンキークラシックスフルスロットルTEEシャツ。

 

なんだ、普通のポケットTEEシャツかなんて思った方、

 

いいえ、違います。

 

なんと今回、、、

 

IMG_7994_1.jpg

 

IMG_7965_1.jpg

 

 

IMG_7999_1.jpg

 

IMG_7987_1.jpg

 

生成り

 

右胸に、KENTHEFLATTOPさんに以前デザインしてもらった、

 

JUNKYCLASSICSロゴを、しかも、

 

ボディと同色で入れました。

 

目立たないけどそれが良い、

 

一見無地だけど、よく見ると、プリントが入っておるってのが良い。

 

環境問題などで、今は中々難しいアメリカンラバープリントなのもポイントですし、

 

胸ポケットの上や、胸ポケットに直接ではなく、

 

あえての、右胸にプリントしたってのも、最高じゃないですか??

 

これぞ、ジャンキークラシックスらしさ。

 

ボディは、アメリカ綿を使用。

 

以前、発売した無地TEEなんかと同じアメリカ綿。

 

ガシッとした生地感が特徴。

 

IMG_7962_1.jpg

 

IMG_7986_1.jpg

 

タバコなんかもスッポリ入る大きさ。

 

そう、黒は、敢えての生成りと同じステッチを残しました

 

IMG_7964_1.jpg

 

IMG_7966_1.jpg

 

IMG_7963_1.jpg

 

IMG_7967_1.jpg

 

この敢えてのチープさ、

 

感度の鋭い方達はお好きかと。

 

あと、ポイントとしては、

 

シルエット。

 

前回の無地TEEやオリジナルTEE BY KEN THE FLAT TOP

 

とはシルエットを変えました。

 

しかしながら、シルエットを変えたからといって、

 

サイズは変えず、普段のサイズで見てもらえれば良いかと思います。

 

こんな感じのシルエット。

 

(180cm 68圈SIZE L)

 

IMG_7957_1.jpg

 

IMG_7958_1.jpg

 

IMG_7970_1.jpg

 

IMG_7972_1.jpg

 

IMG_7979_1.jpg

 

IMG_7980_1.jpg

 

少し幅を出して、丈も少し短め、いわばボックス型のシルエットになっています。

 

IMG_7968_1.jpg

 

首も少しだけ広めに。

 

てな感じのオリジナルTEEシャツとなっております。

 

気になるお値段

 

 

¥6800+TAX

 

 

黒 SIZE S M L XL

 

 

通販はこちら。

 

 

生成り SIZE S M L XL

 

 

通販はこちら。

 

 

 

集え!!!!!ジャンキークラシックスクルー!!!!

 

 


238回目キヨ!!(MFSC Made in U.S.A.COTTON JERSEY MF SHOP TEE "FREEDOM"の話)

こんにちは。

 

238回目、ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。

 

では、早速本日紹介する新作商品はこちら。

 

IMG_7870.JPG

 

IMG_7873.JPG

 

 

MFSC Made in U.S.A.

 

 

COTTON JERSEY

 

 

MF SHOP TEE "FREEDOM"

 

 

Screenshot_2020-06-09 Christophe Loiron( christopheloiron) ? Instagram写真と動画.png

 

 

(☝クリストフ氏のインスタグラムより)

 

今回のTEEシャツ、クリストフ氏が手書きでデザインしたロゴであります。

 

IMG_7864.JPG

 

まさに、バイク好きのクリストフ氏らしいデザインです。

 

プリントも1つ1つ手作業でプリントされている、拘りの1枚。

 

IMG_7865.JPG

 

スラブ生地はまさにヴィンテージさながら。

 

柔らかく耐久性の優れたUSAコットン。

 

ディティールなんかも、

 

1940年代〜1950年代のヴィンテージのTEEシャツを再現したモデルで、

 

IMG_7867.JPG

 

IMG_7866.JPG

 

主な縫製は、

 

フラットロックという手法を使っています。

 

より、フラットロックの方が複雑でかなり今では貴重な縫製。

 

要は、生地と生地との縫い目が平行になっているので、

 

着心地がよりUP。

 

あと、丸胴ボディなのも嬉しいポイント。

 

では早速着てみました。

 

(180cm68圈SIZE L )

 

IMG_7863.JPG

 

IMG_7862.JPG

 

毎年、人気のミスターフリーダムのTEEシャツ。

 

夏のTEEシャツの1つに是非!!!!!

 

 

 

 

 

お値段

 

 

¥13800+TAX

 

 

SIZE S M L XL

 

 

 

 

 

 


<< | 2/237PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.