104回目キヨ!!(HARVEST LABEL NIGHT HAWKの話)

こんにちは。

 

104回目、ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

 

20151204hl (3).JPG

 

HARVEST LABEL

 

クラシックスでは多く取り扱っております。

 

なぜこのタイミングで紹介するかと言うと、

 

ハーヴェストレーベルのシリーズは2つあり、

 

そのうちの1つ、

 

その名も、

 

20151204hl (2).JPG

 

 

NIGTH HAWK

 

 

クラシックススタッフも愛用しているナイトホーク。

 

廃盤になってしまいました。。

 

だからこそ紹介します、

 

ハーヴェストレーベルは何気に1995年創業。

 

私の生まれた年。(笑)

 

で、このナイトホーク(以下NH)、

 

アメリカの4軍(陸軍、海軍、空軍、海兵隊)にバッグを提供しているブランド、

 

HONORPOINTというファクトリーブランドとのコラボをしたのが、

 

このNIGHT HAWK。

 

このブランド、

 

デザインから裁断、縫製はもちろん、

 

仕上げまでの全ての工程をする、

 

創業40年のミルスペック工場。

 

もちろん、言うまでもなく、

 

MADE IN USA

 

年々、USA製が貴重になっていく中で、ずっとUSA製で作り続けていたナイトホーク。

 

今、クラシックスには9種類のナイトホークがあります。

 

それがこちら。

 

IMG_8371.JPG

 

HN−0005

 

¥39000+TAX

 

IMG_8373.JPG

 

IMG_8372.JPG

(BLACK)

 

HN−0004

 

 

¥55000+TAX

 

 

3WAYタイプになります。

 

IMG_8374.JPG

 

(CAMOUFLAGE)

 

IMG_8376.JPG

 

(BLACK)

 

HN−0008

 

 

¥25000+TAX

 

IMG_8378.JPG

 

(BLACK)

 

HNー0007

 

 

¥38000+TAX

 

IMG_8381.JPG

(BLACK)

 

IMG_8383.JPG

 

(CAMOUFLAGE)

 

HN−0013

 

¥47000+TAX

 

IMG_8385.JPG

 

👈(CAMOUFLAGE)

👉(BLACK)

 

 

HN−0018

 

 

¥23000+TAX

 

 

IMG_8387.JPG

 

(BLACK)

 

IMG_8388.JPG

 

(CAMOUFLAGE)

 

 

HN−0011

 

 

¥48000+TAX

 

 

IMG_8393.JPG

 

(CAMOUFLAGE)

 

IMG_8390.JPG

 

(BLACK)

 

 

HN−0014

 

¥37000+TAX

 

IMG_8395.JPG

 

HN−0021

 

 

¥23000+TAX

 

 

 

 

一気に紹介というよりは、

 

本日は、このシリーズの事(は、もう紹介しましたが。。)

 

このNHの全モデルに共通する特徴を

 

詳細に紹介しようと思います。

 

また、後日、順々に、

 

店頭にあるモデルを紹介していこうと思いますが、

 

すぐに完売してしまう可能性があるので、

 

お急ぎの方、見たくて仕方ないって方は、

 

お店に見に来てください。

 

ディティールの紹介。

 

まず、これ。

 

さっきもお話しましたが、

 

USA製。

 

このタグが証明。

 

 

何気にハーヴェストレーベルが目指していた終着点だったりします。

 

このUSA製。

 

そして次。

 

バックのメイン。

 

生地。

 

20151204hl (4).JPG

 

インビスタ社製の

 

コーデュラポリエステル915Dと言う生地を使用。

 

耐久性はもちろん、

 

擦り切れなどにも強い生地。

 

もちろん、雨にも強い。

 

パーフェクトな生地なのです。

 

次。

 

20151204hl (5).JPG

 

これは全てのバッグに使われているワケではありませんが、

 

レザー部分は、

 

バッファロークロムレザーを使用しています。

 

植物タンニン鞣しよりも柔軟性や伸縮性に富んでいる。

 

塩化硫酸クロームっていう鞣しの物を使用しています。

 

世界最古の撥水レザーって呼ばれてて、

 

油分を多く含んでいるので、手入れも簡単。

 

しかし、そこまで手入れもしない部分でもあります。

 

次。

 

20151204hl (6).JPG

 

ハーヴェストレーベルの特徴である、

 

ごっついジッパー。

 

メタルファスナーといって、

 

その名の通り、金属製ジッパー。

 

ただの金属製ジッパーではない。

 

軍で使用しているジッパーに改良を加えた、

 

ハーヴェストレーベルのオリジナルジッパー。

 

メタル部分は艶消しのメッキ加工なので、

 

使い込んでいくとメッキ部分が剥がれて、

 

内側の金属が剥き出しになります。

 

そこまで使い込むと、これがまた楽しくなってきます。

 

その次。

 

20151204hl (11).JPG

 

20151204hl (12).JPG

 

その他の金属パーツ。

 

こんな感じでさっきのジッパーと同じ加工。

 

ダールメッキ艶消し加工ってのを施してあります。

 

次は、、

 

これ。

 

20151204hl (7).JPG

 

これはNHのほとんどのモデルに使われているパーツですが、

 

何気によく見かける感じなのですが、

 

NHのこのストラップは違う。

 

アメリカ空軍で使用されていたステッチテープを忠実に復刻。

 

機械で高密に織り上げてある、

 

超超高密度ナイロンテープ。

 

んで、加えて、

 

テープ表面には撥水加工を施してあります。

 

そして、最後。

 

20151204hl (8).JPG

 

このバックル、見たことないですよね?

 

その名も、

 

コブラバックル。

 

力を入れずに開閉できるUSA製のパーツ。

 

他のプラスチックパーツよりも丈夫に作られてます。

 

どうやって開くの?

 

画像だとこんな感じ。

 

20151204hl (8).JPG

 

ここを

 

20151204hl (9).JPG

 

20151204hl (10).JPG

 

こうすると、

 

開きやす。

 

ってな感じでOPENします。

 

このパーツは、実は

 

1つのモデルにしか採用されていないのですが、

 

IMG_8382.JPG

 

☝これです。

 

このパーツ付いてるってだけで欲しくなっちゃう。

 

全て良きBAGであります。

 

ちなみに、私もリュックGETしました。(笑)

 

まだ、持ってないよ。欲しかったんだよって方々、

 

是非この機会にGETしてください。

 

 

 

見逃し厳禁!!!!!

 

 


BUFFALO TRACKS・SMALL KEY HOOK

カヲルです。

 

梅雨とは言いますが、

 

なんだかんだ、晴れてる時はカラっと晴れている梅雨でありますが。

 

果たして今年の夏はどうなることやら。

 

 

さて。

 

このハワイアンシャツ全盛の今の時期でありますが。

 

たまにはこんな物も如何でしょう。

 

というわけでして。

 

小物で御座います。

 

 

IMG_8358.JPG

 

BUFFALO TRACKS

 

SMALL KEY HOOK

 

これ、小さいんですよ。

 

IMG_8366.JPG

 

掌にすっぽり収まる大きさ。

 

別注というと、かなりの大型のアイテムをやりたがるクラシックスでありますが、

 

ここは珍しく小型。

 

というより、

 

このアイテム、

 

バッファロートラックスの職人の鈴木さんが店に来ている時に、

 

なんとなくベルトループにチャラチャラと付いている物があり・・・・

 

それはなんですか??となって、

 

その時にたまたま鈴木さんが着けていた自作のキーフックが、

 

このキーフックだったのです。

 

その時、私が思ったのは・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

これ。

 

城などが好きな方にはお馴染み。

 

正式名称「饅頭金物」

 

別名称「乳金物」

 

という物。

 

IMG_8357.JPG

 

ね。わかりますよね。

 

IMG_8363.JPG

 

似てますよね。

 

そうそう。

 

それは置いといて。

 

このフック、

 

小さいけどなかなか秀逸。

 

IMG_8364.JPG

 

まず、フック本体。

 

通常、丸くなっている物が多い中、

 

角があるタイプなのです。

 

ヨーロッパのビンテージ(アンティーク)のアクセサリーなどにもよく見られる仕様。

 

小さいながらも、ちょいと無骨感が良い。

 

 

IMG_8365.JPG

 

リング裏側は、大型のボルトで留まっています。

 

金属パーツは全て真鍮(ブラス)製。

 

小型ですが、少し重みも感じられます。

 

 

今のところ、再入荷の予定はありませんが

 

店頭で、色が完売している場合は

 

オーダーにて受け付けます。

 

IMG_8359.JPGIMG_8360.JPGIMG_8361.JPGIMG_8362.JPG

 

色は4色。

 

ブラウン、

 

ナチュラル、

 

ブラック、

 

レッド。

 

 

プラス1色、ネイビーがあります。

(入荷はしましたが、ブログをUPするタイミングで完売してしまいました。。。)

 

 

値段は¥6500+TAX

 

そう。

 

かなり良いお値段なのです。

 

なので、是非という方は

 

お急ぎあれ。

 

IMG_7816.JPG

 

お値段も良きでありますから、

 

これだけで・・・・というより、

 

是非、百虎などと合わせて如何??

 

 

通販はこちら。

 

 


103回目キヨ!!(SUNSURF×葛飾北斎 山下白雨 通称 黒富士の話)

こんにちは。103回目ブログ書かせて頂きます。

 

キヨです。少し長くなりそうなので、

 

早速ですが、いきます。

 

 

IMG_8318.JPG

 

SUNSURF

 

×

 

葛飾北斎

 

 

山下白雨(さんかはくう)

 

木々に囲まれていてもこの存在感。

 

日本を代表する、芸術家。葛飾北斎

 

 

世界に最も名の知れた日本人です。

 

1760年10月30日〜1849年5月10日(満88歳没)

 

その当時、日本人の平均寿命は50歳だったみたいです。。

 

 

アメリカで有名な雑誌であるLIFEで、

 

この1000年で最も偉大な業績を残した100人に

 

日本人から、唯一選出されました。

 

そして、世に多くの作品を残してきました。

 

その中でも、有名なのが、

 

富嶽三十六景。(ふがくさんじゅうろっけい)

 

富嶽=富士山であります。

 

題名でも分かる通り、関東各地から見える富士山を描いたシリーズ。

 

 

元々、36図出版されましたが、非常に好評であった為、10図追加で書き、最終的に合計46図になりました。

 

 

当時、富士山ブームでした。今もそうなのですが、縁起が良い物とされていました。

 

この流れで富士山を描いてくれないかと頼まれた葛飾北斎。

 

ちなみに、この時代、例えば30万円で描いてくれないかと頼まれたとして、

 

それが、どんなに売れても売れなくても報酬は変わらなかったみたいです。

 

凄く売れたから報酬を多くする、売れなかったから報酬を減らす。なんてことが無かった。

 

なんとも、厳しい世界。

 

 

 

富嶽三十六景の中でも特に優れた作品が3つありまして、それを三大役物といいます。

 

それが、こちらの3つ。

 

 

 

 

そう、過去に上の二つはやりましたよね?

 

 

神奈川沖浪裏

 

 

凱風快晴

 

こちらの、二つ。じゃあ、三大役物が一つ残ってるじゃないか!!となって

 

今回出ました。

 

山下白雨(さんかはくう) 通称黒富士

 

 

☝凱風快晴 (通称 赤富士)と対象のものになります。

 

赤富士が静ならば、黒富士が動です。

 

それでは、山下白雨(黒富士)について少し説明していきます。

 

山の下の白雨

 

白雨とはにわか雨のことを指します。

 

IMG_8326.JPG

 

赤富士と描かれた季節や時期(ちなみに夏)は一緒なのですが、黒富士は昼時の富士山を描いています。

 

そして、不思議なことに場所が特定されておりません。

 

どこから見た富士山を元にしたか分からないと言う事です。

 

IMG_8334.JPG

 

また、題名にもあるとおり、富士山が力点ではなく、富士山の下から降る、雨が力点であります。

 

当時、写真のない時代です、北斎の目で見て、感じたままに描かれています。

 

視点が山頂と同じくらいの高さなのがその証拠。

 

IMG_8339.JPG

 

富士山の上は快晴、下は大雨、

 

そして、天空と地上。

 

相反するものを一枚に落とし込んでいます。

 

まるで、富士山が雨を降らせているかのような描き方。

 

地上に水の恵みを与えているように見えます。

 

葛飾北斎が描いた富士山で雨が降っているはこの一枚のみ。

 

当時、絵に使用されている顔料は天然の植物や鉱物から取ったものでした。

 

本作の黒い部分は炭。青の部分は藍を使っていました。

 

なので、今回のハワイアンも

 

IMG_8329.JPG

 

黒の部分(雷雲)は炭で、上から下にかけて書かれてる、雷もすごく忠実に再現されています。

 

IMG_8336.JPG

 

IMG_8346.JPG

 

青の部分は当時使っていた藍に、近い色の藍を使っている。

 

こうすることによって、独特の経年変化が生まれます。
 

IMG_8332.JPG

 

襟の藍のグラデーションも最高に良い。

 

IMG_8328.JPG

 

IMG_8333.JPG

 

袖部分には雲が綺麗に描かれています。

 

それぞれ、絶妙な配置で作られたハワイアン。

 

妥協なき作り。

 

着画はこんな感じ。

 

(168cm 68圈SIZE M 着用)

 

IMG_8315.JPG

 

IMG_8317.JPG

 

IMG_8321.JPG

 

 

やはり、絵としても優れた物であるがゆえに、着るとこれまた格好良い。

 

インパクトもあります。

 

赤富士とも違った雰囲気がありますよね。

 

昔のVINTAGEのハワイアンでもよくあるんですが、

 

○○が、描いた有名な絵をハワイアンに落とし込む。例えば、ゴーギャンなんかもそうですよね。

 

だからこそ、SUNSURF×葛飾北斎はいずれ

 

VINTAGEになる!!

 

なんてことも言われています。

 

 

そして、

お値段が

 

 

¥25000+TAX

 

 

 

SIZE M L XL

 

 

 

予約も多く入っており店頭には少量のみですので、

 

 

気になる方は早めのチェックを。

 

IMG_8320.JPG

 

 

通販はこちら。

 

 


ついにこの日が来た〜STARY CATS〜

カヲルです。

 

私事になりますが。

 

私がこの業界に入ったのが今から24年前。

 

某古着屋に入り、今に至るのですが。

 

その古着屋での経験が、今の自分にそのまま反映されていると言っても過言ではないのです。

 

雰囲気、商品、スタッフ・・・そのすべてがカッコよくて、

 

働いて居ながらも、その全てに憧れていました。

 

そして、そこでメインで流れていた音楽。

 

それが

 

strycts (11).jpg

 

STRAY CATS

 

私は元々メタルファンでしたし、今もまたメタルが大好きでありますが、

 

この当時、かっこいいと思いつつも

 

ストレイキャッツの音楽があまり好きではありませんでした。

 

しかし、毎日毎日聞いていくうちに大好きになり、

 

自分でもCDを買うようになり、

 

ドハマりして、この人たちのすべてが知りたいと思うようになり、

 

様々な事を調べ、レアな曲を探し・・・・・・

 

となってゆきました。

 

何気に、たまに店でもかけてます。

 

IMG_8256.JPG

 

ジャンル的には、ネオロカビリーというジャンルになりますが

 

他にもそのジャンルのバンドなどありつつも、

 

私は、ストレイキャッツ=ネオロカビリー(ネオロカ)と思っています。

 

 

今回、東洋エンタープライズから

 

ストレイキャッツのシリーズが出るのは初めて。

 

スカジャン、ボーリングシャツなども発売した事がありました。

 

ストレイキャッツというよりは、ブライアンセッツァーのモデルでした。

 

(ブライアンセッツァー絶賛だったそう。)

 

 

 

しかし、今回。

 

strycts (1).jpg

 

NEW ALBUMをリリース。

 

そのロゴにもある通り、

 

結成40周年。

 

ブライアンセッツァーいわく、

 

「41周年じゃ嫌だろ??」

 

・・・・・たしかに。。。

 

実はストレイキャッツ。

 

好きな人でも、意外と知らない。

 

結成は1979年。

 

ギリ70年代。

 

と、ここでメンバーをご紹介。

 

strycts (3).jpg

 

スリム・ジム・ファントム。

 

ドラムス。

 

この人の立って叩くドラムや、コーラスなんか

 

なかなかしびれます。

 

 

 

strycts (5).jpg

 

リー・ロッカー。

 

ベース。

 

着実に仕事をこなす感じで好き。

 

ウッドベースも弾くし、

 

アルバム・レッツゴーファースターでは、通常のベースを弾いたり、

 

時にはボーカルをやったり・・・何気に多才。

 

 

そして、この人。

 

strycts (4).jpg

 

ブライアン・セッツァー。

 

ギター・ボーカル。

 

言うまでもなく、史上最高のギタリスト・ボーカリストのひとりであるのは間違いない。

 

この人のギターの教則ビデオを買って何度も何度も見たけども、

 

ピックを持っていて、いきなり手品のようにピックが消えて

 

フィンガーピッキングになるとか、もはや芸術。

 

しかしながら、何気にこの人の弾くバンジョーがカッコ良い。

 

 

各メンバー、年代の違う写真を使いましたが。。。。

 

現在、

 

 

こんな感じになっとります。

 

strycts (6).jpg

 

激シブイ。

 

全員、最高に良い年の取り方をしている感じします。

 

ストレイキャッツの最後のアルバムが1993年??のオリジナルクールというアルバム。

 

IMG_8257.JPG

 

その間、

 

各メンバーはソロプロジェクトなどをしていましたが、

 

やはりそこで表に出続けたのは、やはり

 

strycts (9).jpg

 

この人である事は間違いなく。

 

 

17才でこの世を去ったミュージシャン・リッチーバレンスの短い生涯を描いた映画

 

「LA・BAMBA」。

 

この時、リッチーと一緒に命を落とすことになる

 

エディー・コクラン役で

 

 

ブライアンセッツァーが出ていたのが、個人的には強く心に残っています。

 

ジャズや、ロックンロールなどなど、色々なジャンルのバンドで活動してましたが

 

今回のストレイキャッツのメンバー集結は、

 

ファンにとっては非常に嬉しい出来事。

 

実際、ブライアンセッツァーというよりも

 

今回に関してはメンバー全員が大絶賛のモデルであります。

 

公認も公認。

 

IMG_8249.JPG

 

IMG_8248.JPG

 

 

今回の入荷は3種類。

 

まずは、その1。

 

IMG_8216.JPG

 

スカジャンで御座います。

 

IMG_8215.JPG

 

表面は、お馴染みのストレイキャッツロゴ。

 

IMG_8217.JPG

 

IMG_8209.JPG

 

前面は

 

IMG_8211.JPGIMG_8212.JPG

 

両胸にロゴ。

 

そして、裏面は。。。。。

 

IMG_8200.JPGIMG_8201.JPG

 

夜にうろつく猫。

 

威嚇キャットで御座います。

 

ストレイキャッツのイメージ。

 

「Stray Cat Strat」という曲あるんですけど、

 

その曲中、ブライアンセッツァーが猫の鳴き真似をするパートがあるのですが、

 

やはりストレイキャッツという名前ですからね、

 

猫です。

 

こちら面はスカジャンらしい刺繍。

 

IMG_8197.JPGIMG_8198.JPG

 

前面はこんな感じ。

 

IMG_8205.JPG

 

猫×2。

 

前面も、スカジャンらしい刺繍。

 

この面は、THE・スカジャンという感じ。

 

このハワイアンシャツ、もしくは半袖のシャツ全盛な時期にスカジャン???って思いましたか???

 

はい。私も思いましたよ。

 

しかし、このアルバム発売のこの時期が夏だからといっても

 

秋だって、冬だって、2019年には変わりないのです。

 

2019年は1度しかないのですからね。

 

そんで、こないだもそうでしたが

 

これまた梅雨寒のシーズンでもありますから。

 

2019年は夏だけじゃない!というわけであります。

 

 

 

そして、、お次。

 

ボーリングシャツ。

 

IMG_8178.JPG

 

あ、今回も撮影は元町公園。

 

IMG_8181.JPGIMG_8185.JPGIMG_8186.JPG

IMG_8188.JPG

 

前面は、シンプル。

 

胸ポケと、袖口には、パイピング。

 

IMG_8191.JPGIMG_8189.JPG

 

そして、

 

IMG_8187.JPG

 

ボタンの雰囲気も良し。

 

IMG_8182.JPGIMG_8183.JPG

 

IMG_8184.JPG

 

背中は、まさしくストレイキャッツらしさ。

 

ストレイキャッツがよくわからない世代でも

 

このロゴ自体がかっこいいから、着れるデザイン。

 

 

 

そして、お次。

 

こちらは、Tシャツ。

 

IMG_8253.JPGIMG_8251.JPG

 

3種類あるTシャツですが、

 

後のプリントは全て共通。

 

アルバムの発売年と、タイトル。

 

(先ほど、オリジナルクールを最後に、そこから26年ぶりと書きましたが、

その後のRUMBLE IN BRIXTONは、ライブ盤。

ロンドンのブリクストン・アカデミーのライブを収録したアルバム。

なのでスタジオ音源のアルバムは、オリジナル・クールが最後だったのです。。。)

 

IMG_8250.JPGIMG_8254.JPGIMG_8255.JPG

 

ティーシャツのロゴは、上の3柄。

 

どれもまぁ、ストレイキャッツらしいロゴ。

 

古着などで、バンドTシャツってよく見かけますが、

 

ノリ的には、それに近いノリかなと思います。

 

実際に見てもらえるとわかるのですが、

 

ボディーの良さ、厚み、生地感などは

 

古着のそれを遥かに凌ぐものであり、

 

かつ、着込んだ時のプリントなどの雰囲気は

 

まさに古着の佇まいになりそうな感じ。

 

 

 

ストレイキャッツというバンドは、紛れもなく1980年代〜90年代の中の音楽のジャンルでは

 

異質、かつストレイキャッツというジャンルだったバンドであると思います。

 

ロゴや雰囲気だけでも、充分に存在感のあるバンド。

 

 

というわけでして。

 

スカジャン ¥62000+TAX

 

ボーリングシャツ ¥23000+TAX

 

ティーシャツ ¥9800+TAX

 

 

今回は、ストレイキャッツのカテゴリーを

 

通販ページに設けましたので、

 

是非。

 

こちら。

 

 

 

IMG_8219.JPGIMG_8177.JPG

 

 


102回目キヨ!!(INCEPTION "HORSEHIDE ROUND WALLET"の話)

 

こんにちは。102回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

さて、本日紹介するのはこちら☟☟

 

IMG_8220.JPG

 

 

INCEPTION

 

 

HORSEHIDE ROUND  WALLET

 

 

 

 

インセプションと言えば最近ブログで書いたホースハイドのバッグシリーズ。詳しくはこちら

 

そう、まさに今回はホースハイドの財布シリーズであります。

 

IMG_8223.JPG

 

BLACK

 

IMG_8222.JPG

 

BROWN

 

まずは、ロングウォレットから!!

 

柔らかくて手に馴染みやすいホースハイドを使っています。

 

写真でも分かるツヤ感。

 

IMG_8237.JPG

 

ジッパーはブラスのユニバーサルジッパー!!

 

馬革にブラス相性抜群。

 

革ヒモ付きなのも、便利で良きです。

 

IMG_8244.JPG

 

IMG_8245.JPG

 

カード入れのポケットも大容量の12個。

 

その間にはお札も折らずに入れれます。

 

IMG_8246.JPG

 

小銭入れは、真ん中についており、チェーンの引手もちゃんと装備。

 

上品な佇まいであります。

 

こちら、お値段

 

 

¥36000+TAX

 

 

であります。

 

続いては、こちら、

 

IMG_8224.JPG

 

IMG_8226.JPG

 

ショートタイプ!!

 

IMG_8227.JPG

 

こちらもユニバーサルジッパー!!

 

IMG_8229.JPG

 

中ももちろん、ホースハイド。カード収納も、もちろんあります。

 

IMG_8230.JPG

 

ここは、、、

 

IMG_8231.JPG

 

小銭入れになっています。スナップボタンでガッチリ閉じれます。

 

IMG_8234.JPG

 

お札を入れるところも、二つに分けられるのも嬉しいところ。

 

コンパクトなので、かさばらないショートタイプ!!!

 

お値段

 

¥28000+TAX

 

 

ホースハイドの財布としてもかなり、お買い得な二種類のサイフ!!

 

少量ですので、気になる方是非。

 

 


101回目キヨ!!(STEVENSON OVERALL CO LONE WOLF の話)

こんにちは。

 

101回目ブログ書かせて頂きます。キヨです。

 

梅雨入りであります。

 

気温もいきなりグッと低くなりました。

 

さてさて、今回紹介する新作商品はこちら。

 

IMG_8151.JPG

 

IMG_8159.JPG

 

 

 

STEVENSON OVERALL CO.

 

 

LONE WOLF

 

 

やって来ました。梅雨の強い味方。

 

ジャガードのジャケット。

 

IMG_8154.JPG

 

そして、今回青の部分はインディゴ。

 

もちろん、インディゴを使っていない所も

 

経年変化するように染められています。

 

IMG_8161.JPG

 

全てプリントではなく、織りで表現しており、

 

コットン100%なので、洗濯できる。ここも、嬉しいところ。

 

肌触りも良く、着やすいです。

 

IMG_8155.JPG

 

IMG_8156.JPG

 

そして、ここのコンチョ全て、

 

MADE IN USA

 

もちろん、シルバー!!

 

拘っております。

 

IMG_8153.JPG

 

IMG_8163.JPG

 

一見、柄合わせがバッチリすぎて、

 

ポケットが無いように見えますが、しっかり二つ付いています。

 

 

IMG_8157.JPG

 

小振りな襟は、

 

どんなスタイルにもハマってくれます。

 

(176cm 80圈SIZE 40 着用)

 

IMG_8165.JPG

 

IMG_8168.JPG

 

IMG_8173.JPG

 

今の時期ならTeeシャツ一枚に羽織って、

 

秋冬ならばシャツとして着て、上からVESTなんかもバッチリハマると思います。

 

万能であります。

 

 

 

ワークスタイル×ネイティブ×インディゴ

 

 

三つの要素が詰まった、スペシャルジャケット。

 

 

 

お値段

 

 

¥36800+TAX

 

 

 

SIZE 36 38 40

 

 

 

少量ですので、気になる方は早めのチェックを!!!!

 

 

 


ミュラー&ブロスから大戦モデルが入荷しました!!

みなさん、こんにちは!イトウです!

 

関東もついに梅雨入りしたとの事で、

 

雨がホントに続きますね。

 

気持ち寒さも戻ってきたような気が...

 

急な気温の変化はホントに体調を崩しやすいです。

 

なのでみなさんもお気を付けて!!

 

それでは本日お見せしていくアイテムなんですが、

 

こちらでございます!!

 

            ↓↓↓

                        

IMG_8116.JPG

 

IMG_8112.JPG

 

Muller&Bros

 

542XX

 

ミュラー&ブロスが提案する5ポケットのジーンズがやってまいりました!!

 

しかもこちらのモデルは、

 

IMG_8107.JPG

 

IMG_8108.JPG

 

大戦モデル仕様となっております!!

 

IMG_8115.JPG

 

スレーキはシャンブレー!!

 

これもヴィンテージの大戦モデルで存在する仕様の部分です!!

 

IMG_8110.JPG

 

ボタンもトップボタン含め、

 

黒塗りの月桂樹!!

 

しかしあくまでもミュラー&ブロスの提案するっていう部分で、

 

IMG_8113.JPG

 

ペンキステッチが排除されていたり、

 

IMG_8114.JPG

 

レザーパッチもオリジナルになっています!!

 

このブルドッグがまた可愛い。

 

さすがミュラーのアイコン。

 

IMG_8117.JPG

 

実はこのモデルは以前にもリリースしていたことがありまして、

 

今回は久しぶりの入荷となります!!

 

そして前回入荷時に私は結構な頻度で穿き込んでいまして、

 

結構いい感じに変化が進んだのです!!

 

これがどう変わっていくのか!

 

せっかくなので穿き込んだヤツを見てください!!

 

どうぞ!!

 

IMG_8120.JPG

 

IMG_8126.JPG

 

穿き込み年数は約2年

 

去年の夏も暑い暑い言いながら毎日穿きました。

 

インディゴが深く入ってる分、

 

色が抜けるまで中々に時間が掛かったのですが、

 

おかげさまでこのように変わりました!!

 

IMG_8124.JPG

 

IMG_8123.JPG

 

膝や太ももの付け根は特に負担が掛かる部分なので、

 

色落ちが一番進んでいますね!!

 

良い縦落ちが出てます!!

 

IMG_8125.JPG

 

そこまで頻度をあげて洗っていないので、

 

パッカリングはそこそこくらいなのですが、

 

こちらもじんわりと出てきています!!

 

IMG_8128.JPG

 

IMG_8129.JPG

 

常に携帯や財布を突っ込んでいるので、

 

こちらも色落ちが進んでいます!!

 

自分のライフスタイルに合わせたこの色落ち感!!

 

いやーたまんねぇっすね!!

 

IMG_8118.JPG

 

生地が14オンスほどあるので、

 

結構厚みもあります!!

 

その分荒々しい色落ちに繋がっているとも言えますね!!

 

IMG_8121.JPG

 

IMG_8127.JPG

 

ねっ!

 

ハードな落ち方してるでしょ!

 

うっすらよりもビシッとした落ち方が欲しい方はオススメ!!

 

IMG_8130.JPG

 

レザーパッチも擦れすぎて見えなくなってしまいました。

 

しかしこれがいい!!

 

IMG_8131.JPG

 

ベルトループも良い感じにダメージがきてます!!

 

でもこうなってくれないと。

 

ね?

 

IMG_8132.JPG

 

IMG_8133.JPG

 

IMG_8134.JPG

 

IMG_8136.JPG

 

ノンウォッシュモデルと比べるとさらに違いが分かりますね!!

 

自分でも撮っていてここまで変わったかと思いました!!

 

いやー穿いたなー...

 

IMG_8139.JPG

 

IMG_8140.JPG

 

176cm・80キロ、W36インチ着用

 

というわけでシルエットを!!

 

結構太めのシルエットで私のような極太の大根足でも、

 

ゆったりした履き方が出来ます!!

 

なので足が太くてダボッとした履き方が出来ないよー。

 

って方にはめっちゃオススメです!!

 

IMG_8146.JPG

 

IMG_8142.JPG

 

これから暑くなる季節はデニムを育てるのにいい季節!!

 

我慢して穿いた分だけ、

 

デニムは答えてくれます!!

 

ぜひ自分だけの1本を作ってください!!

 

サイズは

 

W30、W32、W34、W36

 

お値段は

 

¥25000−+TAX

 

となります!!

 

IMG_8137.JPG

 

それでは本日はこの辺で!!

 

皆様の御来店をお待ちしています!!!

 

 

 


100回目キヨ!!(DUEKAHANAMOKU "Wondrous Palm Tree"の話)

 

 

100回目

 

 

 

ブログ書かせて頂きます。キヨです。(笑)

 

遂に、100回目であります。

 

記念すべき、100回目!!!

 

メモリアルブログに相応しい、新作商品を紹介していきます。

 

待っていた方も多いのではないでしょうか??

 

こちら。


IMG_8062.JPG

 

IMG_8057.JPG

 

IMG_8052.JPG

 

DUEKAHANAMOKU

 

 

"Wondrous Palm Tree"

 

 

今回の柄は、

 

IMG_8039.JPG

 

 

過去に出版された、どの書籍にも登場することのなかった、

 

 

かなりレア柄。

 

 

 

デュークカハナモクはもう皆さんご存知ですよね。

 

そして、今回ヤシの木がドット柄になっています。

 

シンプルですが、洗練されております。

 

そして、モノトーンなのもこれまた珍しい。

 

3色展開。

 

IMG_8074.JPG

 

BLACK

 

IMG_8071.JPG

 

NAVY 

 

IMG_8066.JPG

 

BURGUNDY

 

IMG_8076.JPG

 

IMG_8073.JPG

 

IMG_8070.JPG

 

それぞれ、抜染プリントであります。

 

綺麗に色を抜いて、プリントしています。

 

暗い色を白っぽくキレイに抜くのは至難の業。

 

線でぼやかして、ヤシの木を表現しています。

 

この、3色とてつもなく着やすくて格好良い。

 

 

IMG_8068.JPG

 

1950年代後期のデュークカハナモクのタグ。

 

IMG_8075.JPG

 

IMG_8072.JPG

 

IMG_8067.JPG

 

片ポケが多いイメージなんですが、両方についてるのも珍しいです。

 

ドット柄もランダムに入ってますので、特別感もありますね。

 

早速、着てみました。

 

(180cm 68圈SIZE L 着用)

 

IMG_8047.JPG

 

IMG_8049.JPG

 

IMG_8048.JPG

 

(BLACK)

 

IMG_8036.JPG

 

IMG_8038.JPG

 

(NAVY)

 

IMG_8028.JPG

 

IMG_8032.JPG

 

IMG_8030.JPG

 

(BURGUNDY)

 

DUKEKAHANAMOKU、ハワイアンの歴史としてもかなり貴重なところ。

 

ファンも多いと思います。

 

写真でみるより、店頭で手に取って試着してみると、

 

さらに良さが伝わると思います。

 

気になる方是非。

 

少量ですので、早めのチェックをオススメ致します。

 

 

 

 

お値段

 

 

¥19800+TAX

 

 

 

通販はこちら。

 

 

 

BLACK

 

NAVY

 

BURGUNDY

 

IMG_8024.JPGIMG_8025.JPGIMG_8027.JPG

 

100回目も読んで頂きありがとうございました!!

 

これからも宜しくお願い致します。

 

 

 


<< | 3/113PAGES | >>

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.