24回目清武弘光!!

 

こんにちは!!24回目ブログ書かせて頂きます!!キヨです!!

 

来週から、気温もまたグッと下がってくるみたいです!!

 

アウターやジャケットが欲しくなりますよね????

 

あるんです、おすすめのジャケットが!!!

 

こちら☟

 

IMG_1866.JPG

 

IMG_1885.JPG

 

BROWNSBEACH 2nd TYPE JACKET

 

ついに、来ました!!ビーチクロス生地の2ndTYPE!!!

 

かっこいい!!実際にビンテージではありませんが、

 

フルカウントのブラウンズビーチネームで作ってくれているのも嬉しいところ!!

 

デニムジャケットの形好きな方多いと思います!!

 

ファースト、セカンド、サード、フォースと続くデニムジャケットの形!!

 

特に人気があるのは、やはりファースト、セカンドの2つです!!今回のはセカンドタイプ!!

 

セカンドタイプのジャケットは、50年代からでています!!

 

オリジナルは着丈が短めで着にくいところもありますがここはフルカウント!!

 

綺麗なシルエット!!着丈も程よくあります!!

 

ちょいとディティールを!!

 

IMG_1853.JPG

 

全てボタンは、BROWNSBEACHJACKET刻印入りスナップボタン!!スナップボタンなので、着脱もしやすい!!

 

IMG_1864.JPG

 

初のGジャンタイプのビーチクロス!!!!

 

なんといっても、ビーチクロスって厚いんです!!

 

これを縫ってGジャンのカタチにするのはかなり難しい!!針も通りにくいんです!!

 

もちろん、デニムよりも保温性も高く、少し大きめのサイズ着れば冬のアウターとしてもいけます!!

 

IMG_1870.JPG

 

腰にはスナップボタンのアジャスター付き!!セカンドのディティールと一緒です!!

 

あと、裏地!!個人的にかなり好きな所!!

 

IMG_1867.JPG

 

IMG_1862.JPG

 

IMG_1858.JPG

 

IMG_1854.JPG

 

IMG_1865.JPG

 

IMG_1868.JPG

 

至る所に、杢グレーのコットン生地!!

 

腕まくった時、ボタン締めないで着た時、襟立てて着た時、見えます!!

 

チラリと見えるのが格好いい!!

 

着画がこちら☟

 

’180cm 72圈SIZE40着用)

 

IMG_1881.JPG

 

神父様の様な佇まい。。。。。

 

IMG_1880.JPG

 

IMG_1882.JPG

 

襟立てて着ています!!イカしてます!!

 

IMG_1884.JPG

 

なにより、形が良い!!私自身普段38なのですが、少し大き目で40を着ています!!

 

ワンサイズ上げてもバランスよく着れます!!

 

すごく温かいです!!チクチク感も無く!!新色ブラック!!!

 

渋い!!!

 

ブラウンズビーチ、古き良きワーク!!

 

時代が変わるにつれ、モノも変わっていき

 

化学繊維が出てき始め、ウールやコットンの服も少なくなっていき、無くなってしまいました!!

 

そして、今フルカウントが研究に研究を重ね、ブラウンズビーチのライセンスを所得して、実名復刻しているのです!!

 

これは、是非手に入れてください!!!!

 

 

お値段

 

 

 

¥72800+TAX

 

 

 

 

通販はこちら

 

 

 

 

 

 


カナディアンセーターのカウチンニットがきやした!!

みなさん、こんにちは!イトウです!

 

最近なかなか天気のいい日がなくて、

 

この間のお休みの日が久々に良い天気に恵まれました!!

 

だからどこに行ったって訳ではないんですけどね(笑)

 

天候に恵まれたもんですから、

 

洗濯ガッツリとしてやりました!!

 

だいぶ溜まってたのもあるのですが、

 

すんごい量になってあたふたです。

 

今年は雨率すごい高い気がします。

 

そのせいかなかなか洗濯できないので、

 

困っちゃいますねー。

 

乾燥機買おうかガチ悩み中です、ホント。

 

...

 

どうでもいい話が長くなりました。

 

それでは本日御紹介するアイテムですが、

 

IMG_1768.JPG

 

IMG_1769.JPG

 

CANADIAN SWEATER COMPANY

 

COWICHAN SWEATER Wolf&Bear

 

カウチンセーターと言えば!

 

このカナディアンセーターを思い浮かべる方も多いでしょう!!

 

それだけ名前が広がっているブランド!!

 

創業自体は1977年とめちゃめちゃに古いわけではありませんが、

 

非常に高品質、

 

そしてハンドメイドにこだわり続けているブランドです!!

 

IMG_1770.JPG

 

IMG_1772.JPG

 

1800年代後期から存在するカウチンセーター!!

 

元々はカウチン族というインディアン部族が作り始めました。

 

それは今でも伝統工芸品として続いているのですが、

 

この素晴らしさを後世にも伝えていくために、

 

設立したカナディアンセーター!!

 

当時と同じく機械生産を一切行っていません。

 

なので生産数はかなり限られた物となってしまいます。

 

その代わりに、

 

簡単にダメになるような物作りはしていません!!

 

なので世界中から愛されているのでしょうね。

 

日本でもとても人気があるのもうなづけます!

 

そして今回入荷してきたのが、

 

カナディアンセーターでも人気のある動物モチーフ!!

 

ハウリングウルフ(狼)とベアー(熊)!!

 

IMG_1771.JPG

 

まさに遠吠えをしている狼の瞬間を捉えたかような構図!!

 

カッコいいですね!!

 

IMG_1773.JPG

 

こちらは熊の横顔!!

 

なんとも勇ましい。

 

IMG_1776.JPG

 

IMG_1786.JPG

 

前にくる手形はまさに狼と熊の手形!

 

可愛いってなりそうなのに、

 

カッコいい雰囲気になってるのがスゴイ。

 

IMG_1784.JPG

 

IMG_1781.JPG

 

袖はラグランスリーブ!!

 

とても動きやすい仕様になっています!!

 

IMG_1785.JPG

 

IMG_1775.JPG

 

胸にポケットが1つ付いています!!

 

こういうポケット付きなタイプは意外と珍しいです!!

 

ほとんどがポケット無しですので!

 

IMG_1787.JPG

 

IMG_1777.JPG

 

前面下部にはスラッシュポケット!!

 

これは割とポピュラーな仕様ですね!!

 

IMG_1779.JPG

 

IMG_1788.JPG

 

ジッパーはダブルジッパー仕様に!

 

これがまた便利!

 

IMG_1795.JPG

 

IMG_1791.JPG

 

ほぼ全ての仕様が同じようになっていますが、

 

唯一違うのがこの襟!!

 

襟アリと襟なし!

 

ここはお好みで!って感じですね!

 

IMG_1794.JPG

 

素材となるウールはかなりの肉厚!!

 

元々カウチンセーターは狩猟などで着ることを前提としているので、

 

非常に厚い糸で紡がれています!

 

さらに今のセーターは加工して毛に含まれる脂肪分を抜いて紡ぐところを、

 

昔と同じく、

 

脂肪分を抜かずに紡いでいるので、

 

とても暖かく、撥水性も高い!!

 

非常にヌクモリティを感じるアイテムとなっています!!

 

IMG_1802.JPG

 

IMG_1810.JPG

 

※176cm、サイズ44着用

 

着てみました!!

 

ほっかほかです!!

 

IMG_1800.JPG

 

IMG_1808.JPG

 

ホントはタグを外して撮りたかったのですが、

 

取り外しの出来ない仕様だったので取れませんでした。

 

すみません。

 

IMG_1805.JPG

 

IMG_1809.JPG

 

全体的にサイズ感はタイトな印象です!

 

大きいサイズのはずなんですが、

 

意外とそうでもない。

 

ボクの着てる44のサイズで、

 

日本のLサイズくらいですかね。

 

にしてもカッコイイ...

 

IMG_1815.JPG

 

IMG_1823.JPG

 

こちらも同じく44着用です!

 

IMG_1812.JPG

 

IMG_1818.JPG

 

どちらもデニムとの相性がバツグンですね!!

 

こーれはどちらも欲しくなる(笑)

 

2つとも雰囲気全然変わりますもんね!

 

IMG_1817.JPG

 

IMG_1827.JPG

 

ロンティーはもちろん、

 

シャツとの相性も間違いないヤツ!

 

パーカーなどの合わせも可愛らしく着れちゃいますね!!

 

キャップでもニット帽でも、

 

私のようにハットでも似合ってしまうカウチンセーター!

 

これは使えること間違いなしなアイテムです!!

 

IMG_1807.JPG

 

IMG_1829.JPG

 

どちらもオススメ!!

 

無くなる前にぜひ!!

 

サイズは

 

42、44

 

お値段は

 

¥59800−+TAX

 

となります!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

IMG_1811.JPG

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

通販はこちらからどうぞ!!

 

ハウリングウルフ(狼)

 

ベアー(熊)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PARK RANGER JACKET&VEST

カヲルです。

 

以前も御紹介したパークレンジャーシリーズのベストですが、

 

これまたちょいとワケありでして。

 

あ??これ前も読んだぞ??

 

と思う方もいらっしゃると思うわけなのですが、

 

そこ、ブログの関係上、

 

カット出来ない部分だったので、2度目の部分もありますが・・・・

 

そこは

 

私の超オススメって事で、

 

ご勘弁をして頂いて、

 

是非、お読みください。

 

 

IMG_1242.JPG

 

シュガーケーンのアメリカ製シリーズのひとつ。

 

パークレンジャーのシリーズで御座います。

 

今期初のシリーズで御座いますが、

 

以前のブログをご覧になっている方には、

 

なんとなくでも、おわかりになると思います。

 

アメリカの国立公園で、

 

その整備などを行っている方たちの着ているユニフォームを作ってる工場で

 

シュガーケーンが作ったというシリーズ。

 

Jorge_Cieslik.JPG

 

(もしくは、デッドストック(NOS)の生地で、

 

アメリカのシュガーケーンの工場で作ったというアイテムも同時に展開しています。)

 

今期は、このシリーズが数アイテム入荷している、

 

もしくは、これから入荷するモデルもありますが、

 

今回は、こちらをご紹介で御座います。

 

「PARK RANGER VEST」

 

IMG_1228.JPG

 

 

実際にパークレンジャーの方々が使っているモデルを、

 

そのままの仕様で作ってあるので、

 

SUGAR CANEのタグなど付いていますが、

 

IMG_0755.JPG

 

現物と変わらぬ仕様で御座います。

 

これも以前お話したのですが、

 

やはり国立公園という、公園という名前はついているものの、

 

そこらへんの近所の公園とは、まったくもってして

 

わけが違うのです。

 

bigstockphoto_Grand_Canyon_Sunset_4852515.jpg

 

こんな感じで。。。。これはグランドキャニオンですが、

 

その他にも国立公園、

 

言い方変えたら、猛烈にデカイ、人の手がなるべくつかないようにしている、

 

リアル大自然で御座います。

 

そう。

 

もう、アウトドアで御座います。

 

なので、そのユニフォームともなれば、

 

町で働いている人と同じ素材、仕様などでは

 

確実にダメなわけです。

 

当然、保温性や、防水性、速乾性、透湿性などなど・・・・

 

それはまさにアウトドアであるという事。

 

あ、あとある程度の頑丈さも求められますよね。

 

 

というわけでして。

 

今回ご紹介は、こちらで御座います。

 

 

さっきも同じ事言ったけども。

 

 

このベスト。

 

素材は、ナイロンで御座います。

 

IMG_1238.JPG

 

アウトドアと言えば、

 

やはりナイロン製。

 

で、色もオリーブという

 

まさしくパークレンジャーの仕様そのまんまで御座います。

 

 

で。

 

このベストの良きポイントは、

 

これまたいくつかあるのですが。

 

私的なオススメポイントはこちらで御座います。

 

IMG_1236.JPG

 

 

このタグ、

 

この名前、

 

見たこと、聞いたこと、

 

ありますよね。

 

クラシックスのブログでも、

 

アウトドアな商品の時のブログで、

 

何度も登場はしていると思いますが。

 

ここで、ちょいと簡単なご説明。

 

まず、THINSULATE(シンサレート)という名前。

 

IMG_1237.JPG

 

THIN(薄い)、INSULATE(断熱)という単語を組み合わせたという、

 

これまた、安直というか、なんというか・・・・・

 

いや、うまい!というところでしょうかね。

 

つまりは、薄くて軽量だけども、すんごい温かい!

 

という素材なわけです。

 

マイクロファイバーという、その名の通りのほっそい繊維を大量に組み合わせてあるので、

 

その間に空気を大量に含みますよね。

 

体の熱をそこに溜め込むわけなのです。

 

そもそもが、暖気をため込む=ウール素材などの

 

天然素材だった物を、

 

そこには無い機能性、

 

軽い、薄い、洗える、乾くの早い、などなどなど・・・・・

 

天然素材には無い利便性を備えているのが、

 

ハイテク素材であり、このシンサレートも

 

そのひとつであります。

 

このシンサレートが、裏面すべてに装備されているのです。

 

 

このように、首の部分にも

 

 

もちろん装備されているのです。

 

 

そして、このポケット。

 

IMG_1240.JPG

 

ハンドウォーマーなので、

 

中にシンサレートが入っているのかと思いきや。

 

IMG_1241.JPG

 

何も入っていないのですが。

 

これは、ジャケットなどを着た時に

 

かさばらないようにという事や、

 

ポケットに物を入れる時に、

 

少しでも多くの物が入る、もしくは

 

中に物を入れた時にかさばらないようになっているのです。

 

あと、大きな理由はもうひとつ。

 

 

このジッパー。

 

IMG_1239.JPG

 

大型のジッパーですが。

 

先にお話した通りですが、

 

このベスト。

 

実際のパークレンジャーの着ているモデルと同じ仕様と言いましたが。

 

このジッパーも、その仕様のまま作られています。

 

ジッパーが裏側になり、ジャケットの内側に装着できるようになっているのです。

 

という事は、ポケットがついている部分が、裏側になってしまうんですね。

 

そうすると、このポケットの中にシンサレートが入っていると、

 

やはり、ちょいとかさばってしまうんです。

 

故に入っていないというわけなのです。

 

 

 

着るサイズによっては、

 

薄手のジャケットの上に着ても良し。

 

当然、ジャケットのインナーなどに着ても、

 

もちろん良し。

 

こんな感じで着ている写真で御座います。

 

IMG_1227.JPGIMG_1228.JPG

 

IMG_1231.JPGIMG_1229.JPG

 

私、かなりオススメのベストで御座います。

 

もー、おすすめで御座います。

 

そして、更なるオススメがひとつ。

 

同じシリーズの、

 

これ。

 

IMG_1749.JPGIMG_1751.JPG

 

ジャケット。

 

このジャケットこそが、

 

新入荷というわけでして、

 

以前のブログ、プラスアルファという感じで

 

今回のブログのUPと相成ったわけで御座います。

 

 

まあ、ベストのブログと繋げたわけですから

 

同じシリーズ、同じ素材、同じ作りの、

 

ジャケットバージョンで御座います!

 

・・・・・・って言えば、話が早いんで御座いますが。

 

ただ、

 

それだけならば、わざわざブログには載せないので御座います。

 

なぜならば、

 

ベストには無い部分。

 

それはすなわち、

 

「袖」

 

「フード」

 

ってもんが、ベストには無い部分。

 

そして、ここが今回のジャケットの大きなポイントとなるわけで御座います。

 

 

 

まず、袖。

 

もちろん、ベストは袖がないからVESTなわけなのですが、

 

このジャケット。

 

袖の中身がどうなっているか、

 

アウトドアウェアなどを一度でも着た事がある方は

 

おわかりかと思いますが。

 

いくら胴体部分のインナーに、フリースなどの生地が貼ってあるとしても、

 

腕にまでは貼っていないわけなのであります。

 

そりゃそうです。

 

袖のライニングにフリースなど貼っていない方が、

 

脱ぎ着する時には、袖通りが良いわけですし(フリース素材などによるひっかかりが無いですからね。)

 

腕の内側部分のボリュームが無いですからね、

 

そりゃ腕が動かしやすいわけであります。

 

なので、腕のライニングには、

 

薄手のナイロン生地などが使われる事が多いのです。

 

が、このジャケット。

 

そんなの無視。

 

ガッツリ無視。

 

IMG_1760.JPG

 

この通り無視。

 

 

なぜならば。

 

理由はひとつ。

 

「袖にシンサレート入っている方が温かいから。」

 

なので御座います。

 

まず、それによって、

 

インナーに着る物が薄手のものでOKとなるわけです。

 

それでも寒いという方は、

 

ほら。

 

前半に紹介したVEST着たら良い。

 

ね。

 

とは言え。

 

そこまで厚着しなくても良いというわけです。

 

ほんと、温かいから!

 

 

そしてついでに。(ついでじゃないけど。)

 

 

このフード。

 

IMG_1757.JPGIMG_1758.JPG

 

実際にフードをかぶるシチュエーションって、

 

街着である以上は、そんなに無い事でありますが、

 

これからの時期。

 

クリスマスに夜どっか行くとか、

 

初詣行くとか。。。。まあ・・・無理矢理感ありますが。

 

ちょいと寒さが厳しい時や、

 

急な雨、はたまた雪の時などには、

 

フードが活躍します。

 

その時に、内側にシンサレートがあった方が、

 

腕の時と同様、これまた温かいわけなのです。

 

 

なにしろ、冬の着物です。

 

温かいのが基本なのです。

 

 

その他にも、フロントジッパーと、ハンドウォーマーの引手も

 

IMG_1754.JPG

 

こんな感じ。ちゃんと開け閉めしやすい様に

 

引手がついています。

 

そして、袖の件で紹介してなかったですけど、

 

IMG_1753.JPGIMG_1755.JPG

 

袖リブ、裾もリブ仕様になっています。

 

この、何とも言えないリブの感じ、雰囲気とか、

 

どーにも、こーにも、アメリカ製の雰囲気ガッツリ出ているのであります。

 

 

というわけでして。

 

近年稀に見る長いブログになりましたが。

 

本来、ひとつであるブログに、

 

そのままもうひとつ付け足した感じになったから、そりゃ長いので御座いますが。

 

良き暇つぶしになって頂けたなら幸いと思います。

 

& 購買意欲かき立てられたなら、

 

更なる幸せで御座います。

 

通販はこちらでございます。

 


ウェアハウスのプリントスウェット!!

みなさん、こんにちは!イトウです!

 

ついに11月に突入しました!

 

寒々としてきて、

 

アウターの出番もすぐそこですね!

 

ですが、

 

その前に活躍してくれるアイテムも多々あります。

 

ニットしかりスウェットしかり。

 

というわけで本日はスウェットの御紹介!!

 

今からメインで活躍してくれる良いヤツ!!

 

IMG_1652.JPG

 

WAREHOUSE

 

PRINT SWEAT

 

アメカジアイテムとしては定番中の定番!!

 

プリントスウェット!!

 

vintagesweatshirts_01.jpg

 

スウェットの歴史はとても古く、

 

1920年代には今の原型ともいえる形がもう出来上がっていました。

 

コットンではくウールの素材を使っていたモノが主流で、

 

吸水性や着心地などの部分から、

 

今のようなコットンメインになったのが、

 

1930年代くらいと言われています。

 

主に学校メインで使われていて、

 

それが大学だったり、

 

軍関係だったりで、

 

それに関連するプリントも様々。

 

それこそ把握しきれないほどに。

 

もちろんそこのプリントだけではないのですが、

 

見つかるヴィンテージはそういうのが多いです。

 

そしてそういったヴィンテージを元に、

 

細かく細部まで作り込んでいき、

 

現代に蘇らせたのが、

 

ウェアハウス!!

 

もう細かすぎてとてもじゃありませんが、

 

ヴィンテージに詳しくない私は、

 

把握できません (笑)

 

ですが物が良いのは間違いない。

 

ホントにヴィンテージの様な風合いに変化していき、

 

タグを見ないと本物と区別がつかないくらい。

 

そしてそんなウェアハウスから、

 

今年も良い柄がやってまいりましたよ!!

 

IMG_1655.JPG

 

Lot403 103rd CATD

 

ミリタリーが元ネタのこちら!!

 

IMG_1657.JPG

 

アンカーマークに銃弾!!

 

なんとも激しいモチーフ!!

 

でもカッコイイ。

 

プリントはフロッキープリントになっております!!

 

ボロボロに剥がれてくるのが実に楽しみなヤツです!!

 

IMG_1658.JPG

 

袖はセットインフリーダム!!

 

これはもうウェアハウスでもテッパンの仕様ですね!

 

腕の動きを阻害しないための作り!!

 

脇に縫いがこないだけで、

 

動きやすさが全然違います!!

 

今回の入荷モデル全てがこの仕様になっております。

 

IMG_1667.JPG

 

Lot403 BROADMOOR

 

お次はドクロがイカツイこちら!!

 

IMG_1668.JPG

 

見て頂いてわかる通り、

 

こちらもセットインフリーダムになっています!!

 

IMG_1669.JPG

 

こちらのプリントはひび割れプリント!!

 

着用→洗濯を繰り返すことによって、

 

とんでもないカッコ良さに!!

 

スウェットの中ではボクの一番好きなプリント技法です。

 

バンバン使い込みたくなります!

 

IMG_1659.JPG

 

IMG_1663.JPG

 

Lot403 NT 1958

 

最後がこちら!!

 

今回入荷の中で、

 

私の一番のお気に入り!!

 

IMG_1660.JPG

 

IMG_1664.JPG

 

両面共にフロッキープリント仕様!!

 

裏面のナンバリングがめっちゃカッコいい!!

 

IMG_1662.JPG

 

そしてなんと言ってもこのドヤ顔!!

 

これ、良い感じに腹立つ顔です (笑)

 

でもこの表情に私はやられました。

 

良い顔してんだもの。

 

IMG_1666.JPG

 

今回入荷のモデル全てに言えることなのですが、

 

首元は両Vガセット!!

 

ヴィンテージで出るとレアな仕様ですね!!

 

そして縫製は2本針に!!

 

とことんこだわり尽くした、

 

ヴィンテージと遜色ないスウェットになっております!!

 

みなさんが好きになるのも分かります。うん。

 

IMG_1674.JPG

 

IMG_1676.JPG

 

※169cm、サイズ38(ノンウォッシュ)着用

 

着ていただきました!!

 

IMG_1675.JPG

 

IMG_1677.JPG

 

いやーこれやっぱり良い!!

 

可愛すぎないこのプリント!!

 

ちなみにウェアハウスのスウェットは、

 

洗うとすんごく縮みます!!

 

なのでサイズには十分ご注意ください!!

 

IMG_1679.JPG

 

IMG_1680.JPG

 

このブラックもとんでもなく色が抜けてきそう!!

 

実に楽しみです!!

 

IMG_1682.JPG

 

IMG_1683.JPG

 

このアンカーもテッパンにカッコいい!!

 

どれもジーンズと良く合います!!

 

さてさていかがでしたか?

 

どのモデルもめっちゃいいでしょー?

 

是非とも狙いにください!!

 

サイズは

 

38、40、42

 

そして、

 

IMG_1670.JPG

 

XLサイズに当たる44!!

 

今までなかったサイズですね!!

 

これは体の大きい方には朗報です!!

 

そしてお値段は、

 

ドクロ ¥12500−+TAX

 

アンカー ¥13000−+TAX

 

ひつじ ¥14000−+TAX

 

となります!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

einstein.jpg

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 

 

 

 

 

 


SUGAR CANE - CORDURA NYLON×COTTON Down Jacket & Vest

カヲルであります。

 

最近のブログで、お伝えしておりますが。

 

冬間近で御座います。

 

朝晩なんて、寒いもん。

 

そりゃ冬間近だ。

 

というわけでして。

 

ダウンジャケット&ベストの御紹介となります。

 

 

お題にもあります通りですが、

 

 

SUGAR CANE~Made in USA~のシリーズで御座います。

 

ダウン素材を使用しているウェアでいちばん大事なポイントがありますが。

 

それはそのまんま、「ダウン素材の良さ」であります。

 

今回御紹介のダウンジャケット&ベスト。

 

ダウン素材の良さというのは、すなわち温かさ、保温性。

 

そしてそれは、「フィルパワー」という数値に集約されると言っても良いのですが。

 

ダウン素材そのものの反発力がフィルパワーという単位で表されるので御座います。

 

そのフィルパワー。

 

このジャケット&ベストは「700フィルパワー」。

 

国内最高峰のフィルパワーを誇るジャケット&ベストであります。

 

そして、世界最高峰と言われる

 

ヨーロッパ産のグースダウンを使用しています。

 

 

そして、その他のポイントも御紹介。

 

ジャケットの方から。

 

IMG_1648.JPGIMG_1645.JPGIMG_1633.JPGIMG_1631.JPG

 

まず、このフード。

 

IMG_1635.JPG

 

当然の事ながら、ダウン入りのフード。

 

で、スナップボタンで着脱可能。

 

IMG_1636.JPG

 

これが意外と便利。

 

用途によって着脱すると、活動の幅が広がります。

 

例えば、バイク乗る時はフード外す・・・とかね。

 

初詣の時は、付ける・・・とかね。

 

いろいろと。

 

 

そして次。

 

ストームフラップ。&大型のジッパー。

 

IMG_1637.JPG

 

 

ゴチゴチのアウトドアブランドの山ジャケットではないので、

 

止水ジッパー仕様ではないものの、

 

大型で着脱のしやすいジッパーを使用しているのと、

 

 

ダウンジャケット自体が、腰までの長さがあるので、

 

やはりそこはダブルジッパー仕様。

 

 

これも電車に乗っている時(座る時とか)、いろんな場面で

 

最高に便利。

 

 

そして、

 

このストームフラップにも、当然ダウンが入っています。

 

そして、このフロントのポケット。

 

IMG_1638.JPG

 

大型で、スナップボタン付きのフラップ仕様。

 

スナップのポケットの横には、

 

IMG_1640.JPG

 

手を突っ込みやすい、フラップ無しのハンドウォーマー付き。

 

つまり、2層構造のポケットになっています。

 

IMG_1641.JPG

 

見かける仕様でもありますが、

 

何気にありそうで、そんなに無い仕様でもあります。

 

これも、最強に便利なディティールであります。

 

 

そして、このジャケット。

 

ダウンのフィルパワー同様、

 

最強のディティールがもうひとつ。

 

それは、そのアウターシェル素材。

 

IMG_1651.JPG

IMG_1649.JPG

アメリカ・コーデュラ社製のコットン×ナイロンのリップストップ生地を使用。

 

IMG_1609.JPG

 

リップストップ仕様にする事で、引裂きや摩耗に強く、

 

コットン×ナイロンの素材を使用する事で、使い込んだ時の風合いも

 

しっかりと出るようになっているのです。

 

そして、

 

IMG_1650.JPG

 

インナー素材はナイロンの薄手の生地を使用する事で、

 

スウェットや、セーターなど、分厚い素材の物を着ていても、

 

袖通りや、着ている時の体の動きの妨げにもならないのです。

 

そして、このインナー生地の部分には

 

IMG_1642.JPG

 

左胸あたりに、ジッパー付きの内ポケットが付きます。

 

シルエット全体で見れば、

 

やや細身になりますが、

 

このインナー生地のおかげで、

 

脱ぎ着も楽に、そして着ている時も心地よく動く事が出来ます。

 

 

アメリカ製のイメージといえば、

 

アメリカンサイズとか、

 

形がちょっと日本人には合わない物が多いイメージもありますが、

 

そこはあくまでも「SUGAR CANEのアメリカ製」です。

 

日本人の体形にも良く合い、シルエットも良く

 

最強の出来になっております。

 

 

 

そして、お次はこれ。

 

IMG_1624.JPGIMG_1623.JPGIMG_1606.JPGIMG_1604.JPG

 

VESTで御座います。

 

 

ジャケット同様、

 

700フィルパワーのダウンを内蔵し、

 

ジッパーもダブルジッパー、

 

フトームフラップ仕様。

 

 

ジャケットとの違いは、

 

IMG_1616.JPG

 

この両胸のスナップボタン仕様のフラップ付きポケット。

 

そして、前面下部にはハンドウォーマー。

 

IMG_1617.JPG

 

 

& 

 

フードは付いていません。

 

アウターシェル部分は、ジャケット同様の

 

コーデュラ社製、コットン×ナイロンのリップストップ生地を使用。

 

ジャケットの高性能な部分を

 

そのままベストにしている感じであります。

 

 

生地や素材などの良さも十分でありますが、

 

その色の良さというのも特徴であります。

 

 

NAVY

 

IMG_1606.JPG

 

 

 

OLIVE

 

IMG_1635.JPG

 

の2色。

 

カモフラージュ柄といえば

 

やはりミリタリーのイメージが強いですが、

 

それと同様にアウトドアで使われる色柄ですから、

 

このジャケット&ベストは

 

アウトドアなイメージの方が強いんだと思います。

 

 

アウトドアなどのギア感を備えながらも、

 

SUGAR CANEというブランドならではの

 

ワーク系などの使用感というものを合体させた

 

最強のジャケット&ベスト。

 

ガンガンに着込めるダウンジャケット&ベスト。

 

で、御座います。

 

 

 

というわけで。

 

私のオススメ。

 

是非。

 

 

通販は・・・・・・

 

<ジャケット>

 

ネイビー

 

オリーブ

 

 

 

<ベスト>

 

ネイビー

 

オリーブ

 

IMG_1554.JPG

 

是非。


THE NORTHFACE ZEPPHER SHELL CARDIGANの入荷で御座います。

カヲルです。

 

冬までいかなくても、

 

只今、秋本番って感じの気候ですが。

 

そろそろ、真冬のアイテムの入荷最盛期で御座います。

 

インナー系から、ゴリゴリのアウター系まで、

 

店内は冬で御座います。

 

というわけでして。

 

皆様。

 

本日紹介のアイテム。

 

ノースフェイスのインナーダウン(店での通称)と言えば

 

クラシックスでは通じます。

 

正式名称。

 

その名は「ZEPPHER SHELL CARDIGAN」

 

IMG_1550.JPG

 

で御座います。

 

新色は2色。

 

 

ブラック

 

&

 

 

エレファントスキングレー

 

で御座います。

 

 

このジャケット。

 

簡単に特徴を言えば、

 

 

「薄い。軽い。すんげー温かい。」

 

です。

 

その秘密。

 

こうゆうアウトドアのアイテムには付き物ですが。

 

 

IMG_1552.JPG

 

まずはこれ。

 

ゴアテックス社のWIND STOPPER。

 

IMG_1527.JPG

 

この、ジャケット表面の生地(メンブレン)の事。

 

ゴアテックス社というだけあって、

 

防水、透湿性、防風性に特化した生地素材。

 

水がしみてこない、けど内側の湿気を逃がすので蒸れない、風を通さないって

 

3拍子揃ってます。

 

今でこそ、ゴアテックスなどの素材で実現出来ていますが、

 

昔昔のジャケットなど(フライトジャケットを含む)は、

 

その3拍子を目指して、みなさん苦労してきたわけなんですが

 

今ではそこを完璧にクリアしてます。

 

 

で。次。

 

このジャケットは、このメンブレン部分だけでなく

 

インナーの生地にも秘密があります。

 

IMG_1553.JPG

 

こんな感じの生地。

 

うっすらとリップストップ仕様になってるのもわかりますよね??

 

すなわち引裂きに強い生地の仕様という事。

 

で、この生地。

 

20161104NFID (18).JPG

 

パーテックス・クワンタム。

 

この生地。

 

パーテックス社の作っている生地の中でも最軽量。

 

20デニール・・・って言われてもピンとこないですが、

 

何しろ極極細のナイロン色を使用して、最大限に目を詰めて織り込まれている生地。

 

なので、

 

引裂きに強く、擦れにも強い。

 

まさしく、インナーの生地として作られたような生地。

 

しかもリップストップ仕様ってだけでも、

 

その頑強さが伝わります。

 

しかも軽い。

 

同じ量で言えば、羽毛と同じぐらいの重さしかありません。

 

そして先ほどのWIND STOPPER同様、

 

透湿性、防水性にも優れた生地なので、

 

塗れず、蒸れず。

 

インナー生地としては最強の生地です。

 

そしてこの生地。

 

軽く、薄い・・・ってのを生かして

 

ものすんごく小さく折りたたむ事が可能。

 

IMG_1533.JPG

 

 

180cmの身長のイワさんが着れる、このジャケットが・・・・

 

 

このお札約2枚分の大きさ(平置き)の付属のポーチに入ります・・・・・

 

恐るべし。。。。

 

 

さらに。

 

20161104NFID (19).JPG

 

そのWIND STOPPERと、PERTEX QUANTUMの間にある素材。

 

それが、この光電子。

 

光電子には、セラミックの粒子が入ってます。

 

通常、ジャケットってのは

 

内側に湿気を溜め込む事で温める「加湿」という方法で温まる事が多いのですが。

 

光電子はちょいと違うのです。

 

人間の体って、遠赤外線っていうのを出してるんです。

 

ほら、石焼き芋とかでよく聞きますよね。

 

わかりやすく言えば、

 

手のひらをくっつくか、くっつかないかで合わせた時など

 

じわーって片方の手のひらの温かさが伝わりますよね??

 

あれって、遠赤外線。

 

その遠赤外線を反射する素材なんです。

 

そうやって、人体の遠赤外線で体を自身の体を温めるのを

 

「輻射」って言うんです。

 

なので、快適で

 

かつ、温まり過ぎる事が無いのです。

 

加えて、光電子は

 

透湿性も高いので、

 

湿気を外に出しやすい素材なのです。

 

 

以上、

 

WIND STOPPER

 

PERTEX QUANTUM

 

光電子

 

の3つの最強が詰まったインナーこそ

 

IMG_1521.JPG

 

この WS Zepher Shell Cardigan なんです。

 

 

そして、

 

IMG_1520.JPG

 

腕も細身。

 

胴体も細身。

 

IMG_1548.JPG

 

襟が付いていない。。。。。。

 

ので、上の画像のように

 

ジージャンのインナーにでさえ着れるという、

 

まさにインナーに特化していると。

 

そして。

 

レザー好きな皆様には うってつけ。

 

レザーって、なんだかなんだ真冬に着ていると

 

寒いですよね・・・・

 

しかもタイトめに着ている人が多い中。

 

このインナーダウンをどう使えば良いかが

 

すぐにわかるはず!

 

 

しかも

 

IMG_1544.JPG

 

胴体には ハンドウォーマーと

 

IMG_1533.JPG

 

 

フラップ付の胸ポケットが付いているので、

 

IMG_1529.JPG

 

車の運転する人や、

 

ちょいとした場所ならば、

 

別にインナーとしてじゃなくて、これをアウターとして使うってのもアリ。

 

 

IMG_1527.JPG

 

左でに入るロゴマークもおとなしめで、

 

インナーダウンさを感じます。

 

が、

 

IMG_1528.JPG

 

右腕にはWINDSTOPPERのロゴも入ってて、

 

何気なく自身満々さ・・・・

 

薄くて、軽くて、高機能で、どこか質素な中にも

 

こんな感じで自信を漂わせる雰囲気もあって、

 

いかにも自己満足感を満たしてくれそう。

 

 

¥28000+TAX

 

 

今なら、サイズもほぼ揃ってます。

 

このテで安価な物も多々ある中、

 

どうせ長く使うならば、まさしくこれでしょう!

 

 

ってなわけで。

 

今回の撮影場所は、また元町公園ですが。

 

IMG_1539.JPG

 

何気に、我国塗装発祥之地という記念碑がある場所でもあります。

 

塗装って、あの塗装なのだろうか??

 

と思いつつ、その碑を見ている。

 

あれ?

 

IMG_1540.JPG

 

心霊?

 

IMG_1541.JPG

 

心霊だ!

 

IMG_1545.JPG

 

水も飲んでいる!

 

IMG_1543.JPG

 

すべり台で、おすべりになられてもいる!

 

というわけでして、

 

イワさんが着てみました。

 

IMG_1522.JPGIMG_1525.JPG

 

先ほどから何度も登場のグレーですが、

 

ジージャンのインナーとして着てみるとこんな感じ。

 

IMG_1543.JPG

 

そして先ほどのおすべり画像のブラックに

 

IMG_1544.JPGIMG_1547.JPG

 

ジージャンを合わせるとこんな感じ。

 

どんな感じだ。

 

IMG_1548.JPG

 

IMG_1545.JPG

 

そして、こんな感じで先ほども画像使いましたけども、

 

新色ではないものの、

 

クラシックス・イチオシのこの色。

 

ミリタリーオリーブ。

 

この色も良い色。

 

というわけでして。

 

 

¥28000+TAX

 

なにしろ、

 

最高・最強のインナージャケットで御座います。

 

そして

 

最高・最強にオススメで御座います。

 

是非是非。

 

 

通販はこちら。

 

エレファントスキングレー

 

ブラック

 

ミリタリーオリーブ

 

 


22回目清武弘光!!

 

22回目ブログ書かせて頂きます!!キヨです!!

 

今回紹介する新作アイテムはHATなのですが、ここで小話を!!(笑)

 

私自身、HATを初めて買ったのは4年前の大学1年生の頃でした!!

 

その頃、あまりHATを被っている人も少なかったと思います!!だからこそ、かなり勇気がいりました!!(笑)

 

しかし、雑誌や被っている人をたまに道端で見たとき、あーー格好いいなとすごく感じていました!!

 

そして、僕はHATを買いました!!初めはやはり、シャツと一緒に合わせて被っていました!!

 

自分自身すごく、新鮮な感じがしてHATって被りやすい、シンプルな格好な時にバシッと決まっちゃう!!

 

形やブリムの長さによって、雰囲気がスゴク変わり、HATの良さをかなり実感しました!!

 

そして、HATに合うアイテム(洋服)を買っていました!!

 

大学では友達と、つば広族(つばひろぞく)という名でみんなでHATを被って集まり、飲み会をしました!!(笑)

 

そんな、私がオススメする今回のHATはこちら!!

 

IMG_1438.JPG

 

(NAVY)

 

IMG_1445.JPG

 

(GRAY)

 

H.W.DOG&CO 

 

D-00006   FRONT

 

初めてHAT被る方にもオススメ!!!

 

IMG_1456.JPG

 

IMG_1457.JPG

 

リボンもそれぞれ、HATと同じ色で巻かれています!!

 

リボンはHATの左側に巻かれていますが、HATの前後どちらなのか、分かるようにする役目もあります!!

 

被った時に左側にリボンがきてれば大丈夫です!!

 

IMG_1451.JPG

 

IMG_1443.JPG

 

ブリムも長すぎず、短過ぎず!!被りやすいです!!

 

IMG_1444.JPG

 

IMG_1446.JPG

 

形はティアドロップ型!!良く見かける形です!!

 

IMG_1448.JPG

 

IMG_1442.JPG

 

HATの内側に革のテープ!!汗を吸ってくれます!!

 

IMG_1455.JPG

 

IMG_1453.JPG

 

ウール ファーフェルト!!

 

IMG_1439.JPG

 

IMG_1447.JPG

 

 

IMG_1458.JPG

 

HATの後ろにはDOGの紙タグが付いています!!ここは、取っても良し付けて被るのも良し好みに別れます!!

 

早速被ってみました!!

 

IMG_1468.JPG

 

IMG_1471.JPG

 

(着用 NAVY SIZE 38)

 

IMG_1461.JPG

 

IMG_1460.JPG

 

(着用 GRAY SIZE 38)

 

 

 

第二次世界大戦前頃まで、一般的に公務員や警察官や会社員に愛用されていました!!

 

多くの方に被られていたHAT!!

 

最後に、今年の新作アイテムと合わせてみました!!

 

IMG_1474.JPG

 

 

FILSON CREW NECK GUIDE SWEATER

 

セーターとも合います!!

 

IMG_1482.JPG

 

 

KOSHO TIGER HEAD&EAGLE

 

もちろん、スカジャンとも!!落ち着いた雰囲気にしてくれます!!

 

IMG_1490.JPG

 

 

WAREHOUSE LOT403 103RD CATD

 

もちろん、プリントスウェットにもイケます!!

 

IMG_1496.JPG

 

HAT好きの方も、

 

HAT初めての方も、

 

是非今年の秋冬手に入れてください!!

 

 

お値段

 

¥15000+TAX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


秋のJUNKY別注・BUZZ RICKSON'S A-2 DECK JACKET

カヲルです。

 

秋です。

 

もう完全な秋。

 

今年は、ここ最近を考えたら、

 

ちゃんと秋という季節があった気がします。

 

近年は、長い長い夏が終わって

 

いきなり冬!みたいな気候が多かったですからね。

 

季節感も狂いがち。

 

秋という、冬物を準備する期間も無かったと思いますが。

 

今年は、その準備期間がシッカリとあります。

 

というわけでして。

 

 

ジャンキー。

 

秋の別注。

 

 

このタグだけ見てわかった人、

 

この写真のモコモコだけ見てわかった人、

 

すごい。

 

 

ここ最近、私がブログの撮影でハマっている、

 

ロケーション最高な、お散歩、休憩に最高なこの場所。

 

クラシックス御来店の際は、是非ここで休憩してみるのが最高な場所。

 

元町公園の、この地で、

 

 

 

着ている、

 

 

着ている、

 

 

 

このジャケット。

 

まごう事無き

 

「A-2 DECK JACKET」

 

で、御座います。

 

 

バズリクソンズのカタログを

 

すでにGET、&、読んだという方は、

 

もはやご存知かと思います。

 

もしくは、読んだけども

 

こんなジャケットは目に入らなかった・・・という方も

 

居ると思いますが。

 

そう。

 

このジャケット。

 

マニアックです。

 

いろいろフライトジャケットが好きで好きで・・・と言っている方に、

 

このA-2デッキを知っているかと聞けば、

 

知らない人も多々でしょう。

 

そう。

 

マニアックだから。

 

しかし、このジャケット。

 

バズリクソンズからは、ワンウォッシュモデルのみの展開となっています。

 

が、しかし。

 

そこを曲げてお頼み申した結果。

 

ジャンキー別注、通称JK品番というものが出来上がりました。

 

言わずもがな、ワンウォッシュのモデルは雰囲気もあり、

 

最高の出来になっているのは当然ではあるのですが、

 

そこは未洗い別注をお願いするというのがジャンキー流で御座います。

 

というわけで、別注で御座います。

 

言うなれば、A-2デッキジャケットのデッドストックの雰囲気を再現した別注。

 

 

こちらも、言うまでもなく、

 

雰囲気最高で御座います。

 

 

このA-2デッキ。

 

アメリカ海軍の甲板作業用のジャケットで御座います。

 

同じく、USNの甲板作業用ジャケットと言えば

 

N-1が有名過ぎるほどに有名ですが、

 

このA-2デッキジャケットというのは、

 

そのN-1の後継モデルなので御座います。

 

色に関して言えば、さほどN-1と変わりがない(ビンテージを含む)のですが、

 

変更点も当然、いくつかあります。

 

その、いちばん大きな違い。

 

 

生地で御座います。

 

N-1(デッキジャケットも含む)は、ジャングルクロス。

 

しかしながら、このA-2ジャケットは

 

バックサテン生地を使用しているのであります。

 

そして、裏生地の素材は

 

N-1のアルパカウール素材から

 

 

ご覧のように、

 

 

ナイロンボアに仕様変更になっているのであります。

 

天然素材を大量に使うより、人口の素材をメインで使った方が

 

コスト、生産効率的に、だいぶ良かったのでしょう。

 

この当時、このA-2デッキに限らず、

 

コットン素材メインだったものをナイロン素材などに変更したりする物が多かった時代です。

 

更に。

 

 

N-1では、ライニングと同じアルパカウールだった襟部分も、

 

バックサテン生地の襟に変更され、

 

 

ハンドウォーマーはN-1と変わらずでありますが、

 

 

左胸には、

 

内容物が飛び出ないようにスナップボタン仕様のフラップ付きポケットを装備。

 

 

フロントのストームフラップは、N-1と変わらずの仕様。

 

で、

 

 

フラップを開けると、内側はジッパー。

 

これもN-1と同じ仕様。

 

ただ、

 

 

このジャケット本体の色に対して、

 

このジッパーテープの色は、かなり素敵。

 

あと、ここも変更部分。

 

 

裾部分に注目。

 

 

この、アジャスターが追加されています。

 

ライダースジャケットなんかにも付いている物をよく見かけますが、

 

やはり防寒という点では、裾が絞れた方が圧倒的に

 

保温効率が良いという事です。

 

という感じで・・・・

 

 

隠れた名品とまで言う人も少なくないモデルであります。

 

実際に、N-1に比べると動きやすく、暖かいのは

 

間違いなくこのA-2デッキでありますから、

 

そう言われるのも、うなずけるモデルであります。

 

そうそう。

 

ジャケットの裏側に、もうひとつ着やすさの秘密があるんです。

 

 

脱いで、裏返しにしてみると、それはもうアウトドアジャケットのような佇まい。

 

で、この脇部分に注目。

 

 

 

N-1も、内側のアルパカが

 

脇の部分だけありませんでしたが。

 

生地的にも、ジャングルクロスの方が分厚く、

 

機動性が通常のコットン生地などに比べると劣りましたが。

 

このA-2デッキも同じく、脇の部分のボアがありません。

 

バックサテン自体、ジャングルクロスに比べるとかなり生地感が柔軟なので、

 

機動性はもちろん、通気性なども考慮してある為、

 

脇のボアなどがカットしてあるのです。

 

 

あとは、この袖口。

 

これも、ボアがカットされている部分ですが、

 

やはり袖口(手首)の機動性や、

 

グローブをしたときの事を考慮してある為。

 

 

シンプルで、

 

最低限の機能性を備えているという、

 

究極のミリタリーウェアでもある、このA-2デッキ。

 

もっともっと注目されても良いアイテムというのは

 

世に溢れていますが、

 

このジャケットも、まさにそれではなかろうかと思うのであります。

 

というわけでして。

 

A-2デッキ +ジャンキー別注モデル。

 

世界中、どこを探しても買えない未洗いモデルで御座います。

 

激しくオススメで御座います。

 

是非。

 

¥35000+tax

 

 

通販はこちらから。

 

 


<< | 2/97PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.