イかしたプリントロンティーが大量に入荷しました!!

みなさん、こんにちは!イトウです!

 

日本列島に台風直撃でかなりの大打撃を受けましたが、

 

みなさんは大丈夫でしたか?

 

当店も交通機関の影響で営業時間に大幅な影響が出てしまいました。

 

その節は皆様に大変ご迷惑をおかけしまして、

 

申し訳ありませんでした。

 

台風の影響で停電などの被害がまだまだもたらせてるみたいで、

 

非常に大変な思いをされてる方も多いとは思いますが、

 

どうかお気を付け下さい。

 

それではお話は変わりまして、

 

本日御紹介していくアイテムは、、、

 

IMG_1226.JPG

 

大量のプリントロンティー!!

 

今日なんかもビックリするくらいに暑いですが、

 

入荷してきたアイテムはこれから使える秋冬アイテム!!

 

これからお見せしていくロンティーも1枚でも使えて、

 

インナーとしても使える大活躍アイテムです!!

 

それではザーッと見ていきましょう!!

 

IMG_1228.JPG

 

INDIAN MOTORCYCLE

 

INDIAN HEAD

 

間違いなく使えるインディアンヘッドモチーフ!!

 

色もタップリです!!

 

IMG_1229.JPG

 

BLACK

 

IMG_1231.JPG

 

RED

 

IMG_1232.JPG

 

WHITE

 

以上3色!!

 

IMG_1236.JPG

 

IMG_1235.JPG

 

IMG_1234.JPG

 

胸にインディアンロゴの入った実にシンプルなロンティー!!

 

あっさりとしているからとっても合わせやすくて使いやすいですよ!!

 

IMG_1237.JPG

 

さてお次はこちら!!

 

ROADRUNNER

 

NATIONAL AUTO SHOW

 

これまたテッパンなロードランナー!!

 

IMG_1238.JPG

 

めっちゃ良い顔しとるやん!!

 

実に楽し気な雰囲気が伝わってきます!!

 

IMG_1242.JPG

 

KELLY

 

IMG_1240.JPG

 

WHITE

 

IMG_1244.JPG

 

BLACK

 

こちらも3色展開!!

 

IMG_1270.JPG

 

このケリーっていうのがまたすんごい発色が良い!!

 

綺麗な色してます!!

 

IMG_1249.JPG

 

IMG_1250.JPG

 

IMG_1245.JPG

 

このロンティーもまたシンプルな仕上がりです!!

 

袖にプリントが入っているので重ね着スタイルにもバッチリですね!!

 

IMG_1251.JPG

 

さあきました!!

 

BUZZRICKSONS×PEANUTS

 

I'm Ready To Go Home

 

この眠そうなというか寝てんのかみたいな顔したスヌーピーが描かれた、

 

ダブルネームのプリントロンティー!!

 

「私は家に帰りたい」

 

そんな意味が含まれたメッセージ。

 

任務に疲れて家に帰りたい兵隊さんの心なんでしょうね。

 

多分だけど。

 

絶対とは言わない。

 

なぜなら英語は苦手だから。

 

すんまそん。

 

IMG_1252.JPG

 

WHITE

 

IMG_1256.JPG

 

ORANGE

 

こちらは2色入荷!!

 

IMG_1257.JPG

 

こちらも寝てんのかスヌーピー!!

 

このオレンジがまためっちゃ良い色です!!

 

ジーンズに間違いなく映える色!!

 

IMG_1259.JPG

 

IMG_1255.JPG

 

このロンティーもまた前はシンプルなロゴのみ!!

 

シャツやジャケット着れば無地に見えちゃうし、

 

1枚で着れば存在感ギンギン!!

 

こういう前がロゴ系はホント使える!!

 

IMG_1266.JPG

 

そしてこれがラスト!!

 

BUZZRICKSONS×PEANUTS

 

SEMPER FIDELIS

 

もういっちょスヌーピーモデル!!

 

IMG_1263.JPG

 

WHITE

 

IMG_1262.JPG

 

RED

 

こちらも2色の入荷!!

 

IMG_1261.JPG

 

IMG_1264.JPG

 

アメリカ海兵隊を表すマリンコープス!!

 

そしてこのSEMPER FIDELISというのは、

 

海兵隊のモットーを表す言葉で、

 

口に出す際はSEMPER FI(センパーファイ)とも言います。

 

”常に忠誠を”という意味。

 

さすが愛国心の強いアメリカ!!

 

IMG_1267.JPG

 

背中にはバズリクソンズのネームプリント!!

 

今回入荷の中で唯一の全面プリントモデルがこちらでした。

 

さてさていかがでしたか?

 

どれもこれも実に使いやすいプリントロンティーだったでしょ!!

 

それぞれ数は少なめとなっていますので、

 

お気に入りの柄をぜひゲットしてください!!

 

サイズ展開は

 

S、M、L、XL

 

お値段は

 

インディアンモデル ¥6900−+TAX

 

ロードランナーモデル ¥7900−+TAX

 

スヌーピーモデル ¥7900−+TAX

 

というようにそれぞれお値段が違っていますので、

 

お間違えのないように!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 

 

 

 


港商スペシャルスカジャン・中綿別珍が入荷したー!

カヲルです。

 

店内も無事、ほぼ100%秋冬物にチェンジ完了しました。

 

ジャンキークラシックスです。

 

 

 

というわけでして。

 

徐々に新入荷の秋冬物を紹介してゆきましょう。

 

 

港商・スペシャルスカジャンです。

 

IMG_1202.JPG

 

「WHITE EAGLE × ROARING TIGER」

 

¥79000+tax

 

 

1950年代中期ごろのスカジャンの

 

そのままの復刻であります。

 

1950年代のアメリカ人のセンスというか、

 

色のチョイスなどのセンスは、

 

これまた独特なものがありますが、

 

同じ時期の日本人のセンスというのも、

 

まだ外国人に慣れていない日本人のセンスというのも、

 

これまた世界的にも稀有(けう)なものであります。

 

今回の柄はこちら↓↓↓

 

まずは別珍面は

 

IMG_1186.JPGIMG_1168.JPG

 

 

そして、裏面は

 

IMG_1196.JPGIMG_1189.JPG

 

 

と、

 

ザ・スカジャン!というような柄であります。

 

定番といいますか。。。。。

 

ただ、スカジャンといっても、ひとことでは言い切れないものであるのは

 

皆様ご存知かと思います。

 

ひとつの柄、ひとつのスカジャンは、

 

それこそ唯一無二であります。

 

 

もちろん、このスカジャンも

 

同じく、唯一無二。

 

そして定番の柄でありますが、

 

そこスペシャルエディションで復刻するからには理由があります。

 

まずは別珍面から見てみましょう。

 

 

IMG_1187.JPG

 

前面の両胸には、ドラゴン。

 

ですが、

 

このドラゴン1匹(1頭?)見ても

 

IMG_1188.JPG

 

ご覧の通り、

 

ホワイト、ライトイエロー、ネイビー、レッドの4色が使われているのです。

 

よく見てみると、ものすごい・・・・という、

 

このスカジャンのストロングポイントであります。

 

そして背中。

 

IMG_1169.JPG

 

鷹であります。

 

和柄のハワイアンや、スカジャンの柄では超定番。

 

しかし

 

IMG_1170.JPG

 

この松のピンクの刺繍部分や、

 

 

IMG_1172.JPG

 

爪部分の鋭さを表現する為に細い線を刺繍してあります。

 

&、

 

 

IMG_1171.JPG

 

わかりますよね??

 

白のみの糸で刺繍してあるわけじゃなく、

 

部分部分を見た時に、いろいろな色の糸が使われているのと、

 

毛先?の細い線が刺繍してあるのがわかります。

 

 

IMG_1173.JPG

 

あと、このスカジャンには必ず入らなければならない

 

JAPANの文字。

 

この文字もよく見ると、

 

Nの部分が細い線でデザインされているのがわかります。

 

 

そしてそのポイントは刺繍だけではなく、

 

IMG_1174.JPG

 

このテンション激甘のリブ。

 

これぞ、まさしくビンテージのスカジャンのリブ。

 

そして

 

IMG_1175.JPG

 

ホワイト×ネイビーのパイピングも最高の配色。

 

 

そして白の面。

 

IMG_1197.JPG

 

先ほどの別珍面と同様に、

 

IMG_1198.JPG

 

単色の糸ではなく、

 

イエロー、ネイビー、レッド、ホワイトの4色を使用。

 

 

IMG_1190.JPG

 

背中の虎も、

 

ネイビー×ブルー×ホワイト×レッドという多色の虎。

 

 

IMG_1191.JPG

 

この表情や、細かな色使い、

 

 

IMG_1192.JPG

 

虎の縞具合や、

 

白い部分の刺繍の甘い感じが

 

虎の毛並みにすら見えます。

 

 

IMG_1193.JPG

 

先ほどの黒面と同じく

 

刺繍の細かさも最高の出来。

 

 

IMG_1194.JPG

 

そして、テンションのゆるいリブや、

 

 

IMG_1199.JPG

 

袖の切り替えのブルーも、かなり鮮やか。

 

この配色は、スカジャンでは

 

ありそうでない配色。

 

 

IMG_1200.JPG

 

胴体と袖部分の生地は同じではあるものの、

 

生地の向きが違うので、

 

光の加減で色が違って見えます。

 

IMG_1204.JPGIMG_1207.JPG

 

IMG_1206.JPG

 

夏の男、イワサワ店長に着てもらいました。

 

写真を加工したら、合成写真みたいになってしまいましたが、

 

IMG_1209.JPGIMG_1211.JPG

 

ジャケットは素晴らしい。

 

 

IMG_1213.JPGIMG_1214.JPG

IMG_1215.JPG

 

この白い面などは、

 

ほんと悪そうな雰囲気。

 

IMG_1216.JPGIMG_1217.JPG

 

当然でありますが、

 

使い込んだら最高の雰囲気になるのは間違いない。

 

 

港商のスカジャンに相応しきジャケットであります。

 

もはや店頭にサイズがほとんど残っていませんが・・・・・

 

気になる方は、店頭へ。

 

 

通販はこちら。

 

 


ポストオーバーオールズから経年変化させたいやつが入荷!!

IMG_1119.JPG

 

みなさん、こんにちは!イトウです!!

 

新作の入荷が続いております!!

 

今回入荷してきたこちらも、絶対みんな好きなヤツ!!

 

これまた無くなるのが早そうやね...

 

IMG_1094.JPG

 

POST OVERALLS

 

POST 41-R

 

フルカウントとのダブルネームモデルから当店でもお目見えするようになった、

 

ポストオーバーオールズ!!

 

古き良きアメリカのワークアイテムを軸に、

 

専属のデザイナーがデザインして形にしております!!

 

特に30’sのアイテムをリスペクトしており、

 

とても古い年代がベースとなっているのですが、

 

ボクがめっちゃ好みの年代 (笑)

 

これあかんやつでしょ。

 

他にも入荷してきたポストのアイテムがいくつかあるのですが、

 

好みドンズバです (笑)

 

そちらも随時ブログで御紹介していくと思いますのでお楽しみに!!

 

紹介前になくなっちゃったらごめんなさい (笑)

 

それでは細かいところも見ていきましょうか!!

 

IMG_1106.JPG

 

このカバーオールも30’sがもちろんベース!!

 

IMG_1099.JPG

 

IMG_1100.JPG

 

雰囲気バツグンのチンストラップに、

 

IMG_1098.JPG

 

こちらもまた雰囲気バツグンですね!!

 

打ち込みボタン!!

 

IMG_1103.JPG

 

IMG_1104.JPG

 

とてもシンプルながらも使いやすいポケット!!

 

IMG_1105.JPG

 

IMG_1101.JPG

 

袖はラグランスリーブ!!

 

このディテールも古い年代がベースならではですね!!

 

このシンプルイズベストな作りは、

 

まだサックジャケットやらサックコートなんて呼ばれていた頃に近いかもしれません。

 

このくらいの年代のワークウェアは、

 

面白い生地やらディテールが多いですからねー。

 

その年代に影響されているからか、

 

このジャケットもすごく面白い生地で作ってますよ!!

 

IMG_1115.JPG

 

分かりづらいかもしれませんがこの生地は杢仕様!!

 

しかもインディゴ×グレーのコンビネーション!!

 

こいつぁ珍しいでしょ!!

 

それとインディゴって部分ね!!

 

参っちゃうね!!

 

IMG_1108.JPG

 

ステッチカラーも珍しいブルーにブラック!!

 

IMG_1117.JPG

 

生地感もゴリッゴリの硬い良い生地ですよ!!

 

ぜひ着て頂きたい!!

 

というわけで着てみましたの着画をどうぞ!!

 

IMG_1149.JPG

 

IMG_1156.JPG

 

IMG_1148.JPG

 

IMG_1157.JPG

 

※176cm・80キロ、Mサイズ着用

 

作りは少し大きめ!!

 

よりカバーオールらしさが出ています!!

 

それにしても良い色!!

 

インディゴが入っているんですから、

 

絶対に経年変化させたくなるのは間違いないですね!!

 

IMG_1111.JPG

 

どういう変化をしていくのか...

 

ぜひみなさんの手で育て上げてください!!

 

サイズは

 

S、M、L(完売)

 

お値段は

 

¥44800−+TAX

 

となります!!

 

ブログ完成前にLは売れてしまいました...

 

やっぱ早かった...

 

ぶっちゃけお値段は高いんですけど、

 

このモデル用に生地から作っただけあります!!

 

ホントにカッコいいので、

 

欲しいって思った方は頑張ってぜひゲットです!!

 

IMG_1152.JPG

 

顔パンパン (笑)

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 

 


145回目キヨ!!(BUZZRICKSON'S TYPE A-2 の話)

こんにちは。145回目ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。

 

本日紹介する新作商品はこちら。

 

IMG_1133.JPG

 

 

BUZZRICKSON'S TYPE A-2

 

まさに、A‐2祭りであります。

 

最高じゃないですか??(笑)

 

そして、今回のA‐2はブログでも良く書いているんですが、

 

ラフウェア社が軍に納品していたモデルになります。

 

1941年から軍に納品していたラフウェア社、このA‐2は1943年に生産された、4番目にあたるモデルです。

 

他社にはない、体に絡みつくような独特のフォルムが特徴のラフウェア社のA‐2です。

 

当時のA‐2は、革の調達、革の鞣し、厚みなどはその作るメーカーに任されていたので、

 

色んなA‐2が存在しています。

 

夏季用のフライトジャケットなので、比較的薄手の革が使われていたのですが、稀に厚手の革で製作されたA‐2もあるみたいで、

 

今回はその厚めの革であります。

 

IMG_1136.JPG

 

見てください、この革。

 

もちろん、ホースハイド。1.5ミリの厚さ。

 

イタリア産の、肉厚の原皮を選別し、渋液のピットに付け込みゆっくりと時間を掛けて鞣されています。

 

厚手の革に施されるフィニッシュは、

 

水や摩擦に強いラッカーを用いており、重量感溢れる仕上がりが特徴。

 

硬いです。しかしながら、着倒した時のエイジングはピカイチ。

 

サクッと、その他ディティールを、、

 

IMG_1139.JPG

 

襟に向かってシェイプされるラフウェア社特有のエポレット。

 

IMG_1137.JPG

 

オリーブのステッチが漢臭さをさらに出します。

 

IMG_1138.JPG

 

2色の糸で編み立てたミックスリブ。

 

IMG_1134.JPG

 

少し大きめの襟。

 

IMG_1141.JPG

 

ニッケル仕上げのタロンジッパー。

 

IMG_1144.JPG

 

ARMYAIRFORCESスタンプも健在。

 

早速ですが、試着してみました。

 

(180cm 68圈SZIE 40)

 

IMG_1120.JPG

 


IMG_1124.JPG

 

IMG_1126.JPG

 

いかがでしたか??

 

今年の、A‐2見逃せないでしょ??

 

お値段

 

 

¥148000+TAX

 

 

SIZE 38 40 42

 

 

 

通販はこちら

 


ミュラー&ブロスからレアなアウトドアジャケットが入荷してきた!!

みなさん、こんにちは!イトウです!!

 

ついに季節は9月に突入!!

 

まだ残暑を感じる季節ではありますが、

 

徐々にお店の中も新作の秋冬商品が増えてまいりました!!

 

この時期は新入荷のアイテムも多くて、

 

ドシドシと入ってきております!!

 

この入荷の波に乗り遅れて、

 

欲しい物が買えなかったなんてことがないように!!

 

皆様ちょいちょい顔出してくださいね!!

 

そして本日御紹介していく商品もまさに新入荷してきたやーつ!!

 

IMG_1020.JPG

 

Muller&Bros

 

early 1930 parka

 

お?なんぞこれ?

 

ってなる方も多いのではないかと。

 

これ、商品名にも記載しているのですが、

 

30’sに実際にあったアウトドアブランドが作っていたジャケット!!

 

が!

 

元となっております。

 

今のようにハイテク素材もなければ、

 

まだナイロン素材も使用されていなかった時代。

 

そんな時代に雨風凌げる服をどう作るか。うーむ。うーん。んぁー。

 

って頭ひねり込みながらコットン素材をメインで色々と試行錯誤して作っていくわけですが、

 

出来上がったのがこういうやつ。

 

IMG_8324-630x630.jpg

 

そしてこんなやつも。

 

e298921554.1.jpg

 

だいたい似通ってくるのね。

 

これどちらも古着なんですが、

 

年代的にはだいたい30’sくらいの物。

 

ほぼ作りは一緒です。

 

でもブランドは別。

 

そして生地はオイルを含ませたダック地!

 

オイルで水を弾いて、

 

ダック特有のゴツイ生地でキズを防ぐ!

 

そしてオイルを含んだ生地によって防風性も強くする!!

 

とまあこんな感じに考えて作りあげたアイテムだったわけです。

 

ちょっと与太話が長くなりましたが、

 

そんなジャケットがオリジナル。

 

IMG_1021.JPG

 

そのオリジナルにステファンらしさを取り入れて、

 

よりファッションアイテムに昇華したのがこいつなのです!!

 

IMG_1031.JPG

 

元のオリジナルとは違い、

 

生地はヘリンボーン!!

 

IMG_1022.JPG

 

大型のポケットが前面に!!

 

このポケットの形は古着にも存在します!!

 

IMG_1023.JPG

 

手首はアジャスター付き!!

 

IMG_1025.JPG

 

このモデルの特徴でもあるフード部分!!

 

IMG_1026.JPG

 

このチンストラップがすごい大きくて非常に特徴的です!!

 

これはオリジナルにも見られる部分!!

 

IMG_1036.JPG

 

ですがスナップボタンはもちろんブルドッグ!!

 

ちゃーんと変えてきてます (笑)

 

IMG_1027.JPG

 

IMG_1028.JPG

 

裾はヒモで絞る仕様に!

 

これはオリジナルもこのようになっています!!

 

IMG_1029.JPG

 

IMG_1030.JPG

 

背中にジッパー付きポケット!!

 

おそらくはゲームポケットだと思います!!

 

当時のアウトドアジャケットは元々狩猟用としての要素が強く、

 

ゲームポケットは狩った時の獲物を入れておくポケット。

 

ゆえに当時もこのようなポケットがあったりなかったり。

 

IMG_1035.JPG

 

そしてフードは取り外し可能となっていて、

 

IMG_1034.JPG

 

IMG_1032.JPG

 

フード無しとしても使うことができます!

 

この辺もオリジナルと同様の仕様ですね!!

 

IMG_1024.JPG

 

主流ステッチは3本ステッチで、

 

強度もバッチリです!!

 

ボク自身も他ブランドで同じタイプの物を持っているんですが、

 

ホントにかっちょいいジャケットです!!

 

それでは着用画像をご覧ください!!

 

IMG_1040.JPG

 

IMG_1043.JPG

 

IMG_1041.JPG

 

IMG_1045.JPG

 

※176cm・80キロ、サイズ40着用

 

いいでしょ!!

 

シルエットはボックスぎみで、

 

作りもゆったりとしています!!

 

らくーに着れてカッコいいっていう最高なやつ!!

 

IMG_1053.JPG

 

IMG_1057.JPG

 

こちらがフード無しの状態!!

 

だいぶスッキリしますね!!

 

IMG_1049.JPG

 

IMG_1060.JPG

 

このフード無しで着るなら、

 

パーカーを仕込んだ着方もカッコいいですよ!!

 

フード付きで着るなら、

 

セットアップなどの上から羽織るアウターのような着方でもオススメ!!

 

色々と使い方が広がるアイテムなので是非ゲットして頂きたいです!!

 

てか買いに来い!!(笑)

 

サイズは

 

36、38、40

 

お値段は

 

¥38000−+TAX

 

となります!!

 

IMG_1042.JPG

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 

 

 

 


BUZZ RICKSON'S B-15D入荷。

カヲルです。

 

 

 

フライトジャケットのシーズンです。

 

まだ暑いですけど、

 

まだ暑いって時期に買わないと、

 

寒くなってからだともう買えなくなってしまうのが、

 

フライトジャケットというもの。。。。。。

 

フライトに限らず、冬物のジャケットなどは、

 

暑さ加減ではなく、9月になった!さあ冬物!という感じで見ると

 

買い逃しもなくなるんだと思います。

 

とは言っても、まあ暑いからまだいいっか・・・・となる気持ちもよくよくわかります。

 

 

そんな方は、

 

本日のブログを見て、テンションを少しだけ上げてみてください。

 

 

というわけで。

 

本日のブログはこちら。

 

IMG_1077.JPGIMG_1081.JPG

 

BUZZ RICKSON'S

 

「B-15D」

 

¥62000+tax

 

フライトジャケットのブログを書くときに、

 

ひとことでB-15Dと言っても、

 

そこに至るまでのいろいろがあり、

 

B-15Dに到達しているのですが、

 

割と毎年書いているので、

 

ここでは説明を省かせていただきます。

 

が、しかし。

 

なにそれー!と思う方。

 

こちらをご覧いただけると幸いかと思います。

 

 

そうそう。

 

B-15D。

 

特徴は

 

なんと言っても、そのボアの色。

 

IMG_1078.JPG

 

 

グリーンのボア。

 

IMG_1074.JPG

 

 

B-15のシリーズを通しても、グリーンのボアを使っているモデルは

 

このB-15D、ただひとつ。

 

そして、みなさま そんなに気が付かないかもしれないのですが

 

B-15Dまでのモデルというのは、

 

ちょっとだけエアフォースブルーを使ったモデルなども存在はしましたが(B-15C)

 

基本的には、色はオリーブだったのです。

 

しかし、ここでセージグリーンが初登場します。

 

以降、アメリカ空軍のシンボルカラーとして定着する、この色。

 

というわけで、ボアもグリーンにしたんでしょうね。

 

(しかし、この後、ヘルメットなどの進化から、ボアが邪魔になってしまい

 

ボアが取り外されてしまう事になります。)

 

 

今回紹介の、バズリクソンズのB-15D。

 

IMG_1077.JPG

 

実は、非常にレア。

 

毎年発売されないというのが、その大きな理由でもあり、

 

言っても、どうしても同じセージグリーンのフライトジャケットというと

 

MA-1の方に人気を持っていかれがち。。。。。

 

 

しかし、もうおわかりかと思いますが。

 

そう。

 

世間に出回っている数が、圧倒的に少ないという事なのです。

 

まさにレアモデルなのでありますね。

 

しかし、そのレアさだけを強調するというよりは、

 

そのディティールの面白さを体験できるという点で、

 

このジャケットはやはり秀逸。

 

細かいディティールは、そのグリーンのボア以外は

 

ほとんどB-15Cと同じ。。。。。

 

IMG_1076.JPG

 

腕のシガレットポケットや、

 

IMG_1063.JPG

 

ボックスタブなどもナイロン製。

 

これはB-15Cでも、エアフォースブルーの方と同じ。

 

オリーブのタブはレザーです。

 

(順番的には、オリーブ(革)→エアフォースブルー(ナイロン)・・・・とくるので、

 

当然次のB-15Dもナイロン・・・・となります。

 

当然B-15Dの次のMA−1はナイロンのタブです。)

 

IMG_1072.JPG

 

エアフォースマークも健在。

 

IMG_1068.JPG

 

ストームフラップの上部も、MA-1の初期型に受け継がれる

 

この角ばり。この角ばりも、MA-1の初期型以降は丸く切り取られた形に変更となりますから

 

貴重と言えば貴重。

 

IMG_1069.JPG

 

ジッパーも

 

IMG_1070.JPG

 

こんな感じ。

 

IMG_1067.JPG

 

タグ。

 

 

という感じです。

 

フライトジャケット大好きです、という方でも

 

B-15Dは持っていない・・・・・という方も居るのではなかろうかと思います。

 

買いたい時に、今年は発売してない・・・というタイミングが多いかと思います。

 

(店頭でも、たまにそうゆう声を耳にしますから。)

 

今年は、出ます。

 

ってか、出てます。

 

出てーる。

 

IMG_1083.JPG

 

IMG_1084.JPG

 

渋い。

 

IMG_1091.JPG

 

たくさん撮ったから、

 

IMG_1089.JPG

 

たくさん載せちゃう。

 

IMG_1090.JPG

 

けど、実際に着てみてるのを見ると、

 

渋い。

 

あまり見慣れないせいもあるんでしょけどもね、

 

渋い。

 

というわけでして。

 

細かいディティールは、是非店頭で・・・という感じにしたいと思います。

 

ので、まだ店頭在庫のあるうちに、

 

是非、店頭へ。

 

IMG_1093.JPG

 

通販はこちら。

 

 

 

 


144回目キヨ!!(BROWN'SBEACH EARLY VESTの話)

こんにちは。

 

144回目ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。

 

秋冬になるとやってくるコヤツの紹介であります。(笑)

 

IMG_0979.JPG

 

BROWN'SBEACH EARLY VEST

 

 

 

なんと今回2個の新色、、、、、、

 

IMG_0982.JPG

 

IMG_0989.JPG

 

RED

 

 

情熱の赤。出ました。

 

IMG_0968.JPG

 

IMG_0978.JPG

 

 

NAVYBLUE

 

 

雰囲気がバチバチのネイビーブルー。

 

もちろんではありますが、どちらもVINTAGEであります。

 

激レアなのは間違いないです。

 

b0121563_18115744.jpg

 

img_4.jpg

 

ZVh3SwG.jpg

 

 

BROWN'SBEACH

 

1901年、マサチューセッツ州ウーセスターにてWILIAM.W.BROWN氏によって設立された、

 

BROWN'SBEACH JACKET COMPANY。

 

その優れた防寒性と機能性の良さから、フィッシャーマン、ハンターなどと言ったワーカー達、

 

有名なスポーツマンが着用したり、多くのアウトドアマン達に愛用され、

 

カタログビジネスが確立されていった1920年代〜30年代頃になると

 

その評判アメリカの東海岸だけには留まらず全米で人気になりました。

 

50年代になると、着心地の良さからおじいちゃんへのプレゼントとしても重宝されるなど一般化されました。

 

60年代になると、コットンやウールに変わり、ポリエステルなどの化学繊維が出てきて、

 

60年代後期に時代の流れと共に無くなってしまいました。

 

しかしながら、昔から少しディティールは変われど、形自体はほとんど変わりません。

 

愛されていた理由の1つであります。

 

IMG_0985.JPG

 

RED

 

IMG_0970.JPG

 

NAVYBLUE

 

表面の生地はウールとコットンの混紡のラッセル編み、

 

通称ごま塩と呼ばれる生地。2色の番手の異なる糸をこすり合わせて作られています。

 

IMG_0987.JPG

 

 

RED

 

IMG_0980.JPG

 

NAVYBLUE

 

裏はウールフリースになっているので、中は保温性があります。

 

かなり画期的な生地。

 

 

IMG_0983.JPG

 

RED

 

IMG_0969.JPG

 

NAVYBLUE

 

そして、今回昨シーズンより、ポケットの配置や鋭角の角度などを再度見直し、修正、アップデートしました。

 

IMG_0990.JPG

 

RED

 

IMG_0977.JPG

 

NAVYBLUE

 

もちろん、バックシンチも健在。

 


IMG_0986.JPG

 

RED

 

IMG_0971.JPG

 

NAVYBLUE

 

ボタンはDOT社製のニップル鉛、USA製です。

 

早速ですが着てみました。

 

(180cm 68圈SIZE 40 )

 

IMG_0992.JPG

 

IMG_0993.JPG

 

RED

 

 

赤も中の糸までしっかり染まっているので、ガシガシ使い込むとピンくっぽくなっていきます。

 

これは楽しみなやつ。

 

IMG_1000.JPG

 

IMG_0999.JPG

 

IMG_0997.JPG

 

NAVYBLUE

 

着込んでいった時の経年変化は天下一品。

 

 

 

毎回、動きがかなり早いので気になる方は早めのチェックを。

 

お値段

 

 

¥35000+TAX

 

 

RED

 

SIZE 40

 

NAVYBLUE

 

SIZE 40 42

 

 

 

 

 

通販はこちら☟

 

 

RED

 

 

NAVYBLUE

 

 

 

 

 


143回目キヨ!!(TOY'S McCOY MFG.CO.A-2 SEAL BROWN BROWN RIBBEDの話)

こんにちは。143回目ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。

 

さてさて、今回も新作アイテムの紹介であります。

 

こちら。

 

IMG_0914.JPG

 

IMG_0923.JPG

 

 

TOY'S McCOY MFG.CO.

 

 

A-2 SEAL BROWN BROWN RIBBED

 

 

今回のA‐2は、

 

yjimage.jpg

 

RS=^ADB8qeai0tC8Ko_0_Rxbxj7Puk.jpg

 

RS=^ADBBl8L.jpg

 

WAR LOVER(戦う翼)で

 

マックイーン扮する、バズリクソン大尉が劇中で幾度か着用しているものをイメージしたモデルであります。

 

マックイーンファンにはたまらない。

 

IMG_0916.JPG

 

革は、ブラックみたいに見えますが実はシールブラウンのホースハイド。

 

ベジタブルクロームコンビの鞣しなので、体に馴染みやすい質感で高級感もあります。

 

では、少しですがディティールを見ていきます。

 

まずジッパー。

 

IMG_0931.JPG

 

ベル型のタロンジッパー。

 

IMG_0932.JPG

 

ジッパーエンドは、アールデコ調(対角線の模様)であります。

 

大戦時のディティールです。

 

IMG_0935.JPG

 

少し小振りの襟。

 

IMG_0936.JPG

 

台襟付き。

 

IMG_0917.JPG

 

IMG_0918.JPG

 

ポケットのフラップもキュッとカーブが掛かっています。

 

IMG_0915.JPG

 

カフスとウエストのリブは革と同系色のシールブラウンカラーになっています。

 

IMG_0933.JPG

 

ライニングはコットン100%。

 

IMG_0924.JPG

 

大きめのARMYAIRFORCESのスタンプ。

 

IMG_0928.JPG

 

エポレットもしっかりと。内側にいくにつれて、細くなっているのが特徴。

 

ではでは、早速ですが、着てみました。

 

(168cm 68圈SIZE 38)

 

IMG_0908.JPG

 

IMG_0907.JPG

 

IMG_0912.JPG

 

IMG_0911.JPG

 

フライトジャケットの季節ももうすぐ着ます。

 

あ、着れるって思った時には店頭で完売なんてこともあります。

 

是非とも早めのチェックを。

 

 

 

 

 

¥180000+TAX

 

 

SIZE 38 40 42

 

 

通販はこちら

 

 

IMG_0910.JPG

 


<< | 2/118PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.