167回目キヨ!!(BUZZRICKSON'S N-1PARKA の話)

こんにちは。

 

167回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

今日紹介する新作商品はこちら。

 

 

IMG_2767.JPG

 

 

BUZZRICKSON'S N-1PARKA

 

 

新作のN‐1PARKA。

 

もちろん、このカタチ、実際に軍が使っていたモノではなく、

 

民間向けに作られていたモデル。

 

なので、ミルスペックも付きません。

 

民間モデルとは??

 

民間モデルは一般の方向けに作ったモデルで、軍に納品するメーカーが余った生地で作ったり、

 

軍に納品しているモデルからアイディアを考え生み出したものなどです。

 

民間モデルは圧倒的に個体数も少なく、いろんな形が存在します。

 

防寒性は圧倒的に軍物のジャケットが高いのです。

 

だからこそ、日常の生活でも使いやすく役に立つ民間モデルがあるのです。

 

オリジナリティ、溢れるデザイン、ここは、これじゃないとダメなんてないですから。

 

では、少しディティールを、

 

IMG_2775.JPG

 

表の生地は、ジャングルクロス。

 

IMG_2791.JPG

 

IMG_2786.JPG

 

中は、アルパカウールがビッシリと。フードの中も。

 

ものスゴク暖かいです。

 

IMG_2783.JPG

 

IMG_2785.JPG

 

ドローコードが付いてるので、フードをグッとしめることも可能。

 

ウエストの部分も付いています。

 

IMG_2787.JPG

 

IMG_2788.JPG

 

前はボタンとジッパーの2重構造、

 

IMG_2790.JPG

 

ジッパーはCONMATICジッパー。

 

IMG_2777.JPG

 

IMG_2779.JPG

 

ポケットはハンドウォーマーの役割も持っています。中はコーディロイ。

 

形は、全体的に少し大きめ。

 

早速着てみました。

 

(176cm 80圈SIZE 40)

 

IMG_2793.JPG

 

IMG_2796.JPG

 

IMG_2799.JPG

 

デニム、チノパン、ミリタリーパンツなんかにも、相性の良いネイビー。

 

是非とも、ワードローブに加えてください。

 

お値段

 

 

¥54000+TAX

 

 

SZIE 34 36 38 40

 

 

通販はこちら!!!!

 

 

 

 

 


166回目キヨ!!(BUZZRICKSON'S×WILLIAMGIBSON BLACK CHINO 1942MODELの話)

こんにちは。166回目ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。

 

本日、紹介する新作商品はこちら。

 

IMG_2729.JPG

 

 

 

 

BUZZRICKSON'S×WILLIAMGIBSON

 

 

 

BLACK CHINO 1942MODEL

 

 

 

今まで出ていなかった、ブラックチノ。待ちに待っていた人もいたのではないでしょうか??

 

はい、僕です。(笑)

 

それを、バズリクソンズの定番の1942MODELのチノパンをベースに作っています。

 

IMG_2730.JPG

 

そう、バズリクソンズのブラックと言えば、ウィリアムギブソンシリーズ。

 

そう、私の好きな色と言えばブラック。もちろん、買いました。

 

やはり、ネイビーとはまた違った雰囲気。

 

IMG_2748.JPG

 

光沢感のあるブラック。高級感があって凄く良い。

 

もちろん、洗い込んでヤレてきても雰囲気は良いと思います。

 

アメカジでなかなか、有りそうでないのがブラックチノ。

 

ディティールは、1942MODELと同じく、

 

IMG_2731.JPG

 

USARMYの刻印入りのメタルボタン。

 

IMG_2734.JPG

 

 

スラッシュポケットに、

 

IMG_2736.JPG

 

コインポケットと

 

IMG_2737.JPG

 

IMG_2738.JPG

 

バックポケットは、両玉縁仕様。

 

さあさあ、やはりここは着画。

 

キヨタケの着画になります。

 

IMG_2739.JPG

 

IMG_2741.JPG

 

IMG_2742.JPG

 

IMG_2744.JPG

 

ズドンとした、シルエット。

 

普段の自分のスタイルに入れるだけで、また違った感じになります。

 

ドレッシーな感じでハイウエストでバチっと穿いても良し、

 

ラフに、スウェットにスニーカーなんかと合わせても良いと思います。

 

ブラックの魅力を是非体験してみてください。

 

 

 

お値段は、

 

 

¥15800+TAX

 

 

かなりお買い得。

 

 

 

SIZE 28 29 30 31 32 33 34 36 38

 

 

 

通販はこちら

 

 

 

IMG_2745.JPG

 


SAMURAI JEANS 「川中島」

カヲルです。

 

本日のご紹介は、

 

なんだかんだ、クラシックスのブログではあまり紹介する機会のないアイテムでもあります。

 

こちら。

 

SAMURAI JEANS

 

S3000VX 21oz-KJ ''川中島''

 

¥32000+tax

 

IMG_2702.JPG

 

 

我が道をゆくブランドでもあります、サムライジーンズ。

 

他のどのブランドとも似ていないブランドでもあります。

 

そしてこのモデル、

 

限定モデル

 

であります。

 

今回のモデルは、川中島。

 

川中島ってのは・・・・・・・・・・・

 

kawanakajimae (5).jpg

 

越後の龍こと「上杉謙信」と

 

 

kawanakajimae (2).jpg

 

甲斐の虎こと「武田信玄」が

 

現在の長野県にある川中島という場所で

 

4度に渡り合戦をしたという場所。

 

(第5次川中島合戦まであるけども、5回目はたしか謙信など不在だったのと、戦わなかった気します。)

 

kawanakajimae (4).jpg

 

第4次川中島合戦というのが、一般的には「川中島合戦」としてのイメージが深いものと思います。

 

この時代の合戦では、両軍の大将同士が相まみえるという事は

 

ほぼ100%無かったのですが、

 

上の絵巻にもあるように、上杉謙信が単身敵軍に突っ込み

 

敵将の武田信玄に切り掛かり、

 

数度切りつけたのを対する信玄が持っていた軍配で受け止めたというシーンが有名。。。。

 

(諸説あり、このエピソードは後世の創作という話もあるし、

 

軍配で受けたが実際にはそこで深手を負ったなどなど、いろいろある。。。)

 

戦国時代、関ヶ原の合戦とならぶ規模の大戦(おおいくさ)であった戦い。。。

 

この2人のエピソードはたくさんありますが、

 

上杉謙信は、武田信玄が亡くなったとの報を聞いた時、食事中だったそうで。

 

その報を聞いた謙信は、箸を落として泣き悲しんだという話や、

 

武田信玄が死ぬ時、息子の勝頼を枕元に呼び

 

もし困ったときは、上杉謙信を頼れ。彼は困っている人を見捨てないから。。。。という遺言を残していたり。

 

合戦で数度も相まみえていた彼らにしかわからない感情があったという話がありますが。。。。。

 

ほんとのところどうだったのか、本人たちにしかわからないのでしょうけどもね。

 

そんな川中島合戦の名を冠した

 

限定モデルであります。

 

IMG_2703.JPG

 

 

デニムは21オンス。

 

IMG_2711.JPG

 

IMG_2705.JPG

 

ここはさすがのヘヴィオンス、サムライジーンズの得意技でもありますね。

 

そしてこのモデル、

 

シルエットはこんな感じ。。。。。

 

IMG_2689.JPGIMG_2693.JPGIMG_2694.JPGIMG_2699.JPG

 

IMG_2700.JPG

 

同じくサムライジーンズのS3000VXベース。

 

大戦モデル。

 

「ややゆったりめのストレート」という感じでありますが、

 

大戦モデルの太さを残しつつ、

 

股上はやや浅めな感じです。

 

そして、これまたサムライジーンズらしいディティールはもちろん完備。

 

 

IMG_2712.JPGIMG_2713.JPG

 

本金の松の木ボタン。

 

その名前の通り、本物の金のメッキと

 

松の木の柄が描かれたボタン。

 

松の木は古来から永遠に続くものとしてなどなど、

 

縁起も良いとされるもの。

 

「松樹、千年の翠」(幸せなどが長く続く事の例え)などという言葉もありますしね。

 

あと、

 

IMG_2714.JPGIMG_2717.JPG

 

銅製の銭型リベットや、

 

IMG_2715.JPG

 

トップボタンの足の部分の裏側は、

 

サムライジーンズのロゴマークの三つ巴だったり。。。。

 

あとは、このモデルならではの限定仕様である、

 

IMG_2721.JPGIMG_2722.JPG

 

ポケット裏生地は、川中島合戦絵巻の屏風絵のような仕様で。

 

その中の幟(のぼり)には、サムライジーンズという文字もあったり、

 

ちょっと洒落のきいた仕様。

 

 

そして、

 

ヒップポケットのペンキステッチの色は

 

IMG_2698.JPG

 

右の尻は、フラッシャーで隠れて見えませんが

 

IMG_2707.JPG

 

青いペンキステッチ。

 

そして左側は

 

IMG_2708.JPG

 

赤いステッチ。

 

色の理由は、

 

武田といえば、赤備え。

 

武田軍といえば、赤い甲冑などをつけていたというイメージからきているので、

 

やはり赤。

 

それに対するは、上杉は紺(青)。

 

絵巻などを見ると、それがハッキリわかるのですが、

 

私、個人的に某所のお祭りのイベントに、3年連続で参加した事があるのですが

 

それが第4次川中島合戦の再現をするというイベントなんですけども、

 

その中でも、武田軍が赤い鎧や兜など・・・・

 

上杉軍がネイビーの鎧兜などを身に着けていましたしね。

 

映画などでは、上杉方は黒だったり、ネイビーっぽかったりしますが、

 

武田方は、どの映画などでも赤い備えを身に着けているイメージって、

 

ありますからね。

 

同じく、サムライのモデルで関ヶ原というモデルもありましたが、

 

やはりそこでも、西軍は赤、東軍はネイビー(青)。。。。。という構図がありましたからね。

 

古来から、白に対しては黒、赤に対しては青・・・・のような構図になりがちと思います。

 

というわけで、この尻のペンキステッチのカラーリング、

 

まさに、川中島を象徴するカラーリングなのです。

 

 

昨今、ジーンズのブランドというのは、

 

日本だけでもたくさんのブランドがあって、

 

それぞれに、そのブランドの特徴、こだわり、面白さなどがあります。

 

アメカジを象徴するアイテムであるジーンズでありますが、

 

人それぞれ、好みや、お気に入りのブランドがあるというのは、

 

本当に素晴らしい事と思います。

 

しかしながら、せっかくジーンズが好きならば

 

いろんなブランドのジーンズを試してみるのも、

 

本当に面白い事だと思います。

 

ので、

 

ジーンズ好きな方。

 

ジーンズの好きな方の中でも、

 

こんな和風なエピソードも好きな方も。

 

是非是非、こんなジーンズも如何?

 

 

 

通販はこちら。

 


165回目キヨ!!(THE H.W.DOG&CO CPOCAP の話)

こんにちは。165回目、ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

今日紹介する、新作商品はこちら。

 

 

IMG_2631.JPG

 

(NAVY)

 

IMG_2633.JPG

 

 

(BLACK)

 

 

 

THE H.W.DOG&CO CPOCAP

 

柔らくて手触りの良いのキャップ。

 

USNのCPOSHIRTの生地をイメージして作られており、、、

 

USNのCPOSHIRTにもよくある、

 

ステンシルプリントが施されています。

 

その理由が、usnavyのユニフォームでもあるCPOに

 

キャップが存在したらという発想から製作されたキャップだからであります。

 

雰囲気がかなり良いです。

 

IMG_2632.JPG

 

(NAVY)

 

IMG_2635.JPG

 

(BLACK)

 

色は、ネイビーとブラックの2色。

 

ネイビーには、

 

ホワイトのステンシル。

 

ブラックには、

 

生成りのステンシル。

 

IMG_2641.JPG

 

牛革のアジャスターベルトが付いています。

 

IMG_2638.JPG

 

ツバ裏は、チェーンステッチがしっかり入っているのも嬉しいところ。

 

IMG_2639.JPG

 

6枚剥ぎで、、

 

IMG_2646.JPG

 

スベリの部分もアジャスターベルトと同じ牛革。

 

早速ですが、被ってみました。

 

IMG_2649.JPG

 

IMG_2650.JPG

 

IMG_2651.JPG

 

(NAVY)

 

IMG_2652.JPG

 

IMG_2653.JPG

 

IMG_2654.JPG

 

(BLACK)

 

形も浅すぎず、深すぎずのかなり被りやすい形。

 

もちろん、私キヨもGETしております。

 

何個持ってても困らないのがキャップかと思います。

 

是非とも狙ってください。

 

お値段

 

 

¥10000+tax

 

 

通販はこちら。

 

 

 

NAVY

 

 

BLACK

 

 


(後編)SIERRA DESIGNS with Pendleton's BLANKETS(後編)

カヲルです。

 

シェラ・マウンパ・後編で御座います。

 

IMG_2599.JPG

 

 

今回の入荷は、

 

通常丈(ロング)のマウンパと、

 

 

 

 

 

ショートマウンパ

 

 

 

通常(ロング)のマウンパのタイプ(2色)と

 

ショートのマウンパ(1色)のタイプ。

 

合計3色です。

 

 

その違いは、長さはもちろんですが、

 

まずはポケットの仕様。

 

IMG_2587.JPG

 

通常、マウンパといえば、胸のポケットは上のような仕様。

 

同型のフラップ付きポケットが2つ、胸にあります。

 

ショートの方は、

 

IMG_2572.JPG

 

右胸には、ロングと同じフラップ付きポケットと、

 

左胸は、縦ジッパー仕様のポケット。

 

そして、下方のポケットは

 

IMG_2589.JPG

 

大きめの、マチ付きポケット。

 

これは、

 

IMG_2591.JPG

 

シェラのマウンパ独特の仕様ですが、

 

フラップ付きポケット部分と、

 

サイドのハンドウォーマー仕様。

 

このポケットは、マウンパの象徴的ディティールのひとつです。

 

そして、ショートはと言いますと・・・

 

IMG_2574.JPGIMG_2573.JPG

 

こんな感じで、両のポケットは付いているんですけども、

 

マチが無い仕様。

 

ものすごくスッキリ見える仕様です。

 

しかし、サイドにはハンドウォーマーも付いているのは、

 

通常仕様と同じ。

 

 

IMG_2586.JPG

 

フロント部分は、

 

スナップボタンで留められるストームフラップがあり、

 

そこを開けると

 

IMG_2592.JPG

 

ジッパーになってます。

 

んで、このジッパー、

 

見ての通り、ジャケットの最下部まできていないのですが

 

これは、坂道や岩場の移動時などに

 

太ももがつっかえないようになっているんですが、

 

街での生活の時は、車や、電車などで座る時に

 

太もも部分が動かしやすいんですよ。これ。

 

ちなみに、

 

IMG_2579.JPGIMG_2578.JPG

 

ショートモデルも同じ仕様。

 

この仕様は、実際にすごく使いやすい。

 

IMG_2598.JPG

 

先に紹介しましたが、

 

このブランケットの付いている部分にも特徴があり。。。。

 

腰から下と、腕部分には、ブランケットが貼ってないのです。

 

これは、

 

 

袖:インナーに着る物が脱ぎ着するときに引っ掛かりずらいというのと、

 

ひっかかりがないので、腕が動かしやすい。

 

 

裾:膝(腰)を曲げ伸ばしした時に、太ももにブランケットが引っ掛かると

 

動作に支障が出ますが、ブランケットが無いと滑りが良いので動きやすい。

 

 

これらは、街では関係ないと思いきや、

 

上半身のいろいろな動きや、

 

下半身などに関しては、駅などの階段の上り下りなどなど・・・・・

 

意外といろいろな点で動きを妨げるストレス防止に繋がってきます。

 

 

IMG_2593.JPGIMG_2577.JPG

 

袖の裾部分はベルクロ仕様。

 

IMG_2605.JPG

 

腰部分にはドローコードも付いていたり。。。。

 

アウトドアアイテムであるギア要素もたくさん秘められています。

 

 

アメカジ、アメカジ言いますが、

 

レッドウイングのセッター(875、877などなど)のように、

 

アメカジとは???という問いの答えの中に、

 

必ず出てくるアイテムのひとつに、

 

間違いなく、100%、絶対に、

 

このシェラのマウンパというのがあります。(断言できます。)

 

まだ、持っていない・・・・という方、

 

あまり好きじゃないから持ってないんだよねー・・・・という方は

 

そりゃ仕方がないと思うのですが、

 

この辺好きだけど持ってない!という方。

 

持ってないとダメよー!!

 

しかも今回は、ペンドルトンのネイティブブランケット柄シリーズというのは、

 

千載一遇のチャンスでありますよ!

 

IMG_2594.JPGIMG_2596.JPGIMG_2595.JPGIMG_2597.JPG

 

GREEN(LONG)

 

 

IMG_2581.JPGIMG_2583.JPGIMG_2582.JPGIMG_2584.JPG

 

BEIGE(LONG)

 

 

IMG_2567.JPGIMG_2569.JPGIMG_2568.JPGIMG_2570.JPG

 

NAVY(SHORT)

 

 

以上、3種。

 

全サイズ揃っての入荷ではないので、

 

自分のサイズがあったならば、ラッキーですからね!

 

是非是非!!

 

 

通販は以下。。。。。

 

※通販開始は26日()AM11:00頃からです。

 

BEIGE(LONG)

 

 

GREEN(LONG)

 

 

NAVY(SHORT)


(前編)SIERRA DESIGNS with Pendleton's BLANKETS(前編)

カヲルです。

 

10月26日、27日の土日の目玉商品のブログ!

 

そして、内容の濃いめなブログになるので

 

まさかの前編、後編の2部構成ブログです!

 

これから寒くなるにあたり、

 

10月に相応しいアイテムをご紹介。

 

 

SIERRA DESIGNS

「MOUNTAIN PARKA

MADE IN U.S.A

 

¥60000+tax

 

IMG_2599.JPG

 

 

アメカジというものを語る時に、

 

確実に、100%、絶対に、このブランド、そしてこのブランドの代表アイテムである

 

マウンテンパーカ(略してマウンパと言っている人が多い。アメカジ好きなら知ってる。)、

 

流行り、廃りの無いアイテムの代表格でもあります。

 

 

映画「ディアハンター」でも有名。

 

(これは知らない人もいるかもしんない。)

 

このブランド、ジャンキー時代から展開してはいたのですが、

 

あまりブログ等々で宣伝をしたことがありませんでした。

 

 

1965年に、

 

ジョージマークス、ボブスワンソンの2人が興したブランド。

 

そして、このブランドの最も有名である特徴が

 

マウンパでも使われている60/40クロス。(通称ロクヨン・クロス)

 

SIERRAで使われているロクヨンクロスは、すべてアメリカ製。

 

アメリカ東海岸で作られ(織られ)、

 

アメリカを代表する工業地帯である五大湖南部で染められ、

 

アメリカ西海岸で縫製され、

 

まさにアメリカを横断して、

 

日本にやってきているわけなのです。

 

 

 

横糸に綿60%、経糸にナイロン40%を使用。

 

IMG_2604.JPG

 

これが何を意味するか。

 

ナイロンの性能を備えつつ、コットンの風合い(着心地など)を兼ね備える生地。

 

IMG_2616.JPG

 

 

横糸の綿糸が水分を吸い込むと膨らみ、

 

経糸のナイロン糸と、横糸のコットンの糸との隙間をふさぐのです。

 

そうすることによって、防水、防風性能がUPするという生地。

 

そしてこの生地、

 

透湿性にも優れているので、蒸れずらい。

 

 

あと、経糸がナイロンなので

 

引き裂きに強い反面、

 

横糸が綿糸なので、

 

アウトドア独特の焚火などの火の粉や、タバコなどの火を落としたりしても、

 

コットンはナイロンよりも燃えずらいので、

 

ナイロン100%よりも燃え広がりが少なくて済みます。

 

 

 

そして、今回のご紹介のマウンパ。

 

ただのマウンパではなく。

 

ライニングにブランケットを使用したモデル。

 

IMG_2598.JPG

 

マウンパを着るときに、防寒性が弱いという部分はあります。

 

まあ・・・アウトシェルですから、当然このジャケットの中にはセーター、フリースなどを着ないと

 

そりゃ寒いのは当たり前でありますが・・・・・

 

 

ただ、

 

このブランケットが内側に張ってある事で、

 

外気との距離(温かい空気の層)が生まれますから、

 

直接的な寒さが少し防げます。

 

これ、実際にブランケット張ってないマウンパと、張ってるマウンパを比べると

 

けっこう違います。

 

 

 

 

 

しかも、今回のブランケットは

 

IMG_2602.JPGIMG_2603.JPG

 

「PENDLETON」

 

こちらも、アメカジ好きならば誰もが知っている

 

アメリカンブランケットの老舗中の老舗。

 

ペンドルトンと言えば、その代表される柄は

 

ネイティブ柄。

 

様々な柄がありますが。

 

今回のマウンパに使われている柄が

 

これ。

 

 

 

この柄は、元々の大きさを

 

マウンパのライニングの大きさに合わせて縮小して、

 

その柄を全面に配置できるようにされているのです。

 

アメリカという国には、

 

元々ネイティブアメリカンという原住民が住んでいました。

 

彼らは独自の文明・文化を持ち、

 

俗にいうインディアンと呼ばれる人たちです。

 

インディアンとひとことで言っても、

 

ものすごい数の部族があり、

 

文化も、習慣も、全く異なる人たちもいました。

 

 

 

その中のひとつ、

 

アメリカの北西

 

カリフォルニアなどのあたりにいたインディアンである、

 

ユロックの伝説を描いた柄が、今回のブランケットの柄。

 

ユロックは、

 

 

この、クラマス川のある地域にいた部族。

 

その伝説(神話)に、

 

サンダーと、アースクエイクという神が

 

ただの大草原だった土地の少しを海に変え、

 

人々に海の恵みをもたらしたというお話があります。

 

当然、海には鮭やアザラシなどが居ますからね、

 

海の恵みです。

 

そうやって、ユロックの人々は栄えた・・・・というお話なのです。

 

 

ユロックの伝統的な柄は、

 

この三角の模様や、

 

IMG_2601.JPG

 

 

ジグザグの柄がありますが、

 

IMG_2600.JPG

 

 

これはユロックの籠(バスケット)などに描かれる

 

伝統的な柄。

 

アメリカンインディアンというのは、その果てしない数の部族の数だけの伝統的な柄がありますが、

 

このユロックの柄も、ペンドルトンでは有名な柄のひとつ。

 

 

SIERRAのマウンパ+ペンドルトンのユロック柄ライニング・・・・

 

という、かなり贅沢仕様なのです。

 

 

と、ここで前編の終わり!

 

後編には、通販のリンクもありますので

 

是非、ご覧ください!

 

後編はこちら。


164回目キヨ!!(WAREHOUSE LOT1202 U.S.NAVY DENIM UTILITY TROUSERS PRINTの話)

 

こんにちは。

 

164回目、ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

今回紹介する新作商品はこちら。

 

 

IMG_2535.JPG

 

 

WAREHOUSE

 

 

LOT1202

 

 

U.S.NAVY DENIM UTILITY TROUSERS PRINT

 

IMG_2545.JPG

 

 

ネップ感の強い。デニム。ライトオンス。

 

1940年代のUSNAVYのデニムトラウザーズを元に作っています。

 

船の上で作業するときに使用されていたパンツ。

 

IMG_2538.JPG

 

IMG_2540.JPG

 

VINTAGEと同じくばっちり入ったステンシルが特徴。赤のペンキステッチ。

 

洗いを繰り返すことにより、ペンキが擦れてきます。

 

IMG_2554.JPG

 

IMG_2552.JPG

 

フロントはボタンフライ。

 

裏は耳付き。

 

IMG_2551.JPG

 

一般的なメタルボタンではなく、尿素ボタン。

 

IMG_2547.JPG

 

ベイカーパンツに似たポケット。

 

デニムベイカーパンツとも言われる理由の1つ。

 

IMG_2541.JPG

 

珍しい6角形のポケット。

 

IMG_2558.JPG

 

ブラックのステッチを使っており、

 

デニムが経年変化するたびに、ブラックのステッチとのコントラストが出てきます。

 

IMG_2556.JPG

 

テーパードの効いた、太めのシルエット。

 

早速、試着してみました。

 

(180cm 68圈SIZE 30 NONWASH)

 

IMG_2561.JPG

 

IMG_2560.JPG

 

IMG_2563.JPG

 

IMG_2565.JPG

 

短靴、ブーツ、スニーカー、どれに合わせても良いかと。

 

サラッと履けるパンツであります。

 

お値段

 

 

¥20500+TAX

 

 

SIZE 30 32 34

 

 

通販はこちら

 

 

 

 


OKOLEHAO KASURI PRINT WESTERN SHIRT

カヲルです。

 

さて。

 

早速、商品のご紹介なのですが。

 

連日のシャツシリーズでありますよ。

 

「HAWAIIAN WORK WEAR」シリーズのシャツ。

 

今回は

 

IMG_2481.JPG

 

「OKOLEHAO」

 

「OKOLEHAO KASURI PRINT WESTERN SHIRT」

 

¥15800+tax

 

IMG_2480.JPGIMG_2478.JPG

 

オコレハオは、マーク・ヤマナカという日系人のブランドでした。

 

IMG_2492.JPG

 

タグにも、その名前が刻まれています。

 

ここ最近、ハワイアンワークのシリーズでお話をしていましたので、

 

ここでは説明を省きますが、

 

やはりハワイアンワークブランドというのは、

 

日系人無くしては語れないのでありますが、

 

このマークヤマナカも同様であり、

 

日本から持ち込まれた頑丈な生地を使用し、

 

ウエスタンシャツを含むワークウェアを展開しました。

 

今回紹介のウエスタンシャツ。

 

これ。

 

IMG_2512.JPG

 

ウエスタンシャツは、

 

ハワイアンカウボーイの間で人気のアイテムだったそう。

 

そして、このシャツの生地。

 

そのシャツの名前にもありますが

 

KASURIと。

 

これは、日本の生地の模様でもある

 

絣(かすり)柄の生地を使用して作られたシャツなのであります。

 

かすりの模様というのは色々種類もありますが、

 

 

こんな感じだったり。

 

IMG_2494.JPG

 

そしてこの生地が、今回のシャツの柄のアップ。

 

確かに和柄にある模様でありますよね。

 

なんとも、改めて思いますが、

 

和と洋の融合というのは、必然でもあり、偶然でもあったのだなーと。

 

と、ここでこのシャツのディティールを見てみましょう。

 

 

IMG_2486.JPG

 

ウエスタンシャツですからね、

 

肩の部分にはヨークもあります。

 

そして、背中にも。

 

IMG_2490.JPG

 

背中には、逆山型のヨーク。

 

そして

 

これもウエスタンシャツならではのディティールなのですが。。。。

 

IMG_2484.JPG

 

胸ポケのフラップの形も、まさにウエスタンシャツ。

 

これも背中のヨークと同じ逆山型。

 

そしてこの写真にもありますが

 

IMG_2485.JPG

 

このカッパーのスナップボタン。

 

これ、模様見ると月桂樹の柄なのですよね。

 

そして、トップボタンもスナップボタンの仕様。

 

IMG_2489.JPG

 

袖のスナップは3連。

 

シャツの作りとしては、ウエスタンシャツたるウエスタンシャツ。

 

着てみると

 

IMG_2510.JPGIMG_2511.JPG

 

着てみるとわかる、

 

形の良さ。

 

着丈が長くもなく、短すぎない。

 

IMG_2513.JPG

 

しかも、こちらも

 

IMG_2506.JPG

 

「JK品番」であります。

 

ジャンキー別注、未洗いモデル。

 

通常は、未洗いのモデルを展開していない中、

 

未洗いのモデルを別注しているものになるのです。

 

((ジャンキー別注で、未洗いモデルというのをたまにやってますが、

 

ただただ洗う前の状態の物を何枚か抜けば良い!というわけではなく、

 

生産工程を妨げるものなので、

 

すごく貴重なものなのです!))

 

というわけで。。。。。。

 

もう数も少ないのですが・・・・・・・

 

是非!

 

 

通販はこちら。


<< | 2/123PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.